« 2016年01月 | メイン | 2016年03月 »

2016年02月 アーカイブ

2016年02月25日 17:32

共同制作公演『さまよえるオランダ人』三都市ツアーまもなく!!

いよいよ3月5日(土)から、びわ湖ホール・神奈川県民ホール・iichiko総合文化センター・東京二期会・京都市交響楽団・神奈川フィルハーモニー管弦楽団・九州交響楽団共同制作公演、ワーグナー『さまよえるオランダ人』三都市ツアーがスタートします。

今週初め、小雪の舞う中、まずは舞台スタッフが、最初の開催地であるびわ湖ホールに入りました。




【3/5,6 びわ湖ホール プロデュースオペラ「さまよえるオランダ人」】本日よりびわ湖ホール大ホールでは、3月5日、6日公演のワーグナー作曲 歌劇「さまよえるオランダ人」の仕込みが始まりました!続々と運び込まれる舞台セット。どんどんと舞台が出来上がってきています。今回の装置家ギールケさん渾身の舞台セット。どんな舞台ができあがるのか、本番をお楽しみに!チケットは好評発売中です!!

Posted by びわ湖ホール on 2016年2月23日


舞台装置の準備も順調です。
今回も指揮・沼尻竜典と演出・ミヒャエル・ハンペのゴールデン・タッグで、連日熱のこもったリハーサルを重ねてきました。キャストもまもなく劇場に到着します。全3幕のこのオペラを1幕仕立てでお送りする今回のプロダクション。息をもつかせぬ展開にご期待ください!

201602_hollander.jpg
演出:ミヒャエル・ハンペ(左)と指揮:沼尻竜典

また、2月27日(土)はびわ湖ホールのロビーにてプレイベント「『さまよえるオランダ人』ロビーコンサート」が開催されます。こちらは、カヴァーキャストのバリトン友清 崇とソプラノ田崎尚美が出演します。

▼ロビーコンサート詳細はこちら
歌劇『さまよえるオランダ人』ロビーコンサート – びわ湖ホール
 2月27日(土) 11:00開演 びわ湖ホール・メインロビー

本役ではないものの、稽古場では演出家から大きな信頼を寄せられているという二人の歌が聴けるのはここだけですので、あわせてのご紹介です。

■■■ 公演情報 ■■■
《共同制作公演》
R.ワーグナー『さまよえるオランダ人』
オペラ全3幕・日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演

会場と日時:
【びわ湖公演】 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
    2016年3月5日(土)、6日(日) 両日14:00開演
【神奈川公演】 神奈川県民ホール 大ホール
    2016年3月19日(土)、20日(日) 両日14:00開演
【大分公演】 iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
    2016年3月26日(土) 14:00開演

指揮:沼尻竜典(びわ湖・神奈川公演)、大勝秀也(大分公演)
演出:ミヒャエル・ハンペ
管弦楽:京都市交響楽団(びわ湖公演)、
     神奈川フィルハーモニー管弦楽団(神奈川公演)、
     九州交響楽団(大分公演)

▼3都市の公演概要はこちら
2016年3月 共同制作公演 R.ワーグナー『さまよえるオランダ人』 - 東京二期会

▼プレミエ公演は3月5日(土)びわ湖ホール!どうぞお見逃しなく!
びわ湖ホール プロデュースオペラ ワーグナー作曲 歌劇『さまよえるオランダ人』(全3幕/休憩なし)(ドイツ語上演・日本語字幕付) - 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

ページの先頭へ戻る

2016年02月25日 15:33

【速報】二期会サマ―コンサート2016
あの二期会サマーコンサートが帰ってくる!装いも新たに今夏復活!!

惜しまれつつも終了して、早6年。
以前、北とぴあ さくらホールにて開催しておりました、《二期会サマーコンサート》&《二期会オータムコンサート》が装いも新たに今夏、渋谷区総合センター大和田 さくらホールにて復活します!

今夏の《二期会サマーコンサート》のテーマは「データから見た二期会オペラ」。
これまでの二期会オペラの歴史60年を振り返り、最多公演演目をピックアップ、プログラミングしました。注目の出演者もその曲目に合わせて厳選するなど大変贅沢な内容になっております。

コンサートの冒頭には毎年秋に行っておりました、「クリスタルコンサート(新入会員のお披露目)」のコーナーも入れまして、今後の二期会をますます盛り上げる実力派ニューフェイスの歌声もお聴き頂けます!

チケット発売は3月24日(木)から。全指定席となりますので、良いお席はどうぞお早めにお買い求めください!

■■■ 公演情報 ■■■
二期会サマーコンサート2016
データから見た二期会オペラ ~最多公演演目は何?~

日時:2016年8月25日(木) 18:30開演(18:00開場)
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
   (渋谷駅JR西口より徒歩5分)
料金:(全指定席) A席4,500円、B席4,000円
◆チケット発売日:3月24日(木)~

▼出演者、予定プログラム等の公演詳細はこちらから
二期会サマーコンサート2016 データから見た二期会オペラ ~最多公演演目は何?~ - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2016年02月25日 13:10

月曜は新橋でオペラ!~「アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート」2/29(月)出演者メッセージ

若手実力派歌手の登場と、美味しいお料理でおもてなしする、「アルテリーベ東京・月曜フレッシュコンサート」。
次回の2月29日(月)に出演のソプラノ上野さゆりと、メゾソプラノ横内尚子の二人より、公演に向けて皆様へのメッセージが届いております!

