« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

2013年11月29日 18:51

井ノ上了吏が伝える、イタリア、スペインの情熱!!
明日、11月30日(土)は銀杏並木も色づく千駄ヶ谷・津田ホールへ!

明日、11月30日(土)16:00より銀杏並木も色づく千駄ヶ谷駅前の津田ホールで「二期会ゴールデンコンサートat津田ホール Vol.42井ノ上了吏テノール」が開催されます。
<ラテンの風格あふれるテノール・リリコ“我が歌!イタリア、スペインの想い”>と題し、テノール井ノ上了吏がイタリアとスペインの情熱をお伝えします。

第一声からラテンの情感があふれる井ノ上了吏の歌。
イタリア留学時代は、ブレーシャ、ベルガモ、ミラノ、モデナ、パルマなど各地で演奏活動を続けていました。
井ノ上の歌の原点といえる、そのイタリアの作品からは、プログラム前半の歌曲集にリリック・テノールの実力が発揮されるトスティ、チマーラ、そしてデンツァの作品と、プログラム後半のヴェルディ・オペラから。
プログラムの最後に今年5月に出演したオペラ『マクベス』のマクダフのアリアも再びお聴きいただけます。
愛する妻子を殺され、その亡骸を前にして歌うマクダフ。彼を突然襲った、想像を絶する悲痛が伝わってきて、オペラ全篇の中でもとりわけ印象的なシーンでした。

そして井ノ上のもうひとつの原点、スペイン音楽のプログラムについて。
「二期会スペイン音楽研究会」の立ち上げから現在まで関わるなど、自身のスペイン歌曲のレパートリーを広げるとともにその魅力を伝える演奏活動を重ねてきた井ノ上。
今回ご紹介するのはモンポウ、トゥリーナの歌曲と、セラーノ、ソロサバルによるサルスエラの名曲。ドミンゴやカレーラスといったスペイン出身の名歌手たちが好んでコンサートで取り上げる曲でもあり、井ノ上の声の特長が存分に発揮されること間違いありません。

「イタリアもスペインも情熱的な国だけれど、イタリアの甘美な音楽に対してスペインの音楽はもっと男っぽく乾いている。スパークリングワインでいえば、イタリアのスプマンテ(Spumante)に対して、辛口のスペインのカヴァ(Cava)の味わい。スペイン音楽はどこか火傷するように熱く、歌えば歌うほど奥が深い。そんな音楽の魅力をお客様と分かち合えたら」と井ノ上。

当日券は15:00より会場受付にて発売いたします。
実りの秋にふさわしい、情熱の演奏にぜひご期待ください!


チラシ(PDFファイル)
■■■公演情報■■■
二期会ゴールデンコンサートat津田ホール 2013/14 SEASON
「Vol.42 井ノ上了吏 テノール」

日時:2013年11月30日(土) 16:00開演/15:30開場
会場:津田ホール
   (JR千駄ヶ谷駅前/都営大江戸線国立競技場駅A4出口前)
出演:井ノ上了吏(テノール)、高木由雅(ピアノ)
料金:全席指定 4,000円(税込)

▼当日の予定プログラムなど詳細はこちらをご覧ください
二期会ゴールデンコンサートat 津田ホール 2013/14 SEASON ◆Vol.42「井ノ上了吏 テノール」 - 二期会21

▼こちらから井ノ上のインタビュー全文や写真などがご覧いただけます
インタビュー - 井ノ上了吏 - ピックアップ・アーティスト - 二期会21

131126sendagayaekimae.jpg
すっかり色づいた千駄ヶ谷駅前の銀杏並木(2013.11.26 (c)Web担)

ページの先頭へ戻る

2013年11月29日 17:56

東海東京証券 プレミア美術展 好評開催中!

