« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月 アーカイブ

2010年07月31日 18:05

『コンサートを作っちゃお!』親子で作る演奏会 ~歌の情景を紙芝居にしよう~
東京オペラシティで夏休みの思い出を作りませんか!

いよいよ夏本番。皆様、どんな夏休みをお過ごしですか。
二期会21では、東京オペラシティ文化財団と共催で夏の思い出に残るすてきな企画をご用意しました。
題して『コンサートを作っちゃお!』親子で作る演奏会♪
演奏を聴きながらご家族で一緒に紙芝居を作ってみませんか。たとえば‘海は広いな大きいな~’♪のメロディーで知られる「うみ」をはじめ、美しい演奏を聴きながらその情景に想像力を働かせて自由に絵を描きましょう。
そして選ばれた10作品を演奏とともに紙芝居として発表する心躍るひとときです。

歌とお話を担当する彌勒忠史(みろくただし)からお誘いのメッセージが届いています。
村田ゆう子のすてきな歌声もお楽しみください。



お父様、お母様、そしておじいちゃま、おばあちゃまとお孫さんで、親子で家族で楽しめる夏の企画にぜひご来場ください!



【出演】   
歌とおはなし:彌勒忠史  
miroku_tadashi_10.jpg
歌:村田ゆう子  
murata_yuko.jpg
絵本作家:吉田稔美  ピアノ:石野真穂

(1)【ワークショップ】
日時:2010年8月14日(土) 第1回目10:30~12:30/第2回目14:00~16:00
会場:東京オペラシティB1F 大リハーサル室
 ※参加者にはぺんてる製クレヨン・絵具・絵筆を1家族に1セットプレゼント! 
 ※4歳児からご入場頂けます。

(2)【歌のコンサート】
公演日:2010年8月21日(土) 14:00開演(13:30開場)
会場: 東京オペラシティB1F リサイタルホール
 ※ワークショップで描いた絵を紙芝居仕立てで、歌にあわせて親子で発表。
 ※紙芝居は大型スクリーンに投影し会場のみなさんでご覧いただけます。
 ※舞台で発表出来なかった作品は1点ずつ吉田稔美さんのコメントを付けて
  歌のコンサート当日ロビーに展示いたします。
 ※作品はコンサート終演後お持ち帰りいただけます。

【チケット価格】
歌のコンサート鑑賞+ワークショップ参加=お一人様 3,500円 オススメ◎
歌のコンサート鑑賞のみ=お一人様 3,000円

【ご予約】
二期会チケットセンター 03-3796-1831
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999

▼絵本作家 吉田稔美さんについて
Never Girls <イラストレーター吉田稔美のお仕事>
▼コンサートについて(チラシのダウンロードもできます)
『コンサートを作っちゃお!』親子で作る演奏会 - 株式会社二期会21

ページの先頭へ戻る

2010年07月30日 19:25

バリトン宮本益光 夏休みコンサートで大活躍!

日本フィルによる毎年恒例の親子向け夏休みコンサート(全16公演)で、バリトンの宮本益光が『魔笛』パパゲーノに扮して出演中です(共演はソプラノの赤星啓子)。

その熱演ぶりが一部、NHKのニュース番組でも取り上げられました。
親子いっしょに音楽にふれてほしい、そして家庭の中にいつも音楽が溢れていてほしい、そんな宮本の祈りが伝わってくるコンサートになっています。
8月2日まで開催中。この週末は親子で大切な夏休みの思い出づくりにお出かけ下さい(8月2日(月)まで)!!

miyamoto_papageno.jpg パパゲーノに扮する宮本益光
akahoshi_keiko.jpg ソプラノ赤星啓子

▼7月29日のNHKニュースで放送されました 
コンサート会場に絵画も!- NHK千葉動画ニュース
▼朝日新聞 紹介記事
オペラの喜び、教える夢 バリトンの宮本、奔走 - asahi.com(朝日新聞社)
▼当日券情報・公演詳細はこちらです
【当日券】週末は親子で夏休コンサート!- 日本フィル:新着情報

