二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

加納 悦子

カノウ エツコ
メゾソプラノ
会員
 

磨き抜かれた圧倒的な歌唱力で、日本に於けるリートの第一人者

東京都出身。(東京都出身。東京藝術大学大学院を修了後、ドイツ国立ケルン音楽大学で声楽を学ぶ。同大学在籍中にケルン市立歌劇場のオペラスタジオ研修生となり、94年から同歌劇場の専属歌手として契約。1995年ザルツブルグ国際モーツァルトコンクール声楽部門2位入賞。ケルン歌劇場ではジェームス・コンロン等の指揮で『フィガロの結婚』ケルビーノ、『蝶々夫人』スズキ、『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼルなど40以上の演目に出演。ヨーロッパの他の歌劇場では、シュトゥットゥガルト州立歌劇場、シュヴェツィンゲン音楽祭、ベルギー・フランドルオペラ、オランダ・ロッテルダムのゲルギエフ・フェスティヴァル、スイス・ザンクトガレン歌劇場などにて、ヘンデル『アルチーナ』ルッジェーロ、『コシ・ファン・トゥッテ』デスピーナ(指揮 ルネ・ヤコブス)、ウルマンの『アトランティックの王』などの現代オペラにも出演。
国内では、日生劇場開場40周年/二期会共催『ルル』主要3役で好評を博し、08年びわ湖ホール・神奈川県民ホール共催『ばらの騎士』(A.ホモキ演出 東京二期会制作)オクタヴィアン、09年びわ湖ホール『ルル』、東京二期会『カプリッチョ』女優クレロン、2010年『トリスタンとイゾルデ』(びわ湖ホール)ブランゲーネ、2013年東京二期会『ホフマン物語』ミューズとニクラウス、同年、『ワルキューレ』フリッカ(神奈川・びわ湖)等、絶賛を浴びている。2014年東京二期会『チャールダーシュの女王』新制作のアンヒルテ(ヴァイラースライム公爵夫人) に出演。2016年9月、東京二期会・ライプツィヒ歌劇場との提携公演『トリスタンとイゾルデ』ブランゲーネでも高い評価を得ている。
コンサートでも傑出した演奏で常に高い評価を得、ヨーロッパを中心にルビアナ放送響とのマーラ-「千人の交響曲」、ミラノ放送響とのモーツァルト「レクイエム」などのアルトソロ、国内ではN響定期「大地の歌」等、国内主要オーケストラとの「第九」等のソリストとしても確かな信頼を得ている。二期会ゴールデンコンサートのソロリサイタルでは、ハイドン、ベルク、シェーンベルクなどの歌曲を披露。ソロデビュー盤となったCD「メアリ・スチュアート女王の詩/シューマン 後期歌曲集」(ALM RECORD)は、2013年度(第51回)レコード・アカデミー賞声楽曲部門受賞。二期会会員
(2016年9月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2018年9月 22日(土) 九州交響楽団第370回定期演奏会 ≪マーラー:交響曲第8番「千人」≫ アクロス福岡
2018年9月 30日(日) 日本フィルハーモニー交響楽団 名曲コンサート モーツァルト「レクイエム」 サントリーホール
2018年10月 12日(金) 名古屋フィルハーモニー交響楽団「千人の交響曲」 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2018年10月 13日(土) 名古屋フィルハーモニー交響楽団「千人の交響曲」 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2018年12月 3日(月) 第3回紅白オペラ歌手対抗歌合戦 サントリーホール
2018年12月 29日(土) 大阪フィルハーモニー交響楽団「第9シンフォニーの夕べ」 フェスティバルホール
2018年12月 30日(日) 大阪フィルハーモニー交響楽団「第9シンフォニーの夕べ」 フェスティバルホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る