2017年03月24日 17:19

『魔笛』から7月『ばらの騎士』へ ――アンニーナ石井 藍とヴァルツァッキ升島唯博にインタビュー

3月共同制作『魔笛』大分・神奈川公演が終演いたしました。ご来場、誠にありがとうございました!
今回の『魔笛』キャストの中で、7月からの『ばらの騎士』に出演する歌手が4人います。両組ザラストロの大塚博章、清水那由太と侍女IIIの石井 藍、そして神官IIの升島唯博です。『魔笛』の振り返りとともに、次なるステージへの意気込みを聞きました。

まずは、石井と升島。

『ばらの騎士』では、出演日は異なりますが、諜報屋コンビのアンニーナとヴァルツァッキを演じます。オペラではコメディの役割を受け持っていて、全幕を通じて顔を出し、オックス男爵についたり、オクタヴィアン側に寝返ったり、と物語を掻き動かします。

          *     *     *

――『魔笛』大分・神奈川公演お疲れさまでした。今回の川瀬賢太郎×勅使河原三郎プロダクションはいかがでしたか?

201703_masujima_tadahiro.jpg
升島唯博
升島: 今最も活躍していると言っても過言ではない若手指揮者の川瀬賢太郎マエストロとは今回で3回目の共演となりました。彼の音楽に対する情熱はすさまじく、毎回彼の棒から刺激を受けています。今回の『魔笛』でも彼の作り出す新たな音楽にとても感銘を受けました。
勅使川原さんは現代を代表するダンサーですが、その感性をもって作り上げられた舞台は衝撃的でした。『魔笛』は本場ドイツでも舞台で歌ったこともあり、日本でも様々なところで演じてきましたが、300年前から演じられてきたこの作品の全く知られていなかった部分を発見したような気分です。観方によってはとても難解で理解しがたかったかもしれませんが、今回の舞台で私は魔笛の新たな可能性を見いだせたような気がします。大分や神奈川でご覧になった方々には「うん、よかったね」では終わらず、話のタネになるような公演になったのではないかと思います。ご来場、まことにありがとうございました。

石井: 川瀬さんの緻密かつエネルギッシュな音楽と、勅使川原さんのダンスとオペラを融合させた舞台に圧倒されました。舞台の基本構成は白と黒、その中に唯一色彩である青と赤を纏うタミーノとパミーナ。そこに浮かぶ何本ものリング。想像を掻き立てる舞台でした。
私が演じた侍女はアンサンブルが主ですが、侍女Iの北原瑠美さんと侍女IIの磯地美樹さんととてもいいアンサンブルができたのではないかと思っています。
ご来場いただきましたお客様には厚く御礼申し上げます。


――7月には『ばらの騎士』が待っています。ヴァルツァッキとアンニーナは全3幕とも登場して、『ばらの騎士』の物語を掻き回すキーパーソンではないかと思います。役の魅力、聴きどころ、そして本公演の意気込みをお願いします。
201703_ishii_ai.jpg
石井 藍

石井: そうなんです!歌う場面はそんなに多くはないのですが、常にスキャンダルを探しては金儲けを企んでいるので、舞台には登場しています(笑)。機転が利き、ユーモアある役どころなので、お客様が笑って一息つけるようなアンニーナを演じられたらなと思っています。

升島: ヴァルツァッキはウィーンにいるイタリア人の役なのです。イタリア訛りのドイツ語を喋り、面白いことに楽譜に「私は」という1人称単数の「ich(イッヒ)」が「ikk(イック)」と書いてあります。他にも「h」を発音しないので、「haben(ハーベン)」が「aben(アーベン)」と書いてあったり、文法もたくさん間違っています。
しかし、物事を狡猾に観察し、自分の利益になることを嗅ぎ分ける鋭い嗅覚を持っています。今現在はこれから勉強してどんどん役を深めていく段階ですが、このイタリア語訛りのドイツ語を物凄い速さで喋らなくてはいけないところが難しくもあり、とても挑戦しがいのある役だと思っています。物語の美しい部分や表に出ている部分は主役にやらせておいて(笑)、その隙間を埋め、または引っ掻き回し、オペラに色と味をつけていければと思います。是非この素敵で美しいオペラと、奇妙なドイツ語を喋るインテリイタリア人の働きを観に、劇場へお越しください!