先週開幕した「東海東京証券プレミア美術展」。
『椿姫』『リエンツィ』等から貴重な舞台衣裳や小道具展示のほか、煌びやかな舞台写真、ステージの臨場感を味わえるバーチャル体験コーナーなど華麗なオペラの世界を存分にお楽しみいただけます。そして明日11月30日(土)は本年7-8月の東京二期会『ホフマン物語』で彗星のごとくデビューしたソプラノ佐藤優子のライブステージが同会場で開催されます。
週末は日本橋に是非お運びください!

■■■イベント情報■■■
東海東京証券プレミア美術展『華麗なるオペラの世界』
~オペラの2大作曲家ヴェルディ&ワーグナー生誕200年記念展~

「入場無料」
期間:2013年11月24日(日)~12月7日(土)
時間:平日・9時~18時/土日・11時~17時(最終日16時まで)
会場:東海東京証券 東京営業部1階ギャラリースペース
   (日本橋高島屋より銀座方面へ徒歩2分)
主催:東海東京証券株式会社
協力:公益財団法人東京二期会・株式会社二期会21

「OPERA LIVE STAGE」
各日とも14:00開演(受付は13:00より)/公演時間 約30分
*参加無料 *事前予約制
■11月30日(土)
201311_sato_yuko.jpg
佐藤優子 ソプラノ
■12月7日(土)
201311_yamamoto_kohei.jpg
山本耕平 テノール


●●●会場の様子から●●●

201311_isyoutenji.jpg
衣裳展示コーナー

201311_aida_kodougu.jpg
小道具展示コーナー

201311_linz_amon.jpg
オーストリア・リンツ州立劇場で先日公演された宮本亜門演出『魔笛』から
公演写真と宮本氏が実際に使用した楽譜類の展示

201311_livestage.jpg
11月24日に開催された「OPERA LIVE STAGE」の様子(メゾソプラノ富岡明子)

▼イベント情報ページはこちら
東海東京証券プレミア美術展 華麗なるオペラの世界 オペラの2大作曲家ヴェルディ&ワーグナー生誕200年記念展 - 東海東京証券

ページの先頭へ戻る

2013年11月29日 15:57

ドイツ・フライブルク歌劇場で専属歌手として活躍するテノール西岡慎介・近況

ドイツ・フライブルク歌劇場でヴェルディ『シチリアの晩鐘』に出演中のテノール、西岡慎介が無事に新制作公演の初日を終えました。

今回は劇場専属歌手になって初めて出演する演目ですが、出足も好調。この先も13回出演します。
また、2014年4月26日にプレミエを迎える、同歌劇場公演プッチーニ『外套』にティンカ役での出演が決定致しました。
その西岡よりメッセージが届いておりますので、ご紹介致します。

  = = = = = = = =

「昨日、フライブルク市立歌劇場公演『シチリアの晩鐘』のプレミエが終演いたしました。本来は11月2日のプレミエの予定でしたが、諸事情により3週間遅れての公演となりました。専属歌手として初めての新制作のプロダクションということで、僕にとっていつもとは違った緊張感がありましたが、無事に終えることができてホッとしております。『シチリアの晩鐘』は残り13公演です。最後まで全力で頑張ります。西岡慎介」

  = = = = = = = =

201311_nishioka_01.jpg
Foto: MAURICE KORBEL
第2幕より ニネッタ役(専属歌手チュー・イン・ドゥ)とのシーン

201311_nishioka_02.jpg
Foto: MAURICE KORBEL
第2幕より

201311_nishioka_03.jpg
Foto: MAURICE KORBEL
第3幕より 舞踏会のシーン

201311_nishioka_04.jpg
Foto: MAURICE KORBEL
第3幕より 三重唱のシーン(左から、専属歌手ジンソク・リー、ゲスト歌手クリスティーナ・ヴァジレバ、西岡)

▼フライブルク歌劇場『シチリアの晩鐘』11/23のプレミエのページ(ドイツ語)
Die sizilianische Vesper - PREMIERE - Theater Freiburg

▼フライブルク歌劇場、西岡慎介プロフィールページ
Shinsuke Nishioka (Tenor) - Theater Freiburg

▼西岡のブログ
「シチリアの晩鐘」のプルミエでした - にっしーのブログ

ページの先頭へ戻る

2013年11月27日 17:20

池辺晋一郎渾身の「第九」交響曲、〈世界初演〉がTV放送!

