« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月 アーカイブ

2009年02月23日 16:03

幸田浩子ニューアルバム:フジテレビ系「とくダネ!」で大推薦を頂きました!

2月20日(金)に放送されました、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」の「小倉智昭の週刊エンタ★マイスター」コーナーにて、

幸田浩子の「カリヨン〜愛と祈りを歌う」が、今週のオススメCDとして紹介されました。

小倉さん大推薦で、得点:90点!!!

carillon_jacket.jpg


また、「コロムビアコミュニティ♪」のサイトでは、「幸田浩子『カリヨン』感想大募集!」ページをオープンしました。▼是非アクセスをお願いします。

「コロムビアコミュニティ♪」TOPページ

幸田浩子『カリヨン/幸田浩子〜愛と祈りを歌う』ご感想大募集ページ


Artist Info 幸田浩子−コロムビアミュージックエンタテインメント
幸田浩子特設サイト−コロムビアミュージックエンタテインメント

ページの先頭へ戻る

2009年02月20日 13:47

宮本益光作詞 遠い空の下で♪

09_Feb_025.jpg

教育音楽3月号[別冊付録]楽譜資料として、宮本益光作詞・加藤昌則作曲「遠い空の下で」(2部合唱)が掲載されました!


遠い空の下で
好き勝手にふいていた
風たちが
束になってできた ♪



母国語での自在な表現を大切に考える宮本益光が、未来の子どもたちへのあたたかい気持ちを込めて書いたこの曲が全国の小学生たちに歌われる日も近いことでしょう。

「音楽を懸命に磨きに磨くと、ふと新たなものへと昇華することがあります。その感動を子どもたちに伝えたい。本気で。音楽が年齢も国境も越えて語り合えるというのは本当です。子どもたちと語り合うことができたと感じたとき、音楽家で本当に良かったと思うのです。」宮本益光

09_Feb_027.jpg

▼雑誌の詳細はこちらから
教育音楽小学版 - 音楽之友社Online

▼曲の誕生秘話は宮本益光のブログで
遠い空の下で - 極楽 音楽日記

▼宮本益光のインタビュー記事が掲載されています
バリトン歌手 宮本益光インタビュー - Web Magazine OPENERS

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

宮本益光は2009年2月21日(土)17:30〜、22日(日)14:00〜 多摩市民館で上演される『愛の妙薬』の日本語訳詞を手がけ、自らも22日のベルコーレ役で出演致します。
オペラ・ブッファをダイレクトに楽しめる宮本の才能溢れる渾身の新訳が好評、話題となっており、当日は対訳本も販売される予定です。
他の出演者はネモリーノに渡邉公威、大澤恒夫など。

▼詳細・お問い合わせはこちらから
ミラマーレ・オペラ
lelisirdamore.jpg

宮本益光「オペラ訳詞家」としての足跡

東京藝術大学卒業、同大学院博士課程修了。論文「オペラの日本語訳詞、その方法論」にて学術(音楽)博士号を取得。次々と新日本語訳詞を発表。オペラ歌手としての経験と、訳詞家としての研究から生まれた新しい歌詞は「意味の明晰さ、歌詞としての音楽的効果をともに満たした優れた出来映えの訳詞」、「流暢で要を得た邦訳」と、常に高い評価を得ている。
また字幕の作成者としても「ドン・ジョヴァンニ」、「イドメネオ」、「メサイア」、マティアス・ゲルネ公演「詩人の恋」「遥かなる恋人に寄す」「シューベルト3大歌曲集」、日本テレビ「モーツァルト・ガラ・コンサート」などを担当。その他にも音楽雑誌への寄稿、新聞紙上での書評など文筆活動もこなす多才ぶりを発揮。著書に「宮本益光とオペラへ行こう」(旬報社)がある。


発表訳詞一覧
発表年作曲者・作品名主催
1999年モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」桜声舎
2000年ビゼー「カルメン」広島市民オペラ
2002年ペルゴレージ「奥様は女中」コレギウム・ムジクム
2003年オッフェンバック「地獄のオルフェ」藤沢市民オペラ
2005年プーランク「カルメル会修道女の対話」大阪いずみホール
2006年トマ「ミニヨン」びわ湖ホール
2006年ヤナーチェク「利口なメギツネの物語」日生劇場
2007年モーツァルト「魔笛」ミラマーレ・オペラ
2009年ドニゼッティ「愛の妙薬」ミラマーレ・オペラ