石井: 声楽を勉強し、初めて見たオペラが『ばらの騎士』でした。以来、ずっと憧れていたこのオペラに出演が決まり、ワクワクが止まりません。
いい公演になるようしっかり準備して稽古に臨みたいと思います!

          *     *     *

ともにドイツ語圏での生活を経験している二人。石井は7月26日(水)・29日(土)、升島は27日(木)・30日(日)の東京公演に出演します!

■■■ 公演情報 ■■■
二期会創立65周年・財団設立40周年記念公演
《グラインドボーン音楽祭との提携公演》
東京二期会、愛知県芸術劇場、東京文化会館、iichiko総合文化センター、
読売日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団 共同制作

rosen2017_thumb.jpg
PDFちらし
R.シュトラウス『ばらの騎士』
オペラ全3幕・日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演

日時:2017年7月
    26日(水) 18:30開演★
    27日(木) 14:00開演
    29日(土) 14:00開演(D席 売切)
    30日(日) 14:00開演
    (各日とも開場は開演の60分前)
 <★26日公演ではプレミエ・キャンペーンを開催予定(詳細近日発表)>
会場:東京文化会館 大ホール
料金:S席17,000円~D席5,000円、学生席2,000円

指揮:セバスティアン・ヴァイグレ
演出:リチャード・ジョーンズ
管弦楽:読売日本交響楽団

▼公演情報ページはこちら
2017年7月公演 R.シュトラウス『ばらの騎士』 - 東京二期会オペラ劇場

▼チケットのお求め、お問合せは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日・祝 休)

Gettii←24時間受付、予約手数料0円、セブン-イレブン店頭決済&お受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


ページの先頭へ戻る

2017年03月23日 18:09

【新譜発売&リサイタル情報】目下絶好調のテノール高橋 淳とバリトン宮本益光が渾身のエネルギーを込め、CDをリリース&発売記念リサイタルを開催

テノール高橋 淳、バリトン宮本益光、共に舞台に欠かせない存在として、オペラにコンサートにと国内各地で活躍する2人がこのたびCDをそれぞれリリースいたしました。

まずは高橋 淳。3月のびわ湖ホールおよび5月の日本フィル定期『ラインの黄金』に出演。C.オルフ「カルミナ・ブラーナ」テノール・ソロでは白鳥の悲哀を濃厚かつ個性豊かに表現する稀有な逸材として絶賛を博しています。
このたびリリースしたファーストアルバムには、輝かしくエネルギーに満ちた歌声が鮮やかに響きわたる、カンツォーネとイタリア歌曲11曲を収録。カプア「私の太陽」やクルティス「忘れな草」「泣かないお前」から、トスティの歌曲など、テノールの王道ともいえる瑞々しい演奏に高橋のまた新たな魅力を発見出来ることでしょう。

一方、宮本益光は、大分iichikoグランシアタ、神奈川県民ホール『魔笛』パパゲーノで、生きる喜びに満ちた演唱が聴衆の心をわしづかみにしました。宮本は演奏者としてだけでなく、オリジナル歌曲の詩集「もしも歌がなかったら」全篇の再収録と第一詩集以降の新作歌曲・合唱曲を収録した待望の第二詩集「樹形図」をらんか社より3月31日に出版、6月の日生劇場『ラ・ボエーム』では“宮本新訳”を任されています。
このたびは、敬愛する作曲家の信長貴富氏の曲ばかりを集め、信長氏立ち会いのもとに収録したCDアルバム、歌曲集「うたうたう」をリリース。その中には宮本自身が作詞した「うたうたう」、「貴種流離譚(祝婚歌)」をはじめ、宮本が信長氏に委嘱初演した「詩人の肖像」や「Fragments~特攻隊戦死者の手記による~」も収録した入魂の仕上がりとなりました。「Fragments~」は、10代の特攻隊員が母にあてた遺書を歌った曲で、2009年に演奏した際、宮本は知覧(鹿児島県南九州市)まで取材に行き、以後も想いを込め歌い続けています。

そして、この4月にはCDリリース記念として、銀座・王子ホールでそれぞれにリサイタルを開催いたします。CD収録曲他をライブでお楽しみいただける、絶好の機会です。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場くださいますよう、お待ちしております。


