二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

増田 のり子

マスダ ノリコ
ソプラノ
会員
 

聴衆を満足させる高度な音楽水準と際立つ演技力が光る

埼玉県出身。東京藝術大学卒業。安宅賞受賞。同大学院音楽研究科独唱専攻修了。文化庁オペラ研修所修了。1996年9月より、文化庁派遣芸術家在外研修員として1年間ウィーンにて研鑚を積む。1997年第53回ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位。第9回日本声楽コンクール第2位及び田中路子賞受賞。1999年第10回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位。2000年第69回日本音楽コンクール第2位入賞。
バッハ「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ曲」「マニフィカト」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」「テレジア・ミサ」、ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」、ブラームス「ドイツ・レイクイエム」、モーツァルト、フォーレ、ヴェルディ「レクイエム」など宗教曲のソリストのほか、「第九」の出演も多く、日本フィル、東京交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィル、群馬交響楽団などのオーケストラと共演。1997年9月ジュネーヴにおいてスイス・ロマンド管弦楽団と共演、またバーゼルにおいてコンサートに出演するなど、海外でも経験を積み重ねている。
2001年5月にはさいたま芸術劇場においてリサイタルを開催。
2002年秋、読売日本交響楽団40周年記念オペラ『パルジファル』花の乙女、日生劇場オペラ『カルメン』ミカエラで出演。2004年7月宮本亜門演出二期会公演『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ役、2006年11月に同氏新演出による同公演『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ役で出演し、歌唱・演技両面で際立った存在感を示して絶賛を博した。
2005年には、読売日響/G.アルブレヒト指揮「神々の黄昏<第3幕>」、読売日響/O.ヴァンスカ指揮ニールセン「交響曲第3番」、東京シティ・フィル/飯守泰次郎指揮『パルジファル』などに出演。また、NHK-FM「名曲リサイタル」放送に出演するなど、充実した活動が続いた。
2007年7月、ウルトラマンの監督で有名な故実相寺昭雄演出の二期会公演『魔笛』パミーナ役で高い評価を得、2010年9月の再演でも絶賛を浴び、その様子は日本テレビ「深夜の音楽会」で放映されている。
2008年2月、二期会が12年ぶりに挑んだ『ワルキューレ』(飯守泰次郎指揮)に大役ジークリンデで出演し大喝采を浴び、2009年4月には新国立劇場『ワルキューレ』に出演、2010年7月には新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室『カルメン』ミカエラなどでも充実した歌唱で実力を発揮し、目覚ましい活躍で注目を集めている。
近年では、2011年4月、東京二期会『フィガロの結婚』(宮本亜門演出)で大役の伯爵夫人に出演し、気品溢れる端正な歌唱で観客を魅了、同年11月には二期会創立60周年記念『ドン・ジョヴァンニ』(ライン・ドイツオペラとの共同制作)ドンナ・アンナに出演し好評を博したことは記憶に新しい。
また、コンサートの分野でも、日本歌曲やドイツ歌曲のリサイタルを開催するなど活躍している。
二期会会員
(2012年7月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2017年12月 3日(日) 新国立劇場『ばらの騎士』 新国立劇場オペラパレス
2017年12月 6日(水) 新国立劇場『ばらの騎士』 新国立劇場オペラパレス
2017年12月 9日(土) 新国立劇場『ばらの騎士』 新国立劇場オペラパレス
2017年12月 23日(土) 日本フィル第九 横浜みなとみらいホール
2017年12月 25日(月) 日本フィル第九 サントリーホール
2018年3月 3日(土) びわ湖ホール『ワルキューレ』 びわ湖ホール
2018年3月 4日(日) びわ湖ホール『ワルキューレ』 びわ湖ホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る