ページの先頭へ戻る

2010年07月30日 15:09

ブラヴォーの嵐!ソプラノ横山恵子、二期会ゴールデンコンサート

艶やかな美声と完璧なテクニックで聴衆を魅了する貴重なソプラノ横山恵子。満を持してのリサイタル(7月26日(月)津田ホール)が大盛況のうちに幕を閉じました。

golden29_006.jpg

横山は海外での『ドン・カルロ』エリザベッタの活躍や、近年『トゥーランドット』のタイトル・ロールでも絶賛を浴びており、このたびのリサイタルは正にその真価が発揮され、その濃厚な時間に舞台と客席はまさに一体となりました。
第一部、R.シューマン歌曲集「ミルテの花」“献呈”や、J.マルクスの歌曲で聴衆を横山の世界に引きこむと、R.ワーグナー「ヴェーゼンドンク歌曲集」で一転して深い味わいをみせます。後半も全く疲れをみせない歌唱はピタリと的確に音を命中させながら音楽そのものの魅力を伝えました。『ノルマ』『アイーダ』の見事な演奏に続いて、ドイツの歌劇場でも当り役としてきた『マノン・レスコー』マノンの終幕のアリア「独り捨てられて」では、登場の瞬間から舞台上に息をのむような美しいドラマが生まれ、叙情溢れる彼女の魅力を強く印象付けていました。
ピアノは海外の歌劇場での経験も豊かな石坂宏氏。劇場仕込みの豊かな経験を活かしたスタイリッシュな演奏が横山の声と絶妙に呼応。音楽への献身と喜びに溢れたエネルギッシュな演奏となり、ブラヴォーの嵐がいつまでも続いていました。

リサイタルを大成功に終えた横山は、2011年3月には『アイーダ』(東京二期会共同制作/10月発売予定)にも主演します。
今後のさらなる活躍にご注目ください。

golden29_001.jpg golden29_100.jpg

▼『アイーダ』は、びわ湖ホールと神奈川県民ホールで上演。情報はこちらから。
びわ湖ホール プロデュースオペラヴェルディ作曲 歌劇《アイーダ》(全4幕)- びわ湖ホール
平成22年度(2010年)神奈川県民ホール主催事業(PDFファイル)- 神奈川県民ホール

▼横山恵子インタビュー特集(*ムービーもお楽しみ頂けます)
ピックアップ・アーティストVol.16 横山恵子の今 - 株式会社二期会21

ページの先頭へ戻る

2010年07月23日 12:00

人間の際限のない欲望と天上の美しさ、『ファウストの劫罰』閉幕

コンテンポラリーダンス、H・アール・カオスを主宰する大島早紀子が、舞台上に時空を超えて魅せるファウストの夢。フランスの巨匠ミシェル・プラッソンと入念な準備を重ね、力強く挑んだ東京二期会オペラ劇場/ベルリオーズ作曲劇的音楽『ファウストの劫罰』。東京文化会館を駆け抜けた4日間の本公演のシーンをご紹介します。