■■■ 公演&CD情報 ■■■

<テノール 高橋 淳>

170402takahashi_thumb.jpg
PDFちらし
高橋 淳 テノール リサイタル ~ソロCD発売記念~
日時:2017年4月2日(日) 14:00開演(13:30開場)
会場:銀座・王子ホール
料金:全指定席 ¥4,500
出演:高橋 淳(テノール)、御邊典一(ピアノ)

▼公演情報ページはこちら
高橋 淳 テノール リサイタル ~ソロCD発売記念~ - 東京二期会

▼高橋のFacebookページに予定プログラムが公開されています
高橋 淳 - Facebook

201703_alcd9169.jpgNew Release!!
暁は光から ~高橋淳 イタリアを歌う~
L'alba separa dalla luce l'ombra

高橋 淳(テノール)
御邊典一(ピアノ)
ALM RECORD
ALCD-9169 税抜価格2,400円
2017/2/7発売

▼商品情報ページはこちら
Jun Takahashi【L’alba separa dalla luce l’ombra】 - ALM RECORDS


<バリトン 宮本益光>

170419miyamoto_thumb.jpg宮本益光 バリトンリサイタル「うたうたう 信長貴富歌曲集」
日時:2017年4月19日(水) 19:00開演(18:30開場)
会場:銀座・王子ホール
料金:全指定席 ¥4,000
出演:宮本益光(バリトン)、髙田恵子(ピアノ)

▼公演情報ページはこちら
宮本益光 バリトンリサイタル「うたうたう 信長貴富歌曲集」 - 東京二期会

201703_ovcl00618.jpgNew Release!!
信長貴富歌曲集「うたうたう」
宮本益光(バリトン)
髙田恵子(ピアノ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00618 税抜定価3,000円
2017/3/22発売

▼商品情報ページはこちら
うたうたう ―信長貴富歌曲集― - ショップ【WEB SHOP】Octavia Records Inc.


▼宮本益光第二詩集「樹形図」はこちらよりお求めいただけます
樹形図 | 宮本益光 | 本 | 通販 - Amazon
定価2.376円(税込定価) らんか社 2017/3/31発売


高橋、宮本のリサイタルはどちらも絶賛発売中!全席指定につき、良い席はお早目に!
▼ご予約・お問合せは
二期会チケットセンター TEL 03-3796-1831
(10:00~18:00/土曜は15:00まで/日・祝休業)


◆それぞれの活躍に目が離せない高橋と宮本はこの秋、二期会オペラにも登場!
高橋は10月『蝶々夫人』のゴローに、11月のオペレッタ『こうもり』では宮本がファルケに出演が予定されており、期待が高まります。どうぞお楽しみに!

▼高橋 淳の出演日は10月6日、8日(一般発売は4月15日(土)から)
《二期会名作オペラ祭》G.プッチーニ『蝶々夫人』 - 東京二期会オペラ劇場

▼宮本益光の出演日は11月22日、24日、26日(一般発売は7月1日(土)から)
《ベルリン・コーミッシェ・オーパーとの提携公演》J.シュトラウスII『こうもり』 - 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2017年03月17日 15:25

3/28(火)「ラリアンス・オペラ・コレクション」に登場!7月『ばらの騎士』キャスト・インタビュー[2]
マリアンネ役 ソプラノ岩下晶子

3月28日(火)は、神楽坂のフレンチ・レストラン、ラリアンスと二期会オペラのコラボ企画「ラリアンス・オペラ・コレクション with 二期会」。7月公演『ばらの騎士』で二期会オペラ・デビューとなる二人の実力派歌手が登場します!前号のバリトン清水勇磨に続いて、ソプラノ岩下晶子のインタビューをお届けします。

岩下の特長のひとつが、彼女が取り組む声楽作品の世界の広さ。
音大卒業後、東京混声合唱団に8年間在団。その後、文化庁新進芸術家海外研修制度によりニューヨークのマネス音楽院にて研鑽を積み、藝大博士後期では米国歌曲の研究にいそしんだ岩下。多言語に取り組み、時代様式もルネサンス、バロック作品からロマン派、現代まで、ジャンルもオペラだけでなく歌曲、宗教曲と幅広く、作品ひとつひとつに向き合ってきました。

