2017年02月24日 13:19

La Dill メジャーデビュー2周年記念ツアーファイナル!

『La Dill メジャーデビュー2周年記念ツアー』ファイナルとなる、2/26(日)のホテルグリーンプラザ箱根公演までいよいよ、あと2日となりました。
今回はメンバーが練りに練って考えたスペシャルオペラコーナーや4オクターブのハーモニーを駆使した新アレンジ曲をお届けします。
そこで先日のリハーサルの模様とメンバーからのメッセージを是非ご覧ください!



■■■ 公演情報 ■■■
La Dill(ラ・ディル)
『2nd Greeting Tour in ホテルグリーンプラザ 2016-17』箱根公演

日時:2017年2月26日(日) 14:00開演
会場:ホテルグリーンプラザ箱根 レストラン「華の輪」
料金:全席指定 3,500円(税込)
出演:La Dill
    彌勒忠史(カウンターテナー)、金山京介(テノール)、坂下忠弘(バリトン)、
    岩田健志(バリトン)、吉田貴至(ピアノ)
お問合せ:キャピタルヴィレッジ TEL.03-3478-9999

▼コンサートの詳細ご案内はこちら
La Dill フェイスブック イベントページ - Facebook

◆新宿9:30発 日帰り直行バスプラン(コンサート鑑賞&ランチ付)詳細
La Dill(ラ・ディル)コンサート鑑賞付き日帰り直行バスプラン(PDFファイル) - ホテルグリーンプラザ

ページの先頭へ戻る

2017年02月23日 16:12

2017年3月共同制作公演 モーツァルト『魔笛』~プレ・イベントのご案内

共同制作公演『魔笛』の立ち稽古が始まりました!
3月11日(土)大分・iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ、18日(土)、19日(日)神奈川県民ホール 大ホールの2都市3日間の公演となる今回のツアー。本舞台を想定した稽古の始動で、キャスト、スタッフのボルテージもあがっております。



では、ここで、今からでも間に合う『魔笛』プレイベントをご紹介します。

まずは、大分。3月4日(土)、iichiko Space-Be映像小ホールにて、終日『魔笛』、モーツァルト関連の映画上映が行われます。上映作品と時間は、ケネス・ブラナー監督・脚本の『The Magic Flute魔笛』(2006)が10時00分と15時30分、ミロス・フォアマン監督『アマデウス』(1984)が12時30分と18時10分。料金は無料ですが、『魔笛』大分公演のチケットをご持参の方のみご覧いただけます。

神奈川では、3月13日(月)14時から神奈川県民ホール 小ホールにて『魔笛』ハイライトコンサートが開催されます。出演者は『魔笛』公演にアンダースタディとして参加している若手のオペラ歌手。二期会からもソプラノ斉藤園子(夜の女王)、本田ゆりこ(パパゲーナ)が出演します。約1時間ながら、このコンサートオリジナルのステージングにも期待です。

そして、3月16日(木)には、神奈川公演のチケットをお求めいただいたお客様限定の特別イベントとして、公開リハーサル+ステージ見学の実施が決定。当日14時からの最終リハーサル(ゲネプロ)をご覧いただいた後、大ホールのバックステージツアーにご参加いただきます。参加費は無料。お申込みは3月9日(木)までとなっていますが、先着200名様の定員のため、早期締切の可能性もあります。

イベントの詳細は、こちらまで!
▼3/4(土)開催のイベント(大分)
3/4(土)『魔笛』がもっと面白くなる映画鑑賞会 (PDFファイル) - iichiko総合文化センター(大分)
※ご鑑賞には「3/11(土)大分公演のチケット」が必要です

▼3/13(月)開催のイベント(神奈川)
未来に羽ばたくオペラ歌手たちによる「魔笛」ハイライトコンサート - 神奈川県民ホール
※全席指定500円

▼3/16(木)開催のイベント(神奈川)
『魔笛』公開リハーサル+ステージ見学 (PDFファイル) - 神奈川県民ホール
※ご参加には「3/18(土)または19(日)の神奈川公演のチケット」が必要です ※要事前申込(3/9必着)

▼本公演の詳細はこちら
2017年3月 共同制作公演 W.A.モーツァルト『魔笛』 ‐ 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2017年02月21日 18:01

東京二期会オペラ劇場2月公演『トスカ』閉幕~ご来場ありがとうございました!