第一部冒頭。彫刻のような構図にうごめく人間、苦悩が積み重なっていきます。


ファウスト(左):福井 敬 


年老いたファウスト博士のしみじみとした朗唱「古びた冬は」。孤独な憂いに沈んでいます。


ファウスト:福井 敬 


数多くの舞台経験を誇る二期会合唱団が登場、<復活祭の歌>。一人ひとりが演奏にも演技にも繊細な表現とクオリティを求められ、見事にこたえました。 


若さを取り戻したいというファウスト博士の欲望をかなえようと悪魔メフィストフェレスが囁きます。


ファウスト(左):樋口達哉
メフィストフェレス:泉 良平 


メフィストフェレスは、ファウストをライプツィヒの酒場に連れていきます。学生ブランデルは「ねずみの歌」を滑稽な調子で歌います。

メフィストフェレス(後右):小森輝彦
ファウスト(後左):福井敬
ブランデル(中央):佐藤泰弘 


心が晴れないまま眠るファウストの周りに精霊が現れる<空気の精のバレエ>。 


白河直子をはじめとするダンサーは、現実と幻想の世界を自在に往き来し、宙に舞います。 


兵士や学生たちの合唱。生きて帰る兵士、あるいは死者として帰る兵士。 


夢の中でファウストに恋したマルグリートが歌う<トゥーレの王>。
17日公演のマルグリートは、出演者変更により小泉詠子が出演。素晴らしいデビューを飾りました。 


メフィストフェレス「悪魔の名にかけて踊れ」。マルグリートを惑わせる<鬼火の踊り>。
妖気、光と声、煌めき、その昂揚ぶりはまさに悪魔的。 


メフィストが地下深くに姿を隠す瞬間─本当に魔界へ消えるようです。


メフィストフェレス:泉 良平 


ファウストとマルグリートの束の間の逢瀬を打ち破るメフィストフェレス。


マルグリート(左):林 正子
メフィストフェレス(中):泉 良平
ファウスト(右):樋口達哉 


マルグリートが一人部屋で歌うロマンス<激しい炎のような愛は>。再会を約束したファウストが現れない─私の小さな頭は狂ってしまう。


マルグリート:小泉詠子 

◇ 
ファウストが渡した眠り薬で母親を殺してしまったためにマルグリートは死刑になった、と告げられて、ファウストは彼女を助けるために悪魔の契約書に署名します。<地獄への騎行>。オーケストラが最高潮に鳴り響く中、ファウストは地獄へ落ちます。


ファウスト(前):樋口達哉
メフィストフェレス:泉 良平 


男声合唱が不気味な呪文を唱えると、魔物の様相を表わす狂乱狂舞のシーン。 


「神よ、彼女は真に愛しておりました。」


マルグリート(中央):林 正子 


<選ばれた魂と子供たちの合唱>天上の歌に導かれ、マルグリートは昇天します。 

猛暑の中、大勢のお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました。

(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)
★撮影:鍔山英次
◇撮影:三枝近志



▼公演詳細はこちらをご覧ください
2010年7月公演『ファウストの劫罰』- 公演記録|東京二期会


ページの先頭へ戻る

2010年07月15日 11:29

「チャーミングで恐ろしい悪魔を演じたい」
メフィストフェレス役、泉 良平インタビュー 『ファウストの劫罰』

いよいよ本日、東京二期会オペラ劇場H.ベルリオーズ『ファウストの劫罰』が開幕いたします。

MSN産経ニュースでは、メフィストフェレス役で16日(金)と18日(日)に出演する、バリトンの泉良平インタビューが掲載されています。ぜひご覧ください!

▼こちらからどうぞ。
「チャーミングで恐ろしい悪魔を演じたい」バリトンの泉良平 - MSN産経ニュース(7月14日エンタメ)

▼『ファウストの劫罰』タイムテーブル等の当日情報は昨日のブログをご覧ください。
『ファウストの劫罰』いよいよ明日開幕! - オペラの散歩道(7月14日)

ページの先頭へ戻る

2010年07月14日 19:01

『ファウストの劫罰』いよいよ明日開幕!

いよいよ明日15日(木)から始まるベルリオーズ『ファウストの劫罰』。
マスコミ各紙の注目も高く、直前情報が朝日新聞と読売新聞の各夕刊(14日付)に掲載されました!

朝日新聞では、マエストロ、ミシェル・プラッソンのインタビューが、読売新聞では、13日に行われたゲネプロ(総稽古)の模様をふまえて、本公演が大々的に紹介されています。

▼朝日新聞の記事はWebでもご覧いただけます。
ベルリオーズ 仏のプラッソン「心のあや、描き出す」- asahi.com(朝日新聞社)(7月14日- 音楽 -)

▼ゲネプロの様子は、クラシック情報サイト「クラシック・ニュース」でもご覧いただけます。
東京二期会オペラ劇場「ファウストの劫罰」ゲネラルプローべはじまる! - classic news(7月14日)

damnation_gp_001.jpg damnation_gp_005.jpg
写真は昨日のゲネプロを終えた福井敬(左)と小森輝彦(2人は15日と17日に出演)

2月に英雄オテロで観客を魅了した福井。今回は老ファウスト博士から若者へと変身し、馥郁たる美声で愛を歌いスケールの大きな舞台を創り上げています。
悪魔メフィスト役の小森はドイツのアルテンブルク・ゲラ市立劇場専属、第一バリトンとして大活躍しています。

▼福井敬netでは、動画インタビューがご覧いただけます。
ファウストについて(福井さんインタビュー)- 福井敬net(7月9日)

▼公演当日のご案内です


公演タイムテーブルのご案内
7月15日(木)
7月16日(金)
7月17日(土)
7月18日(日)
当日券
S,A,B,C,D
S,A,B,C,D
S,A,B,C,D
S,A,B,C,D
当日券販売開始
17:30~
12:30~
12:30~
12:30~
開場
18:00
13:00
13:00
13:00
開演
19:00
14:00
14:00
14:00
第1部、第2部
約60分
休憩予定時刻
20:00~20:25
15:00~15:25
15:00~15:25
15:00~15:25
第3部、第4部
約70分
終演予定
21:40
16:40
16:40
16:40
※販売状況により券種によっては販売終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※公演タイムテーブルは、当日の進行によりずれる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼公演詳細はこちらをご覧ください。
2010年7月公演 H.ベルリオーズ『ファウストの劫罰』- 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2010年07月13日 17:43

ソプラノ品田昭子がサロンに出演!