池辺晋一郎渾身の「第九」交響曲、幸田浩子、宮本益光出演の〈世界初演〉がTV放送されます。

これは、2013年9月15日に東京オペラシティコンサートホールで行われた「作曲家・池辺晋一郎 70歳バースデー・コンサート」公演からの模様です。(放送では「交響曲第9番」のみの予定)

20131127_kouda_hiroko.jpg 幸田浩子  20131127_miyamoto_masumitsu.jpg 宮本益光


◆◆◆放送情報◆◆◆
クラシック倶楽部 ~ 池辺晋一郎 交響曲第9番
放送局:NHK-BSプレミアム
日時:2013年11月28日(木) あさ6:00~6:55
(※放送日時・内容は予告なく変更される場合があります)

▼番組ホームページ
クラシック倶楽部 - NHKオンライン


▼9月15日の公演詳細はこちら
作曲家・池辺晋一郎 70歳バースデー・コンサート - 東京オペラシティ コンサートホール/リサイタルホール

▼トピックスにはカーテンコールの様子などの写真が掲載されています
[On Air情報]11/28放送「作曲家・池辺晋一郎 70歳バースデー・コンサート」 - 東京オペラシティ文化財団

ページの先頭へ戻る

2013年11月27日 12:05

イタリア・オペラの真の巨匠~指揮者:ガブリエーレ・フェッロの魅力を知ろう!

東京二期会オペラ劇場『ドン・カルロ』(2014年2月19、20、22、23日 東京文化会館)の指揮者は、ガブリエーレ・フェッロ。今回、フェッロを招聘することにした理由と彼の繰り出す音楽の魅力について、企画制作部に聞きました。

---------------------

「この後、リッカルドとプロジェクトの相談をしないと…」
ある日、マエストロ・フェッロ(1937年生)との打ち合わせをしていたら出てきた台詞でした。リッカルドとは、リッカルド・ムーティ(1941年生)のことで、ふたりは長い親交があるそうです。
日本には、これまで1986年ロイヤル・オペラ・コヴェントガーデン『コジ・ファン・トゥッテ』、1998年読売日本交響楽団への客演があった程度のため、残念ながら、あまり知られているとはいえないようです。

ferrobio.jpg

しかし、ヨーロッパでは、ムーティらと並び称される現代イタリアの巨匠として尊敬を集めています。イタリアでは、1979年から91年までシチリア交響楽団の首席指揮者を皮切りに、88年から91年までローマのRAI管弦楽団の首席指揮者も兼任、1999 年から2004年ナポリ・サン・カルロの音楽監督を、01年から06年までパレルモのテアトル・マッシモの首席客演指揮者を務めました。
活動はイタリアにとどまらず、読売日本交響楽団の常任指揮者シルヴァン・カンブルランが音楽総監督を務めるシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽総監督を歴任(1992~97年)し、大きな足跡を残したフェッロは、2012年同劇場でベルリーニの『清教徒』をヨッシ・ヴィラー&セルジオ・モラビートの新演出で指揮し、《オーパン・ヴェルト》誌の年間最優秀上演に選ばれました。とりわけ現代の演出家と緊密なコレボレーションを取れる指揮者として知られており、前述のヴェラー&モラビートを初め、本年3月にはイタリアのフェニーチェ劇場でロバート・カーセンとタッグを組み、ヤナーチェクの『マクロプロス事件』を指揮し、同じく好評を博しました。

ferroprogram.jpg

本年は、久々にドレスデン州立歌劇場に登場し、スポンティーニの『ヴェスタの巫女』をヨーロッパで話題のマリア・アグレスタの主演(往年の名テノール、フランシスコ・アライサも出演、アライサ&フェッロは、多数のレコーディング有)で指揮したフェッロは、『ドン・カルロ』の前に1月パレルモのテアトル・マッシモで、R・シュトラウス・イヤーの皮切りとなる『フォイヤースノート(火の危機)』の新演出を指揮し、その後、二期会『ドン・カルロ』のために久しぶりの来日を果たします。

