4月『エロディアード』公演において、二期会合唱団が世界初の2画面電子楽譜端末「GVIDO(グイド)」を使用して演奏致します。

東京二期会では4月27日(土)、28日(日)に開催する東京二期会コンチェルタンテ・シリーズ J.マスネ オペラ『エロディアード』(セミ・ステージ形式上演)において、世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末 GVIDO(グイド)を公演で実際に使用して演奏いたします。使用するのは二期会合唱団のうち15名です。

▼GVIDO(グイド)とは
GVIDO PRODUCTS | OVERVIEW - 画面電子楽譜グイド

GVIDOを使用する合唱団の歌手からは、専用の「スタイラスペン」を使うことによって、指揮者からの指示も、画面の譜面上に直接、しかも細かい字ですぐに書き込めるので大変便利!という声が上がっており、先日から行われているマエストロ・プラッソンとのリハーサルにおいても、GVIDOを使用して順調にリハーサルを重ねています!



また、多くのタブレット端末と違って画面が発光しないので、練習で長時間使用しても目の疲れがない、見開き2ページの楽譜なので演奏面で使いやすい、ブックマークを付けておけば見たいページにワンタッチで飛べるので、紙の楽譜よりめくりが断然速い!という声も。
さあ、間もなく本番!GVIDOを使用したオペラの舞台をどうぞお楽しみに。

▼『エロディアード』の本公演情報はこちらから 《チケット発売中!》
〈東京二期会コンチェルタンテ・シリーズ〉2019年4月公演 J.マスネ『エロディアード』 - 東京二期会オペラ劇場

2019年4月27日(土)17:00、28日(日)14:00 Bunkamuraオーチャードホール
指揮:ミシェル・プラッソン、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団、合唱:二期会合唱団
〈主催〉公益財団法人東京二期会、Bunkamura

●本公演のお問合せ・チケットのご予約は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)
Gettii←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


Page Top

【イベントレポート】「東京二期会サポーターズ☆フェスタ2019」~4月12日神楽坂ラリアンスにて開催いたしました!

去る4月12日(金)12時、神楽坂にあるフレンチレストラン「ラリアンス」にて、「東京二期会サポーターズ☆フェスタ2019」を開催。100名の東京二期会サポーター(二期会オペラ愛好会会員)様と、43名の二期会歌手が集まり、歌とトークの2時間を過ごしました。

当日は、NHK「ラジオ深夜便」に出演のアンカー遠藤ふき子さんと、同番組オペラコーナーで遠藤さんと共演しているテノール高田正人との楽しいトークや、昨年バイロイト音楽祭にソリストとして出演したメゾソプラノ金子美香のトークと歌唱、さらに二期会を代表する歌手や新人歌手が代わるがわる出演し、瞬く間に時が過ぎました。




今後も二期会歌手とお客様が触れ合えるイベントを開催してまいります。二期会オペラ愛好会にお入りでない皆様も是非ご入会頂き、二期会歌手との懇親をお楽しみください。

■当日歌唱曲
ヴェルディ 『椿姫』より 「乾杯の歌」:総勢14名のソリスト
日本歌曲 橋本國彦『お六娘』:金子美香
J.シュトラウスII 『こうもり』より 「乾杯の歌」:新人歌手
ビゼー 『カルメン』より 「闘牛士の歌」:成田博之
J.シュトラウスII 『こうもり』より アデーレのアリア:清野友香莉
ヴェルディ 『リゴレット』より 四重唱:冨平安希子、山下牧子、山本耕平、池田直樹

■当日出演歌手
(ソプラノ)新井ちひろ、伊藤麻里、岩井理花、岩村雅美、内田千陽、清野友香莉、腰越満美、小藤恵理子、柴田紗貴子、武井涼子、竹内伶奈、田崎尚美、田口久仁子、冨平安希子、中西惠子、橋本夏摘、福岡真紀、福嶋由記、藤村佐和子、二見麻衣子、前田洋子、眞玉郁碧、梁瀬彩加、渡邊仁美、渡邊まりえ
(メゾソプラノ)池端 歩、井谷萌子、金子美香、川合ひとみ、花房英里子、山下牧子
(テノール)磯沼 良、大野徹也、志摩大喜、新海康仁、高田正人、新津耕平、樋口達哉、山本耕平
(バリトン)池田直樹、加賀清孝、三戸大久、成田博之

▼ご入会案内とお申込みはこちらから
「二期会オペラ愛好会」のご案内 - 東京二期会

Page Top

2019年10月公演『蝶々夫人』〈新制作>ワールドプレミエ公演チケット発売!~バッティストーニ、宮本亜門ほかからのメッセージ集!!