201602_ueno_sayuri.jpgアルテリーベで歌わせていただけること、大変嬉しく思っております。
恥ずかしながら学生時代の私は『オペラってなんだろう…』と思っていました。なんとなく先輩の背中を追って研修所に飛び込みましたが、今では“オペラの魅力”の虜です。
オペラを少しでも身近に感じて頂けるプログラムですので、29日みなさまにお会いできるのを心より楽しみにしております。
201602_yokouchi_naoko.jpgメゾソプラノの横内尚子です。
この度は月曜フレッシュコンサートに出演の機会を頂き、大変嬉しく思っています。
2/29はロッシーニの誕生日、そして閏年のオリンピック開催にかけて、様々な名曲をお届けいたします。
上野さんとは、二期会オペラ研修所の一年目(予科)の時に、同じクラスで勉強していました。研修所を修了してからの初共演ですが、共に三年間頑張ってきたので、今回の共演がとても楽しみです!
アルテリーベに、ぜひいらしてください!

これからの活躍が期待される若手オペラ歌手によるフレッシュな歌声を、美味しいお料理と一緒にお楽しみ頂けます。
是非お誘い合わせの上ご来場下さい!

■■■ 公演情報 ■■■
アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート
Four-yearly Festival ~四年に一度の日を 迎えて~

日時:2016年2月29日(月) 18:00開店
    第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:上野さゆり(ソプラノ)、横内尚子(メゾソプラノ)、松原裕子(ピアノ)
予定プログラム:
  プッチーニ作曲 オペラ『蝶々夫人』より “ある晴れた日に”
  ロッシーニ作曲 「ヴェネツィアの競艇」より “漕いで、トニオ”
            「猫の二重唱」
            オペラ『ランスへの旅』より “金の百合の陰で”
            オペラ『チェネレントラ』より “悲しみと涙のうちに生まれて”
  J.シュトラウス作曲 オペレッタ『こうもり』より “乾杯の歌”
                          ほか

ページの先頭へ戻る

2016年02月25日 12:16

花娘・宍戸茉莉衣と藤原 唯が贈る、ひな祭りの日コンサート

7月公演『フィガロの結婚』に花娘役で二期会オペラデビューを果たす二人のソプラノが、3月3日(木)のひな祭りの日に、丸の内トラストシティ・ランチタイムコンサートに出演します!
二人はソプラノ宍戸茉莉衣(ししど まりえ)と藤原唯(ふじわら ゆい)。ともに昨年二期会オペラ研修所マスタークラスを修了し、今回デビューの舞台を勝ち取りました。

――『フィガロの結婚』にむけて今の心境は?

宍戸: フィガロの結婚は私が学生時代に、初めてフルスコアを手に勉強したオペラでした。今回の二期会デビューが決まった時、必死にモーツァルトの音楽に食らいついていた学生時代を思い出して懐かしくなり、またこのオペラに深い縁を感じました。

藤原: 私も、実は私が初めてオペラの舞台に立ったのが、大学院生のときにこの“花娘”役でした。その時の喜びが、現在に繋がっていると思います。縁のある思い出深い役、大切に演じたいと思います。

宍戸: 花娘は初めて勉強する役ですが、フィガロの世界で生きる一人の人間として精一杯演じられたらと思っています。

――「ひな祭りの日」のコンサートについて

藤原: 2人ともフィガロの結婚“花娘”役で二期会本公演デビューということで、モーツァルトの楽曲と、春を感じていただけるナンバーを詰め込みました。

宍戸: 春らしい日本歌曲に始まり、この度の「フィガロの結婚」より伯爵夫人のアリアや手紙の二重唱、そして私たちが普段レパートリーとしているオペラアリアなど、盛りだくさんのプログラムでお届けいたします。

―――お客様にメッセージを

宍戸: いつも温かい応援をありがとうございます。今回のお話をいただいたのが昨年の9月、そしていつの間にか本番まで後4か月半となりました。皆様の笑顔を舞台で拝見出来るよう、限られた時間の中で精一杯勉強し、公演の日を迎えるつもりです。どうぞ楽しみになさっていてください!

