2017年01月16日 10:40

期待の若手歌手による「アルテリーベ・フレッシュコンサート」
1/23(月)は佐竹仁美&推屋 瞳 ~コロラトゥーラの夕べ~

期待の若手歌手の演奏と、美味しいお料理で おもてなしする、新橋の音楽レストラン・アルテリーベ東京の「月曜フレッシュコンサート」。
次の二期会アーティスト登場回は1月23日(月)。2017年の幕開けにふさわしいフレッシュなソプラノ二人が、ピアニストに松原裕子を迎え、輝かしい歌声をご披露します!

コンサートを来週に控え、今回出演の二人にインタビューをしましたので、ご紹介いたします。

201701_satake_hitomi.jpg
ソプラノ
佐竹仁美
――出身は?

神奈川県の厚木市出身です。

――声楽を始めたきっかけを教えてください

大学での恩師との出会いがきっかけでした。
私は東海大学の出身で、当初は音楽療法士になろうと思い、大学病院で実習ができるという理由で学校を選びました。
入学してみると全員声楽が必修で、それがきっかけで歌をはじめました。最初は自分が歌を歌うようになるとは夢にも思っていませんでしたが、恩師が褒めて伸ばしてくださるタイプだったので、すぐにその気になり(笑)、いつの間にかもっと上手く歌えるようになりたいと夢中になっていました。

――お客様へ一言メッセージをお願いします

共演させて頂く推屋さんとは研修所の同期なのですがクラスが違った為、今回機会を頂いてご一緒させていただける事をすごく嬉しく思っています。
2人ともコロラトゥーラソプラノ、そして名前もひとみ!勝手に親近感を感じております。
似た声種のデュオコンサートというのも珍しいと思うので、ぜひぜひ美味しいディナーを食べながら聴いて頂ければと思います。


201701_shiiya_hitomi.jpg
ソプラノ
推屋 瞳
――出身は?

埼玉県春日部市出身です。

――声楽を始めたきっかけや目標などを教えてください。

高校の音楽の授業で観た椿姫にとても感動し、自分もこんな風に歌い演じ、伝えられる人になりたいと思った事がきっかけです。
心に残る、いつもあの人の歌を思い出してしまう、、と思ってもらえるような人(歌手)になりたいです。

――お客様へ一言メッセージをお願いします

今回、二期会オペラ研修所同期の佐竹仁美さんと共演いたします。
私たちは、2人とも軽い声(コロラトゥーラ ソプラノ)であり、2人とも名前が「ひとみ」という共通点があります!(笑)
そんな私達の息の合った二重唱、それぞれが大切にしているレパートリーなど新春にふさわしい、華やかなプログラムをご用意しております。
楽しいひと時をお過ごし頂けますよう、心を込めて演奏いたします!
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


偶然にも「ひとみ」という同じ名前をもち、また声種も同じくコロラトゥーラ ソプラノというこの二人!
このアルテリーベのデュオコンサートでの出会いをきっかけに、今後の活動の場を広げるかもしれません♪

是非ご予約はお早めに!皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

■■■ 公演情報 ■■■
アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート
コロラトゥーラの夕べ

日時:2017年1月23日(月) 18:00開店
    第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:佐竹仁美(ソプラノ)、推屋 瞳(ソプラノ)、松原裕子(ピアノ)
演奏予定曲:
 J.シュトラウスII世 「春の声」
 R.シュトラウス 『ナクソス島のアリアドネ』より 「偉大なる王女様」
 メンデルスゾーン 「6つの二重唱」より
                     ほか

▼ご予約・アクセスはこちら
アルテリーベ東京 TEL 03-3519-7007

ページの先頭へ戻る

2017年01月11日 11:41

7月公演『ばらの騎士』でデビュー! ソプラノ斉藤園子とメゾソプラノ和田朝妃が、1月17日(火)「ラリアンス・オペラ・コレクションwith二期会」に出演します

東京二期会7月公演『ばらの騎士』で二期会オペラデビューを飾る、ソプラノ斉藤園子とメゾソプラノ和田朝妃が、公演関連イベントとして「ラリアンス・オペラ・コレクションwith二期会」に登場します。ピアニストは荻原萌子。

201701_saitou_sonoko.jpg
ソプラノ
斉藤園子
201701_wada_asahi.jpg
メゾソプラノ
和田朝妃
201701_ogiwara_moeko.jpg
ピアノ
荻原萌子

この機会に、本公演にむけての意気込みと年始の抱負を聞きました!