新しい元号「令和」が発表されました!
今年から来年にかけて国際的なスポーツの祭典が日本で開催され、日本全体が新しい時代にむけて花開かせようとしている中、東京二期会も新しい時代の幕開けにプッチーニの不朽の名作『蝶々夫人』のニュープロダクションをお贈りします!
チケットもついに先週末4月13日(土)から発売開始となりました!

演出 宮本亜門、衣裳デザイン 髙田賢三といった日本を代表する国際的アーティストが東京二期会オペラに集結!そして、来る2020年の五輪イヤーには名門ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー・ドレスデン)と、デンマーク王立歌劇場でも上演されることが決定しています。まさに、日本から発信するワールドプレミエ公演です。

それではまず、この公演にかける演出 宮本亜門からのメッセージをどうぞ。

そして、日本で初めてプッチーニのオペラを披露する、指揮アンドレア・バッティストーニから!

蝶々夫人役 森谷真理インタビュー

ピンカートン役 樋口達哉インタビュー

シャープレス役 黒田博インタビュー


ここまで初日公演を中心に、チケットのご予約が殺到しております。
どうぞよいお席でご鑑賞いただけますよう、ご予約はお早めに!

     *     *     *

▼公演詳細はこちらから
《ザクセン州立歌劇場とデンマーク王立歌劇場との共同制作公演》G.プッチーニ『蝶々夫人』 - 東京二期会オペラ劇場
2019年10月3日(木)18:30、4日(金)14:00、5日(土)14:00、6日(日)14:00 東京文化会館 大ホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ/演出:宮本亜門
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団/合唱:二期会合唱団
〈主催〉文化庁、公益財団法人東京二期会
〈制作〉公益財団法人東京二期会

●お問合せ・チケットのご予約は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)
Gettii←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


Page Top

出演者発表!~2019年度 Hakuju Hall「二期会ディーヴァ,ディーヴォ」

Hakuju Hall主催の若手歌手によるコンサートシリーズ「二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ」。
これまで6年にわたり、二期会オペラ研修所を優秀な成績で修了した多くの若きオペラ歌手が出演してまいりましたが、7年目を迎える本年度は「二期会 ディーヴァ,ディーヴォ」 に改称し、さらにパワーアップしてお届けして参ります。
華やかなオペラの大舞台に羽ばたいていく未来のスター歌手たちによるコンサート。「新しい声」のデビューの瞬間、是非お聴き逃しなく!

チケットは5月25日(土)よりHakuju Hallチケットセンターで発売。
現在、各回とも詳細プログラムを準備中です。どうぞご期待ください!

■■■ 公演情報 ■■■
二期会 ディーヴァ,ディーヴォ
二期会新星トップ6名による、ときめきのデビューコンサート!

会場:Hakuju Hall(ハクジュホール)【アクセス
    ・小田急線「代々木八幡駅」南口 もしくは
    ・千代田線「代々木公園駅」1番出口より 徒歩5分
料金:各回とも 全席自由 1,500円(税込)

主催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所 
協力:二期会オペラ研修所 後援:公益財団法人東京二期会
チケット一般発売日:2019年5月25日(土)

《各回の日時と出演者》
■第19回
日時:2019年11月7日(木) 14:00開演(約90分/途中休憩あり)
出演:

ソプラノ 雨笠佳奈

ソプラノ 新宮雅美

テノール 中野智貴

ピアノ 石野真穂
予定プログラム:
 ・ドニゼッティ 『リタ』より “この清潔で愛らしい宿よ”(雨笠)
 ・ベッリーニ 『夢遊病の女』より “気も晴ればれと”(雨笠)
 ・マスネ 『マノン』より “わたしが女王のように町を歩くと”(新宮)
 ・アリャビエフ 「うぐいす」(新宮)
 ・プッチーニ 『ラ・ボエーム』より「冷たい手」(中野)
 ・トスティ 「暁は光から」(中野)  ほか