2月19日(日)、東京二期会オペラ劇場G.プッチーニ『トスカ』千秋楽公演の幕が下り、4日間すべての公演が終了しました。


2月15日公演のカーテンコールより


2月16日公演のカーテンコールより

多くのお客様のご来場、誠にありがとうございました!


さて次回公演は、R.シュトラウス『ばらの騎士』。7月26日より30日まで東京文化会館大ホールで上演いたします。
グラインドボーン音楽祭との提携公演による色鮮やかな舞台、直前にメトロポリタン歌劇場にて『ばらの騎士』を振り来日するセバスティアン・ヴァイグレの指揮、そして、国際的な実績を持つ歌手たちが多く登場する豪華二期会キャスト陣に、どうぞご期待ください。チケットは好評発売中!

▼公演詳細はこちら
グラインドボーン音楽祭との提携公演 R.シュトラウス『ばらの騎士』 - 東京二期会

また、10月には、ふたたびプッチーニの名作『蝶々夫人』を上演します。
タイトルロールには今回トスカを歌った大村博美が登場、ダブルキャストは森谷真理。そして、シャープレスには与那城 敬とともに、今回スカルピア役を3公演演じた今井俊輔が出演します。
チケット代金にもご注目!〈二期会名作オペラ祭〉特別料金で、S席1万円から。より多くのお客様に、日本を舞台にしたプッチーニの名作の本格的な上演をお楽しみいただきたいと願っております!

▼公演詳細はこちら
〈二期会名作オペラ祭〉 G.プッチーニ『蝶々夫人』 - 東京二期会

またのご来場を心よりお待ちいたしております。

ページの先頭へ戻る

2017年02月17日 16:18

東京二期会オペラ劇場2月公演『トスカ』開幕しました!<公演は残すところ18日(土)、19日(日)>

2月15日(水)・16日(木)、上野の東京文化会館大ホールにて、〈ローマ歌劇場との提携公演〉東京二期会オペラ劇場G.プッチーニ『トスカ』の両キャスト初日の幕が明けました!

演出のアレッサンドロ・タレヴィは、産経ニュースの取材で「日本の歌手は素晴らしい才能に恵まれ、とても勤勉です。私はイタリアでの仕事以上に、描かれている世界をさらに深く探究することができました」と語っていました。

▼取材記事はこちら
プッチーニが描いた世界に迫る オペラ「トスカ」15日から上演 - 産経ニュース(2017/2/12)

その舞台の写真の一部をご紹介しましょう。

【第1幕】より




【第2幕】より




【第3幕】より




▼開幕前に開催された、指揮ルスティオーニの共同インタビュー記事はこちら
東京二期会がローマ歌劇場と提携しオペラ《トスカ》を上演 - WEBぶらあぼ(2017/2/14)


公演は残すところ18日(土)、19日(日)。お席の数が少なくなっておりますので、ご希望の方はお早目に二期会チケットセンターまでお気軽にお問合せください。

tosca2017_thumb.jpg
チラシ(PDF)
■■■ 公演情報 ■■■
東京二期会オペラ劇場
《ローマ歌劇場との提携公演》
G.プッチーニ『トスカ』
オペラ全3幕・日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
日時:2017年2月 (残席状況は2/17・12時現在)
    18日(土) 14:00開演 … S・A・B席 残少/C・D・E席 完売
    19日(日) 14:00開演 … S・A・B席 残少/C・D・E席 完売
    (各日とも開場は開演の60分前)
会場:東京文化会館 大ホール
料金:S席15,000円~B席10,000円、学生席2,000円

指揮:ダニエーレ・ルスティオーニ
演出:アレッサンドロ・タレヴィ
管弦楽:東京都交響楽団

▼公演情報ページはこちら
2017年2月公演 G.プッチーニ『トスカ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼公演タイムテーブル等、公演当日情報はこちら
2月公演『トスカ』 公演当日のご案内 - オペラの散歩道(二期会blog)