―― 『ばらの騎士』にむけて、抱負と作品の魅力について

斉藤: 今回『ばらの騎士』で、帽子屋役 兼、ゾフィーのカヴァーキャストを務めさせて頂くことになりました。この作品の持つ流麗な和音の妙や、格調高い舞台は長年の憧れでした。
留学先であるウィーンの街を、『ばらの騎士』を聴きながら、想いを馳せ散歩するのが、最近の習慣であり至福の時です。
諸先輩方からプロとしての姿勢や、音楽作等、多くのことを学びたいと思っております。

和田: まだ勉強不足で魅力を語るにはほど遠いですが、唯一言えることは聴けば必ず好きになれる作品ということです。
立場は違えど、登場人物の感情は愛することの喜びや悲しみ、もどかしさや怒りなど、誰しもが経験するであろう身近なものです。オペラを見終わった時の言葉に表せない心満たされる気持ち、これを皆様にもぜひ味わって頂きたいです。

―― 2017年は、どのような年にしたいですか?

斉藤: 留学先をウィーンに選んだ一番の目的は、本場のドイツ語の発音や、空気感、オペラに触れる事でした。日本でそれを少しでも表現出来ればと思っております。
出来るだけ多くの舞台に立ち、経験を積みたい一年です。

和田: 体が資本の仕事ですが、どうしても体がなまりがちなので、ウォーキングなどをして、体作りに力を入れ、音楽に集中できるよう常に健康でいることを心がけたいです。また、自分磨きのために何か新しいことを始めたいなと思っています。新しい環境、出会いを自分の音楽や演技に役立てたいです。

          *     *     *

ラリアンスは、神楽坂にあるフレンチ・レストラン。これまで何度かご紹介しているように、和食のよさをフレンチに融合させたオリジナルの「フランコ・ジャポネ」が特長です。コースの最初はいつもお箸でいただきます。今回は二人のステージも、日本の歌で始まります!


■■■ イベント情報 ■■■
《ラリアンス オペラ・コレクション with 二期会》
慶びの歌、寿ぎのオペラ

日時:2017年1月17日(火) 18:00開店
    第1ステージ 19:30~/第2ステージ 20:30~
    ※ご予約はお好きな時間で承ります
会場:神楽坂「ラリアンス」
    東京都新宿区神楽坂2-11 TEL03-3269-0007
    (「飯田橋駅」JR西口より徒歩2分・地下鉄B3出口より徒歩1分)
コースと料金:(ステージ・サービス料・税込)
    ・ムニュ"神楽"コース 8,500円~
    ・シェフ"大堀"コース 13,500円~
    ※ミュージックチャージ等の特別料金は一切かかりません
出演:斉藤園子(ソプラノ)、和田朝妃(メゾソプラノ)、荻原萌子(ピアノ)
予定プログラム:
    <第1ステージ>
    ・瀧廉太郎 「花」
    ・プッチーニ 『ラ・ボエーム』より 「私が街を歩けば」
    ・モーツァルト 『フィガロの結婚』より 「恋とはどんなものかしら」
    ・モーツァルト 『コジ・ファン・トゥッテ』より 「わたしは黒髪の人にするわ」
    <第2ステージ>
    ・R.シュトラウス 「ツェツィーリエ」
    ・ロウ 『マイ・フェア・レディ』より 「踊り明かそう」
    ・R.シュトラウス『ばらの騎士』より 「ばらの献呈」

▼イベント詳細・ご予約・お問合せはこちらから
ラリアンスオペラコレクションwith二期会 慶びの歌、寿ぎのオペラ|イベント - 神楽坂ラリアンス

▼2017年7月東京二期会『ばらの騎士』情報はこちら
グラインドボーン音楽祭との提携公演 R.シュトラウス『ばらの騎士』 - 東京二期会
 2017年7月26日(水)・27日(木)・29日(土)・30日(日) 東京文化会館大ホール

▼一般発売は1月28日(土)から!只今二期会オペラ愛好会先行予約受付中!
 『ばらの騎士』チケットのお求め・お問合わせは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
 (月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日祝休)

ページの先頭へ戻る

2017年01月09日 12:58

「一回一回が新しい境地」バリトン直野資スカルピア役にむけて
~2月公演『トスカ』キャスト・メッセージ<4>

『椿姫』ジェルモン、『蝶々夫人』シャープレス、そして『リゴレット』タイトルロールなど、イタリア・オペラのバリトンとして傑出した実績を誇る名歌手、直野 資(なおの たすく)が、2009年『蝶々夫人』以来8年ぶりに東京二期会オペラ劇場の舞台に立ちます。演じるのは、ファン待望の『トスカ』スカルピアです。
前回、二期会が『トスカ』を上演した1991年に同役で出演。トスカ役 佐藤しのぶ、カヴァラドッシ役 田口興輔 等とともに名舞台を築きあげました。そのときの好演が高じ当時の指揮者トゥリオ・コラチョッポの招きによりサンパウロ市立歌劇場でも同役を歌いました。

▼詳しくは、こちらの記事をどうぞ
希代のバリトン直野 資~自然体こそ心地よく歌い続けるための秘訣|オペラを楽しむ - 東京二期会

当時から数えると実に26年ぶり。その変わらないオペラへの尊敬の念と共演者とともにあることの喜びを語ったインタビュー映像をどうぞ!