■第20回
日時:2019年12月3日(火) 14:00開演(約90分/途中休憩あり)
出演:

ソプラノ 塚本正美

ソプラノ 西村知花子

ソプラノ 山﨑わかな

ピアノ 相田久美子
予定プログラム:
 ・プッチーニ 『ジャンニ・スキッキ』より “わたしのお父さん”(塚本)
 ・ドニゼッティ 『アンナ・ボレーナ』より
         “あなたは泣いているの?~私の生まれたあのお城”(塚本)
 ・團 伊玖磨 『夕鶴』より “あたしの大事な与ひょう”(西村)
 ・プッチーニ 『ラ・ボエーム』より “あなたの愛の呼ぶ声に”(西村)
 ・ドニゼッティ 『シャモニーのリンダ』より “この心の光”(山﨑)
 ・ヴェルディ 『リゴレット』より “慕わしい人の名は”(山﨑)  ほか

*出演者・曲目・曲順等が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

▼ご予約・お問合せはこちら
Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-8700
 火~土 10:00~18:00(※祝日・休館日を除く)

▼予定演奏曲等の詳細は決まり次第、主催者ウェブサイトに掲載されます
Hakuju Hall(ハクジュホール)

Page Top

【告知】5/12(日)、日本リヒャルト・シュトラウス協会の例会にメゾソプラノ池田香織、バリトン小森輝彦が登壇します!~『エロディアード』と『サロメ』をめぐって

東京二期会「二つのサロメ」プロジェクト。4月公演J.マスネ『エロディアード』と6月公演R.シュトラウス『サロメ』。
今回は、日本リヒャルト・シュトラウス協会が主催する、「二つのサロメ」公演関連のイベントをご紹介いたします!
このイベントに東京二期会から登壇するのは、4月公演『エロディアード』エロディアード役、6月公演『サロメ』ヘロディアス役と続けて2作品の同一人物を演じるメゾソプラノ池田香織。そして、『エロディアード』エロデ役で出演するバリトン小森輝彦、二人のキャストです。小森は同協会の常務理事を務めております。司会は、同協会事務局長で音楽評論家の広瀬大介氏。


メゾソプラノ 池田香織

バリトン 小森輝彦

違うオペラの同一人物を続けて演じる池田。一方、小森も二期会オペラデビューとなった、2000年東京二期会・新国立劇場共催公演の『サロメ』でヨカナーン役を演じました。
「二つのサロメ」の経験者が二人揃うという稀有な機会。ここでしか聴けない話題が展開することでしょう。
ぜひお楽しみください!

■■■ イベント情報 ■■■
日本リヒャルト・シュトラウス協会
第182回例会「『エロディアード』と『サロメ』をめぐって」

日時:2019年5月12日(日)14:00開始/15:30頃終了予定
会場:東京文化会館 4階大会議室
出演:メゾソプラノ池田香織、バリトン小森輝彦
司会:広瀬大介(日本リヒャルト・シュトラウス協会事務局長、音楽評論家)
入場料:協会非会員2,000円[協会年誌付] (協会会員は無料)

《協会より》
第182回例会は、4、6月の東京二期会公演に関連してシンポジウム「『エロディアード』と『サロメ』をめぐって」を開催します。両公演にご出演の池田香織さんをお招きして、当協会常務理事で『エロディアード』エロデ役を歌う小森輝彦さんと共に、作品と演奏の現場にまつわるお話を伺います。どうぞふるってご参加下さい。

●お申込み方法
日本リヒャルト・シュトラウス協会へ電話またはメールにてご予約ください。
電話:03-3582-1266(平日13:00~17:00/不定休)
メール:japanrs@tkk.att.ne.jp
お申込締切日:5月7日(火)
※お席に限りがございますので、定員になり次第、締め切らせて頂きます。

▼協会のウェブサイトはこちら
日本リヒャルト・シュトラウス協会

Page Top

4/20(土) 日本を代表するプリマ・ドンナ“澤畑恵美”、岩手が誇る日本の至宝“福井 敬”、二人による豪華なリサイタル!