ナポリのサン・カルロで音楽監督時代、ブルゾンらと共演し好評を博した『ドン・カルロ』で28年ぶりに東京文化会館のピットに登場するマエストロの円熟のオペラ指揮に期待が高まります。
2012年二期会『ナブッコ』での初来日で一躍脚光を浴びた若きイタリア人指揮者アンドレア・バッティストーニは、かつて彼に指導を受けており、「オペラ指揮者になるための基礎はすべてフェッロ先生から学んだ」と言っています。

イタリア・オペラを知り尽くすマエストロ・フェッロの指揮と世界を席巻する美しくもドラマティックなマクヴィカーの演出が見られるのは、東京の4回のみ。この機会を逃す手はありません!

don_carlos_007.jpg

don_carlos_017.jpg photo by Monika Rittershaus

▼東京二期会2014年2月公演『ドン・カルロ』公演情報はこちら
東京二期会オペラ劇場『ドン・カルロ』(平日マチネー特別料金有り)-東京二期会


ZEN

ページの先頭へ戻る

2013年11月22日 16:00

日生劇場開場50周年記念公演 オペラ『フィデリオ』公演迫る

去る11月8~10日にオペラ『リア』を二期会と共催した東京・日比谷の日生劇場が、今週末(11月23日(土)と24日(日))に、オペラ『フィデリオ』を開催します。

今回のキャストにも多くの二期会アーティストらが出演。一般公演に先立って連日の学校公演も開催され、反響を呼んでいます。
18日と19日に行われましたゲネプロにお邪魔して参りましたので、写真でその楽屋の様子の一部をお伝えします。

131119_oonuma_toru.jpg ドン・フェルナンド役 大沼 徹

131119_zhong_hao.jpg ドン・ピツァロ役 ジョン ハオ

131119_onuki_yasui.jpg ヤキーノ役 小貫岩夫(左)とマルツェリーネ役 安井陽子

美しい音楽と充実の演奏、いよいよ一般公演は11月23日(土)と24日(日)の両日14時開演。
1962年10月の杮落しに、ベルリン・ドイツ・オペラが引っ越し公演で『フィデリオ』(指揮カール・ベーム、ドン・フェルナンド役にD.フィッシャー=ディースカウ!)を上演した日生劇場。1Fピロティでは「日生劇場開場50周年記念パネル展」も行われています。
ぜひご来場ください。

■■■公演情報■■■
日生劇場開場50周年記念公演
ベートーヴェン作曲 オペラ『フィデリオ』

全2幕・日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
指揮:飯守泰次郎
演出:三浦安浩
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

▼詳しい公演情報、チケットのお問合せ・ご予約はこちらをご覧ください
オペラ『フィデリオ』 開場50周年記念 - 日生劇場

▼「WEBぶらあぼ」にゲネプロの舞台写真が掲載されています
日生劇場開場50 周年記念オペラ《フィデリオ》 ゲネプロレポート - WEBぶらあぼ
▼指揮・飯守泰次郎氏のインタビュー
指揮者:飯守泰次郎「インタビュー@クラシック」 - クラシック・ニュース


diamond

ページの先頭へ戻る

2013年11月20日 16:22

東海東京証券プレミア美術展「華麗なるオペラの世界」開催!