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii《便利!》
◎二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約【Gettii(ゲッティ)】では、前売券が公演当日の開演1時間前までご予約が可能です!!
チケットはご来場の途中にお近くのセブン-イレブンでお支払&お受取いただけます(※)ので、余裕をもってお越しいただけます!是非ご利用ください!!
24時間受付、予約手数料0円。左の「Gettii」ボタンからお進みください。
(※…Gettii予約券は公演会場、二期会チケットセンターでの支払・受取は出来ません)


ページの先頭へ戻る

2017年02月17日 11:21

7月『ばらの騎士』でデビュー!ソプラノ藤井玲南&メゾソプラノ金澤桃子が 2/23(木)丸の内トラストシティのランチタイムコンサートに出演します

2017年、7月に東京、10月に愛知、11月に大分と3都市にわたって開催する共同制作公演R.シュトラウス『ばらの騎士』。7月の東京公演は、二期会創立65周年、財団設立40周年の記念公演です。
この舞台で二期会オペラ・デビューを果たす二人の歌手、ソプラノ藤井玲南とメゾソプラノ金澤桃子が、『ばらの騎士』関連PRステージとして、そろって丸の内トラストシティのランチタイムコンサートに立ちます。
本公演デビューとランチタイムコンサートについて、それぞれに話を聞きました。

201702_fujii_rena.jpg
ソプラノ
藤井玲南
201702_kanazawa_momoko.jpg
メゾソプラノ
金澤桃子

―― Q1.丸の内トラストシティ・ランチタイムコンサートでの聴きどころを。

藤井: 今回ご一緒する金澤さんと私は、7月の『ばらの騎士』で二期会のオペラデビューが決まっております。それに因んで「ばら」「恋」をテーマにプログラムを組んでみました。R.シュトラウスの歌曲や『ばらの騎士』からの二重唱、聴き応えのあるオペラアリアまで、様々な歌の魅力をお楽しみ頂けるかと思います。

金澤: 今回ご一緒させて頂く藤井さんとは、数年前に小澤征爾マエストロ指揮のオペラで共演をし出会いました。以来ジョイントリサイタルを開催する等、プライベートでもとても仲良くさせて頂いています。
そんな気のおけない間柄ですので、プログラムもワクワクしながら二人で考えました。ピッタリ息のあった二人のハーモニーをお客様に楽しんで頂けると思います。
また、今回はバラの騎士に因んで、メゾソプラノによる「少年の恋」に焦点をあてました。
心臓の鼓動が聞こえてくるような恋心、星に願いを託す恋心。様々な恋心をお楽しみください。


―― Q2.本公演『ばらの騎士』への意気込みを!

藤井: 『ばらの騎士』は、留学中にウィーン国立歌劇場で何度か観てまいりました。華やかな舞台芸術、夢の様な色彩感のオーケストレーション、豊かな表現力で登場人物を生き生きと演じる歌手たち。観終わった後は、いつも心が幸せな気持ちで満たされていました。その輝かしい舞台の一員として出演させて頂けることを、大変嬉しく思っております。私が作品から受け取った感動を、お越し頂く皆様にもお伝えできるよう、心を込めて演じます。

金澤: 私は一昨年の暮れに二期会会員試験に合格しました。それからオーディションを受けたのですが、こんなにも早く二期会デビューをさせて頂けることとなり、とても嬉しく思っております。
『ばらの騎士』は、オクタヴィアンを勉強したことがあるのですが、とても官能的な旋律と華麗なオーケストレーションにすっかり魅了されました。登場人物が多く、それぞれが生き生きと描かれているのも魅力の一つだと思います。
二期会本公演という大きな舞台に立たせて頂けることに感謝しつつ、この広大なオペラの一部としてしっかり表現したいと思います。

          *     *     *

オペラにかけるまっすぐな意気込みが印象的な藤井と金澤。その歌声を身近にお聴きいただけるランチタイムコンサートは、2月23日(木)の12時10分から、東京駅日本橋口出てすぐの丸の内トラストタワーN館1階のエントランスにて開催されます。ご鑑賞は無料ですので、どうぞお気軽にお越しください。