ページの先頭へ戻る

2009年02月18日 10:23

横須賀芸術劇場開館15周年記念オペラを彌勒忠史が演出

カウンターテナー会員で演出家の彌勒忠史が、横須賀芸術劇場開館15周年記念オペラ『タンクレーディとクロリンダの戦い』『ダイドーとイニーアス』を演出。去る2月8日(日)に本番を迎えました。

『タンクレーディとクロリンダの戦い』の一場面。日本舞踊と融合した舞台は、引き締まった印象と様式感を表出。
tancredi_e_clorinda8586.jpg

『ダイドーとイニーアス』。衣裳や小道具はバリ島がモチーフ。神々の島バリの色彩で彩られたギリシア神話世界。
dido8696.jpg

『ダイドーとイニーアス』のラストシーン。林美智子演じる王女ダイドーの死。林はダイドーと彼女を破滅させる魔法使い役とを演じ分けました。
dido8817.jpg

(撮影:今津勝幸氏/提供:横須賀芸術劇場)

出演は、林美智子(『ダイドーとイニーアス』ダイドー/女魔法使い役)のほかにも、宮本益光(『タンクレーディとクロリンダの戦い』タンクレーディ役)、望月哲也(同、テスト役)、与那城敬(『ダイドーとイニーアス』イニーアス/水夫役)、國光ともこ(同、ベリンダ役)など豪華な顔ぶれ。カーテンコールでは、満席の会場から惜しみない拍手が鳴り止まず、一度は席を立たれたお客様も足を止められたので、いつの間にかスタンディング・オベーションとなりました。

演出家として大仕事を成し遂げた彌勒忠史。今度は「歌手」として、5月10日(日)二期会ゴールデンコンサートin津田ホールvol.25に登場、古楽アンサンブル「アントネッロ」と共演します。内容はモンテヴェルディやカッチーニ等の17世紀イタリア音楽。ジャズ・セッションのように即興性に富んだ古楽ライブとなることでしょう。

カウンターテナー彌勒忠史にも、どうぞご期待ください。

二期会ゴールデンコンサートin津田ホールVol.25「彌勒忠史×アントネッロ」 - 株式会社二期会21
古楽アンサンブル アントネッロ - 公式サイト

〔各出演者の今後の主な予定〕
・國光ともこ
  3月7日(土)「カルミナ・ブラーナ」 - 新宿文化会館
・与那城 敬
  『トゥーランドット』
  3月15日(日) - びわ湖ホール公演
  3月28日(土) - 神奈川県民ホール公演
・望月哲也
  3月27日(金)望月哲也Wanderer vol.1 - 王子ホール
・宮本益光
  4月24日(金)宮本益光リサイタル - 津田ホール
・林 美智子
  『カルメン』
  7月18日(土)/20日(月・祝) 東京公演 - 東京文化会館
  6月26日(金)/28日(日)/7月1日(水)/4日(土) 兵庫公演 - 兵庫県立芸術文化センター
  7月25日(土) 愛知公演 - 愛知県芸術劇場

※株式会社二期会21ウェブ・サイトから、歌手の近日出演予定が検索できるようになりました。
 ぜひご活用ください。→二期会アーティスト出演情報検索

ページの先頭へ戻る

2009年02月16日 18:08

『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』無事公演を終える!

多くのお客様をお迎えし、宮本亜門×アッレマンディによるオペラ『ラ・トラヴィアータ』が閉幕いたしました。
動かないエスカレーター、繊細にまたダイナミックに変化し、歪んでいく市松模様、真っ黒な衣裳に顔まで墨を塗った不気味な群集。21世紀日本のオペラにかけた宮本亜門の謎を皆様はどのようにご覧になったでしょうか。
アントネッロ・アッレマンディの指揮、東フィルの統制のとれた見事な演奏が、難役ヴィオレッタ(澤畑恵美、安藤赴美子)をはじめ、歌手陣を力強くサポート。明るい音色のヴェルディを聴かせました。

舞台写真:[12]=12・14日組(撮影:鍔山英次)、[13]=13・15日組(撮影:三枝近志)

第1幕

CHK5630.jpg[13]
ドゥフォール男爵(佐野正一)は、ヴィオレッタ(安藤赴美子)のパトロンです。
ガストン子爵(高田正人)が、ヴィオレッタに、アルフレード(井ノ上了吏)を紹介します。
アルフレードとヴィオレッタの恋の行方を見守り、ドゥフォール男爵をさりげなく遠ざけ、時には二人をかばいます。争いを好まないガストン子爵の存在が、このオペラに一瞬の爽やかな風を感じさせました。