      *     *     *

「『トスカ』のスカルピア役です。直野と申します。
バリトンでスカルピア役というと「悪役だ」なんて簡単におっしゃいますけど、悪役っていうのも大変なものでしてね。私は十回近くやらせていただきましたかね。「悪くやる」というのはあんまりよくなくて、一応、ローマの警視総監か何かのえらい人なので。まあ、そのえらい人がどうするかを見ていただくというよりは、プッチーニの書いてくださった素敵な音楽を、みなさまに浴びていただきたいと思います。

(今回の出演が)自分の生涯最後のオペラになると思いますけれども、オペラというものは、一回一回が新しい境地だというふうに、僕は接してきたつもりです。
この前、僕が公演監督をやったときに、(指揮者の)アンドレア・バッティストーニが稽古の最後に、「今度『トスカ』やるんだってな」という話があって。でも、僕は声がリリックなので、なかなか(スカルピアの)役としてはまらないので、できればスペイン語に近い、強い発音というのですかね、そういうことをやってみようと思うんだと言ったら、「いいな、そういう考え方いいんじゃないか」と…」(続きは映像でご覧下さい)。

▼直野の出演日は16日(木)・19日(日)!公演詳細はこちら
ローマ歌劇場との提携公演 G.プッチーニ『トスカ』 - 東京二期会オペラ劇場
 2017年2月15日(水)・16日(木)・18日(土)・19日(日) 東京文化会館大ホール

▼チケットのお求め・お問合わせは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
 (月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日祝休)

ページの先頭へ戻る

2017年01月07日 13:10

1/19(木)開催 Hakuju Hall「二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ」第12回

昨年春、二期会オペラ研修所マスタークラスを優秀な成績で修了した、若き歌手の声を聴くシリーズHakuju Hall「二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ」。
今シーズンのラストを飾る1月19日(木)は、ソプラノ佐々木麻子、渡邊仁美が出演。平塚洋子のピアノでお贈りします。

201701_sasaki_mako.jpg
ソプラノ
佐々木麻子
201701_watanabe_hitomi.jpg
ソプラノ
渡邊仁美
201701_hiratsuka_youko.jpg
ピアノ
平塚洋子

佐々木、渡邊の二人より、コンサートを目前にメッセージが届きました。

■佐々木麻子
いつか自分もあのステージに……その夢が1つ叶い、大変嬉しく思います。二期会オペラ研修所に入って間もない頃は、学生としての社会的生活的支援から解き放たれ、苦難の連続でした。まさに紆余曲折。うまくいかないことばかりで何度も立ち止まりかけました。しかしその度に多くの方々のおかげで乗り越えてこられたのです。
今回は、普段は演奏の機会に恵まれない少し長めの曲集をプログラムに選びました。とても美しい旋律で、大好きな曲です。感謝の気持ちを忘れずに、丁寧に歌っていきたいと思います。

■渡邊仁美
この度はこのような機会をいただき、大変嬉しく思います。共演の佐々木麻子さんとは同じクラスで学び、研修所修了時にもHakuju Hallにて二人でR.シュトラウスのオペラ『アラベラ』より姉妹の二重唱を演奏させていただきました。本当の姉妹のように息の合ったアンサンブルを、今回は違う曲でお楽しみいただきたいと思います。ソロの曲は、それぞれが大切にしているレパートリー、そして新たに挑戦する曲を1つずつ選びました。皆様と素敵な一時を過ごせることを楽しみに、多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

         *     *     *

第59期マスタークラス黒田クラスで1年間、ともに学び、息もぴったりの佐々木と渡邊。修了試演会において『アラベラ』の姉妹役に取り組み、響き合う美しいハーモニーを聴かせてくれました。今回は、二人がじっくり作品と向き合った時間の中から紡ぎ出された、豊かな音楽の世界に、ぜひご期待ください!

