二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

糸賀 修平

イトガ シュウヘイ
テノール・カウンターテノール
会員
 

(Photo Taira Tairadate)

島根県出身。
武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。
同大学大学院音楽研究科博士前期課程(修士課程)声楽専攻修了。
新国立劇場オペラ研修所第10期修了。
2010年、文化庁新進芸術家海外研修制度研修生としてイタリア・フィレンツェに留学。
2012年12月より(財)ローム・ミュージック・ファンデーションの音楽在外研究生としてドイツ・ベルリンに留学。
2010年イタリア・マントヴァ歌劇場にて、「リゴレット・フェスティヴァル」出演。イタリア・ボローニャにてジャコモ音楽祭出演。
2014年7月、イタリア・クーネオにて第1回エンツォ・ソルデッロ国際コンクールで入賞し、ロッシーニ「セヴィリアの理髪師」よりアルマヴィーヴァ伯爵役を獲得。クーネオにてCultura del Mondo festivalにて同役を演じた。
これまでに「フィガロの結婚」ドン・バジリオ、ドン・クルツィオ、「カルメル会修道女との対話」騎士、司祭、「ファルスタッフ」フェントン、「愛の妙薬」ネモリーノ、「スペインの時」ゴンザルヴェ、「セヴィリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「ダナエの愛」メルクール役等がある。
新国立劇場オペラパレスでは2011年「ラ・ボエーム」パルピニョール役でデビューした後、「フィガロの結婚」ドン・クルツィオ、「死の都」アルバート伯爵、「蝶々夫人」ゴロー、「ファルスタッフ」バルドルフォ役等で出演。中でも2012/2013年の同劇場オープニング作品、ブリテン作曲「ピーター・グライムズ」では、急遽カヴァーキャストからボブ・ボウルズ役の代役を務め、絶賛を博す。また、この作品は「音楽の友」特集2012年コンサート・ベストテンで1位を獲得した。その他、同劇場にて数多くのカヴァーも務めている。2016年1月、ロームシアター京都の杮落とし公演「フィデリオ」ヤッキーノ役で出演(指揮、下野竜也、演出、三浦基)。4月には田尾下哲、家田淳演出「セヴィリアの理髪師の結婚(世界初演)」でアルマヴィーヴァ伯爵役を演じる。5月にはバロックオペラ、ラモー作曲「プラテ」の表題役で出演。7月にはチョン・ミョンフン指揮、東京フィルハーモニー交響楽団定期公演「蝶々夫人」ゴローで出演。
オペラだけでなく、オルフ「カルミナ・ブラーナ」ベートーヴェン「第九」ハイドン「天地創造」モーツァルト「レクイエム」ロッシーニ「スタバート・マーテル」等、宗教曲やコンサートのソリストとしても活躍。最近では第33回、国技館5000人の第九テノールソリスト、2017-2018サントリーホールジルベスターコンサート、2018年東京・春・音楽祭、いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭2018に出演。読売交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京フィル、名古屋フィル、関西フィル、仙台フィルハーモニー等、多くの交響楽団と共演。
平成30、31年度、地域創造公共ホール活性化事業(おんかつ)登録アーティスト。東京藝術大学大学院オペラ専攻非常勤講師。二期会会員

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2018年12月 6日(木) 新国立劇場『ファルスタッフ』 新国立劇場オペラパレス
2018年12月 9日(日) 新国立劇場『ファルスタッフ』 新国立劇場オペラパレス
2018年12月 12日(水) 新国立劇場『ファルスタッフ』 新国立劇場オペラパレス
2018年12月 15日(土) 新国立劇場『ファルスタッフ』 新国立劇場オペラパレス
2019年3月 19日(火) 新国立劇場『ウェルテル』 新国立劇場オペラパレス
2019年3月 21日(木) 新国立劇場『ウェルテル』 新国立劇場オペラパレス
2019年3月 24日(日) 新国立劇場『ウェルテル』 新国立劇場オペラパレス
2019年3月 26日(火) 新国立劇場『ウェルテル』 新国立劇場オペラパレス
 
 
 
戻る 検索トップに戻る