          *     *     *

201703_iwashita_shouko.jpg――岩下さんは、本当にレパートリーが多種多様で幅広いという印象があります。たいへん難しい仕事のように思われるのですが、どのように取り組んできた中で、このようなレパートリーを築かれたのでしょうか。

岩下: そのような印象があるのですね!私は単に昔から外国語が好きで様々な言語に興味があり、また何故か古典と現代と両極端の時代が大好きなだけなのです。そして東京混声合唱団に所属している期間に言語も時代も鍛えられ、また芸大や留学先では興味の赴くままあらゆる講義に足を運び、気がつけばレパートリーが広がっていました。広く浅くならないように気をつけています。

――今回は『ばらの騎士』のマリアンネ役で二期会オペラのデビューとなります。今の心境と、『ばらの騎士』の作品の魅力(ご自身が好きだと思うところ)を教えてください。

岩下: 憧れの二期会オペラに出演することができて、今から期待で胸が膨らんでいます。『ばらの騎士』の中で、私にとって一番印象的な場面は、銀のバラを贈呈する美しい二重唱のところです。私が演じるマリアンネは舞台上に一緒にいられるので少し浮かれています。落ち着いて自分の役割をしっかり務め、余すところなく楽しみたいと思います。そして二番目に好きな最後の女声三重唱を、舞台の袖からゆったり満喫するつもりです。

――今回のラリアンスのプログラムで、とくに思い入れのある曲があれば、エピソードや理由をあわせて教えていただけますでしょうか。

岩下: 研修先のマスタークラスでツェツィーリエを歌いました。韓国出身のピアニストと英語でコミュニケーションをとりながら英語でレッスンを受け、今までと違う感性に刺激を受けました。アメリカ式というのか想像以上に自由な気風で伸びやかに歌わせてもらい、新しい経験でした。

――『ばらの騎士』にむけて。

岩下: 微に入り細を穿つ、見どころ聴きどころ満載の舞台です。心ゆくまでお楽しみ下さい!

          *     *     *

マリアンネは花嫁ゾフィーの養育係。2幕のファーニナル邸の場面に登場し、ゾフィーの傍で「ばらの騎士」オクタヴィアンの来訪に立ち会い、その後、オックス男爵衝撃の登場にも立ち会います。岩下が演じるゾフィー想いのマリアンネにどうぞご期待ください。


■■■ イベント情報 ■■■
《ラリアンス オペラ・コレクション with 二期会》
オペラの町を歩けば

日時:2017年3月28日(火) 18:00開店
    第1ステージ 19:30~/第2ステージ 20:30~
    ※ご予約はお好きな時間で承ります
会場:神楽坂「ラリアンス」
    東京都新宿区神楽坂2-11 TEL03-3269-0007
    (「飯田橋駅」JR西口より徒歩2分・地下鉄B3出口より徒歩1分)
コースと料金:(ステージ・サービス料・税込)
    ・ムニュ"神楽"コース 8,500円~
    ・シェフ"大堀"コース 13,500円~
    ※ミュージックチャージ等の特別料金は一切かかりません
出演:岩下晶子(ソプラノ)、清水勇磨(バリトン)、髙田恵子(ピアノ)
予定プログラム:
    <第1ステージ>
    ・瀧廉太郎 「花」
    ・R.シュトラウス 「献呈」「ツェツィーリエ」
    ・コルンゴルド 『死の都』より 「わが憧れ、わが幻想」
    <第2ステージ>
    ・プッチーニ 『ラ・ボエーム』より 「私が街を歩けば」
    ・ヴェルディ 『椿姫』より 「プロヴァンスの海と陸」
    ・ウェーバー 『摩弾の射手』より 「すらりとした若者がやってきたら」
    ・ジョルダーノ 『アンドレア・シェニエ』より 「祖国の敵」

▼イベント詳細・ご予約・お問合せはこちらから
ラリアンスオペラコレクションwith二期会 オペラの町を歩けば|イベント - 神楽坂ラリアンス


rosen2017_thumb.jpg
PDFちらし
▼2017年7月東京二期会『ばらの騎士』情報はこちら
グラインドボーン音楽祭との提携公演
 R.シュトラウス『ばらの騎士』

 日時:2017年7月26日(水)・27日(木)・29日(土)・30日(日)
 会場:東京文化会館大ホール

▼絶賛発売中!『ばらの騎士』チケットのお求め・お問合わせは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
 (月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日祝休)