IMG_2754.JPG[12]
華やかな宴会。有名な『乾杯の歌』。鮮やかな赤いドレスが映えるヴィオレッタ(澤畑恵美)
訪れる客は噂好き、真っ黒で顔がありません。(二期会合唱団)

CHK5787.jpg[13]
遠くから呼びかけるアルフレード(井ノ上)の声に、おののきながらも恋に落ちるヴィオレッタ(安藤)。

第2幕

IMG_4062.JPG[12]
パリ郊外の田舎の穏やかな生活で、健康を取り戻したかに見えたヴィオレッタ(澤畑)。アルフレード(樋口達哉)の愛に包まれて、朗らかで可憐な表情を見せるヴィオレッタ。

CHK5858.jpg[13]
アルフレードと別れるように迫る父ジェルモン(青戸知)。若者は恋するもの、と知りつつ、我が事となると盲目的になる親心でもあり、愚かさでもあり、揺れ動く父親像を見事に演じ、舞台に深みを与えました。

IMG_4258.JPG[12]
2幕2場。アルフレードとの別れを決意し、社交界に戻るヴィオレッタ(澤畑)。アルフレードが追ってきたことを知り、激しい動揺を見せます。

CHK6092.jpg[13]
ついに怒りを爆発させ、群集の面前で、ヴィオレッタ(安藤)を侮辱してしまうアルフレード(井ノ上)。「死ぬまであなたを愛し続けます」と歌うヴィオレッタの姿に、胸を衝かれます。

第3幕

IMG_4475.jpg[12]
真実を知ったアルフレード(樋口)が戻り、生きたいと願うヴィオレッタ(澤畑)。ジェルモン(小森輝彦)も駆けつけて許しを乞う。しかし、ヴィオレッタは親しい人々に見守られ息を引き取る。

12日のカーテンコールから(撮影:堀 衛)
12_036b.jpg

13日のカーテンコールから(撮影:堀 衛)
13_0041b.jpg


ご来場、ありがとうございました。(AM)

ページの先頭へ戻る

2009年02月14日 12:31

宮本亜門演出『ラ・トラヴィアータ』の全容が明らかに

遂に宮本亜門演出『ラ・トラヴィアータ』の全容が明らかになった。
12日と13日に澤畑組と安藤組それぞれの1回目の公演が行われた。ヴェルディとデュマ・フィスが同時代人であった19世紀半ば、この『ラ・トラヴィアータ』はまさしく当時の現代劇として、日陰者の人々に目を向けさせた画期的舞台作品であった。宮本亜門演出も現代に生きる同時代人への、メッセージである。

登場人物全てに魂が吹き込まれ、特にかつては、宴会の添え物かアンサンブル上の必要性での色付けに留まりがちであった、ガストン、ドゥフォール、ドビニーたちにキャラクターが正確に与えられている。つまり生きたオペラ芸術は歌唱力については当然のことながら舞台役者以上の演技力と表現力を要求しているのだ。

イタリアオペラはタイトルロールの出来不出来がオペラ全体の水準に直結する。澤畑恵美は過去の豊富な舞台経験を経た今最も充実したヴィオレッタであるが、自己新記録を打ち立てたアスリートのように今回の舞台で更に芸術的完成度を高めた。また、事実上のタイトルロールデビューとなった安藤赴美子を特筆することをお許し願いたい。彼女がこのヴィオレッタ役のためい長い自己研鑽を行ったことは、知る者のみが知る。その努力の成果が見事に花開いた。オペラ歌手とは思えない美しいプロポーションはヴィオレッタの悲劇に切迫感をもたらす。新しきスターの誕生だ。(NY)

公演は14日(土)、15日(日)いずれも14時から。当日券がございますのでお見逃しなく。


2009年2月12日(木)〜15日(日)東京文化会館大ホール
東京二期会オペラ劇場2009年2月公演『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演詳細 - 東京二期会

写真入りの記事
【オペラ劇場】12日初日の舞台を特別公開! 宮本亜門演出「ラ・トラヴィアータ」 - MSN産経ニュース
宮本亜門演出「ラ・トラヴィアータ」細やかな人間感情の表出! - classic news:メロディが聴こえるwebサイト

ページの先頭へ戻る

2009年02月14日 10:12

速報!!〜メゾ・ソプラノ谷口睦美が第19回出光音楽賞を受賞!