藤原: 二期会オペラ研修所同期の2人の、息のあった音楽を、ゆったりとお聴きください♪

201602_shishido_marie.jpg
ソプラノ
宍戸茉莉衣
201602_fujiwara_yui.jpg
ソプラノ
藤原 唯
201602_umeda_maiko.jpg
ピアノ
梅田麻衣子

■■■ 公演情報 ■■■
森トラスト ランチタイムコンサート 丸の内トラストシティ
第237回 ≪花娘 春の節句に 夢歌う≫

日時:2016年3月3日(木) 12:10開演
会場:丸の内トラストタワーN館 1Fエントランスロビー
    ・アクセス
料金:無料
出演:宍戸茉莉衣(ソプラノ)、藤原 唯(ソプラノ)、梅田麻衣子(ピアノ)
演奏予定曲:
  瀧 廉太郎 「花」
  團 伊玖磨 「花の街」「花季」
  中田喜直 「さくら横ちょう」
  別宮貞雄 「さくら横ちょう」
  モーツァルト  『フィガロの結婚』より “愛の神よ”
  モーツァルト  『ドン・ジョヴァンニ』より “ぶってよマゼット”
  ドニゼッティ  『リタ』より “家も宿屋もうまくいき”
  プッチーニ  『ラ・ボエーム』より “私が街を歩けば”

▼森トラスト ランチタイムコンサート 丸の内トラストシティの情報ページはこちら
丸の内トラストシティ|コンサートスケジュール|ランチタイムコンサート - 森トラスト株式会社

▼宍戸、藤原の二期会オペラデビューは7月15日と17日!
すべての人に名作を!二期会名作オペラ祭 W.A.モーツァルト『フィガロの結婚』 - 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2016年02月24日 17:32

開演迫る!~帰国記念コンサート~
三戸大久 バス・バリトン リサイタル

平成25年度文化庁新進芸術家海外研修員としてオーストリア(ウィーン)に留学し、舞台映えする恵まれた体格と歌声で将来嘱望されている、バス・バリトンの三戸大久(さんのへ ひろひさ)が2016年3月4日に初のソロリサイタルを開き、研鑽の成果を披露します。

201602_sannohe_hirohisa.jpg

三戸は武蔵野音楽大学を卒業後、二期会オペラ研修所第48期マスタークラスを修了。
第40回イタリア声楽コンコルソ・シエナ部門金賞、第46回日伊声楽コンコルソ第3位、第9回藤沢オペラコンクール奨励賞を受賞しています。
ウィーン滞在中はウィーン・カールス教会でのシューベルト『ミサ曲』、シェーンブルン宮殿宮廷劇場でのコンサート等の演奏で好評を得ました。帰国後も立て続けに、2015年12月の神奈川県民ホール『金閣寺』や、先日の東京二期会オペラ劇場『イル・トロヴァトーレ』などいずれも好評を博し、舞台にはなくてはならない存在になっています。

今回のソロリサイタルを前にして、三戸よりメッセージが届いております。

    *    *    *
今回はウィーン研修を終えてのリサイタルということもあり、1部ではシュトラウスの歌曲、モーツァルトのアリア、そしてワーグナーを選曲しました。2部はこれまで自分が歌ってきたオペラアリア、おなじみの日本歌曲からバス・バリトンの少し珍しい曲まで。全ての曲が自分にとって思い入れのある大好きな曲ばかりです。

私にとって大きな挑戦でもある初のリサイタルですが、当日はお話や解説を含めながら、王子ホールに足を運んで下さる全ての方が楽しんでいただけるリサイタルに出来たらと思っております。
また今回は大学の先輩でもあり、そして心から信頼している瀧田亮子さんにピアノをお願いしました。
瀧田さんの情熱的で、そして包み込んでくれる音楽に助けられながら演奏出来ることにも大きな幸せを感じています。〈三戸大久〉
    *    *    *

これからの活躍にますます目が離せない三戸大久のソロリサイタル。
皆様、是非このウィーンでの研鑽の成果をお楽しみください。

▼産経ニュースにリサイタルへ向けてのインタビューが掲載されました(2/23)
バス・バリトンの三戸大久が3月に帰国記念コンサート - 産経ニュース

160304sannohe_thumb.jpg
ちらし(PDF)ダウンロード
■■■ 公演情報 ■■■
三戸大久 バス・バリトン リサイタル
~帰国記念コンサート~

日時:2016年3月4日(金) 19:00開演(18:30開場)
会場:銀座・王子ホール
料金:(全席自由)¥4,500
出演:三戸大久(バス・バリトン)、瀧田亮子(ピアノ)
予定演奏曲目:
  R.シュトラウス 「献身」「チェチーリエ」
  山田耕筰 「まちぼうけ」
  大中 恩 「男の唄」
                     ほか

▼コンサート詳細・ご予約はこちらから
三戸大久 バス・バリトン リサイタル|コンサートラインアップ - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2016年02月20日 10:10

【レポート】演出ロレンツォ・マリアーニのプレミエ・プレトーク
「『イル・トロヴァトーレ』は、ミステリアス!」

2月17日(水)、ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』公演の初日、今回のプレミエ・キャンペーンとして演出ロレンツォ・マリアーニによるプレトークを開催しました。(通訳:菊池裕美子)

201602_il_trovatore_21.jpg さあ、始まります!