来る11月24日(日)より2週間に渡り、オペラ美術展が開催されます。

■■■イベント情報■■■
東海東京証券 プレミア美術展
華麗なるオペラの世界
~オペラの2大作曲家ヴェルディ&ワーグナー生誕200年記念展~

「入場無料」
期間:2013年11月24日(日)~12月7日(土)
時間:平日・9時~18時/土日・11時~17時(最終日16時まで)
会場:東海東京証券 東京営業部1階ギャラリースペース
   (日本橋高島屋より銀座方面へ徒歩2分)
主催:東海東京証券株式会社
協力:公益財団法人東京二期会・株式会社二期会21

日本橋にあります東海東京証券1階ギャラリースペースが、展示期間中オペラ一色となります。まず、ヴェルディ&ワーグナー生誕200年コーナーでは、『椿姫』『リエンツィ』等から貴重な舞台衣裳や小道具等を展示。
東京二期会・リンツ州立劇場共同制作『魔笛』(演出:宮本亜門)特別展示コーナーでは、今年9月にオーストリア・リンツ州立劇場のシーズンオープニングを飾った宮本亜門氏演出の歌劇『魔笛』の貴重な資料や舞台写真が展示されます。
その他、ステージの臨場感を味わえるバーチャル体験コーナーや、著名人によるオペラにまつわるコラムを掲載する私とオペラコーナーなどオペラの世界をご堪能ください。

さらに、特別イベントとして、オペラライブステージを開催!
二期会の誇る若手スター歌手が登場し、華やかなライブステージをお届けします。

「OPERA LIVE STAGE」 各日とも14:00開演(受付は13:00より)/公演時間 約30分
*参加無料 *事前予約制
■11月24日(日)
201311_tomioka_akiko.jpg
富岡明子 メゾソプラノ
■11月30日(土)
201311_sato_yuko.jpg
佐藤優子 ソプラノ
■12月7日(土)
201311_yamamoto_kohei.jpg
山本耕平 テノール


オペラのすべてが詰め込まれたプレミア美術展に、皆様ぜひお越しくださいませ!

▼イベント情報ページはこちら
東海東京証券プレミア美術展 華麗なるオペラの世界 オペラの2大作曲家ヴェルディ&ワーグナー生誕200年記念展 - 東海東京証券

ページの先頭へ戻る

2013年11月11日 17:15

11月21日(木)「二期会クリスタルコンサート」~出演者メッセージ

毎年恒例の「二期会クリスタルコンサート」。
入会オーディション合格、幹事会推薦、そして全国の二期会から移籍の歌手が、二期会会員としての“お披露目の場”ともなる一夜限りのコンサートです!
二期会オペラ研修所修了成績優秀者による「新進声楽家の夕べ」と共に、このコンサートを毎年楽しみにしてくださる方々も多くいらっしゃると思います。
公演まであと10日ほどに迫る中、出演者代表としてテノールの木下紀章、バスバリトンの加藤宏隆にコンサートに懸ける意気込みを伺う事ができました。
この両名は2014年2月の二期会オペラ『ドン・カルロ』にも出演が決まっており、今後ますます活躍が期待される歌手でもあります。
クリスタルコンサートではいち早く彼らの歌声を皆様にお届けします!

    *    *    *

木下紀章(きのした のりあき・テノール)

二期会のクリスタルコンサート出演にあたり、出演者代表として書かせていただきます、二期会テノール会員の木下紀章です。
今回のクリスタルコンサートはご存知の方もいらっしゃると思いますが、新しく二期会に入会した選抜メンバーで構成されています。
私はレハール作曲の「君はわが心のすべて」、そしてロッシーニ作曲の「踊り」の2曲をを歌わせていただきます。どちらも名曲中の名曲で、テクニック的にも難しく試行錯誤を繰り返しながら毎日練習に励んでいます。
他にも国内外で活躍中のフレッシュな二期会メンバーでコンサートを盛り上げていきたいと思います。
僕たちを知っている方も、そうでない方も11月21日はすみだトリフォニーホールへ是非!!
                           
