二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

近藤 圭

コンドウ ケイ
バリトン・バス
会員
 

秀でた音楽性と柔軟な表現力で音楽に内在したドラマを浮き上がらせる俊英

長野市出身。国立音大卒、同大学院を首席で修了。新国立劇場オペラ研修所第9期修了。同研修所公演では『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵、『アルバート・ヘリング』シド、『カルメル会修道女の対話』『ジャンニ・スキッキ』に出演。
『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロールでオペラデビュー。沼尻竜典指揮・トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ定期公演でも『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロールに抜擢。同公演には『フィガロの結婚』伯爵役、『コジ・ファン・トゥッテ』アルフォンソ役で出演している。二期会公演には2010年『メリー・ウィドー』サン・ブリオッシュで初出演し、2011年東京二期会『ドン・ジョヴァンニ』マゼット役では、各方面から高い評価を得た。2012年小澤征爾音楽塾『蝶々夫人』では、ゴロー役のカヴァーを務め、鎌倉で行われた特別演奏会に、同役で出演し好評を得る。新国立劇場『アラベッラ』ツィンマーケルナー役で出演。2013年、新国立劇場オペラ研修所公演にてヒンデミット『カルディヤック』(日本初演)に難役であるタイトルロールで出演し好演した。ドイツ・ハンブルクではハイドン『四季』ソリストを務め、北ドイツ放送局に放映された。2011年には同地で、マーラー没後100年を記念した演奏会にて、ミッテルベルガー指揮・「さすらう若人の歌」、またドイツでも屈指のホール「ライス・ハッレ」にて、ハンブルク・ブラームス合唱団定期演奏会とともにオルフ「カルミナ・ブラーナ」でバリトン・ソロを務め、好評を得ている。またテレマン「結婚カンタータ」のソロを州立ハンブルク大学図書館で世界初演。「シューベルトの「冬の旅」全曲演奏会、フォーレ「レクイエム」モーツァルト「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、バッハ「カンタータ」等のソリストを務める。2013年11月には、日生劇場ライマン「リア」(日本初演)にフランス国王役で出演。2014年・15年、沼尻竜典作曲 歌劇「竹取物語」世界初演[日本語上演・演奏会形式]石上麻呂足、2015年、沼尻竜典2015年小澤征爾指揮『子供と魔法』に時計役で出演。2016年1月、新国立劇場『魔笛』パパゲーノに出演し好評を博した。ロームミュージックファンデーションの奨学生としてドイツ・ハンブルクで研鑽を積み帰国。2016年5月14日日暮里サニーホールにて、仙道作三先生の新作オペラ“愛のオペラ石川啄木と妻節子『小天地”初演に、金田一京助役として出演する。毎週土曜日放送のBSフジ「レシピ・アン ~リゾートとオペラの出会い~ 」にレギュラー出演している。二期会会員
 近藤圭のブログ
(2016年6月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2017年6月 24日(土) NISSAY OPERA / ニッセイ名作シリーズ プッチーニ作曲 オペラ『ラ・ボエーム』 日生劇場
 
 
 
戻る 検索トップに戻る