二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

田中 展子

タナカ ノブコ
メゾソプラノ
会員
 


華やかな容姿と、豊かな音楽性を兼ね備えたメゾソプラノ



熊本県出身。東京学芸大学音楽科声楽専修卒業。
2004年国際ベルヴェデーレ・オペラオペレッタコンクール日本代表。
同年第3回長久手オペラ声楽コンクール特別賞受賞。2008年イタリア・アートリで行われたアクアヴィーヴァ声楽コンクールファイナリスト。
2007年よりイタリア・ボローニャへ渡り研鑽を積む。
これまでに『カルメン』メルセデス、『魔笛』侍女2、『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル、『ナクソス島のアリアドネ』作曲家、『リゴレット』マッダレーナ、『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラ、『セヴィリアの理髪師』ロジーナ、『天国と地獄』ヴェニュス、『ロメオとジュリエット』ステファノ、『ダイドーとイニーアス』『カヴァレリア・ルスティカーナ』『こうもり』ほか、多くのオペラ、オペレッタに出演。舞台に於いては、歌唱力・豊かな表現力は勿論、演技面においてもその評価は高い。2012年二期会ニューウェーブオペラ『子供と魔法』子どもを演じ、同年7月、東京二期会『カヴァレリア・ルスティカーナ』(新制作)ローラを好演。2015年東京二期会『ダナエの愛』オイローパに出演。2017年東京二期会『ばらの騎士』オクタヴィアン(グラインドボーン音楽祭提携公演)が高く評価され、2018年3月びわ湖ホール『ワルキューレ』ワルトラウテ、NISSAY OPERA『魔笛』侍女Ⅱにも出演している。
コンサートでも、バッハ「マニフィカート」、モーツァルト「戴冠式ミサ」「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、ヴェルディ「レクイエム」ベートーヴェン「第九」等のソリストとしても好評を博しており、16世紀後半~現代までの幅広いレパートリーを持つ。
近年では自身の演奏・創作活動にも力を入れて取り組んでおり、アンサンブルグループ「趣味の古楽」や、中川俊郎氏をはじめとする作曲家達の新作初演を多く手がける「本歌取りプロジェクト」に結成当初より歌手メンバーとして参加、2008年にラ・フォルジュルネ・オ・ジャポンに出演するなど活躍の場を広げている。
2018年夏、澤村翔子から改名。二期会会員

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2018年10月 6日(土) ニッセイ名作シリーズ『魔笛』大津・八幡・田辺公演 びわ湖ホール
2018年12月 9日(日) アンサンブル金沢「メサイア」演奏会 石川県立音楽堂コンサートホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る