まず、あちらにかけてありますヴェルディさんにこんばんはと言いましょう。そしてヴェルディさんに拍手を。(注:東京文化会館大ホールのロビーには公演期間中、作曲者G.ヴェルディの肖像のタペストリーを掲げています)

201602_il_trovatore_22.jpg

たくさんの方においでいただけてうれしく思います。
私はいつも、文化の違う方たちに、我が国の文化を理解してもらっているということに、言葉に表せない感動を覚えます。来日の度に、言葉が違っても、お互いに通じ合うことができることが魔法のようだと感動します。

201602_il_trovatore_23.jpg

みなさまに『イル・トロヴァトーレ』についてお話する機会を得られてうれしく思います。
この作品は感動的で、ミステリアスです。
そして、このオペラは物語が説明しにくいものです。
『椿姫』『リゴレット』やプッチーニの『ラ・ボエーム』とは違って、『イル・トロヴァトーレ』は聴いているだけで理解できるものではありません。あの世とか、目に見える現実の世界とは違う世界のものなのです。
『椿姫』とか『リゴレット』を見て感傷的になって泣ける、というのとは違って、『イル・トロヴァトーレ』は、達観するような気持ちになります。宗教的というわけではないですが、わからない、もっと大きな何かがあります。
音楽はよく知られていて印象に残りますが、表現できない何かが心に残ります。
今回の演出は、「ミステリアス」を強調しています。現実にはあり得ないお話の内容ですが、重要なのは、すべてが夜のシーン、だということです。『イル・トロヴァトーレ』というオペラは、「見えない」ということが重要です。見えないもっと大きな力、いわば人間の力を超えた力が働いているのです。

この演出はパルマ、ヴェネツィア、と上演してきました。画家でも小説家でも、芸術家は発展していくものです。今回は、パルマやヴェネツィアより興味深くまたよりミステリアスな演出になっています。東京でやるのはニューヴァージョンの『イル・トロヴァトーレ』です。
私にとって日本はミステリアスな存在です。ミステリアスなみなさまにミステリアスな作品を楽しんでいただきたいと思います。

私は吉本ばななが好きなのですが、その中に「エニグマ・アルデンテ」という言葉が出てきます。このアルデンテというのは、燃えるような、とか、燃え尽きてしまう、とかそんな意味です。とても静かな時があっても、内側そういうものがあるのかもしれません。情熱があって苦しみの中にある静けさ――そういったものです。
最後に、東京二期会、合唱団、東京都交響楽団、スタッフ、そしてもちろんソリストに感謝を述べたいと思います。
それでは皆様、『イル・トロヴァトーレ』をお楽しみ下さい。(拍手)

201602_il_trovatore_24.jpg


短い時間の中で、舞台のコンセプトの核心を伝えたマリアーニ。想像が膨らむ内容だったのではないでしょうか。

▼マリアーニ演出については、会場で販売している公演プログラムに掲載の演出ノートもあわせてお読みください。
プログラムの紹介ツイート - 東京二期会|Twitter

東京二期会『イル・トロヴァトーレ』は、2月20日(土)と21日(日)の残り2日!
両日とも14時開演です。皆様のご来場をお待ちしております。

▼より詳しいマリアーニのインタビューをこちらからご覧いただけます
幻想的な舞台に映る愛の真実、東京二期会がオペラ「イル・トロバトーレ」上演 2月17日から4公演 – 産経ニュース


▼公演タイムテーブル、当日券情報はこちら
2月公演G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』~公演当日のごあんない - オペラの散歩道(二期会blog)

▼キャスト一覧、公演詳細はこちらをご覧ください
2016年2月公演 G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii
↑こちらをクリック!
《便利!》
◎24時間受付、予約手数料0円でご好評の、二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約【Gettii(ゲッティ)】では、前売券が公演当日の開演1時間前までご予約が可能です!!
チケットはご来場の途中にお近くのセブン-イレブンでお支払&お受取いただけますので、余裕をもってお越しいただけます!どうぞご利用ください!!


ページの先頭へ戻る

2016年02月18日 18:19

プログラムが決定しました!~二期会オペラ研修所マスタークラス修了試演会

3月2日(水)に開催の「二期会オペラ研修所 第59期マスタークラス修了試演会」。
現在マスタークラスでは、二期会オペラ研修所での最終試験となる試演会を目前に控え、熱気溢れる授業が進められています。

そして、この度のプログラム(演目・場面)もいよいよ決定しましたのでご案内致します。
オペラ歌手を目指して日々研鑽を重ねてきた研修生たちの、集大成となる舞台です。ぜひご来場くださいませ。

160302institute_thumb.jpg
PDFちらし
■■■ 公演情報 ■■■
二期会オペラ研修所
第59期マスタークラス修了試演会


開催日:2016年3月2日(水)
会場:Hakuju Hall
   ・小田急線 代々木八幡駅南口より 徒歩5分
   ・千代田線 代々木公園駅1番出口より 徒歩5分
料金:全席指定 各クラス1,200円 (2クラスセット券 2,000円)