■■■ 公演情報 ■■■
二期会のきらめく新星、ときめきのデビューコンサート!
二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ <第12回>
日時:2017年1月19日(木) 11:00開演(10:30開場)  ※休憩なし約1時間
会場:Hakuju Hall (白寿ホール)
料金:全席自由 500円(税込)
出演:佐々木麻子(ソプラノ)、渡邊仁美(ソプラノ)、平塚洋子(ピアノ)

予定プログラム:
 ドリーブ 『ラクメ』より 花の二重唱“おいで、マリカ”(佐々木・渡邊)
 リスト 「ペトラルカの3つのソネット」(佐々木)
    1. 平和は見いだせず
    2. その日までいつくしみくださる
    3. 私は地上に天使のような姿を見た
 ラヴェル 「シェエラザード」(渡邊)
    1. アジア
    2. 魔法の笛
    3. つれない人
 W.A.モーツァルト 『ツァイーデ』より
    “おやすみなさい安らかに、私の愛しい方よ”(佐々木)
 レハール 『ジュディッタ』より “熱き口づけを”(渡邊)

主催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所
協賛:株式会社ドラジェ
協力:二期会オペラ研修所
後援:公益財団法人東京二期会

▼コンサート詳細ページはこちらをご覧ください
二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ - 白寿ホール

▼ご予約・お問合せは
Hakuju Hall チケットセンター 03-5478-8700
 10:00~18:00(火~土/祝日・休館日を除く)

ページの先頭へ戻る

2017年01月06日 18:14

テノール前川健生 第46回イタリア声楽コンコルソ「テノール特賞」受賞!~今月は2つの二期会『トスカ』関連コンサートに出演

昨年末12月28日、フィリアホールで開催された第46回イタリア声楽コンコルソ(一般社団法人 日本イタリア協会/毎日新聞社 共催)にて、二期会のテノール前川健生が「テノール特賞」を受賞しました!

▼【速報】第46回イタリア声楽コンコルソ<本選会>
イタリア声楽コンコルソ|歴代の受賞者 - (社)日本イタリア協会(コンコルソ)

二期会テノールとして、2015年のルーキー・イヤーから『ダナエの愛』、昨年は『イル・トロヴァトーレ』に出演。今年も7月『ばらの騎士』にてテノール歌手で出演を予定している前川。2月の『トスカ』にも、カヴァラドッシのカヴァーキャストとしてプロダクションに参加しています。そのため、今月開催される2本の『トスカ』関連コンサートに出演。若いテノールの最大の魅力である溌剌とした声をお聴きいただける機会です。

まずは、1月19日(木)。神楽坂/飯田橋にあるアグネスホテルのランチタイムコンサートで『トスカ』を中心としたプログラムを披露。そして、21日(土)には九段にあるイタリア文化会館 アニェッリホールでの演出アレッサンドロ・タレヴィ氏のプレ・トークに、同じく『トスカ』タイトルロールのカヴァーキャスト髙橋絵理とともに登場します。(いずれも無料でお聴きいただけます!)


受賞の喜びと『トスカ』の魅力について、前川に話を聞きました。

201701_maekawa_kensho.jpg――テノール特賞受賞おめでとうございます。受賞の感想をお聞かせください。

前川: 2015年8月の前回大会に参加した際、声をとにかく聴かせようとがむしゃらに歌ってしまい残念な結果で終わりました。自然な息の流れや歌う作品の様式を大切にすることを課題として、準備をしてまいりました。まだまだ未完成な状態ではあったものの、前回大会からの成長を審査員の先生方に評価していただけたことが嬉しかったです。またテノール特賞は尊敬する故山路芳久さんも受賞した賞でもあり、光栄の限りです。結果を急がず初心を大事に、本年も研鑽を重ねてまいりたいです。

――本公演にむけて、前川さん自身が楽しみにしていることを教えてください。

前川: トスカという女性は乱暴な殺人者などではなく、その信仰と愛の深さ故に殺人を犯してしまいます。彼女の最後の台詞が愛するカヴァラドッシへの言葉ではなく「O Scarpia, avanti a Dio!」(おおスカルピア、神の御前で!)であることを知ったとき、最初驚きました。しかしこれはキリスト教における最後の審判での決着のことを言っており、彼女が敬虔なキリスト教信者である所以の台詞であります。音楽のそのものの魅力はもちろんですが、演出家タレヴィ氏がこの台本から、どのように人物を読み解き作り上げていくかが私自身もとても楽しみです。