■■■ イベント情報 ■■■
森トラストランチタイムコンサート 丸の内トラストシティ
二期会セレクション~心ときめかすオペラをあなたに

日時:2017年2月23日(木) 12:10~13:00
会場:丸の内トラストタワーN館・1階エントランスホール(アクセス
料金:入場無料
出演:藤井玲南(ソプラノ)、金澤桃子(メゾソプラノ)、木村裕平(ピアノ)
演奏予定曲:
 R.シュトラウス 『ばらの騎士』より “ばらの献呈” ほか

▼ランチタイムコンサートについてはこちら
丸の内トラストシティ|コンサートスケジュール|ランチタイムコンサート - 森トラスト株式会社

▼東京公演チケット絶賛発売中!『ばらの騎士』公演詳細はこちら
2017年7月 グラインドボーン音楽祭との提携公演 R.シュトラウス『ばらの騎士』 - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2017年02月16日 17:07

プログラムが決定しました!~3/1(水)「二期会オペラ研修所 マスタークラス修了試演会」

3月1日(水)にHakuju Hallで開催の「二期会オペラ研修所 第60期マスタークラス修了試演会」。現在、目前に控えた試演会に向けて、マスタークラスの研修生は日々研鑽に励んでいます。
この度、試演会のプログラム(演目・場面)が決定しましたのでご案内いたします。

尚、チケットは2/16現在で、12:30開演の「黒田 博クラス」は予定販売数を終了致しました。また17:00開演の「大野徹也クラス」も残り僅かとなっておりますので、ぜひお早目にお求めくださいませ。

170301institute_thumb.jpg
PDFちらし
■■■ 公演情報 ■■■
二期会オペラ研修所
第60期マスタークラス修了試演会

開催日:2017年3月1日(水)

会場:Hakuju Hall
   ・小田急線 代々木八幡駅南口より 徒歩5分
   ・千代田線 代々木公園駅1番出口より 徒歩5分
料金:全席指定 各クラス1,200円
    ※クラスごとにチケットが必要です

予定プログラム:
◆黒田 博クラス 12:30開演
 マスネ 『マノン』 第1幕、第3幕、第5幕より
 マスネ 『ウェルテル』 第4幕より
 ヴェルディ 『リゴレット』 第1幕より
 ドニゼッティ 『ラ・ファヴォリータ』 第4幕より
 ヴェルディ 『イル・トロヴァトーレ』 第4幕より
 ビゼー 『真珠採り』 第3幕より
 ドニゼッティ 『ドン・パスクァーレ』 第3幕より
 ドニゼッティ 『ランメルモールのルチア』 第1部、第2部より
 ヴェルディ 『シモン・ボッカネグラ』 第1幕より
 ヴェルディ 『椿姫』 第2幕、第3幕より
 ビゼー 『カルメン』 第2幕より

◆大野徹也クラス 17:00開演
 ヴェルディ 『シモン・ボッカネグラ』 第1幕より
 ヴェルディ 『リゴレット』 第2幕より
 ヴェルディ 『仮面舞踏会』 第2幕より
 ビゼー 『真珠採り』 第3幕より
 ドニゼッティ 『連隊の娘』 第2幕より
 ドニゼッティ 『愛の妙薬』 第1幕より
 マスネ 『マノン』 第3幕、第5幕より
 ドニゼッティ 『ドン・パスクァーレ』 第1幕より
 ベッリーニ 『清教徒』 第1幕より
 R.シュトラウス 『アラベラ』 第2幕より
 グノー 『ファウスト』 第3幕より
 ヴェルディ 『イル・トロヴァトーレ』 第4幕より
 ドニゼッティ 『ランメルモールのルチア』 第2部より
 マスネ 『ウェルテル』 第4幕より
(※各演目の配役及びタイムテーブルは、後日発表いたします。)