主にクラシックの音楽活動を対象に、育成という観点から意欲、素質、将来性などに重きを置き選考される出光音楽賞。
現在第一線で活躍されているアーティストを輩出している事でも知られている出光音楽賞ですが、今年度はメゾ・ソプラノの谷口睦美はじめ、3名の実力派アーティストが受賞しました。

声楽部門では唯一の受賞となる谷口睦美ですが、今後は授賞式と受賞者による「出光音楽賞受賞者ガラコンサート」(日時・会場未定)が開催され、この模様はテレビ朝日系で全国放送される予定です。

taniguchi_m_0808.jpg

<本人からのコメント>
出光音楽賞という素晴らしい賞を頂き光栄に思っております。
そして、今まで私を支えて下さった方々には心から感謝を申し上げたいと思います。
出光音楽賞は新進の音楽家に対して与えられる賞だと伺っております。
今回の受賞を機に、より一層、自分の音楽を高めてゆけるように努力して参りたいと思います。


<参考>
【過去の受賞者】※敬称略、一部掲載(受賞年度順)
声楽:
 勝部太(バリトン)、福井敬(テノール)、木下美穂子(ソプラノ)
指揮:
 沼尻竜典、佐渡裕、大野和士、村中大祐、下野竜也
ピアノ:
 若林顕、大西順子(ジャズ・ピアノ)、梯剛之、松永貴志(ジャズ・ピアノ) 、田村響、小菅優
ヴァイオリン:
 豊嶋泰嗣、竹澤恭子、矢部達哉、樫本大進、庄司紗矢香、神尾真由子
ギター:
 村治佳織、鈴木大介、大萩康司

出光音楽賞 - 出光興産

ページの先頭へ戻る

2009年02月13日 10:29

21世紀に問いかけるオペラの至芸─宮本亜門×アッレマンディ『ラ・トラヴィアータ』

2005年6月東京二期会オペラ劇場『椿姫』に続く2度目の登場となった指揮者アントネッロ・アッレマンディ。モーツァルト3部作を経て、現代の日本にふさわしいオペラのあり方を探り続けた宮本亜門が、ついにヴェルディの傑作『ラ・トラヴィアータ』を取り上げ、1カ月に及ぶ念入りな稽古の末、ついにプレミエを迎えました。

登場人物をダイナミックに動かしつつ、感情の震えを繊細に視覚化。
アッレマンディはどちらかといえば速いテンポを好むようです。ウィーン国立歌劇場をはじめ、欧州各地で『ラ・トラヴィータ』を振ってきたアッレマンディは、今回が15プロダクション目とか。熟知した『ラ・トラヴィータ』を完璧にコントロール、シーンの鮮やかな転換が、観る人を退屈させない演出です。

女性たちの生き方は、昔よりずっと自由になった、と思われていますが
本当にそうなのでしょうか。
私の愛を、神さまが許してくれても、世間は許してくれなかった・・・
2幕ヴィオレッタの嘆きが、現代の私たちの胸を打ちます。


IMG_4154.JPG
恋に生きることも許されなかったヴィオレッタ(澤畑恵美)、対するアルフレードの父ジェルモン(小森輝彦)。このシーンは、何度見ても、なんともいえない感情が沸いてきて心の奥底を揺さぶります。

IMG_2926.JPG
恋人アルフレード(樋口達哉)の胸の中で息絶えるヴィオレッタの最期。
写真:鍔山英次


2009年2月12日(木)〜15日(日)東京文化会館大ホール
東京二期会オペラ劇場2009年2月公演『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演詳細 - 東京二期会

写真入りの記事
【オペラ劇場】12日初日の舞台を特別公開! 宮本亜門演出「ラ・トラヴィアータ」 - MSN産経ニュース
宮本亜門演出「ラ・トラヴィアータ」細やかな人間感情の表出! - classic news:メロディが聴こえるwebサイト

ページの先頭へ戻る

2009年02月12日 17:00

WEB版「R25」にオペラ入門記事が掲載されています

人気のフリーマガジン「R25」のWEB版である、「R25.jp(アールニジュウゴドットジェイピー)」のカルチャー不思議レポートに、
“男を磨くカルチャー入門「第3回ドレスがなくてもオペラに行けるの?」ドレスも語学力も知識もない状態で、いかに“オペラ”を楽しむか? 初心者でも堂々と観劇する方法、お教えします!”と題して、オペラ入門記事が掲載されています。