予定プログラム:
◆黒田 博クラス:12:30開演
 ロッシーニ作曲『セヴィリアの理髪師』 第1幕より
 ドニゼッティ作曲『ランメルモールのルチア』 第1幕より
 ヴェルディ作曲『リゴレット』 第1幕、第2幕より
 ヴェルディ作曲『椿姫』 各幕より
 R.シュトラウス作曲『薔薇の騎士』 第2幕より
 R.シュトラウス作曲『ナクソス島のアリアドネ』 プロローグより
 R.シュトラウス作曲『アラベッラ』 第1幕より
 グノー作曲『ロメオとジュリエット』 第4幕より
 オッフェンバック作曲『ホフマン物語』 第3幕より
 メノッティ作曲『電話』 より
 マスカーニ作曲『カヴァレリア・ルスティカーナ』 より

◆大野徹也クラス:17:00開演
 ベッリーニ作曲『清教徒』 第1幕より
 ドニゼッティ作曲『ランメルモールのルチア』 第2部第1幕より
 ヴェルディ作曲『ルイザ・ミラー』 第3幕より
 ヴェルディ作曲『椿姫』 第3幕より
 ヴェルディ作曲『シモン・ボッカネグラ』 第1幕より
 ヴェルディ作曲『リゴレット』 第1幕より
 ヴェルディ作曲『アイーダ』 第2幕、第3幕より
 R.シュトラウス作曲『薔薇の騎士』 第3幕より
 プッチーニ作曲『マノン・レスコー』 第2幕より
 ビゼー作曲『カルメン』 第1幕より
 グノー作曲『ファウスト』 第3幕より
 グノー作曲『ロメオとジュリエット』 第5幕より

※当日の演奏順は上記と異なります。
 各演目の配役及びタイムテーブルは、当日ご案内致します。

▼出演者等の公演情報ページはこちらです
二期会オペラ研修所 第59期マスタークラス修了試演会 - 東京二期会

▼お問合せ・チケットご予約
二期会チケットセンター TEL 03-3796-1831
 (月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00)

▼チケットお取扱
Hakuju Hallチケットセンター TEL 03-5478-8700
 (10:00~18:00 火~土*祝日・休館日を除く)

ページの先頭へ戻る

2016年02月17日 17:34

開幕!イル・トロヴァトーレ!!

公演前のゲネプロも終了し、いよいよ開幕となりました!
A.バッティストーニの指揮により、初共演となる東京都交響楽団から次々と美しく力強い旋律が生み出され、皆さまを幻想的なオペラの世界に誘います。

▼公演詳細ページはこちら
2016年2月公演 G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 - 東京二期会オペラ劇場

演出のL.マリアーニによるプロダクションは、パルマ王立歌劇場、フェニーチェ劇場に続き、今回の東京公演で3プロダクション目となりますが、演出家より「今回の東京公演が、今までの同舞台の中で一番優れている。もっとも素晴らしい出来」と語ってくれました。
間もなくとなった公演を先日行われたゲネプロの写真を交えつつ、少しだけお見せします!

続きを読む "開幕!イル・トロヴァトーレ!!" »

ページの先頭へ戻る

2016年02月16日 19:30

2月公演G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』~公演当日のごあんない

いよいよ明日、2月17日(水)から東京文化会館大ホールにて、ジュゼッペ・ヴェルディ中期の傑作オペラ『イル・トロヴァトーレ』が開幕します!
幼い頃生き別れた兄弟の悲劇。美女レオノーラをめぐる、放浪の吟遊詩人マンリーコと恋敵のルーナ伯爵の宿命の戦いが始まります。人間の愛と情念の力がほとばしるこのオペラ。まさに人間の声の力が100%発揮されるヴェルディの音楽。どうぞお見逃しなく!

それでは公演当日についてご案内致します。 【2/19(金)19:00更新】

2016都民芸術フェスティバル参加公演
《パルマ王立歌劇場とヴェネツィア・フェニーチェ劇場との提携公演》
東京二期会オペラ劇場 2016年2月公演 G.ヴェルディ作曲 『イル・トロヴァトーレ』 オペラ全4部
<日本語字幕付原語(イタリア語)上演>
指揮:アンドレア・バッティストーニ/演出: ロレンツォ・マリアーニ
当日券と公演タイムテーブルのご案内
2月17日(水)
2月18日(木)
2月20日(土)
2月21日(日)
当日券
S,A若干,B,C若干
S,A若干,B,C若干
S,A僅少,B,C僅少
S,A若干,B,C若干
当日券販売
/窓口受付
17:00~
12:30~
12:30~
12:30~
開場
17:30
13:00
13:00
13:00
開演
18:30
14:00
14:00
14:00
第1・2部
約70分
休憩予定時刻
19:40~20:05
15:10~15:35
15:10~15:35
15:10~15:35
第3・4部
約65分
終演予定
21:10
16:40
16:40
16:40
東京文化会館
=アクセス=
<JR>
[山手線][京浜東北線][上野東京ライン][宇都宮・高崎線][常磐線]
[東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線]=「上野駅」公園口から徒歩1分
<地下鉄>
[銀座線][日比谷線]=「上野駅」7番出口から徒歩5分
<京成電鉄>
[京成本線]=「京成上野駅」正面口から徒歩6分