    *    *    *

加藤宏隆(かとう ひろたか・バスバリトン)

オーディションを経て二期会の会員とさせて頂き、一年ほどがたちました。
この度は、11月21日のクリスタルコンサートで演奏させて頂けることとなりまして、大変楽しみにしております。クリスタルコンサートの事は、過去に知人が何人か出演していることもあり、前より存じ上げ興味を持っておりましたので、とても嬉しく思っております。
私は、二期会のオーディションでも歌わせて頂いた、ラフマニノフのオペラ「アレコ」から「星は高く輝き」、そして、シューマンの有名な歌曲、「二人の擲弾兵」を歌わせて頂きます。他の皆様もたいへん魅力的なレパートリーを演奏されますので、ぜひ多くの皆様にお越し頂きたいと思います。
出演者の皆様はどなたも素晴らしい経歴をお持ちの実力派揃いで、私もご一緒させて頂くのがとても楽しみです。
この様な素晴らしい機会を頂けたことに感謝し、精一杯演奏させて頂きたいと思います。
 
    *    *    *


チラシ(PDFファイル)
■■■公演情報■■■
二期会実力派のニューフェイスたちが歌う
「二期会クリスタルコンサート」

日時:2013年11月21日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:すみだトリフォニーホール 小ホール
料金:全自由席 3,000円(税込)

出演者と予定プログラム:(11月20日更新掲載)
◆山下尚子(やました しょうこ・ソプラノ)
 中田喜直:「おやすみ」
 ベッリーニ:『夢遊病の娘』より「ようこそ皆さん…わたしにとって今日という日は」
◆木下紀章(きのした のりあき・テノール)
 ロッシーニ:「踊り」
 レハール:『ほほえみの国』より「君はわが心のすべて」
◆岩下晶子(いわした しょうこ・ソプラノ)
 カーライル・フロイド:『スザンナ』より「山の樹々は」
 リー・ホイビー:ジャバウォック譚
     〜 休 憩 〜
◆加藤宏隆(かとう ひろたか・バスバリトン)
 シューマン:「二人の擲弾兵」
 ラフマニノフ:『アレコ』より「月は高く輝く」
◆中島佳代子(なかじま かよこ・ソプラノ)
 ビゼー:「てんとう虫」
 ウェーバー:『魔弾の射手』より「まどろみが近寄るように~深々と静かに」
◆武井涼子(たけい りょうこ・ソプラノ)
 T.C.グリフィス:「誇り高きイアンの嘆き」
 マスネ:『ル・シッド』より「泣け、泣け、わが目」
◆古橋郷平(こはし ごうへい・テノール)
 ビゼー:『カルメン』より「花の歌」
 トスティ:「アブルッツォ風ギターの調べ」
<ピアノ:多田聡子>

●ご予約・お問合せ
二期会チケットセンター TEL:03-3796-1831 《チケット絶賛発売中!!》
主催:公益財団法人東京二期会

既に国内外で活躍をみせる、期待の大型新人7名の想いをのせた歌声を、皆様どうぞお楽しみください。

ページの先頭へ戻る

2013年11月08日 18:29

Hakuju Hall「二期会モーニング Diva Divo」第2弾!公演迫る。
〜予定プログラムが決まりました!

Hakuju Hallからお届けする「二期会モーニング Diva Divo(ディーヴァ,ディーヴォ)」シリーズ。
第2回目が、11月14日(木)に迫りました。

今回は、今年3月に二期会オペラ研修所を修了した若い歌手たちの中でも、“大輪の花”と呼ぶにふさわしい、ソプラノ浅井恵子(あさい けいこ)と、メゾソプラノ成田伊美(なりた よしみ)が出演。
スケールの大きな伸びやかな音楽を聴かせる浅井、勉強熱心でメゾソプラノ6人というクラスで頭角を現した成田。すらりとした長身も舞台映えして魅力的です。

asai_keiko_201311.jpg
浅井恵子
narita_yoshimi_201311.jpg
成田伊美

■■■公演情報■■■
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ 第2回
日時:2013年11月14日(木) 11:00開演(10:30開場)
会場:Hakuju Hall
   (小田急線代々木八幡駅または千代田線代々木公園駅より徒歩5分)
料金:全自由席 500円
主催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所
協力:二期会オペラ研修所
後援:公益財団法人東京二期会
協賛:株式会社ドラジェ