ページの先頭へ戻る

2017年03月16日 18:32

3/28(火)「ラリアンス・オペラ・コレクション」に登場!7月『ばらの騎士』キャスト・インタビュー[1]
ファーニナル役 バリトン清水勇磨

フランス料理と二期会オペラの人気コラボ企画、「ラリアンス・オペラ・コレクション with
二期会」。次回開催の3月28日(火)は、7月公演『ばらの騎士』で二期会オペラ・デビューとなる二人の実力派歌手が登場します!
このたび出演者のご紹介を兼ねて、それぞれにインタビューを行いました。

まずはバリトン清水勇磨。
『ばらの騎士』ではゾフィーの父、ファーニナル役を演じます。先日当ブログでもご紹介したとおり、第28回五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、新進気鋭のバリトンとして大きな注目を集めている存在です。

          *     *     *

201703_shimizu_yuuma.jpg――五島記念オペラ新人賞受賞おめでとうございます。またヨーロッパで研修されることとと思いますが、どちらで、何を学ばれる予定でしょうか。

清水: ありがとうございます。光栄な事と同時にしっかり勉強しなさいという意味も込められていると思いますので計画的に学んできたいですね。
研修先はイタリアのパルマです。主にイタリアオペラ、特にヴェルディの作品を研究する予定です。

――清水さんといえば、イタリアオペラを中心にレパートリーを作られているという印象があったのですが、今回は『ばらの騎士』のファーニナル役で、新しい一面が開かれるようでとても楽しみにしています。今回の役を受けられることを決めた理由はありますか? 実際に歌い始められて、印象はいかがでしょうか?

清水: おっしゃる通りです!割と皆さんに同じ趣旨の質問をされたのですが、私の中では「しっくり」きているんです。
実は3月上旬まで短い期間ですがドイツで『ばらの騎士』の稽古をしてきました。そこで先生から「本当にお前はドイツオペラ一本目なのか?」と仰って頂きました。(良い意味だと信じます、、)またイタリアものと一緒の歌い方をするべきだという言葉にも、私もそう思っていましたから共感しました。
実はこの役からワーグナーを歌い始めたり、ヴェルディ歌いになったりする事は良くあることです。それくらい難しいと感じている訳ですが、私はとても興味深い役だと思います。
歌の方は、ファーニナルが出てくる箇所は金管が鳴っていたり、騒然となっている場面で出てくる事が多いですから、それなりに馬力と潔さが必要になると思います。しかし、決して力で押し切るのではなく父親としての落ち着きも失わないある意味で余裕を残した歌唱を求めていきたいと探っております。しかしながら本当に良い役だと思います。

――今回のラリアンスでのプログラムで、特に思い入れのある曲があれば、エピソードや理由をあわせて教えていただけますでしょうか。

清水: 一曲という事になりますと、プロヴァンスの海と陸でしょうか。この曲は本当に名曲だと思います。
どなただったか、この曲は歌ではなくセリフであるとは、なるほど良くおっしゃったなと思います。リサイタルやコンサートでは何回もプログラムさせて頂いていますが、良い意味で毎回勉強し直すと変わってくるんです。昨年ヴェルディ協会でも歌わせて頂いたのですが、熱心なお客様方の会場の雰囲気もあり、歌い終わったあと一瞬静まりかえった後に納得したように拍手を頂いた事を大変嬉しく思いました。ヴェルディの専門家の方々ですからね。ホッとしました。

――『ばらの騎士』にむけて、お客様への一言メッセージをお願いいたします。

清水: 『ばらの騎士』が二期会デビューということもありいつも以上に気合が入っております!
また『ばらの騎士』は二期会にとっても記念碑的な演目でもあり、素晴らしいプロダクションになると今からとても楽しみにしております。出演者、関係者一同、東京文化会館にて皆々様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

          *     *     *

やはりバリトンは、イタリアオペラでもドイツオペラでも、父親役がハマりますね(ジェルモンとファーニナルでは性格が違うようですが)。清水の豊かな歌声をどうぞご堪能ください!