お車でご来場のお客様は東京文化会館ウェブサイトをご覧ください
>>交通アクセス - 東京文化会館|来場者の皆様へ
★…17日(水)は17:45より演出のマリアーニ氏によるプレトークを開催いたします。17日公演のチケットでご入場の方はどなたでもご参加いただけます。
※上記、販売予定当日券は19日(金)18:00現在の情報です。販売状況により公演当日より前に販売終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※公演タイムテーブルは、当日の演奏・進行により上記時間通りにならない場合もございます。


▼キャスト一覧、チケット情報等、公演詳細はこちらをご覧ください
2016年2月公演 G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii
↑こちらをクリック!
《便利!》
◎24時間受付、予約手数料0円でご好評の、二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約【Gettii(ゲッティ)】では、前売券が公演当日の開演1時間前までご予約が可能です!!
チケットはご来場の途中にお近くのセブン-イレブンでお支払&お受取いただけますので、余裕をもってお越しいただけます!どうぞご利用ください!!


ページの先頭へ戻る

2016年02月12日 13:09

幸田浩子、話題の映画『偉大なるマルグリット』トークショーに出演!

本国フランスで動員100万人を突破、大ヒットを記録した話題作『偉大なるマルグリット』が、2月27日(土)より全国公開されるにあたり、タワーレコードintoxicate読者を招いて行われる試写会上映後のトークショーに幸田浩子が出演致します。
本作は、実在のソプラノであり、世界中から愛された“音痴の歌姫”フローレンス・フォスター・ジェンキンスから着想を得て創作された、音楽への愛と情熱あふれる人生ドラマです。

201602_kouda_hiroko.jpg 幸田浩子

■■■ イベント情報 ■■■
イントキシケイト・プレゼンツ
映画『偉大なるマルグリット』特別試写会 トークショー

◆日時:2016年2月16日(火) 20:45~21:15  [試写会映画上映後] 
◆場所:渋谷・映画美学校 (東京都渋谷区円山町1−5)
◆登壇者:菊地成孔・幸田浩子

▼タワーレコード・イントキシケイトのサイトはこちら
intoxicate - TOWER RECORDS ONLINE

▼映画『偉大なるマルグリット』公式サイトはこちら
偉大なるマルグリット -2月27日(土)、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開!-

ページの先頭へ戻る

2016年02月10日 12:20

「ヴェルディを指揮することは、毎回が大きな挑戦です。なぜなら…」
バッティストーニが語ったヴェルディの魅力そして『イル・トロヴァトーレ』について

1月31日(日)。前日イタリアから日本に到着したばかりの指揮者アンドレア・バッティストーニが向かったのは、イタリア文化会館。

201602_Andrea_Battistoni_01.jpg

日本におけるイタリア文化の発信地であるこの会場で、2月公演『イル・トロヴァトーレ』の若きマエストロの講演会が始まりました(主催:日本ヴェルディ協会・イタリア文化会館)。
音楽評論家の加藤浩子さんと通訳の井内美香さんとともに壇上に登ったバッティストーニは、ヴェルディの人生とその音楽について、知的ながら熱のこもった語り口でその魅力を伝えてくれました。

201602_Andrea_Battistoni_02.jpg

「ヴェルディの音楽は、溢れるようにたくさんの美しいメロディがたいへん効果的で、観客の脳裏にそれぞれの登場人物を焼き付けるような、強烈な印象を残します。」

201602_Andrea_Battistoni_03.jpg

「『イル・トロヴァトーレ』の筋書きを現代の私たちが合理的に読み解くことは難しいでしょう。むしろ、ヴェルディは観客に色々な解釈の余地を投げかけようとしました」

話題の中心である『イル・トロヴァトーレ』についても、ヴェルディの音楽人生とイタリアオペラの歴史の中にはっきりと位置付けて解説しながら、その世界の想像力豊かな広がりにも話題を展開させました。
足をお運びいただけなかった方にも講演会の様子をお伝えするべく公演の内容をまとめましたので、どうぞご覧ください。

▼講演会の内容全文はこちら(PDFファイル)
ファイルをダウンロード

iltrovatore2016_thumb.jpg
PDFちらし
■■■ 公演情報 ■■■
パルマ王立歌劇場とヴェネツィア・フェニーチェ劇場との提携公演
《東京二期会オペラ劇場》
G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』
オペラ全4部・日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
日時:2016年2月
     17日(水) 18:30開演★
     18日(木) 14:00開演
     20日(土) 14:00開演
     21日(日) 14:00開演
    (各日とも開場は開演の60分前)
   ★…17日(水)は17:45より演出のマリアーニ氏による
      プレトークを開催いたします
会場:東京文化会館 大ホール
料金:S席13,500円~C席8,000円、学生席2,000円

指揮:アンドレア・バッティストーニ
演出:ロレンツォ・マリアーニ
管弦楽:東京都交響楽団

▼キャスト一覧、チケット情報等、公演詳細はこちらをご覧ください
2016年2月公演 G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)
Gettii←24時間受付、予約手数料0円、セブン-イレブン店頭決済&お受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!



