二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

望月 哲也

モチヅキ テツヤ
テノール・カウンターテノール
会員
 

21世紀の声楽界を担う最高のリリックテナー

東京都出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院音楽科修士課程オペラ科修了。学部在学中に安宅賞、松田トシ賞を受賞。同声会主催の「卒業生演奏会」及び、芸大定期「新卒業生紹介演奏会」に出演。大学院在学中にNTTドコモより奨学金を授与。二期会オペラスタジオ第43期マスタークラス修了。修了時に最優秀賞、及び川崎静子賞を受賞。平成19年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。09年6月までウィーン国立音楽大学研究課程リート・オラトリオ科に在籍し研鑽を積んだ。東京文化会館新進演奏家オーディション合格。デビューコンサートに出演。第35回日伊声楽コンコルソ第3位入賞。第11回奏楽堂日本歌曲コンクール第2位入賞。第70回日本音楽コンクール第2位入賞(オペラ・アリア部門)。『魔笛』『ドン・ジョヴァンニ』『コジ・ファン・トゥッテ』『椿姫』『愛の妙薬』『セヴィリアの理髪師』『こうもり』などのオペラ・オペレッタに出演。近年『ポッペアの戴冠』『ディドとエネアス』『エウリディーチェ』などのバロックオペラから『ナクソス島のアリアドネ』『サロメ』『エジプトのヘレナ』(日本初演)、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』などのドイツオペラなど、多くのオペラ作品に出演し、いずれも高評を得る。06年4月、二期会とハンブルグ州立歌劇場との共同制作によるモーツァルト『皇帝ティトの慈悲』表題役(演出:P.コンヴィチュニー、指揮:H.スダーン)における歌唱・演技は新聞・雑誌等で高い評価を得た。また『幻想のルチア』(ドニゼッティ作曲『ランメルモールのルチア』ハイライト上演)に参加し、新たなレパートリーにも取り組んだ。08年3月、ポーランド・レグニツァ市立劇場にて『魔笛』タミーノでヨーロッパデビュー。同年8月、オーストリア・シュタイアー音楽祭『蝶々夫人』ゴローで出演。09年11月、東京二期会『カプリッチョ』R.シュトラウス作曲)に若き音楽家フラマン、10年3月、びわ湖ホール・神奈川県民ホール『ラ・ボエーム』ロドルフォなど絶賛を博している。同年10月、新国立劇場『アラベッラ』(新制作)エレメル伯爵、12月『トリスタンとイゾルデ』(新制作・大野和士指揮)牧童しなど注目の公演への出演、その後も『サロメ』ナラボート、『さまよえるオランダ人』舵手、『ピーター・グライムス』ホレース・アダムス等で公演成功への一端を担った。11年11月には二期会『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオに出演。2013年1月、新国立劇場『タンホイザー』ヴァルター、4月『魔笛』タミーノ、6月『夜叉ケ池』(世界初演)晃を好演。2013年9月、神奈川とびわ湖でワーグナー『ワルキューレ』ジークムントに出演など目下絶好調の活躍を続けている。11月東京フィル『トリスタンとイゾルテ』演奏会形式、2014年4月、新国立劇場『ヴォツェック』に出演。5月には新国立劇場『アラベッラ』エレメル伯爵にも出演予定。NHKニューイヤー・オペラコンサートなどにも連続して出演し、引く手あまたの活躍で多くのファンを魅了している。宗教曲の分野でも評価は高く、バッハ「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」のエヴァンゲリスト、ヘンデル「メサイア」、モーツァルトやヴェルディなどの「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、メンデルスゾーン「エリア」「パウロ」「讃歌」など、そのレパートリーは30作品以上にもわたり、日本国内の多くのオーケストラ、著名な指揮者(W.サヴァリッシュ、V.アシュケナージ、H.J.ロッチュ、G.ベルティーニ、D.オーレン、C.ミョンフン、小澤征爾など)と共演し、いずれも高い評価を得ている。00年にはドイツの4都市、アメリカ・ハワイにて、バッハ「ロ短調ミサ」のソリストとして招聘された他、06年、オーストリア・ザルツブルグの大聖堂にて、モーツァルト「ハ短調ミサ」のソリストとして招聘された。06年2月、津田ホールの委嘱作品 演劇的組歌曲「悲歌集」を世界初演、続く再演でも高評を得た。08年ウィーン楽友協会での「第九」演奏会に出演。王子ホール‘Wanderer (さすらい人、旅人)’リサイタルシリーズも好評を博している。また2013年3月23日、シェーンベルクの大作「グレの歌」世界初演100年目の記念公演にソリストとして出演。2013年12月N響「第九」に出演。CDは「Il mio tesoro」、「Amarilli」に続き、2011年7月25日、第三弾「ひそやかな誘い~R.シュトラウス歌曲集」をリリース(マイスター・ミュージック)。海外ではArrigo Pola, Ernst Haefliger, Maksimilijan Cencic, Mimi Freissler, Walter Moore各氏に師事。2012年には豊麗な美声で注目の男声オペラユニット“IL DEVU”も話題沸騰、各地でコンサート活動を繰り広げている。また、2017年2月からは、ハクジュホールにおいて、望月がギタリストと織りなす新シリーズシューベルトの三大歌曲集「冬の旅」「美しき水車小屋の娘」「白鳥の歌」がスタート。第1回目は世界的ギタリスト・福田進一を迎え、「冬の旅」(全曲)を演奏する。二期会会員
テノール望月哲也のブログ
(2016年6月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2017年10月 7日(土) 合唱団鯨創立50周年記念J.S.バッハ「マタイ受難曲」 東京芸術劇場 コンサートホール
2017年11月 3日(金) 紀尾井ホール『オリンピーアデ』 紀尾井ホール
2017年11月 5日(日) 紀尾井ホール『オリンピーアデ』 紀尾井ホール
2017年12月 4日(月) 第2回オペラ紅白対抗歌合戦 サントリーホール
2017年12月 17日(日) 平塚「第九」 平塚市中央公民館
2017年12月 28日(木) 東京交響楽団「第九と四季2017」 サントリーホール
2017年12月 29日(金) 東京交響楽団「第九と四季2017」 サントリーホール
2018年1月 27日(土) 府中の森芸術劇場クラシックコレクション 府中の森芸術劇場
 
 
 
戻る 検索トップに戻る