 


チラシ(PDFダウンロード)
7月21日(水)開催の「二期会サロンコンサート」第2弾は、ソプラノ品田昭子による「宵涼みのひととき」!

日本歌曲からオペラの名曲アリアまで、のびやかで清涼感あふれる歌声が、爽やかに響き渡ります。

暑さを忘れて素晴らしい歌声を、夏の夜風と共に感じてみませんか!?
お友達をお誘い合わせのうえ、是非ご来聴ください!
夏にピッタリのナンバーをお届けいたします!チケット絶賛発売中!


<コンサート情報>
二期会サロンコンサートVol.156
品田昭子 ソプラノ リサイタル ~宵涼みのひととき~


日時:2010年7月21日(水) 19:00開演 (18:30開場)
会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ
料金:3,500円(全自由席・ドリンク付・税込)
チケットお取扱:二期会チケットセンター 03-3796-1831

出演:品田昭子(ソプラノ)、渕上千里(ピアノ)

<予定曲目>
♪中田喜直 「むこうむこう」
♪平井康三郎 「祭りもどり」
♪木下牧子 「抒情小曲集」より
♪山田耕筰 「唄」
♪ベッリーニ 『カプレーティ家とモンテッキ家』より“ああ、幾たびか”
♪トマ 『ミニヨン』より“私はティターニア”    
                       ほか

ページの先頭へ戻る

2010年07月08日 11:32

ソプラノ半田美和子 BS1「ガッチャン」に出演

7月9日(金)、世界につながる学生チャンネル「ガッチャン」にソプラノ半田美和子がスタジオゲストとして出演します。

本番舞台での緊張を解きほぐして、どう声を響かせるか、世界で、日本で、オペラ歌手を目指す学生の皆さんに熱いメッセージをお送りします。

handa_miwako.jpg

◆放送日時 2010年7月9日(金)夜11時30分~11時50分
◆放送局  NHK BS1
◆番組名  世界につながる学生チャンネル「ガッチャン」
◆番組内容 「世界に響け!天使の歌声」ほか
◆司会   関根麻里さん、ミック・コレスさん

▼詳細は番組HPをご覧ください
世界につながる学生チャンネル ガッチャン - NHKオンライン

※放送日時は局の都合で変更になる場合がありますのでご了承ください。


▼半田美和子 ホームページ
ソプラノ歌手 半田美和子 オフィシャルサイト


ページの先頭へ戻る

2010年07月07日 13:27

ソプラノの嘉目真木子、6月のコンクールでダブル受賞の快挙!

yoshime_makiko1.jpg2010年9月に東京二期会オペラ劇場『魔笛』のパミーナ役で出演予定のソプラノ 嘉目真木子(よしめ まきこ)が、下記のコンクールで続けて好成績を残しました。

将来性を感じさせる旬の歌声と麗しい舞台姿で人気上昇中です。
今後益々の活躍に注目ください。

◆多摩フレッシュ音楽コンサート2010(6月23日・東京都立川市)
 =最優秀賞(1位)=
(演奏曲)
 山田耕筰 からたちの花
 プッチーニ『トゥーランドット』より  氷のような姫君も
 ドニゼッティ『アンナ・ボレーナ』  あなた方は泣いているの?
 ▼同コンクールについて
 多摩フレッシュ音楽コンサート2010 - 財団法人立川市地域文化振興財団

◆第29回飯塚新人音楽コンクール声楽部門(6月6日・福岡県飯塚市)
 =第2位=
(演奏曲)
 モーツァルト『魔笛』より  ああ、私の心には感じる
 グノー『ロミオとジュリエット』より  私は夢に生きたい
 ▼同コンクールについて
 飯塚新人音楽コンクール - 飯塚文化協会飯塚