ページの先頭へ戻る

2016年02月03日 13:27

【稽古場レポート】見逃すと後悔必至!素晴らしいトロヴァトーレ!!

今回で東京二期会公演には3度目の登場となる指揮A.バッティストーニが稽古場に合流!
さっそく行われた音楽稽古は、この『イル・トロヴァトーレ』が、ヴェルディの中でも最も旋律美に溢れた作品であることを示すものでした。
そこに、強調するべき言葉や、声色の変化等が次々と提案され、来日前のインタビューで彼が語った”美しい旋律を美しいだけで終わらせず、心の表現に”ということが、見事に表されています!
早くオーケストラを加えて聞いてみたいと強く感じた、非常に興奮する稽古でした!

201602_il_trovatore_01.jpg

▼二期会通信2015年12月1日号掲載記事より
バッティストーニが語ったイル・トロヴァトーレへの好奇心|オペラを楽しむ - 東京二期会


また、客演テノールのH.サンドバルも稽古に合流。
ウィーン国立歌劇場を始め国際的なキャリアを重ねる彼の声はノーブルで、本来は貴族の子息であるマンリーコはまさに適役です!
彼は今回初来日となりますが、二期会の歌手陣ともすでに打ち解け、素晴らしい公演にすべく、稽古に打ち込んでいます。

201602_il_trovatore_02.jpg

▼エクトール・サンドバル公式サイトはこちら
Welcome - Hector Sandoval - A tenor of cut Worl-wide

とにかく素晴らしい公演になる予感がする今回の『イル・トロヴァトーレ』。
上演機会が少ない作品ということもございますので、見逃すと後悔必至!
是非皆さまお誘い合わせの上お越しください。

iltrovatore2016_thumb.jpg
PDFちらし
■■■ 公演情報 ■■■
パルマ王立歌劇場とヴェネツィア・フェニーチェ劇場との提携公演
《東京二期会オペラ劇場》
G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』
オペラ全4部・日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
日時:2016年2月
     17日(水) 18:30開演★
     18日(木) 14:00開演
     20日(土) 14:00開演
     21日(日) 14:00開演
    (各日とも開場は開演の60分前)
   ★…17日(水)は17:45より演出のマリアーニ氏による
      プレトークを開催いたします
会場:東京文化会館 大ホール
料金:S席13,500円~C席8,000円、学生席2,000円

指揮:アンドレア・バッティストーニ
演出:ロレンツォ・マリアーニ
管弦楽:東京都交響楽団

▼キャスト一覧、チケット情報等、公演詳細はこちらをご覧ください
2016年2月公演 G.ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)
Gettii←24時間受付、予約手数料0円、セブン-イレブン店頭決済&お受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


ページの先頭へ戻る

2016年02月02日 13:07

『フィガロの結婚』は世界の人々に自由と平和の可能性を見せてくれる
指揮:サッシャ・ゲッツェルからのメッセージ

〈二期会名作オペラ祭〉2016年7月公演『フィガロの結婚』の指揮者は、サッシャ・ゲッツェル。
ウィーンに生まれ、ウィーン・フィルのヴァイオリン奏者として活躍後、指揮者に転向し、ベルリン交響楽団、バーミンガム市立交響楽団、NHK交響楽団等を指揮。2014年ウィーン国立歌劇場に『フィガロの結婚』でデビュー。これが高い評価を受けたので、その後『ドン・ジョヴァンニ』『リゴレット』『ばらの騎士』等先々の公演のオファーも決まりました。
生粋のウィーン人であるゲッツェルが、『フィガロの結婚』にこめる想いを語ります。
どうぞご覧ください。