■■■ イベント情報 ■■■
《ラリアンス オペラ・コレクション with 二期会》
オペラの町を歩けば

日時:2017年3月28日(火) 18:00開店
    第1ステージ 19:30~/第2ステージ 20:30~
    ※ご予約はお好きな時間で承ります
会場:神楽坂「ラリアンス」
    東京都新宿区神楽坂2-11 TEL03-3269-0007
    (「飯田橋駅」JR西口より徒歩2分・地下鉄B3出口より徒歩1分)
コースと料金:(ステージ・サービス料・税込)
    ・ムニュ"神楽"コース 8,500円~
    ・シェフ"大堀"コース 13,500円~
    ※ミュージックチャージ等の特別料金は一切かかりません
出演:岩下晶子(ソプラノ)、清水勇磨(バリトン)、髙田恵子(ピアノ)
予定プログラム:
    <第1ステージ>
    ・瀧廉太郎 「花」
    ・R.シュトラウス 「献呈」「ツェツィーリエ」
    ・コルンゴルド 『死の都』より 「わが憧れ、わが幻想」
    <第2ステージ>
    ・プッチーニ 『ラ・ボエーム』より 「私が街を歩けば」
    ・ヴェルディ 『椿姫』より 「プロヴァンスの海と陸」
    ・ウェーバー 『摩弾の射手』より 「すらりとした若者がやってきたら」
    ・ジョルダーノ 『アンドレア・シェニエ』より 「祖国の敵」

▼イベント詳細・ご予約・お問合せはこちらから
ラリアンスオペラコレクションwith二期会 オペラの町を歩けば|イベント - 神楽坂ラリアンス


rosen2017_thumb.jpg
PDFちらし
▼2017年7月東京二期会『ばらの騎士』情報はこちら
グラインドボーン音楽祭との提携公演
 R.シュトラウス『ばらの騎士』

 日時:2017年7月26日(水)・27日(木)・29日(土)・30日(日)
 会場:東京文化会館大ホール

▼絶賛発売中!『ばらの騎士』チケットのお求め・お問合わせは
二期会チケットセンター TEL03-3796-1831
 (月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日祝休)

ページの先頭へ戻る

2017年03月04日 11:23

7月『ばらの騎士』のヒロイン、ゾフィー役に抜擢された山口清子が 3/27(月)アルテリーベ東京に登場します!

二期会創立65周年・財団設立40周年記念公演第一弾として開催する、7月R.シュトラウス『ばらの騎士』東京公演。この記念公演のゾフィー役に、ソプラノ山口清子が二期会オペラ出演2作目にして抜擢されました。二期会本公演でのゾフィーは、澤畑恵美、幸田浩子(今回の公演でも7/26、29に出演)に次いで3人目となります。
その山口ですが、3月27日(月)に新橋にある老舗音楽レストラン「アルテリーベ東京」で開催のソロ・コンサートに、お披露目をかねて出演いたします。

コンサートと本公演にむけて、山口に話を聞きました。

201703_yamaguchi_kiyoko.jpg◆[Q1] ゾフィーは、山口さんにとっても、ぜひやりたかった役だとお聞きしました。役が決まった今のご心境を教えてください。

山口: オーディションの結果を聞いたときは、ただただ驚きました。歌いたいとは強く願っていながら、どこか夢物語のような感覚で。後から、じわじわと自覚し喜びが込み上げてきましたが、同時にプレッシャーも感じました。二期会を代表する方々が演じられてきた役ですから、自分に務まるのか、と。今はとにかく、楽しみと不安が入り混じった心境ですね。
ゾフィーのセリフに、「不安を感じているはずなのに喜びと幸せだけを感じ、言葉にはできない」というフレーズがあるのですが、ゾフィーを歌っていると、まさにその感覚になります。
不安を抱えながらも、ワクワクしています!

◆[Q2] 二期会にとって『ばらの騎士』は創立50周年記念などで上演する祝祭的なメッセージを込めた、メモリアルな演目のひとつです。ドイツでの研修経験のある山口さんに伺いますが、欧州でもこの演目は特別な作品でしたでしょうか。

山口: 記念すべき節目の年に上演されているかどうかは分からないのですが、やはり、大きな音楽祭でも度々上演されていますし、ドイツでも、大きな劇場だけでなく、小さな劇場まで毎年といっても過言でないほど演奏されている人気な作品なので、そのことからも人々に愛されている特別な作品ということがいえると思います。

◆[Q3] 3月27日のコンサートの聴きどころを。

山口: 今自分が歌いたい!と思っているプログラムになりました。
なかでも、詩が同じもので作曲者が違う作品をいくつか取り上げました。作曲者の違いでどう雰囲気が変わるか、美味しいお食事とともに、お客様にご堪能いただきたいです。
是非、聴きにいらして下さい。お待ち申し上げております!