▼出演者等の公演情報ページはこちらです
二期会オペラ研修所 第60期マスタークラス修了試演会 - 東京二期会

▼お問合せ・チケットご予約
二期会チケットセンター TEL 03-3796-1831
 (月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00)

▼チケットお取扱
Hakuju Hallチケットセンター TEL 03-5478-8700
 (10:00~18:00 火~土*祝日・休館日を除く)

ページの先頭へ戻る

2017年02月14日 12:56

2月公演『トスカ』 公演当日のご案内

いよいよ明日、2月15日(水)から東京文化会館大ホールにて、ローマ歌劇場との提携公演 G.プッチーニ作曲オペラ『トスカ』が開幕します!
こちらに公演当日のご案内を致します。 【2/14(火)12:00掲載】

2017都民芸術フェスティバル参加公演
東京二期会オペラ劇場 <ローマ歌劇場との提携公演>
2017年2月公演 G.プッチーニ作曲 『トスカ』 オペラ全3幕
<日本語字幕付原語(イタリア語)上演>
指揮:ダニエーレ・ルスティオーニ/演出:アレッサンドロ・タレヴィ
当日券と公演タイムテーブルのご案内
2月15日(水)
2月16日(木)
2月18日(土)
2月19日(日)
当日券
S,A,B,C
S,A,B,C
S,A,B
S,A,B
当日券販売
/窓口受付
17:00~
12:30~
12:30~
12:30~
開場
17:30
13:00
13:00
13:00
開演
18:30
14:00
14:00
14:00
第1幕
約45分
休憩予定時刻
19:15~19:40
14:45~15:10
14:45~15:10
14:45~15:10
第2幕
約40分
休憩予定時刻
20:20~20:45
15:50~16:15
15:50~16:15
15:50~16:15
第3幕
約25分
終演予定
21:10
16:40
16:40
16:40
東京文化会館
=アクセス=
<JR>
[山手線][京浜東北線][上野東京ライン][宇都宮・高崎線][常磐線]
[東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線]=「上野駅」公園口から徒歩1分
<地下鉄>
[銀座線][日比谷線]=「上野駅」7番出口から徒歩5分
<京成電鉄>
[京成本線]=「京成上野駅」正面口から徒歩6分

お車でご来場のお客様は東京文化会館ウェブサイトをご覧ください
>>交通アクセス - 東京文化会館|来場者の皆様へ
※上記、販売予定当日券は14日12:00現在の情報です。販売状況により公演当日より前に販売終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※公演タイムテーブルは、当日の演奏・進行によりずれる場合もございますので、あらかじめご了承ください。


▼公演情報ページはこちら
2017年2月公演 G.プッチーニ『トスカ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii《便利!》
◎二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約【Gettii(ゲッティ)】では、前売券が公演当日の開演1時間前までご予約が可能です!!
チケットはご来場の途中にお近くのセブン-イレブンでお支払&お受取いただけます(※)ので、余裕をもってお越しいただけます!是非ご利用ください!!
24時間受付、予約手数料0円。左の「Gettii」ボタンからお進みください。
(※…Gettii予約券は公演会場、二期会チケットセンターでの支払・受取は出来ません)

      *     *     *

《東京二期会『トスカ』プレミエ・キャンペーン》
2月15日(水)初日公演に“ペアで”ご来場のお客様150名様に「黄色いバラの花」をご進呈(受付先着順)いたします!
▼キャンペーン詳細はこちら
2/15(水)『トスカ』プレミエ・キャンペーン!~ペア先着150組のお客様に、黄色いバラの花をプレゼント! - 二期会blog

ページの先頭へ戻る

2017年02月13日 10:56

期待の若手歌手による「アルテリーベ・フレッシュコンサート」
2/27(月)は中道友香&小山晃平 時を超える想い ~for your love~

期待の若手歌手の演奏と、美味しいお料理でおもてなしする、新橋の音楽レストラン・アルテリーベ東京の「月曜フレッシュコンサート」。
次の二期会アーティスト登場回は2月27日(月)。二期会オペラ研修所では同じクラスで、互いに切磋琢磨した二人のソプラノとバリトンが、ピアニストに髙田恵子を迎え、オペラの名曲を中心に、輝かしい歌声をご披露いたします!