「みなさん、こんにちは。サッシャ・ゲッツェルです。
今夏、『フィガロの結婚』を指揮するため、ウィーンから東京にうかがいます。
このたいへん美しいモーツァルトの作品のために、東京二期会にお招きをいただきました。ウィーン国立歌劇場でこのオペラを指揮した後のことでした。素晴らしい才能をもった日本の歌手の方、そしてオーケストラと共演できることを、とても喜ばしく思います。
私は、日本の文化が大好きなのです。まだ幼い頃に、両親に連れられて日本に来たことがあります。
それから、ヴァイオリニストとして、ウィーン・フィルやトヨタ・マスター・プレイヤーズの一員として、来日しました。そして今、自分の人生で初めて、日本で、オペラを指揮することができます!それが私にとってどんな意味を持つか……とても胸が高鳴ります!ついに、日本のお客様の前で、オペラを指揮するのです。実はその前にウィーン・フォルクスオーパーの『ウィンザーの陽気な女房たち』来日公演で指揮をしているのですが、今回は、ついに日本の素晴らしい音楽家のみなさまとの共演が叶います。これは、私にとって、たくさんの意味があるのです。
さて、『フィガロの結婚』は、私にとってどのような意味があるか。
このオペラは、本当に信じがたいほど素晴らしい作品です。音楽史上でも、非常に完成された、ほぼ完璧ともいえる作品です。ですが、私はさらに大きな意味があると思います。
私たちが知るべきことは、この作品の――フィガロ、伯爵、伯爵夫人、そしてスザンナが活躍する――ボーマルシェによる原作が、フランス革命以前に書かれているということです。そこには、まず、旧い伝統と、自由、平等、友愛といった新しい時代様式との違いが見られます。そこで生まれたオペラ『フィガロの結婚』初演版は、台本があまりにも革命的であったため、当時のウィーン皇帝ヨーゼフ2世には快く思わず、受け入れてもらえませんでした。
そこで、モーツァルトと台本作家のダ・ポンテはどうしたでしょうか?
ダ・ポンテは、革命的すぎる文章の多くを削除しました。
しかし、モーツァルトは、そのすべてを、音楽に書き入れたのです。だからこそ、このオペラは、今なお人々の自由と、ヒューマニティの自由のための革命的な作品であり続けているのです。
モーツァルト『フィガロの結婚』は、私にとって単に美しい音楽であるということにとどまらず、世界中の人々に、自由と平和の可能性を見せてくれる作品であるのです。
この素晴らしいオペラを、皆様にご覧いただけることを願い、劇場でお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。」


■■■ 公演情報 ■■■
東京二期会オペラ劇場《二期会名作オペラ祭》
W.A.モーツァルト『フィガロの結婚』
オペラ全4幕・日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
日時:2016年7月
     15日(金) 18:30開演
     16日(土) 14:00開演
     17日(日) 14:00開演
     18日(月・祝) 14:00開演
    (各日とも開場は開演の60分前)
会場:東京文化会館 大ホール
二期会名作オペラ祭特別料金:
    S席10,000円~D席4,000円、学生席2,000円

指揮:サッシャ・ゲッツェル
演出:宮本亜門
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
▼キャスト一覧、チケット情報等、公演詳細はこちらをご覧ください
2016年7月公演 W.A.モーツァルト『フィガロの結婚』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii←24時間受付、予約手数料0円、セブン-イレブン店頭決済&お受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


ページの先頭へ戻る

2016年02月01日 10:29

共同制作公演『さまよえるオランダ人』タイトルロール青山 貴
「神奈川芸術プレス」と月刊「ぶらあぼ」に大きく登場中!

3月にびわ湖ホール、神奈川県民、大分iichikoグランシアタの3拠点で共同開催されるワーグナー『さまよえるオランダ人』にて、タイトルロールを務めるバリトン青山 貴が、「神奈川芸術プレス」と月刊「ぶらあぼ」の最新号に、どーんと大きく登場しています!

201602_aoyama_takashi_01.jpg 201602_aoyama_takashi_02.jpg
「神奈川芸術プレス」2016年1月15日号より  ・・・げ、原寸大!?
― 大役を全編歌い終えた後の感動、達成感。それをお客様と共有できるのが、ワーグナーを歌う喜びです。

▼「神奈川芸術プレス」最新号(PDF形式)はこちらよりダウンロードができます
神奈川芸術プレス - 公益財団法人 神奈川芸術文化財団

201602_aoyama_takashi_03.jpg
「ぶらあぼ」2016年2月号より
― ワーグナーの音楽の感動を皆様と分かち合えるよう全力を尽くします。

▼「ぶらあぼ」のインタービューはネット上でもお読みいただけます
青山 貴(バリトン) - WEBぶらあぼ

青山の出演は、びわ湖3月5日(土)と、神奈川20日(日)の2日間。
舞台の上でもその存在感を示してくれることでしょう。どうぞご期待ください!

■■■ 公演情報 ■■■
《共同制作公演》
R.ワーグナー『さまよえるオランダ人』
オペラ全3幕・日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
日時・会場:2016年3月
 びわ湖公演=5日(土)★、6日(日) びわ湖ホール 大ホール
 神奈川公演=19日(土)、20日(日)★ 神奈川県民ホール 大ホール
 大分公演=26日(土) iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ
  (各日とも13:15開場・14:00開演)
  ★…青山 貴 出演日

指揮:沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督) <びわ湖公演・神奈川公演>
    大勝秀也<大分公演>
演出:ミヒャエル・ハンペ
管弦楽:京都市交響楽団<びわ湖公演>
     神奈川フィルハーモニー管弦楽団<神奈川公演>
     九州交響楽団<大分公演>

▼公演詳細はこちらをご覧ください
2016年3月国内共同制作公演 R.ワーグナー『さまよえるオランダ人』 - 東京二期会

▼神奈川県民ホールWEBサイトでは特設ページを開設中!
ワーグナー作曲 歌劇さまよえるオランダ人 - 神奈川県民ホール

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

ページの先頭へ戻る

<

>

2016

2

About 2016年02月

2016年02月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2016年01月です。

次のアーカイブは2016年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type