二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

山本 耕平

ヤマモト コウヘイ
テノール・カウンターテノール
会員
 

端正な演奏と華ある舞台姿で聴衆を魅了する若き貴公子

鳥取県立米子東高等学校3年次に第49回全国高等学校総合音楽祭鳥取県大会ソロ部門に於いて器楽・声楽共に最優秀賞受賞。第50回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクールに出場。東京学芸大学教育学部高等教育教員養成課程音楽科クラリネット専修を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科バス専攻に入学。3年次にテノールに転向後、安宅賞受賞。同大学をアカンサス音楽賞、同声会音楽賞、松田トシ賞を得て首席卒業。2008年第39回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞部門第1位受賞。2009年日伊声楽コンコルソ第1位及び歌曲賞受賞。2010年公益財団法人エネルギア文化・スポーツ財団より第15回エネルギア音楽賞受賞。同年第1回武藤舞海外研修助成奨学金を得て渡伊、2011年イタリア・ミラノ・ヴェルディ音楽院ビエンニオ・声楽コース修了。2012年東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程声楽(オペラ)専攻を大学院アカンサス音楽賞を得て首席修了。W.A.モーツァルト『イドメネオ』イドメネオ及び大司祭、『コジ・ファン・トゥッテ』フェルランド(抜粋)、G.ヴェルディ『椿姫』アルフレード及びガストーネ、『運命の力』ドン・アルヴァーロ(抜粋)、R.レオンカヴァッロ『道化師』ペッペ、J.シュトラウス2世『こうもり』アルフレード、G.ドニゼッティ『愛の妙薬』ネモリーノの諸役に出演。コンサートソリストとしてはL.v.ベートーヴェン「第九」、G.プッチーニ「グローリア・ミサ」、F.シューベルト「ミサ曲第2番ト長調D.167」、F.ラッハナー「レクイエム(日本初演)」、サン=サーンス「レクイエム」、G.ロッシーニ「小荘厳ミサ曲」などを歌う。2013年シャネルピグマリオン参加アーティスト。2013年7-8月、東京二期会『ホフマン物語』ナタナエルとホフマン役のカヴァーを務めた。さらにオーディションを経て 2014年2月東京二期会『ドン・カルロ』タイトル・ロールで絶賛を博す。2015年2月東京二期会・パルマ王立歌劇場『リゴレット』マントヴァ公爵に出演。期待の新星として注目を集めている。
平成26年度(第25回)五島記念文化賞オペラ新人賞受賞を受賞し、現在イタリア・マントヴァへ留学中。(2015年12月上旬帰国予定)
2014年11月26日待望のファーストアルバム「Mi manchi」(ミ・マンキ)をキングレコードよりリリース。二期会会員 写真c)Yoshinobu Fukaya/aura.Y2

山本耕平公式ウェブサイト

(2015年4月現在)


 

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2018年6月 29日(金) 二期会Days第1日 サントリーホール ブルーローズ
 
 
 
戻る 検索トップに戻る