日本を代表するソプラノ澤畑恵美、同じく日本を代表するテノール福井 敬。
同い年の二人は、国立音楽大学、大学院、文化庁オペラ研修所、そしてイタリア留学…と、常に身近な存在でありながら、互いを尊敬しつつ切磋琢磨して今に至りました。
その二人が福井の出身地、岩手県にある釜石市民ホールTETTOにて、ホールグランドオープン1周年を記念したデュオ・リサイタルに出演致します。またこの公演は、岩手県の内陸と沿岸をつなぐ東北横断自動車道釜石秋田線が、3月9日に全線開通したことを記念してのものでもあります。 釜石は海と山に挟まれた風光名媚なところ。ちょうど公演日は桜が満開の時期🌸!
是非、二人の貴重な共演を聴きに、釜石までお出かけください!!

ソプラノ 澤畑恵美

テノール 福井 敬

■■■ 公演情報 ■■■
TETTO Grand Open 1st Anniversary
東北横断自動車道釜石秋田線(花巻-釜石)全線開通記念
澤畑恵美&福井 敬 デュオ・リサイタル

日時:2019年4月20日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:釜石市民ホールTETTO ホールA
料金:全席指定 一般3,000円/高校生以下1,500円
    (TETTO友の会2,400円/TETTO友の会高校生以下1,200円)
     当日各500円増
出演:澤畑恵美(ソプラノ)、福井 敬(テノール)、谷池重紬子(ピアノ)
予定演奏曲:
  瀧 廉太郎(詞:武島羽衣) 「花」
  中田喜直 (詞:三好達治) 「たんぽぽ」
  中田喜直 (詞:渡辺達生) 「歌をください」
  橋本國彦 (詞:林柳波) 「お六娘」
  さだまさし (詞:さだまさし) 「秋桜」
  橋本國彦 (詞:西条八十) 「お菓子と娘」
  平井康三郎 (詞:小黒恵子) 「うぬぼれ鏡」
  中田喜直 (詞:寺山修司) 「悲しくなったときは」
  菅野祥子 (詞:菅野祥子) 「春なのに」
  ディ・カプア 「オー ソレ ミオ」
  カルディッロ 「カタリ カタリ(つれない心)」
  アーン 「クロリスに」
  デラックァ 「ヴィラネル」
  ヴェルディ オペラ『椿姫』より 「乾杯の歌」
  ヴェルディ オペラ『リゴレット』より 「女心の歌」
  グノー オペラ『ファウスト』より 「宝石の歌」
  プッチーニ オペラ『トゥーランドット』より “誰も寝てはならぬ”

▼公演の詳細、チケットのお求めは公式サイトをご覧ください
澤畑恵美&福井敬 デュオ・リサイタル - 釜石市民ホール TETTO 公式サイト

Page Top

【イベント・レポート】3/29(金)開催~《二期会プレ・ソワレ》テノール高田正人「講師」による、『エロディアード』『サロメ』プレトーク&國光ともこ・田崎尚美ミニ・コンサート

去る3月29日(金)に新宿にある舞台劇術活動の拠点地、「芸能花伝舎」にて4月公演『エロディアード』、6月公演『サロメ』のプレイベントを開催。講師にテノール高田正人、両公演のキャストを代表して『エロディアード』から國光ともこ、『サロメ』から田崎尚美、ピアノには『サロメ』の音楽スタッフ湯浅加奈子が出演しました。



芸能花伝舎では昨年、2018年3月にも東京二期会コンチェルタンテ・シリーズ『ノルマ』を前にプレトーク&コンサートを開催(テノール 城 宏憲と舞台構成の菊池裕美子が出演)。続いて8月には、9月のプッチーニ〈三部作〉公演に向け、すみだパークスタジオ内SASAYAカフェでのプレトークを開催し、「講師」高田正人が登場!
これらが好評で、ご来場のお客様から同様の企画の開催を希望される声を多数いただきましたので、今回の企画が実現に至りました!