◆[Q4] 最後に、7月からの『ばらの騎士』公演にむけて。

山口: 言わずと知れた名作、リヒャルト・シュトラウスのオペラ『ばらの騎士』ですが、私も初めて劇場で観たとき、鳥肌とともに涙が止まらなく、息をするのも忘れるくらい全神経を舞台、そして歌手の声とオーケストラの響きに集中したことを、今でも鮮明に思い出します。間違いなく、私の音楽人生への情熱を駆り立てた作品の一つです。
私のこれまで培ってきたものを全て注ぎ込んで、最高の公演になるよう取り組んで参りたいと思います。
官能的で優美な音楽と、また相反する喜劇部分を、是非劇場にお越し頂き、肌で感じてお楽しみ下さい!素晴らしい共演者と共に、心よりお待ちしております!


■■■ 公演情報 ■■■
アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート
山口清子ソプラノの夕べ ~春への想い~

日時:2017年3月27日(月) 18:00開店
    第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:山口清子(ソプラノ)、梅田麻衣子(ピアノ)
演奏予定曲:
  シューベルト 「春へのあこがれ」、「ばらのリボン」
  R.シュトラウス 歌曲集《乙女の花》、「ばらのリボン」
  中田喜直 「さくら横ちょう」
  別宮貞雄 「さくら横ちょう」
  モーツァルト モテット《Exultate, jubilate》
                        ほか

▼「フレッシュコンサート」のご予約・アクセスはこちら
アルテリーベ東京 TEL 03-3519-7007


▼ゾフィー役 山口清子の出演は 7月27日と30日です!
グラインドボーン音楽祭との提携公演 R.シュトラウス『ばらの騎士』 - 東京二期会


山口清子 (やまぐち きよこ)ソプラノ
埼玉県出身。東京音楽大学卒業、同大学研究科オペラコース修了。東京芸術大学大学院修了。新国立劇場オペラ研修所修了。文化庁新進芸術家海外研修制度にて渡伊。その後さらに渡独、マインツ音楽大学にて研鑽を積む。09年ソプラノベルカントコンクール第2位、10年アルカモ国際声楽コンクールファイナリスト。これまでに『愛の妙薬』『ヘンゼルとグレーテル』はじめ、多くのオペラに出演、好評を博す。15年『ダナエの愛』ゼメレ役で二期会オペラ・デビュー。2017年7月『ばらの騎士』ではゾフィー役に抜擢され、東京、愛知、大分三都市公演に出演を予定している。二期会会員

ページの先頭へ戻る

2017年03月03日 16:17

「二期会サロンコンサート」情報
3/16(木)<Vol.189 春の出会い ~プレミアムな夜をあなたに~>出演者メッセージ
&そして2017-18シーズンもいよいよ始動!6/8(木)<Vol.190 夢ある夜をあなたに>

「二期会サロンコンサート」もいよいよ2016-2017シーズンの最後となりました!
3月16日(木)<Vol.189 春の出会い ~プレミアムな夜をあなたに~>の開催を前に今回の出演者を代表し、テノールの前川健生よりコンサートに向けてのメッセージが届きました。

          *     *     *

二期会ブログをご覧の皆様こんにちは、テノールの前川です。
今回のサロンコンサートは間もなく訪れる春にふさわしく「春」や「花」をテーマにした曲、また なかなか聴くことのできない珍しい名曲をたくさん取りそろえたコンサートです。
若手らしいエネルギーと情熱に溢れたコンサートを皆様にお届けいたします。
是非3月16日、カワイ表参道コンサートサロンにご来場くださいませ。(前川健生)

          *     *     *

出演は今年度の最後を飾るのにふさわしく、いずれも将来を嘱望される若手の3人、そして歌手らから絶大な信頼を得ている山口佳代をピアニストに迎えます。
もうすぐそこまできている春に想いを馳せて、プレミアムな一夜をお届け致します。
是非この機会に、未来のプリマ・プリモの歌声をお聴きください。