■■■ 東京二期会オペラ劇場『トスカ』関連コンサート情報 ■■■
◆アグネスホテル東京 ランチタイムコンサート 第142回
新春オペラ~プッチーニの名作「トスカ」を中心に
日時:2017年1月19日(木) 12:00開場/12:30開演(30分)
会場:アグネスホテル東京
料金:無料(先着順・予約不要)
出演:前川健生(テノール)、遠藤紗千(ソプラノ)、齊藤舞(ピアノ)、
予定プログラム:
 レオンカヴァッロ 『道化師』より
      「おおコロンビーナ」
 チレア 『アドリアーナ・ルクヴルール』より
      「私は芸術の神の慎ましい下僕」
 プッチーニ『トスカ』より
      「妙なる調和」、「マリオ、マリオ!」、
      「歌に生き、恋に生き」、「星は光りぬ」

▼公演詳細、会場アクセスはこちらから
ホテルイベント - THE AGNES HOTEL AND APARTMENTS TOKYO (OFFICIAL WEB)

◆《二期会プレ・ソワレ》
オペラとの出会い!「ローマ歌劇場『トスカ』」の魅力を語る
演出家アレッサンドロ・タレヴィ氏を迎えて~無料トーク&コンサート~

日時:2017年1月21日(土) 17:30開場/18:00開演(約90分)
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール
    地下鉄 東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅」出口2より 徒歩10分
料金:入場無料(※要事前予約)
出演:
 <講演> アレッサンドロ・タレヴィ(オペラ演出家)
 <演奏> トスカ:髙橋絵理(ソプラノ)、カヴァラドッシ:前川健生(テノール)、
        ピアノ:大藤玲子
ご予約・お問合せ:
 ・二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
  (月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日祝休)
  FAX03-3796-4710 または メール でも24時間お申込みいただけます

▼詳しいご案内記事はこちら
開催決定!<東京二期会プレ・ソワレ> オペラとの出会い! - オペラの散歩道(二期会blog)


tosca2017_thumb.jpg
チラシ(PDF)
■■■ 公演情報 ■■■
東京二期会オペラ劇場
《ローマ歌劇場との提携公演》
G.プッチーニ『トスカ』
オペラ全3幕・日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
日時:2017年2月
    15日(水) 18:30開演<★プレミエ・キャンペーン開催日>
    16日(木) 14:00開演
    18日(土) 14:00開演
    19日(日) 14:00開演
    (各日とも開場は開演の60分前)
会場:東京文化会館 大ホール
料金:S席15,000円~D席6,000円、学生席2,000円

指揮:ダニエーレ・ルスティオーニ
演出:アレッサンドロ・タレヴィ
管弦楽:東京都交響楽団

▼公演情報ページはこちら
2017年2月公演 G.プッチーニ『トスカ』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii←24時間受付、予約手数料0円、セブン-イレブン店頭決済&お受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


ページの先頭へ戻る

2017年01月05日 12:57

いよいよ開演迫る! 《千駄ヶ谷スタイル with code“M”》
オペラから歌謡曲まで和洋折衷のサウンドで珠玉のコラボ!!

皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年も二期会オペラ・コンサート、そして二期会アーティストの演奏をお楽しみいただき、皆様にとってより良き一年となりますようお祈り申し上げます。

さて、2017年最初のブログは、コンサートのご紹介です!

2010年、ニューヨークのカーネギーホールにてデビューし聴衆を魅了した注目のヴォーカル・カルテット「千駄ヶ谷スタイル」が、2017年の年明けに満を持して公演を行う事となりました!!

本公演では、1部に多方面にて活躍中のピアニスト木村裕平氏を迎え、2部では東京芸大作曲科卒のピアニストMAKI氏が主催する、変幻自在な編成、独創的な音で応える演奏家グループ「code“M”」を迎え、珠玉のコラボをお届けします!!

久々の公演に期待が高まる中、千駄ヶ谷スタイルよりホットなメッセージが届いております。

201701_sensta.jpg

「久しぶりの千駄ヶ谷スタイルのコンサートで今からワクワクしています。
ピアノの木村裕平さんの香りたつ音、そして話題の和洋折衷パフォーマンスグループ、code“M”の素晴らしいサウンドと共演できることを心待ちにしていましたし、あれから年月を経て私たちの音楽や振り幅(笑)がどう変化したのかにも注目していただきたいと思っています。クラシックが大好きな方も、あまりクラシックに触れたことがない方も、色々な方に楽しんでいただけるコンサートになると思いますので、皆様ぜひ千駄ヶ谷スタイルに会いにいらして下さい!」


スタイリッシュな舞台姿と華麗な歌唱によるパフォーマンスで、オペラから歌謡曲と魅力満載のプログラム。気になる演奏曲目は以下の通りです。

・ウィーン我が夢の町
・踊り明かそう
・Climb Every Mountain
・You Raise Me Up
・あずさ2号
・Time to Say Goodbye
・オペラアリアメドレー   他



また、このたび千駄ヶ谷スタイルはCDを新発売!コンサート後にはサイン会も行う予定です!
尚、本公演はVIP席としまして、一部指定席となります。
是非良いお席はお早めにお買い求めください!皆様のご来場お待ちしております!