今回のテーマは「ふたりのサロメ」。
これまでにもご紹介してきたとおり、4月公演『エロディアード』と6月公演『サロメ』は、同じ物語が大元となって作られたオペラで、音楽もドラマの内容もまったく違った作品です。
今回は、高田正人が、自身も2010年の東京二期会オペラ劇場『サロメ』(P.コンヴュチュニー演出)に出演した経験も交えながら、キリスト教の「聖書」などに見られるオリジナルの物語と、比較的オリジナルに近い『サロメ』、そして、フランスのロマンティックな物語に脚色された『エロディアード』という順番で、それぞれの物語の違いを解説しました。




解説の合間には、6月『サロメ』から田崎尚美、4月『エロディアード』から國光ともこ の両演目のサロメ役が登場し、高田からのインタビューに答えました。
そして、イベントの最後には「ふたりのサロメ」から、ご来場のみなさまに歌のプレゼント。國光サロメが、預言者ジャンへのピュアな恋心を歌う第1幕のアリア「彼は優しく、美しい」を披露すると、田崎サロメは、最期の絶唱、皿上のヨカナーンの首へ口づけを施しました。
まったく違った感情の表出でありながら、実は一途な想いであることに変わりはないという、不思議。ぜひ両演目ともご鑑賞ください!





そして今回は、イベントでの解説とインタビューの動画も公開いたしました!
イベントにお越しになれなかった方も、もう一度お話を聞きたいという方も、高田講師のユーモアあふれる詳しい解説をどうぞお楽しみください!

▼2つの「サロメ」、何が同じで何が違うか


▼登場人物相関図


▼R.シュトラウス『サロメ』解説&サロメ役田崎尚美インタビュー


▼マスネ『エロディアード』解説&サロメ役國光ともこインタビュー



▼『エロディアード』の本公演情報はこちらから 《チケット発売中!》
〈東京二期会コンチェルタンテ・シリーズ〉2019年4月公演 J.マスネ『エロディアード』(セミ・ステージ形式) - 東京二期会オペラ劇場
2019年4月27日(土)17:00、28日(日)14:00 Bunkamuraオーチャードホール
指揮:ミシェル・プラッソン/管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団/合唱:二期会合唱団
〈主催〉公益財団法人東京二期会、Bunkamura

▼『サロメ』の本公演情報はこちらから 《チケット発売中!》
《ハンブルク州立歌劇場との共同制作公演》R.シュトラウス『サロメ』 - 東京二期会オペラ劇場
2019年6月5日(水)18:30、6日(木)14:00、8日(土)14:00、9日(日)14:00 東京文化会館 大ホール
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ/演出:ヴィリー・デッカー
管弦楽:読売日本交響楽団/合唱:二期会合唱団
〈主催〉公益財団法人東京二期会
〈共催〉公益財団法人読売日本交響楽団

●『エロディアード』&『サロメ』のお問合せ・チケットのご予約は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)
Gettii ←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


Page Top

ソプラノ高橋 維、NHK-FMの新番組「リサイタル・パッシオ」に登場!

クラシック界の新星たちによる演奏を楽しむ番組として親しまれてきたNHK-FM「リサイタル・ノヴァ」が、この4月から情熱(パッシオ)あふれるクラシック音楽と演奏家の音楽にかける思いを伝える番組「リサイタル・パッシオ」に生まれ変わりました。
新番組2回目となる、4月14日(日)夜の放送にソプラノ高橋 維が登場です!(再放送は4月19日(金)朝)


ソプラノ 高橋 維

宮本亜門演出で話題を呼んだ、東京二期会『魔笛』夜の女王で二期会デビューを飾り、以降も『ウィーン気質』ぺピ、『フィガロの結婚』スザンナ、『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタと立て続けに二期会オペラの主要な役に抜擢された高橋 維。その後、第27回五島記念文化賞平成28年度オペラ新人賞の受賞によりウィーンに渡り、現在も明治安田クオリティオブライフの助成によりウィーンで研鑽を重ねています。
一時帰国して臨んだ今回は、高橋の魅力が十分堪能出来るツェルビネッタのアリアとドリーブ『ラクメ』の鐘の歌などに加え、自身が敬愛するリヒャルト・シュトラウスの歌曲を収録致しました。番組支配人のピアニスト金子三勇士さんとのトークでは、現在の高橋が培われた歴史が明かされます。
是非、放送をお聴きください!