そんな二人から本番を前に、気合いの入った熱いメッセージが届いております!

201702_nakamichi_tomoka.jpg
ソプラノ
中道友香
――まずは中道さん、自己紹介をお願いします。

大阪府出身、リリック・ソプラノの中道友香です。生まれも育ちも大阪ですが、東京大好きな少数派(⁉︎)の大阪人です。
大学進学を機に大阪を出て今年で10年目、最近とうとう関西弁が怪しくなってきました。(笑)
歌をはじめたのは、高校卒業間際のちょうど今ごろ。音楽高校でクラリネットを専攻していましたが、オーケストラの授業でオペラ作品を演奏する機会に恵まれ、初めてオペラというのものを身近に感じたときに「すごい、歌ってみたい!」と思ったのを覚えています。言語を含む音楽である「歌」に、楽器だけでは表現しきれないエネルギーを感じました。今思えば、それがオペラに目覚めた原点だったのかもしれません。
大学在学中は師匠の影響もあり、バッハやリートなどドイツ語作品を多く勉強しました。そこからドイツ語のオペレッタ作品も聴くようになって、歌だけでなくダンスを交えた演技、体全体を使って表現するオペレッタに夢中になりました。
特に昨年はオペレッタコンクールに挑戦したり、踊ったりして、オペレッタのレパートリーを広げられた一年でしたので、今後ももっと挑戦していけたらと思っているところです。もちろん、今回のコンサートでもオペレッタの名曲をお届けする予定です♪

――今回のコンサートにむけて、お客様に一言メッセージをお願いします

オペラも歌曲もオペレッタも現代の歌謡曲と同じように、何かしら強い想いがあって作られた歌ばかりです。愛をベースに、嫉妬や怒り、嬉しさや楽しさ、未練や後悔、優しさや強さ等々、これらはいつの時代も変わらない想いばかりです。だからこそ、今を生きる私達にも共感できる歌だと思うのです。
今回は、その様々な「想い」に着目して、解説を交えながらお客様に歌をお届けします。
共演するのは、研修所で同じクラスだった小山くんです。2人ともホンワカしてる性格なので(笑)、皆さんにもホンワカしながら楽しんでいただけたらと思います♪どうぞご期待ください!


201702_oyama_kouhei.jpg
バリトン
小山晃平
――つづいて小山さん、自己紹介をお願いします。

千葉県出身、バリトンの小山晃平です。
子供の頃からピアノを始め、高校2年生までピアノ専攻だったのですが、副科の授業で声楽に出会い、歌の持つエネルギーの強さや、楽器にはないダイレクトな表現ができることにとても魅力を感じ、思い切って声楽へ転科しました。大学に入ると、オペラが大好きな友達が多く周りにいて、オペラについて話す機会が劇的に増えました。そして国立音楽大学では大学院オペラが毎年行われていて、そこまで年齢差のない先輩たちがこんなにも魅力的に舞台で歌い演じられるのだと、とても圧倒されたのと同時に自分も舞台で輝ける人になりたい!と思うようになりました。 後に大学院に進み、『フィガロの結婚』の伯爵役で出演させて頂けた時は、本当に幸せな時間でした。今回のコンサートでも思い入れのある伯爵のアリアを歌えるということなので、とても嬉しいです! どうぞご期待ください。

――今回のコンサートにむけて、お客様に一言メッセージをお願いします

今回初めて、このようなディナーコンサートに出演させて頂くことになりました。 実は小学生の時の卒業文集に、将来の夢として今回のようなお食事の場での演奏をすることと書いてあるのを思い出しました。その頃はピアノで演奏するつもりだったと思うのですが、歌になっても夢が叶う事には変わりありません! 美味しいお料理とお酒と共に、音楽を楽しんでもらえたらと思います。研修所同期の中道さんと、ピアニストの髙田さんと3人で素敵な曲をたくさんお届けいたします。是非アルテリーベでお越しください!


