二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

髙橋 絵理

タカハシ エリ
ソプラノ
会員
 

瑞々しい歌唱と艶やかな舞台姿で聴衆を魅了する逸材

秋田県出身。国立音楽大学声楽科卒業。国立音楽大学大学院声楽専攻オペラコース修了。2011年第47回日伊声楽コンコルソ第3位。2011年第6回静岡国際オペラコンクール第3位(あわせてオーディエンス賞)。五島記念文化賞オペラ部門 平成26年度新人賞受賞。公益財団法人五島記念文化財団の助成を得て、イタリア・ボローニャを拠点に発声テクニック、作品による伝統的歌唱スタイルや解釈の習得、同時にレパートリーの拡充し帰国。二期会オペラ研修所第50期修了、修了時に優秀賞・奨励賞受賞。新国立劇場オペラ研修所第10期生修了。これまでに、大学院オペラ公演『フィガロの結婚』伯爵夫人役、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ役、新国立劇場オペラ研修所公演『フィガロの結婚』伯爵夫人役、『カルメル会修道女の対話』新修道院長リドワーヌ役、『ファルスタッフ』アリーチェ役で出演。新国立劇場オペラ劇場公演では、2008年『魔弾の射手』花嫁に付き添う四人の乙女で出演。2010年沼尻竜典指揮トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ・オペラ・プロジェクト第2弾では『フィガロの結婚』伯爵夫人役で出演し高い評価を得た。2011年めぐろパーシモンホール主催「これがオペラだ?」『メリー・ウィドウ』ハンナ役で出演。2013年5月に行われた三河市民オペラ『トゥーランドット』リュウで賞賛を浴びる。東京二期会公演では、2012年二期会創立60周年記念公演『パリアッチ(道化師)』(パオロ・カリニャーニ指揮/田尾下哲演出)ネッダ役で二期会デビュー。翌年8月には『ホフマン物語』(ミシェル・プラッソン指揮/粟国淳演出)アントニア役で出演し好評を博した。その他、国内で『魔笛』侍女1、『ラ・ボエーム』ミミ、『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ等に出演。2017年6月、NISSAY OPERA2017『ラ・ボエーム』ムゼッタに出演予定。
コンサートではベートーヴェン「第九」、ヴェルディ「レクイエム」、モーツァルト「レクイエム」仙台フィル・山田和樹指揮 マーラー「交響曲第4番」等のソリストを務める。二期会会員
ソプラノ 高橋絵理のブログ

(2016年9月現在)

 

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2017年9月 9日(土) めぐろパーシモンホール開館15周年記念「めぐろパーシモンホールオープンデー」 めぐろパーシモンホール 大ホール
2017年9月 24日(日) めぐろパーシモンホール開館15周年記念「めぐろで第九2017」 めぐろパーシモンホール 大ホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る