二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

成田 勝美

ナリタ カツミ
テノール・カウンターテノール
会員
 

舞台映えする長身とワーグナーにも定評があるスケールの大きなテノール

東京都出身。国立音楽大学声楽科を首席で卒業。昭和58年度文化庁芸術家国内研修員。二期会オペラスタジオ修了時優秀賞受賞。第14回イタリア声楽コンコルソ第1位入賞、併せてミラノ大賞受賞。
第19回ジロー・オペラ賞受賞。皇居桃華楽堂に於いて御前演奏。読売新聞社主催新人演奏会に出演、
1984年ミラノのヴェルディ音楽院入学。エミリア・クワドリ女史に師事。
発声をニーノ・スカットーリ氏、音楽をジャチント・プランデェリ氏、故エットーレ・ペッシーナ氏に師事。1987年『カルメン』のドン・ホセで二期会オペラにデビュー、身長187センチの恵まれた容姿と力強い美声で好評を博した。1988年関西二期会公演『タンホイザー』のタイトル・ロールに出演。1990年 2月、二期会創立40年記念公演『お蝶夫人』にピンカートンで出演し、同年 7月、サヴォンリンナ・オペラフェスティバル(フィンランド)にも同役で出演し、好評を博した。ワーグナー作品でも実績があり、1991年 7月二期会40年記念公演『神々の黄昏』(邦人初演)で難役ジークフリートを見事に演じ、その後も1994年7月二期会公演『ラインの黄金』でフロー役、1996年 7月同公演『ワルキューレ』ジークムント役、1997年新国立劇場開場記念公演『ローエングリン』タイトル・ロール、1999年二期会公演『タンホイザー』タイトル・ロールと大作に続けて出演、ヘルデン・テノールとしての地位を不動のものとした。2000年4月新国立劇場・二期会共催公演『サロメ』にナラボート役で出演後、9月東京シティ・フィル特別公演飯守泰次郎指揮『ラインの黄金』にフロー役で出演。2002年はニ期会50周年記念公演『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ヴァルター役、東京シティ・フィル特別公演飯守泰次郎指揮『ジークフリート』タイトルロールで出演。2003年に東京シティ・フィル特別公演飯守泰次郎指揮『神々の黄昏』に出演、2005年には関西二期会「タンホイザー」韓国公演に出演、いずれも公演の成功に多大なる貢献を果たした。その他にも『椿姫』のアルフレード、『リゴレット』のマントヴァ公爵、『蝶々夫人』のピンカートン、『魔弾の射手』のマックス等、次々に演じている。コンサート活動では、都響ワーグナーシリーズの主役を立て続けに歌い、またR・シュトラウス『ナクソス島のアリアドネ』、新日フィル、大阪フィル『フィデリオ』のフロレスタン等で活躍。2008年2月、東京二期会『ワルキューレ』ジークムントに出演し絶賛を博した。また2010年2月、東京二期会『オテロ』(R.リッツィ・ブリニョーリ指揮、白井晃演出)の堂々たるオテロでは新聞各紙などでも非常に高い評価を得た。以後も『カルメン』ドン・ホセ、『トスカ』等、活躍を続けている。2013年日生劇場『フィデリオ』フロレスタンに出演。ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」「第九」、マーラー「嘆きの歌」等のソリストとしても高い評価を得ている。二期会会員
(2014年2月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2018年8月 24日(金) 二期会サマーコンサート2018 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る