是非ご予約はお早めに!皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

■■■ 公演情報 ■■■
アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート
時を超える想い ~for your love~

日時:2017年2月27日(月) 18:00開店
    第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:中道友香(ソプラノ)、小山晃平(バリトン)、髙田恵子(ピアノ)
演奏予定曲:
 モーツァルト 『フィガロの結婚』より 「おまえはもう訴訟に勝っただと!」
 レハール 『メリー・ウィドウ』より 「ヴィリアの歌」「唇は語らずとも」
 レオンカヴァッロ 『道化師』より 「ネッダとシルヴィオの二重唱」
                     ほか

▼ご予約・アクセスはこちら
アルテリーベ東京 TEL 03-3519-7007

ページの先頭へ戻る

2017年02月09日 12:50

びわ湖ホール『ニーベルングの指環』全4作がいよいよ始動!
二期会アーティスト多数出演~3月『ラインの黄金』

3月4日(土)、 5日(日)の2日間、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールで上演される『ラインの黄金』に二期会アーティストが多数出演いたします。昨年、びわ湖ホールほかで上演された共同制作『さまよえるオランダ人』でもタイトルロールを務め好評を博したバリトン青山 貴が、今年もヴォータン役で主演するのをはじめ、二期会のワーグナー・エキスパートらの活躍に注目が集まります。
この公演は、びわ湖ホールが4年をかけてワーグナー『ニーベルングの指環』全作品を上演するという一大プロジェクトの幕開けとなります。1980年代にカラヤンとともにザルツブルク音楽祭の舞台製作に携わり、マンハイム国立歌劇場総監督やケルン市立歌劇場総裁を歴任したオペラ演出界の巨匠ミヒャエル・ハンペさんによる演出指導は、日を追うごとに熱を帯び、指揮者の沼尻竜典さん(びわ湖ホール芸術監督)も加わって、稽古場からはこの楽劇に臨む出演者・スタッフの強い意気込みが伝わってきます。

チケットはすでに4日(土)の公演は全席完売となり、5日(日)の公演もS席~B席に若干枚を残すのみとのこと。小人族、巨人族、そして神々までもが思惑と野望に入り乱れる壮大な物語を皆様どうぞ劇場でお楽しみください。

201703_biwako_rheingold_thumb.jpg■■■ 公演情報 ■■■
びわ湖ホールプロデュースオペラ
R.ワーグナー『ラインの黄金』全1幕(日本語字幕付ドイツ語上演)

日時:2017年3月4日(土),5日(日) 両日14:00開演
会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
料金:S席16,000円~B席11,000円(3/4公演は完売、3/5公演も僅少)
指揮:沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)
演出:ミヒャエル・ハンペ
管弦楽:京都市交響楽団
二期会アーティスト出演者:
<4日>
 ファフナー … 斉木健詞
 アルベリヒ … 桝 貴志
 ミーメ … 与儀 巧
 フリッカ … 小山由美
 エルダ … 竹本節子
<5日>
 ヴォータン … 青山 貴
 ドンナー … 黒田 博
 フロー … 福井 敬
 ファフナー … ジョン ハオ
 アルベリヒ … 志村文彦
 ミーメ … 高橋 淳
 フリッカ … 谷口睦美
 フライア … 森谷真理
 エルダ … 池田香織
 ヴォークリンデ … 並河寿美
 フロスヒルデ … 中島郁子

▼公演の概要・チケット詳細はこちらから
びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲『ラインの黄金』(3/4公演) - 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲『ラインの黄金』(3/5公演) - 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

ページの先頭へ戻る

2017年02月08日 18:21

ソプラノ嘉目真木子「愛があれば強く居られる。パミーナから教えてもらっているような気がします」~大分・神奈川『魔笛』にむけて

川瀬賢太郎指揮×勅使河原三郎演出の共同制作公演『魔笛』は、3月11日(土)の大分公演から開幕します。
今回は、大分県出身であるパミーナ役の嘉目真木子に、公演にむけての話を聞きました。二期会本公演デビューも2010年の実相寺昭雄演出『魔笛』のパミーナ。同役は、2015年の宮本亜門演出版でも歌っています。そして今回の勅使河原三郎演出も、独創的な『魔笛』になりそうです。