170113sendagaya_thumb.jpg
PDFちらし
■■■ 公演情報 ■■■
千駄ヶ谷スタイル with code“M”
日時:2017年1月13日(金) 18:30開演(18:00開場)
会場:よみうり大手町ホール
   (地下鉄「大手町駅」C3出口直結)
料金:VIP席(指定)¥6,000、自由席¥5,000
出演:ソプラノ田上知穂、メゾソプラノ長谷川 忍、
    テノール高田正人、バリトン与那城 敬、
    ピアノ木村裕平、code“M”(ゲスト)

▼公演ページ、チケットのご予約はこちらから
コンサートラインアップ「SENDAGAYA STYLE With code“M”」 - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2016年12月31日 22:55

新春恒例「第60回NHKニューイヤーオペラコンサート」
1月3日(火)19:00~21:00 NHK Eテレ&NHK-FMで生放送!!

今年も新春恒例「NHKニューイヤーオペラコンサート」が1月3日(火)19:00より生放送されます。
今回は60回目の記念すべき公演であり、これまでのオペラの歩みを振り返り、未来へと繋げる夢の舞台をお届け致します。

二期会からは大村博美、森谷真理(以上ソプラノ)、池田香織、清水華澄(以上メゾソプラノ)、櫻田 亮、福井 敬、与儀 巧(以上テノール)、上江隼人、久保和範、黒田 博(以上バリトン)、ジョン ハオ、妻屋秀和(以上バス)、そして二期会合唱団が出演いたします。
新しい年の幕開けを飾る最高のステージにどうぞご期待ください。

201701_oomura_hiromi.jpg
大村博美
201701_moriya_mari.jpg
森谷真理
201701_ikeda_kaori.jpg
池田香織
201701_shimizu_kasumi.jpg
清水華澄
201701_sakurada_makoto.jpg
櫻田 亮
201701_fukui_kei.jpg
福井 敬
201701_yogi_takumi.jpg
与儀 巧
201701_kamie_hayato.jpg
上江隼人
201701_kubo_kazunori.jpg
久保和範
201701_kuroda_hiroshi.jpg
黒田 博
201701_zhon_hao.jpg
ジョン ハオ
201701_tsumaya_hidekazu.jpg
妻屋秀和

◆◆◆ 放送予定 ◆◆◆
第60回 NHKニューイヤーオペラコンサート
放送日時:(生放送)2017年1月3日(火)19:00~21:00
          NHK Eテレ、NHK-FM
     (再放送)2017年1月14日(土)15:00~19:00
          NHK Eテレ

二期会の出演者とプログラム(出演順):
 ★オープニング★ ~二期会合唱団
  レオンカヴァルロ『道化師』から “ほら、急げ”
 ◆大村博美(ソプラノ)―ノルマ
  ベッリーニ『ノルマ』から “清らかな女神よ”
 ◆上江隼人(バリトン)―フィガロ
  ロッシーニ『セビリアの理髪師』から “私は町のなんでも屋”
 ◆妻屋秀和(バス)―ドン・バジリオ
  ロッシーニ『セビリアの理髪師』から “かげぐちはそよ風のように”
 ◆森谷真理(ソプラノ)―エレットラ
  モーツァルト『イドメネオ』から “心乱れ 怒りが込み上げる”
 ◆黒田 博(バリトン)―ドン・ジョヴァンニ
  久保和範(バリトン)―レポレルロ
  ジョン ハオ(バス)―騎士長
  モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』から 地獄落ち
 ◆櫻田 亮(テノール)―バヤゼット
  ヘンデル『タメルラーノ』から “非道な者よ、お前に戦いを挑むために”
 ◆二期会合唱団
  ヨハン・シュトラウスII『こうもり』第2幕 フィナーレから
 ◆与儀 巧(テノール)―ドン・カルロ
  ヴェルディ『ドン・カルロ』から 友情の二重唱 “われらの胸に友情を”
 ◆清水華澄(メゾソプラノ)―アムネリス
  ヴェルディ『アイーダ』から 二重唱 “すでに神官たちは待っています”
 ◆二期会合唱団
  ワーグナー『ローエングリン』から 婚礼の合唱
 ◆池田香織(メゾソプラノ)―イゾルデ
  ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』から イゾルデの愛の死
 ◆福井 敬(テノール)―ウェルテル
  マスネ『ウェルテル』から オシアンの歌 “春風よ、なぜ私を目ざますのか”
 ★エンディング★ ― 出演者全員、二期会合唱団
  ヴェルディ『ファルスタッフ』から “すべてこの世は冗談”
指揮:広上淳一
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
司会:石丸幹二、 高橋美鈴アナウンサー
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。