 
▼9月10日と12日のパミーナ役で出演します
2010年9月公演 W.A.モーツァルト『魔笛』 - 東京二期会オペラ劇場

▼嘉目真木子のブログ
SOPRANO Makiko Yoshime
ソプラノのヒトリゴト


ページの先頭へ戻る

2010年07月05日 19:05

小山由美、Wels Wagner Festival 2010に出演

去る6月1日と5日、メゾソプラノの小山由美が、伝統あるWels Wagner Festivalにおいて、『ローエングリン』のオルトルート役で出演致しました。
今回も共演ソリストの6人中4人がバイロイトでの同僚だったとのことで、粒ぞろいの歌手が勢ぞろい。
公演は完売となり、小山由美も国際的評価を得てドイツへ帰国致しました。

koyama_yumi_MG_0377.JPG
同公演においてオルトルートを演じる小山由美(中央)

▼公式サイト(英語版インデックスページ)
Richard Wagner Festival Wels

ページの先頭へ戻る

2010年07月03日 21:10

ソプラノ吉原圭子、韓国より帰国しました

2010年6月8,9日は韓国・ソウルの国立音楽院において、音楽劇「東風~もうひとつのシルクロード~半島から」に出演し好評を博しました。
日本と韓国の交流イベントで、今回は韓国ソウルでの開催。

「オペラでもなくミュージカルでもない新しい音楽劇」がコンセプトで、歌手としてだけではなく、俳優としても出演しました。俳優としての演技は初めてでしたが、頭と身体の使い方がオペラとは違い、新鮮な経験をさせていただきました。戸惑うこともありましたが、観客のみなさんから大きな歓声をいただき、本当に幸せでした。」吉原圭子コメント

公演の模様は、8月15日に韓国のアリランTVで放送される予定です。

yoshihara_keiko_DSCN0529.JPG
舞台裏にて(衣装は武田園子さんデザイン)

yoshihara_keiko_DSCN0539.JPG
韓国人歌手のアシンさんと楽屋にて

 

ページの先頭へ戻る

2010年07月01日 20:28

第28回ソレイユ音楽コンクール 第1位にソプラノ天野聡絵

今年3月に二期会オペラ研修所第53期マスタークラスを修了したばかりの天野聡絵(ソプラノ)が、6月5日(土) 稲城市立iプラザにて開催された第28回ソレイユ音楽コンクール声楽部門本選において、第1位音楽現代新人賞を受賞しました。
第2位は、同第54期マスタークラスに在籍中の鈴木麻里子(ソプラノ)、第3位は同第53期マスタークラス修了の觀堂恵理子(ソプラノ)がそれぞれ受賞。
また、入選にも二期会オペラ研修所修了・在籍者から6名が選ばれるなど、高い評価を得ました。

今後、第1位の天野聡絵のインタビューが、音楽現代8月号(7月15日発売)に掲載予定です。
“受賞者コンサート”は7月1日(木)東京文化会館小ホールにて開催されました。

▼第28回ソレイユ音楽コンクールについてはこちらをご覧ください。
第28回ソレイユ音楽コンクール入賞者及び入選者 - 株式会社ソレイユ音楽事務所


同コンクール声楽部門入賞者は次の通り
第1位 音楽現代新人賞 天野聡絵(第53期マスタークラス修了・ソプラノ会員)
第2位 優秀賞     鈴木麻里子(第54期マスタークラス在籍中・ソプラノ)
第3位 審査員奨励賞  觀堂恵理子(第53期マスタークラス修了・ソプラノ会員)
入選 肥沼諒子(第53期マスタークラス修了・ソプラノ準会員)
   香村寛子(第52期マスタークラス修了・ソプラノ準会員)
   波佐間成美(第55期本科在籍中・ソプラノ)
   阪元恵里(第53期マスタークラス修了・ソプラノ)
   二見麻衣子(第52期マスタークラス修了・ソプラノ会員)
   吉田侍史(第54期マスタークラス在籍中・バリトン)  ほか

amano_satoe.jpgsuzuki_mariko.jpgkando_eriko.jpg
写真左から、第1位天野聡絵、第2位鈴木麻里子、第3位觀堂恵理子

ページの先頭へ戻る

<

>

2010

7

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

About 2010年07月

2010年07月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2010年06月です。

次のアーカイブは2010年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type