« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月 アーカイブ

2010年06月29日 15:24

【メディア掲載情報】“ただのオペラでは終わるまい”~『ファウストの劫罰』が「今月の観どころ聴きどころ」に!~

201007ontomo.jpg6月18日発売の『音楽の友』7月号の「今月の観どころ聴きどころ」、および「CDで聴く『今月注目の名曲』」で、東京二期会オペラ劇場『ファウストの劫罰』が紹介されています。山野雄大氏、浅里公三氏のオススメコメント、どうぞご覧下さい!

山野雄大氏「ただのオペラでは終わるまい」
浅利公三氏「この傑作の真の価値を知るには絶好の機会といえるだろう」

▼『音楽の友』はWebでも買えます↓こちら
音楽の友 - 音楽之友社ONLINE


201008mostly.jpgザ・ジェイド(The JADE)でも活躍中、7月16・18日に主演する樋口達哉のインタヴューが、6月20日発売の『モーストリー・クラシック』8月号と、6月15日発売の『音楽現代』で紹介されています。

樋口達哉「ファウストはこれまで演じた中で最も大役かも知れません!」(音楽現代)

201007gendai.jpgあわせてどうぞご覧ください。


▼『MOSTLY CLASSIC』はこちら
MOSTLY CLASSIC

▼『音楽現代』はこちらからお求めいただけます
クラシック音楽を中心とした音楽雑誌・書籍の出版社 株式会社芸術現代社 - インターネットショッピングモール匠屋

▼『ファウストの劫罰』公演詳細・チケットのお申込みは、こちらをご覧ください。
2010年7月公演『ファウストの劫罰』 - 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2010年06月25日 11:11

【公演御礼】二期会Week in サントリーホール 愉しみの刻2010 終了!
  来年の二期会Weekは5月に開催決定!

6月14日より20日まで開催した二期会Week in サントリーホール愉しみの刻。
今年は期間中2,600名を超えるお客様にご来場いただきました。

二期会Week in サントリーホール2010 愉しみの刻『歌の宝石箱』

week20100618_080.jpg
6月18日 第5日公演から

Week_P6200119.JPG
6月20日 第7日公演から

「歌の宝石箱」のテーマでお贈りした1週間、アンケートを通して、お客様からたくさんのコメントを頂戴しました。そのごく一部をご紹介します。

●今、高校生で声楽を目指そうかと考えています。初めてオペラの世界に踏み入れました。姿勢、表情、何においてもすばらしかったです。プロが集まるこの会に来て、本当に良かったです!!(14日10代男性)

●アントネッロと二期会のコラボは、初めて聴きましたが引きこまれました!(15日40代女性)

●短歌の歌曲というめずらしさ、曲目のバランスがよかった(16日女性)

●「すれ違い」なら「ドン・ジョヴァンニ」の中からの曲にして欲しかった。終わりが「メリー・ウィドー」でハッピーエンドなのは好感が持てた。サティとドビュッシーがよかった。(17日50代女性)

●今日はフランス音楽にふれてとてもよかった。ソリスト達もみんなすばらしい!『子供と魔法』とても楽しかった!!(18日50代女性)

●パパゲーノの軽快なおしゃべりに誘われ、大人も子どもも一緒に楽しむことができました。楽器の紹介、となりの人と手をとりあってのダンス、手足でリズムをとりながら会場全体が一体となった雰囲気を味わえたトルコ行進曲……と、めいっぱい楽しかったです。またぜひ参加したいです。(19日)

●大劇場ではなくかなり近くで生の声を直に聞く事ができ、花火の音を近くで聞くように胸にずしんと響きます。(20日60代男性)

●7日目最後のコンサートが一番良かった。声楽のすばらしさに感動した。(20日60代女性)

最後に紹介させていただいた方は、6回券で全ての演奏会にお越しいただけました。
ほかにもたくさんのご感想をお寄せいただきました。
本当にみなさまありがとうございました!