ピアノの山田武彦さん(左)と


番組支配人の金子三勇士さん(左)と

◆◆◆ 放送予定 ◆◆◆
NHK「リサイタル・パッシオ」高橋 維(ソプラノ)
放送局:NHK-FMラジオ
放送日時:
 (本放送)2019年4月14日(日) よる20:20~20:55
 (再放送)2019年4月19日(金) あさ9:20~9:55
出演:高橋 維(ソプラノ)、山田武彦(ピアノ)、金子三勇士(司会)
プログラム:
 R.シュトラウス:かわらぬもの op.69-3
 R.シュトラウス:私は花束を編みたかった op.68-2
 R.シュトラウス:オペラ『ナクソス島のアリアドネ』より “偉大なる王女様”
 ドリーブ:オペラ『ラクメ』より “若いインドの娘はどこへ”

▼番組ホームページはこちら
リサイタル・パッシオ - NHK
出演アーティスト(7つの質問)| リサイタル・パッシオ - NHK

▼「リサイタル・パッシオ」はインターネットラジオでもお楽しみ頂けます!
NHKラジオ らじる★らじる

Page Top

4/24(水)19時より渋谷・東急百貨店 本店にて、オペラ『エロディアード』公演プレイベントを開催~オペラの原作フローベール『三つの物語』の魅力に迫る

オペラの原作に迫る!
4月27日(土)・28日(日)にBunkamuraオーチャードホールで公演するマスネ『エロディアード』本公演を前に、この原作であるフローベール『三つの物語』の魅力を翻訳者の谷口亜沙子さんが解説します!

『三つの物語』は、19世紀フランスを代表する小説家ギュスターヴ・フローベール晩年の傑作短編集。その中の「エロデア(ヘロディアス/エロディアード)」が、後にオペラ化されていきます。
今回、『エロディアード』への理解を深めて、よりご鑑賞を深くお楽しみいただけるように、このフローベールの小説に着目して、昨年10月に光文社古典新訳文庫から『三つの物語』の新訳を出版したフランス文学者の谷口亜沙子さんを講師に迎え、講演会を開催いたします!
会場は、Bunkamuraに隣接する渋谷の東急百貨店本店7階。2月公演『金閣寺』でも、東急百貨店とは特別なコラボレーション企画を実施してきました。今回も、丸善・ジュンク堂書店のある7階の特別室を提供いただいての開催です。
入場無料(但し、事前のお申込みが必要)のイベントです!ぜひご来場ください。

『三つの物語』の「訳者あとがき」には、「フローベールの『三つの物語』は、フランスの本屋さんであれば、かなり小さなお店であっても、一冊はポケット版が置かれているような、大変ポピュラーな作品です」とあります。しかし、日本ではよく知られている作品とはまだいえないようです。
オペラ『エロディアード』本篇とともに、今回の機会が、お客様にとりましても「新しい名作との出会い」となることを願っています!


「三つの物語」フローベール/谷口亜沙子 訳

光文社古典新訳文庫 刊
■■■ イベント情報 ■■■
東京二期会コンチェルタンテ・シリーズ『エロディアード』プレ企画
オペラの原作に迫る!フローベール『三つの物語』の魅力

日時:2019年4月24日(水) 19:00開始、18:30当日受付開始
会場:東急百貨店 本店7階 特別室 (東京都渋谷区道玄坂2-24-1)【アクセス
料金:参加無料(※要事前予約 下記お申込参照)おひとり2名様まで
講師:谷口亜沙子(明治大学文学部准教授・フランス文学)
[プロフィール] Asako Taniguchi
1977年生まれ。早稲田大学文学学術院博士課程フランス文学専攻単位取得退学。パリ第7大学文学博士。現在、明治大学文学部フランス文学専攻准教授。専門は「詩(ポエジー)」を中心とした近現代のフランス文学。主要論文に「ミシェル・レリス〈偽=ゲームの規則〉の発見」(『日本フランス語フランス文学会』第90号)、「シャルロット・デルボ――アウシュヴィッツを「聴く」証人」(『声と文学』、平凡社)、「ユベール・マンガレリ『冬の食事』――ホロコーストにおける「草の根」の執行者たち」(『フランス文化研究』、獨協大学)など。著書に『ジョゼフ・シマ 無音の光』(水声社)。訳書にルネ・ドーマル『大いなる酒宴』(風濤社)、ギュスターヴ・フローベール『三つの物語』(光文社古典新訳文庫)。