《予定プログラム》 (ピアノ:高田恵子)
モーツァルト:『皇帝ティトの慈悲』より
   二重唱“ああ、これまでの愛に免じて許してください” (♪浅井&成田)
レスピーギ:「霧」 (♪成田)
マスカーニ:「月」 (♪浅井)
R.シュトラウス:『ナクソス島のアリアドネ』より “先生お許しください” (♪成田)
ヴェルディ:『イル・トロヴァトーレ』より “恋はバラ色の翼にのって” (♪浅井)
プッチーニ:オペラ『蝶々夫人』より
   “ある晴れた日に” (♪浅井)、“花の二重唱” (♪浅井&成田)
シェーンベルク:「グレの歌」第一部 “グレの鳩たちよ!”(森鳩の歌) (♪成田)
ウェバー:「レクイエム」より “ピエ・イエズ” (♪浅井&成田)
 (都合により演奏曲等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください)

HakujuHall20131112.jpg

Hakuju Hall は毎年恒例のクリスマスの装いに。美しいツリーが飾られた豪華なエントランスも楽しみ!
秋も深まる代々木公園を横切って、Hakuju Hallに出かけてみませんか?
チケットも残り少なくなっております。ご予約はどうぞお早めに!

▼お問合せ・ご予約
Hakuju Hallチケットセンター
 電話03-5478-8700 (10:00~18:00 火~土/祝日・休館日を除く)

▼公演詳細リーフレット(PDFファイル)
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ - Hakuju Hall

ページの先頭へ戻る

2013年11月07日 20:48

開幕迫る!A.ライマン オペラ『リア』日本初演 ~公演当日情報

いよいよ8日(金)から東京・日比谷の日生劇場にて、二期会創立60周年記念公演のラストを飾る、A.ライマンのオペラ『リア』が開幕します!
日本のオペラ史上に新たな足跡を刻む公演を、是非会場にてご覧ください!!

こちらに公演当日のご案内をいたします。


2013年11月 二期会創立60周年記念公演
(日生劇場開場50周年記念・読売日本交響楽団創立50周年記念)
A.ライマン作曲 『リア』オペラ全2部・日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
指揮:下野竜也/演出:栗山民也
当日券と公演タイムテーブルのご案内
11月8日(金)
11月9日(土)
11月10日(日)
当日券
S,A,B各少数,C僅少
S少数,A僅少,B僅少
S少数
当日券販売開始
10:00~
10:00~
10:00~
開場
18:00
13:30
13:30
開演
18:30
14:00
14:00
第1部
約85分
休憩予定時刻
19:55~20:20
15:25~15:50
15:25~15:50
第2部
約70分
終演予定
21:30
17:00
17:00
日生劇場
=アクセス=
<JR>
[山手線][京浜東北線]=「有楽町駅」日比谷口徒歩10分
<地下鉄>
[千代田線][日比谷線][都営三田線]=「日比谷駅」A13番出口徒歩1分
[有楽町線]=「有楽町駅」徒歩10分
[丸ノ内線]=「銀座駅」徒歩10分

お車のお客様は日生劇場ウェブサイトをご覧ください
>>アクセス - 日生劇場|東京・日比谷
※上記当日券予定は公演前日夕方時点での情報です。以降、販売状況により券種によっては完売となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。また、最新の当日券状況は日生劇場(03-3503-3111)までお問い合わせください。
※公演タイムテーブルは、当日の進行により変わる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼公演詳細はこちら
2013年11月公演 A.ライマン『リア』 - 東京二期会オペラ劇場
▼日生劇場のホームページはこちら(公演情報がご覧いただけます)
日生劇場

ページの先頭へ戻る

<

>

2013

11

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

About 2013年11月

2013年11月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type