▼公演詳細ページ
第60回 NHKニューイヤーオペラコンサート - NHKプロモーション

▼Eテレ&FMで生放送!自宅でも、車でも、お楽しみいただけます。(番組ホームページ)
第60回NHKニューイヤーオペラコンサート - NHKオンライン

ページの先頭へ戻る

2016年12月31日 11:54

新春1月2日、幸田浩子がBSジャパン『エンター・ザ・ミュージック』に出演!

毎週月曜の夜にBSジャパンで放送されている『エンター・ザ・ミュージック』。
《音楽は世界を豊かにする!》をコンセプトに、指揮者の藤岡幸夫氏のMCで様々な分野の音楽の楽しみ方や逸話を語り、かつ演奏を楽しむ音楽番組です。

“ニューイヤースペシャル” と題された2017年新春1月2日(月)の放送では、ソプラノの幸田浩子が登場し、藤岡マエストロの指揮する関西フィルハーモニー管弦楽団と共演したJ.シュトラウス2世:ワルツ「春の声」の演奏の模様を放送いたします。

201612_kouda_hiroko_02.jpg

◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
『エンター・ザ・ミュージック』
~ニューイヤースペシャル~

放送局:BSジャパン (BS 7ch)
放送日時:2017年1月2日(月) よる23:00~23:30   
司会:藤岡幸夫(指揮者)、繁田美貴(テレビ東京 アナウンサー)
出演:幸田浩子、関西フィルハーモニー管弦楽団 
演奏曲: J.シュトラウス2世:ワルツ「春の声」
   (2016年1月25日いずみホールでの公演から)
     
201612_kouda_hiroko_03.png

▼番組ホームページはこちら
エンター・ザ・ミュージック - BSジャパン

ページの先頭へ戻る

2016年12月27日 17:31

12/28(水)深夜(29(木)早朝)放送!メゾソプラノ清水華澄&バス妻屋秀和が出演~日本テレビ「読響・第九コンサート2016」
妻屋秀和のインタビューもあります!

2016年もオペラやコンサートで目覚ましい活躍を見せ、オペラファンを魅了してきたメゾソプラノ清水華澄とバス妻屋秀和が出演した、読売日本交響楽団「第九」演奏会の模様(12月20日 サントリーホールにて収録)が、12月29日(木)午前2時40分[28日(水)深夜26時40分]より日本テレビで放送されます。

201612_shimizu_kasumi.jpg 清水華澄    201612_tsumaya_hidekazu.jpg 妻屋秀和

ケルン市の音楽総監督を歴任し、ベルリン・フィルのステージにも出演したドイツの俊英マルクス・シュテンツの指揮、アガ・ミコライ(ソプラノ)、デイヴィット・バット・フィリップ(テノール)といった欧米の歌劇場で活躍するソリスト、そして新国立劇場合唱団とともにお贈りした今年の読響「第九」。東京・横浜・大阪7公演すべてのチケットが“完売”となった、スケールの大きく、一年を締めくくるにはこれ以上ものはないとの高い評価を得た「第九」をテレビでもお聴き頂いて、良い年をお迎えください。

201612_ynso_sym9.jpg
舞台裏にて
左からデイヴィッド・バット・フィリップ、清水華澄、マルクス・シュテンツ、アガ・ミコライ、妻屋秀和

尚、番組の冒頭にはバス妻屋秀和へのインタビューもあります。国内はもちろん、ドイツを中心に国際的な活躍を見せている妻屋の素顔を垣間見ることのできる貴重な機会です。どうぞお見逃しなく!