201702_yoshime_makiko.jpg――『魔笛』のパミーナは、どのような存在ですか

嘉目: パミーナは私にとって縁の深い役であることは間違いないと思います。様々な演出で1つの役を演じられるのはとても楽しいです。
パミーナはただの“綺麗で可哀想なお姫様”ではなく、強さも持っている女性です。そして何より、愛に飢えています。父親を亡くし、母親からも隔離され、恋も知らない。そんな中で苛酷な運命に翻弄されていきます。
物語が進むにつれて、パミーナは人間としても女性としてもどんどん成長していきます。
純粋なゆえに思い込みも激しいし、傷つけられやすいからとことん落ち込んでしまうけれど、最終的に彼女が笑えるのは、彼女が"愛"に貪欲だからだと思っています。「愛したい、愛されたい」という、本能的な欲求。それはとても強い力を発揮します。
パミーナを初めて歌ったのは6年前ですが、歌うたびにそんな彼女の“人間らしさ”に気付かされます。人は一人では生きられず、人との関わりの中では楽しいことばかりではないけれど、それでも愛があれば強く居られる。パミーナから教えてもらっているような気がします。

――出身地の大分での公演です。想いを聞かせてください。

嘉目: 故郷でパミーナを歌えるのは本当に嬉しいです。
ジュニアコーラス時代、初めて舞台に立ったのが『魔笛』だったんです。県民オペラの公演があり、タミーノが笛を吹いてパミーナを探すシーンで、森の動物(うさぎ)役で出演しました。歌はありませんでしたが、この公演がきっかけでオペラに憧れを持つようになったので、私にとって『魔笛』は特別な作品です。
地元での公演では、実家のご近所さんや、中高の同級生、先生など、昔から私を知っている方々が来てくださいます。都内だと普段は遠くてなかなか機会がありませんが、成長した姿を見ていただけるのはとても嬉しいです。その分、身の引き締まる思いもします。

――大分の魅力を教えてください

嘉目: 大分は「おんせん県 味力も満載」というキャッチフレーズで、温泉の他に地元の料理にも自信を持っています。関アジ関サバやフグなどの海鮮物に加えて、豊後牛もオススメです。とり天も外せません!大分は鶏肉消費量全国一らしく、新しくなった大分駅には鳥の銅像まであります。
さらに大分は西洋音楽発祥の地と言われており、瀧廉太郎はじめ著名な音楽家、声楽家もたくさん輩出されています。
食にも音楽文化にも温泉にも恵まれた大分県に、是非一度足を運んでみていただきたいです!

――そして、横浜の魅力も

嘉目:私にとって横浜といえばなんといっても中華街です。お気に入りのお店で食べる中華料理は格別です。フカヒレまんを買って山下公園のベンチで食べるのも好きです。神奈川県民ホールの楽屋口から近いところにあるお蕎麦屋さんもお気に入り。今回の公演でも必ず行くつもりです。
それと横浜駅で買える「くるみっ子」というお菓子が好きです。どうしても食べ物についてばっかりになってしまいますね・・・。

――いくつかの『魔笛』のプロダクションに関わってこられてきた中で、「モーツァルトは今も生きている」と感じられた瞬間はありますか?

嘉目: モーツァルトの音楽は本当に美しいです。
負の感情を歌っている時でさえ、むしろその方が、より心に響いたりします。そういう音楽に触れるとき、「人間は昔も今も変わらないんだな」と感じます。
モーツァルトの時代から現代に至るまで、そのまた未来も、"愛"が私たちから失われることはなく、常に人生と共にある。そのことを強く感じさせてくれるという意味で、モーツァルトは今でもその作品の中で大いに主張し、生き続けていると思います。

▼嘉目真木子の出演日は、〔大分〕3月11日(土)、〔神奈川〕3月18日(土)
2017年3月 共同制作公演 W.A.モーツァルト『魔笛』 - 東京二期会
 (こちらのページより、大分、神奈川それぞれの特設ページへリンクしています)

ページの先頭へ戻る

<

2017

2

アーカイブ

Powered by
Movable Type