そして、2011年の「二期会Week in サントリーホール」は5月15日(日)~21日(土)に開催が決定しました。
テーマは、

「シェエラザード または 七つの歌物語」

楽しい、愉しい1週間にいたします。
来年もご来場をお待ちしております!


▼今年の公演詳細はこちらからご覧いただけます。
二期会Week in サントリーホール2010 愉しみの刻『歌の宝石箱』 - 株式会社二期会21


ページの先頭へ戻る

2010年06月23日 18:27

テノール望月哲也、NHK「クラシック倶楽部」に出演

先月、銀座王子ホールにてヴォルフ、R.シュトラウス、マーラーを渾身の演奏で魅せた望月哲也がBSハイビジョン「クラシック倶楽部」に登場致します。
音楽の友7月号、モーストリークラシック8月号でも絶賛された、望月の演奏をお見逃しなく!

◆放送日時 2010年6月25日(金) 06:00~06:55
◆放送局  BShi
◆番組名  「クラシック倶楽部」
◆共演   河原忠之(ピアノ)

▼詳細は番組HPをご覧ください
クラシック倶楽部 -望月哲也 テノール・リサイタル- - NHKネットクラブ

※放送日時は局の都合で変更になる場合がありますのでご了承ください。

mochiduki_ojihall_1.jpg

mochiduki_ojihall_2.jpg
写真提供:王子ホール

▼望月哲也のブログも是非チェック!
テノール屋さん 望月哲也のブログ



ページの先頭へ戻る

2010年06月18日 22:52

『ファウストの劫罰』演出・大島早紀子 ラジオ出演情報

ラジオ日本で放送されている「松川裕美のビジネス最前線」に、東京二期会オペラ劇場7月公演『ファウストの劫罰』演出の大島早紀子が、日本を代表するダンスカンパニー”H・アール・カオス”や『ファウストの劫罰』公演に向けての熱い意気込みを語ります。

是非お聴きください!

◆放送予定◆
・6月20日(日)17:00-17:10
・「松川裕美のビジネス最前線」
・ラジオ日本(AM1422KHz/東京・神奈川周辺地区)

▼放送局ホームページ
6月20日番組表 - ラジオ日本
※放送局の都合により、放送内容・日時等が変更になる場合があります。

▼『ファウストの劫罰』の公演情報はこちら
2010年7月公演『ファウストの劫罰』 - 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2010年06月17日 13:31

宮本益光、NHK-FM「名曲リサイタル」に出演

miyamoto_masumitsu_2.jpg新国立劇場の新作オペラ『鹿鳴館』公演を目前に控えたバリトンの宮本益光が、NHK-FM「名曲リサイタル」に登場致します。

今回宮本が選んだプログラムは、今日のキャリアを築くまでのそれぞれの時期に対峙することになったオペラ作品や、日本人声楽家として日本語の歌を演奏することの使命感を持つ中で共鳴し合えた作品など、彼の表現者としての奥深さが窺えます。
今夏は、日本フィルの「夏休みコンサート」で計16公演に出演が予定されるなど、幅広い活躍が続く宮本益光。
多彩な才能を持つ彼の《歌い手としての素顔》を、どうかお聴き逃しないように!


◆放送日時 2010年6月19日(土) 19:20~21:00
◆放送局  NHK-FM
◆番組名  「名曲リサイタル」
◆共演   石野真穂(ピアノ)

▼詳細は番組HPをご覧ください
6月19日の放送予定 - 名曲リサイタル|NHKオンライン
※放送日時は局の都合で変更になる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ戻る

2010年06月12日 20:05

いよいよ開幕!「二期会Week in サントリーホール“愉しみの刻2010”」14日から

今年で8年目を迎える二期会アーティストによる一週間の祭典、「二期会Week in サントリーホール 愉しみの刻2010 “歌の宝石箱”」が、サントリーホール・ブルーローズで6月14日(月)からスタートします!
今年は、既に19日(土)、20日(日)が完売となるなど、注目の公演が目白押しです!
皆様のご来場をお待ちしております。