201612_ntv_sym9sp2016_int.jpg
妻屋のインタビューから。右はMCの松井咲子さん

◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
「読響・第九コンサート2016~圧巻のベートーヴェン交響曲第9番~」
放送日時:2016年12月29日(木) 午前2:40~午前4:05 [28日(水)深夜26:40~28:05]
放送局:日本テレビ(関東地区)
▼出演者
 指揮:マルクス・シュテンツ
 ソプラノ:アガ・ミコライ
 メゾソプラノ:清水華澄
 テノール:デイヴィッド・バット・フィリップ
 バス:妻屋秀和
 合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮:三澤洋史)
 管弦楽:読売日本交響楽団
 番組MC:松井咲子
▼曲目
 ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」
▼番組の詳細
読響・第九コンサート2016~圧巻のベートーヴェン交響曲第9番~[SS]|番組表 - 日本テレビ

ページの先頭へ戻る

2016年12月26日 16:11

2016-2017年越し おすすめコンサート情報

二期会アーティストが出演する、2016-2017年末年始のコンサートをご紹介します。
今年も大晦日の「ジルベスターコンサート」や新年の「ニューイヤーコンサート」など、たくさんのコンサートが予定されています。この大晦日~お正月もコンサートを楽しみながら過ごしましょう。

■■■ 2016年12月31日(土) ■■■
◆日本を代表する演奏家によるカウントダウン◆
横浜みなとみらいホール・ジルヴェスターコンサート2016-2017
今年もこの日のためだけに集まったスペシャルな出演者とプログラムが揃いました。
ここでしか聴けない、豊潤なサウンドをお楽しみください。
・開演21:00~終演予定24:20
≪出演≫ソプラノ鷲尾麻衣、テノール望月哲也
▼公演詳細ページ
ジルヴェスターコンサート2016-2017 - 横浜みなとみらいホール

◆新年は本場ウィーンの香りで◆
サントリーホール ジルヴェスター・コンサート 2016-2017
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
<オペレッタ『こうもり』で始まる新年のカウントダウン!>

今年もウィーン・フォルクスオーパー交響楽団の演奏とともに・・・
サントリーホール30周年『感動的なフィナーレ』、そして31年目の新たな幕開け。
・開演22:00~終演予定24:20
≪出演≫バリトン&進行役 宮本益光
▼公演詳細ページ
サントリーホール ジルヴェスター・コンサート 2016-2017 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団 - サントリーホール

◆今年の大晦日もやっぱりベートーヴェン!◆
ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2016
大みそか恒例のベートーヴェン全交響曲演奏会は今年で14回目!
ベートーヴェンの音楽にどっぷりと浸かる年の瀬。
・会場:東京文化会館 大ホール
・開演13:00(出入り自由)~第九22:40~終演予定23:50
≪出演≫アルト山下牧子、バリトン青戸 知
▼公演詳細ページ
ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2016 - 東京文化会館

◆関西での年越しはこちら!◆
久石 譲 ジルベスターコンサート2016
・会場:フェスティバルホール(大阪)
・開演17:00~
≪出演≫ソプラノ安井陽子
▼公演詳細ページ
久石 譲 ジルベスターコンサート2016 - キョードー大阪

びわ湖ホール ジルヴェスター・コンサート2016-2017
・会場:びわ湖ホール大ホール(滋賀)
・開演22:00~
≪出演≫ソプラノ並河寿美
▼公演詳細ページ
びわ湖ホール ジルヴェスター・コンサート2016-2017 - びわ湖ホール

■■■ 2017年 お正月 ■■■
◆クラシック初めは元旦から!◆
群馬交響楽団 第27回元旦コンサート オペラの名曲で綴る人間賛歌
オペラ・オペレッタの名曲の数々をお楽しみください。
・2017年1月1日(日・祝)13:30開演
・会場:群馬音楽センター
≪出演≫ソプラノ青木エマ、テノール又吉秀樹
▼公演詳細ページ
第27回元旦コンサート オペラの名曲で綴る人間賛歌 - 群馬交響楽団

◆永遠に輝くオペラの名曲◆
オリックス劇場・ニューイヤーコンサート
・2017年1月2日(月・休)15:00開演
・会場:オリックス劇場(大阪)
≪出演≫ソプラノ並河寿美
▼公演詳細ページ
ニュー・イヤー・コンサート 2017 - キョードー大阪

◆新年はこれを観ずして、聴かずして始まらない!◆
第60回 NHKニューイヤーオペラコンサート
泣いて 笑って 歌って 人生はオペラだ!
・2017年1月3日(火)19:00開演
・会場:NHKホール
≪出演≫ソプラノ 大村博美、森谷真理/メゾソプラノ 池田香織、清水華澄/テノール 櫻田 亮、福井 敬、与儀 巧/バリトン 上江隼人、久保和範、黒田 博/バス ジョン ハオ、妻屋秀和
▼公演詳細ページ
第60回 NHKニューイヤーオペラコンサート - NHKプロモーション
▼Eテレ&FMで生放送!自宅でも、車でも、お楽しみいただけます。(番組ホームページ)
第60回NHKニューイヤーオペラコンサート - NHKオンライン

ページの先頭へ戻る

<

2017

1

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ

Powered by
Movable Type