二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

臼木 あい

ウスキ アイ
ソプラノ
会員
 

国際的に通用する優れた音楽性で活躍する声楽界のホープ

東京都出身。2003年東京芸術大学声楽科卒業。同大学大学院独唱科を首席にて修了。博士後期課程在学中。
大学3年時に安宅賞を、卒業時には松田トシ賞およびアカンサス音楽賞を受賞。
二期会オペラストゥーディオ第47期マスタークラス修了。修了時に最優秀賞及び川崎静子賞を受賞。
2003年、毎日新聞社・NHK共催「第72回日本音楽コンクール」にて、22歳の若さで声楽部門第1位入賞。
同時に松下賞、聴衆の投票による聴衆賞も受賞。
(同声会主催「同声会新人演奏会」及び、読売新聞社主催「第73回新人演奏会」に出演。)
2006年10月より、明治安田生命クオリティオブライフ文化財団の海外音楽研修生としてザルツブルグのモーツァルテウム音楽院に留学し、声楽をイングリット・マイヤー女史に、リート・オラトリオをヴォルフガング・ホルツマイヤー氏に師事。
オペラではこれまでに、モーツァルト『魔笛』夜の女王、『フィガロの結婚』スザンナ、シューベルト『四年間の哨兵勤務』ケートヒェン(日本初演)、ラヴェル『子供と呪文』火などを演じる。
2005年7月には、東京二期会オペラ公演『ジャンニ・スキッキ』のラウレッタ役で二期会オペラデビュー。同年11月には日生劇場オペラ公演團伊玖磨作曲『夕鶴』のつう役で主役デビューを果たし、12月には韓国公演にも出演。
また大学在学中の2002年、朝日新聞社主催「第52回芸大メサイア」のソプラノソロを務めたのをきっかけに、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」、モーツァルト「戴冠ミサ」「レクイエム」「ダヴィデ・ペニテンテ」など宗教音楽のソリストとしても活動している。2004年、2006年にはバッハ・コレギウム・ジャパンの公演でソリストも務めた。
東京フィル・新日本フィル・神奈川フィル・日本フィル・札幌交響楽団・東京シティフィル・東京ニューシティ・関西フィル・東京交響楽団・芸大フィルなど、オーケストラとの共演も数多い。
また、NHK-FM「名曲リサイタル」、テレビ朝日「題名のない音楽会21」にも出演。テレビやラジオで全国放送される。2007年1月にはNHK「ニューイヤーオペラコンサート」にも初出場、その後も出演の度に好評を博している。
2008年ハイドン『騎士オルランド』に難役アンジェリカで出演。テクニック、音楽性ともに卓越した演奏を披露し、新聞紙上でも絶賛された。2009年1月、東京オペラシティ「B→C」(バッハからコンテンポラリーへ)で絶賛を博し、8月にはフィリアホール「女神との出逢い」各リサイタルの他、11月には日生劇場『ヘンゼルとグレーテル』(ブレーメン劇場版)にグレーテル役で主演。2010年3月、びわ湖ホール・神奈川県民ホール『ラ・ボエーム』ムゼッタに抜擢され、高い評価を得るなど更なる期待と注目を集めている。
2010年7月、新国立劇場高校生のための鑑賞教室・ビゼー『カルメン』フラスキータに出演。さらに2011年10月には新国立劇場高校生のための鑑賞教室『愛の妙薬』アディーナの瑞々しい演唱で好評を博した。また、セルリアンタワー能楽堂にてペルゴレージ『リヴィエッタとトラコッロ』のリヴィエッタ役を狂言演出で演じるという新たな試みにも挑戦(伊香修吾演出)。隅々までコントロールされた美声と、豊かな感情表現は群を抜いている。日本演奏連盟会員。二期会会員 
臼木あいブログ

©Yoshinobu Fukayaaura.Y2
(2015年11月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2019年2月 17日(日) 新国立劇場『紫苑物語』新制作 新国立劇場オペラパレス
2019年2月 20日(水) 新国立劇場『紫苑物語』新制作 新国立劇場オペラパレス
2019年2月 23日(土) 新国立劇場『紫苑物語』新制作 新国立劇場オペラパレス
2019年2月 24日(日) 新国立劇場『紫苑物語』新制作 新国立劇場オペラパレス
 
 
 
戻る 検索トップに戻る