各公演日の概要と残席状況(6月12日15時現在)

公演日
6月
公演名 残席状況 当日券 開場 開演
S席 A席
14日(月)第1日/オペラで乾杯!ワインな一夜
  
18:00より18:3019:00
15日(火)第2日/きらめく音の宝石たち
  ~アントネッロ&二期会ライブ
18:00より18:3019:00
16日(水)第3日/花の色は・・・ 日本の心、短歌曲集を味わう
  
18:00より18:3019:00
17日(木)第4日/オペラティック・コンサート「愛のすれ違い」
  ~名曲でおりなす二期会オリジナル・ラブ・ストーリー
18:00より18:3019:00
18日(金)第5日/ラヴェルの宝石箱!オペラ『子供と魔法』
  
18:00より18:3019:00
19日(土)第6日午前の部/Concert for KIDS
  3才からのモーツァルト~ゆかいなパパゲーノの冒険
××なし10:3011:00
19日(土)第6日午後の部/Concert for KIDS
  3才からのモーツァルト~ゆかいなパパゲーノの冒険
××なし13:3014:00
20日(日)第7日/ドニゼッティ『ラ・ファヴォリータ』
  (ハイライト上演)
××なし17:0017:30

<残席状況記号の見方> ○…残席あり  △…残席わずか  ×…完売

ページの先頭へ戻る

2010年06月08日 10:31

バンクーバーでも絶賛の木下美穂子

ニューヨークを拠点に活躍する木下美穂子が、カナダ・バンクーバー オペラの初日を無事終え、その高度な歌唱力と活き活きとした華麗な姿は聴衆に絶賛とスタンディングオーベーションで迎えられました。
公演は6月10日までですが、YouTubeに、バンクーバーオペラがプロモーションビデオをアップしているのでぜひご覧ください。

Madama Butterfly Trailer


▼公演詳細はこちらをご覧ください(英語サイト)
Vancouver Opera(バンクーバーオペラ)
Opera Mangaで紹介する蝶々さんストーリーもご覧いただけます。

▼今後のスケジュールなどの情報はこちらをご覧ください
木下美穂子ホームページ


ページの先頭へ戻る

2010年06月05日 22:20

ツイッター!

東京二期会オペラ劇場『ファウストの劫罰』公演まであと1ヶ月強となり、制作現場では、いよいよ本格的な稽古の開始に向け練習場の設営作業に入りました。

これから公演に向けて、制作現場のアレコレをツイッターを通してお伝えしてまいります!
早速、本日の稽古場仕込みの様子などを制作担当者がつぶやいておりますので、みなさま是非ご覧ください&フォローをお願いします!

▼こちらからどうぞ
東京二期会 (nikikai_opera) on Twitter
URLは、http://twitter.com/nikikai_opera です。


ページの先頭へ戻る

2010年06月03日 16:01

ソプラノ板波利加(イタリア・ミラノ在住)近況

itanami_rika.jpg  イタリアでドラマティックソプラノとして活動しており、2009年、ミラノ近郊で「蝶々夫人」蝶々夫人役、ヴェルチェッリ市コムナーレ劇場で「カヴァレリア・ルスティカーナ」サントゥッツァ役、などに出演しています。

パルマ市で出演したヴェルディ作曲『ナブッコ』アビガイッレ役での批評をご覧ください。

<2009年6月:パルマ・パッラヴィチーノ城・野外オペラ>
ソプラノ板波利加は、持ち前の力強い声と表情豊かな演技によって非の打ちどころのないアビガイッレを演じた。この東洋の歌手の声は豊かな声量と感情を揺さぶらせる響きを持ち、人々を魅了した。アビガイッレの際立った活躍が今回の公演の成功に大きく貢献したことは間違いない。
批評家:ロベルト・ブザーニ

2010年6月末にも再びパルマ市で同役で出演する予定となっています。


ページの先頭へ戻る

<

>

2010

6

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

About 2010年06月

2010年06月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年05月です。

次のアーカイブは2010年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type