●イベントのお問合せ・ご予約は
 二期会チケットセンター 03-3796-1831 
 もしくは 「お問い合わせフォーム※」 からもお申込みいただけます
 (※フォームには、お名前、メールアドレス、電話番号、ご住所と、4/24イベント予約希望と明記の上、送信ください)

《ご案内》
*本イベントへのご参加は事前のご予約(無料)が必要になります
*おひとり2名様までご予約いただけます
*チケットの発券はございません。直接会場にお越しください
*定員になり次第受付を締め切らせていただきます

▼『エロディアード』の本公演情報はこちらから 《チケット発売中!》
〈東京二期会コンチェルタンテ・シリーズ〉2019年4月公演 J.マスネ『エロディアード』 - 東京二期会オペラ劇場

2019年4月27日(土)17:00、28日(日)14:00 Bunkamuraオーチャードホール
指揮:ミシェル・プラッソン、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団、合唱:二期会合唱団
〈主催〉公益財団法人東京二期会、Bunkamura

●本公演のお問合せ・チケットのご予約は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)
Gettii←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


Page Top

4/6(土)「東京・春・音楽祭2019」 マラソン・コンサートvol.9「宮廷の時代」 鵜木絵里、三井清夏、小泉詠子らが出演します

桜の花びらが舞う、東京・上野で開催中の「東京・春・音楽祭2019」。
4月6日(土)に東京文化会館 小ホールで開催される公演は、マラソン・コンサートと題し、11時、13時、15時、17時、19時開演の5部構成でお贈りする文字通りの“マラソン”企画。
今年は「宮廷の時代――5つの“響き”~ヨーロッパの芸術と宮廷の歴史をひも解く」をテーマに、祝祭の響き、楽興の響き、祈願の響き、賛美の響き、支援の響き の5つの世界をお届けします。企画構成とお話は小宮正安さん(ヨーロッパ文化史研究家/横浜国立大学大学院都市イノベーション学府教授)。
本公演に二期会から、ソプラノ鵜木絵里、三井清夏、メゾソプラノ小泉詠子が出演。また合唱パートを、ソプラノ田崎美香、メゾソプラノ喜田美紀、テノール園山正孝、バリトン寺西一真が担当します。

ソプラノ 鵜木絵里

ソプラノ 三井清夏

メゾソプラノ 小泉詠子
このうち11時からの第I部「祝祭の響き」では、ラモー作曲(デュカス編)オペラ・バレ『優雅なインドの国々』より「平和な森のロンド」、グルック作曲の歌劇『オルフェオとエウリディーチェ』より「フィナーレ」など、演奏される機会の少ない楽曲もお楽しみいただけます。ピアノは朴 令鈴さん。
ぜひこの機会に、お楽しみください。

■■■ 公演情報 ■■■
東京・春・音楽祭2019
東京春祭マラソン・コンサートvol.9
宮廷の時代――5つの”響き”~ヨーロッパの芸術と宮廷の歴史をひも解く
(日本・オーストリア国交樹立150年記念)

日時:2019年4月6日(土) (開場は各開演15分前)
   第I部「祝祭の響き」 11:00開演
   第II部「楽興の響き」 13:00開演
   第III部「祈願の響き」 15:00開演
   第IV部「賛美の響き」 17:00開演
   第V部「支援の響き」 19:00開演
会場:東京文化会館小ホール
企画構成・お話:小宮正安(ヨーロッパ文化史研究家/横浜国立大学大学院都市イノベーション学府教授)

▼出演者、演奏曲等、公演の詳細・チケットのお求めは公式サイトをご覧ください
東京春祭マラソン・コンサート vol.9 宮廷の時代――5つの”響き” ~ヨーロッパの芸術と宮廷の歴史をひも解く(日本・オーストリア国交樹立150年記念) - 東京・春・音楽祭

Page Top