記事は、東京二期会オペラ劇場2月公演『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』の演出家・宮本亜門氏のインタビューや、記者の稽古場での体験談などR25世代に向けて、楽しく、わかりやすく書かれています。
是非ご一読ください。

第3回ドレスがなくてもオペラに行けるの? - R25.jp


尚、東京二期会オペラ劇場『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』は、本日いよいよ初日です!!
東京二期会オペラ劇場2009年2月公演『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演詳細 - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2009年02月09日 20:01

『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』初通し稽古が行われる

2月8日(日)17:35から東京文化会館での初通し稽古が行われた。

アッレマンティのきびきびした音楽と宮本亜門の舞台はベクトルが完全に一致している。

舞台の奥には市松模様がデザインされているが、状況により変化する。宮本亜門演出の特色でもあるが、旧態然の玄人喉自慢的なつったったままの歌唱場面は一瞬だにない。ドラマと動き、人間の心理と葛藤は見事に視覚化されている。

もう1つの見所は2幕1場と2場の転換場面だ。この転換は舞台監督の腕の見せ所でもある。緞帳は下りずに、また、音楽も途切れず、フローラの宴会場面に一瞬の間に変化する。

我が国のイタリアオペラ上演史に残る名舞台が最終的な完成段階に入った。(N.Y)


『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演詳細ページ −東京二期会

ページの先頭へ戻る

2009年02月09日 13:00

『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演迫る!
公演タイムテーブルと当日券発売予定のごあんない

東京二期会オペラ劇場2009年2月公演 G.ヴェルディ『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』の公演が迫りました。
当日の公演タイムテーブルと当日券販売予定を次の通りご案内いたします。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


2月12日(木)
2月13日(金)
2月14日(土)
2月15日(日)
当日券販売開始
17:00~
17:00~
12:30~
12:30~
販売予定券種
S,A,B,C,D
S,A,B,C,D
S,A,B,C
S,A,B,C,D
開場
17:30
17:30
13:00
13:00
開演
18:30
18:30
14:00
14:00
第1幕
約35分
休憩予定時刻
19:05~19:25
19:05~19:25
14:35~14:55
14:35~14:55
第2幕
約60分
休憩予定時刻
20:25~20:45
20:25~20:45
15:55~16:15
15:55~16:15
第3幕
約30分
終演予定
21:15
21:15
16:45
16:45

※販売状況により券種によっては販売終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※公演タイムテーブルは、当日の進行によりずれる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演詳細ページ −東京二期会

ページの先頭へ戻る

2009年02月09日 10:06

ママもオペラに!

20代の頃はオペラにも行ったけど・・・
お友達がとても面白いって聞かせてくれたけど・・・
小さいこどもがいるから・・・
とあきらめていませんか。

会場で子どもを見てくれる人がいたら・・・
安心して預けられる人がいれば・・・
というママの願いを、イベント託児マザーズがかなえてくれます。

劇場までのお出かけは、ママやパパと一緒。
入口に設けられた受付で、大事なお子さんを、経験豊かなシッターさんが、お出迎え。
劇場の中にある託児ルームで、お子様同士仲良く一緒に遊べます。
その間に、ママ、パパはゆっくりオペラの世界へ、ときめく時間をお過ごしいただけます。
終演後は、たくさん遊んでもらってご機嫌のお子様をお迎えに来ていただき、一緒にご帰宅。

毎日、お子様と向き合っているママだって、自分だけの時間も大切。時には、ちょっぴり贅沢なママの時間。
いつの日か、大きくなってママと一緒にオペラを楽しめる日が来るまで、ママも感性を磨いて楽しみましょう。

東京二期会オペラ劇場2009年2月公演『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』では、バレンタインデーの2月14日(土)14時開演の公演に、託児サービスがあります。
この機会に是非、ご利用をお待ちしています。

<ご予約>
イベント託児 マザーズ フリーダイヤル0120−788−222
土・日・祭日を除く10:00〜12:00および13:00〜17:00
※保護者の方から直接お話を聞くため、お電話以外では受け付けませんのでご注意下さい。
託児料金:0歳児4,000円、1歳児以上3,500円

↓託児についての詳細はこちらをご覧ください
イベント託児 マザーズ

東京二期会オペラ劇場『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演詳細−東京二期会

ページの先頭へ戻る

2009年02月06日 13:51

幸田浩子 待望のセカンド・アルバム『カリヨン/愛と祈りを歌う』
2月18日リリース!

昨年2月の1stアルバム『モーツァルト・アリア集』(コロムビア)に続き、幸田浩子が2ndアルバム『カリヨン/愛と祈りを歌う』(同)をリリースします。
今回のアルバムは、アヴェ・マリア、ヴォカリーズ、オンブラ・マイ・フ、アメイジング・グレイスなど、誰にも聴き馴染みのある名曲を幸田浩子の美声で堪能出来る珠玉の小品集。
イタリアのポップス作曲家ベッペ・ドンギアが彼女のために書き下ろしたタイトル曲「カリヨン」と、デビューアルバムで制作されたモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』からのアリア“恋人よ、さあこの薬で”といった、ファン待望の2つのビデオ・クリップ(DVD)も収録されています。

carillon_jacket.jpg

「カリヨン 幸田浩子〜愛と祈りを歌う」 COZQ-358-9(CD+DVD) 3,000円(税込)
■共演:ベッペ・ドンギア(ピアノ)、新イタリア合奏団
■録音:2008年10月28日〜11月1日、パドヴァ郊外、ヴィラ・マルチェッロ

carillon_0141_R.jpg
 ヴィラ・マルチェッロでの録音風景

【CD収録曲】
1. アヴェ・マリア(カッチーニ)
2. アヴェ・マリア(バッハ/グノー)
3. オンブラ・マイ・フ(ヘンデル)〜歌劇《セルセ》より
4. 涙の流れるままに(ヘンデル)〜歌劇《リナルド》より
5. アヴェ・マリア(マスネ)
6. アヴェ・マリア(マスカーニ)
7. 禁じられた音楽(ガスタルドン)
8. ヴィラネル(デラックァ)
9. くちづけ(アルディーティ)
10. アリア(ヴィラ=ロボス)〜ブラジル風バッハ第5番より
11. ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
12. カリヨン(ベッペ・ドンギア)
13. アメイジング・グレイス(トラディショナル)

【DVD収録曲】
1. カリヨン(ベッペ・ドンギア)
2. 恋人よ、さあこの薬で(モーツァルト)〜歌劇《ドン・ジョヴァンニ》より

carillon_0261-1.jpg
 録音場所のヴィラ・マルチェッロから庭園を臨んで


また、2月28日(土)には、このリリースを記念したリサイタル、「二期会ゴールデンコンサートin津田ホールVol.24 歌姫(ディーヴァ)たちの四季。−冬−天からの使者」を開催します。

終演後にはサイン会も予定。すでに残席僅かとなりました。チケットをご希望の方はお早めにお申し込みください。


Artist Info 幸田浩子−コロムビアミュージックエンタテインメント
幸田浩子特設サイト−コロムビアミュージックエンタテインメント
二期会ゴールデンコンサート in 津田ホールVol.24 幸田浩子−公演情報|二期会21

ページの先頭へ戻る

2009年02月04日 18:22

すべての登場人物を浮き彫りに
宮本亜門×アッレマンディ『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』ついに始動

『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』は人気オペラですから、映画などで観たことがある人も多いかも知れません。でも、あえて、この「宮本亜門×アッレマンディ」によるヴィオレッタの誕生を見届けることができる人は好運であると言えるでしょう。
総仕上げに入った稽古場から、最新ニュースをお伝えします。


018X1102.jpg宮本亜門演出では、周囲の人物を丁寧に描くことによって、中心人物がおかれた状況や、心の動きまでを、観客に納得させる強力な魔法がかかります。だからこそ、これまで多くは、まるで背景の一部であったかようなドゥフォール男爵(鹿又透、佐野正一)、それにガストン子爵(小原啓楼、高田正人)、ドビニー侯爵(村林徹也、福山出)、医師グランヴィル(鹿野由之、三戸大久)等の重要性が増すのです。彼らの一挙手一投足が、文字通り、パズルのように組みあがり、速いテンポのきっかけで次々と展開してゆく様に、きっと目を丸くすることでしょう。ここまで仕上げるのに、どれだけの稽古が行われたのか知る由もないですが、それこそ水面下の白鳥の足のような努力に違いないのです。


IMG_8930.jpgフローラからヴィオレッタに宛てた手紙
ヴィオレッタと同じ、夜の社交界の女友だち、フローラ・ベルヴォワ(小林由佳、渡邊史)。ドミ・モンドのイメージが沸かない・・・と、若い歌手たちは、本を読んだり、映画を見たり。「日本語で言う“娼婦”のイメージしかなかったけれど、大統領とか、外国の大使とか、と会話ができ、楽しませ、政治の場にも居合わせる高い教養がある人なのですね」と語ってくれましたが、知れば知るほど奥深い世界です。


Antonello_Allemandi.jpg指揮は、今回がウィーン国立歌劇場はじめ15プロダクション目の『ラ・トラヴィアータ』と語る、アントネッロ・アッレマンディ。背が高く、ダンディな指揮者です。
インタビューで、「難役ヴィオレッタを支えるのが私の仕事」(昨年12月ぶらあぼ)と語ったマエストロ・アッレマンディの指先と、舞台の上にいるヴィオレッタとは糸で結ばれているかのような絆を感じます。『ラ・トラヴィアータ』は名アリアが散りばめられている作品ですが、アッレマンディはアンサンブルの細かな調整にも余念がありません。アッレマンディの手になる『ラ・トラヴィアータ』は、ヨーロッパでも高い人気があり、今回東京でアッレマンディがこの作品を振るのはファンにとってはこの上もない幸せです。


ヴィオレッタは、二期会の名花・澤畑恵美、オーディションで抜擢された期待のソプラノ安藤赴美子。アルフレード(樋口達哉、井ノ上了吏)との出会いも別れも、すべて宿命だったかと思われるような、美しさです。愛を貫いた強さは、短い人生を慈しむかのようであり、また時代を問わず女性の強さかも知れません。もっともお側に仕えるアンニーナ(与田朝子、磯地美樹)は、「泣いてばかりでつらい」とも・・・。


IMG_8963.jpgヴィオレッタの手に咲く白い椿の花、シャンパンのグラス
ステージ脇に待機する舞台スタッフが、ヴィオレッタ役の歌の呼吸を読んで、一瞬の持ち替えを助けます。


多くのお客様のご来場をお待ち申し上げます。

2009年2月12日(木)〜15日(日)東京文化会館 大ホール
2009年2月公演『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』公演情報−オペラ公演ラインアップ|東京二期会
スペシャルコンテンツ『ラ・トラヴィアータ(椿姫)』を楽しむ−オペラを楽しむ|東京二期会

ページの先頭へ戻る

2009年02月02日 19:02

二期会会員リリースCDの二題、レコード芸術2月号で特選盤、準特選盤に選ばれました

レコード芸術誌(2009年2月号=発売中)新譜月評において、以下の会員リリースCDが特選・準特選盤に選ばれました!

◎【特選盤】
多田羅迪夫/奏楽堂ライヴ ドイツ歌曲の夕べ

DCJA-21008 3,000円 2008年12月10日発売
 ベートーヴェン:歌曲集「遙かなる恋人に寄す」(全6曲)
 シューマン:リーダー・クライス Op.39(全12曲)
 ブラームス :歌曲集(6曲)
 同:歌曲集「四つの厳粛な歌」作品121

*レコード芸術3月号(2月20日発売)LINN meets THE ARTISTにも登場載予定です。

CDラインナップ/多田羅迪夫/奏楽堂ライブ・ドイツ歌曲の夕べ−DISC CLASSICA

オペラ歌手多田羅 迪夫紹介ブログ
多田羅迪夫CD「ドイツ歌曲の夕べ」、12月10日発売!−オペラの散歩道(二期会blog)記事


◎【準特選盤】
腰越満美、羽山晃生/武満徹 ソングス

CMCD-28165 2,940円 2008年11月25日発売
 うたうだけ(谷川俊太郎 詞)
 小さな空(武満 徹 詞)
 死んだ男の残したものは(谷川俊太郎 詞)
 他(全21曲)

カメラータ・CD検索(CD Indexの・2008/11/25にあります)− カメラータ・トウキョウ
ゴールデンコンサートVol.15(2006年10月)からスタートした
腰越満美&羽山晃生&山田武彦による「武満徹ソングス」ついにリリース!
−オペラの散歩道(二期会blog)記事


詳しくは、「レコード芸術」誌2009年2月号の記事をご覧ください。
レコード芸術−音楽之友社 OnLine

ページの先頭へ戻る

<

>

2009

2

About 2009年02月

2009年02月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年01月です。

次のアーカイブは2009年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type