201612_kumagai_minako.jpg
ソプラノ
熊谷美奈子
201612_hirano_yuzuka.jpg
ソプラノ
平野柚香
201612_maekawa_kenshou.jpg
テノール
前川健生
201612_yamaguchi_kayo.jpg
ピアノ
山口佳代

salon189_thumb.jpg
PDFちらし
■■■ 公演情報 ■■■
二期会サロンコンサート 2016-2017シーズン
Vol.189 春の出会い ~プレミアムな夜をあなたに~

日時:2017年3月16日(木) 19:00開演(18:30開場)
会場:カワイ表参道コンサートサロン パウゼ
料金:全席自由 3,500円(税込・1ドリンク付き)
出演:熊谷美奈子(ソプラノ)、平野柚香(ソプラノ)、
    前川健生(テノール)、山口佳代(ピアノ)
予定演奏曲:
 シュトラウス 「セレナーデ」
 フォーレ 「タランテラ」
 ドニゼッティ オペラ『連隊の娘』より 「友よなんと楽しい日だ」
 ヴェルディ オペラ『椿姫』より 「花から花へ」
 グノー オペラ『ロメオとジュリエット』より 「結婚の二重唱」
 マスカーニ オペラ『友人フリッツ』より 「さくらんぼの二重唱」
                           ほか

▼コンサート詳細・チケット情報はこちら
Vol.189 春の出会い ~プレミアムな夜をあなたに~ | 二期会サロンコンサート 2016-2017シーズン - 東京二期会


          ◆     ◆     ◆

続きまして、新たなシーズンの公演が6月よりスタートします!
2017年度ラインアップの初回は、ソプラノ高橋希絵とメゾソプラノ金澤桃子、注目の二人の若手に加え、ベテランのバリトン青戸 知が、イタリアオペラを中心に華やかなアリア、二重唱、そしてしっとりとした日本歌曲まで、バラエティに富んだプログラムをご用意しております。
チケットは3月8日(水)より販売開始!チケットは是非お早めにお買い求めください。

201703_takahashi_kie.jpg
ソプラノ
高橋希絵
201702_kanazawa_momoko.jpg
メゾソプラノ
金澤桃子
201703_aoto_satoru.jpg
バリトン
青戸 知
201703_inou_asako.jpg
ピアノ
稲生亜沙子

salon190_thumb.jpg■■■ 公演情報 ■■■
二期会サロンコンサート 2017-2018シーズン
Vol.190 夢ある夜をあなたに

日時:2017年6月8日(木) 19:00開演(18:30開場)
会場:カワイ表参道コンサートサロン パウゼ
料金:全席自由 3,500円(税込・1ドリンク付き)
出演:高橋希絵(ソプラノ)、金澤桃子(メゾソプラノ)、
    青戸 知(バリトン)、稲生亜沙子(ピアノ)
予定演奏曲:
 オッフェンバック オペラ『ホフマン物語』より 「舟歌」
 モーツァルト オペラ『フィガロの結婚』より 「愛の神よ照覧あれ」
 マーラー 歌曲集『さすらう若人の歌』より 「彼女の婚礼の日に」
 ロッシーニ オペラ『セビリアの理髪師』より ロジーナとフィガロの二重唱
 J.シュトラウス オペレッタ『こうもり』より 「乾杯の歌」
 岡野貞一 「朧月夜」(高野辰之 詩)
                           ほか

▼コンサート詳細・チケット情報はこちらから
Vol.190 夢ある夜をあなたに | 二期会サロンコンサート 2017-2018シーズン - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2017年03月03日 12:39

《NHK名曲アルバム》3月も二期会アーティストが登場
ドボルザークの名曲「悲しみの聖母(スターバト・マーテル)」を演奏します!

みなさま、安井陽子、加納悦子、小原啓楼、小森輝彦が出演し、2月に放送されました「名曲アルバム~ブルックナー:ミサ曲第3番から“ベネディクトゥス”」はお楽しみいただけましたでしょうか。
3月の名曲アルバムでも、この4名が出演するドボルザーク「悲しみの聖母(スターバト・マーテル)」が放送されます。
曲名の「悲しみの聖母」とはイエス・キリストの死を嘆く母マリアの様子を描いた聖歌の名称です。ドボルザークは3人の幼子を相次いで失うという悲しみの中でこの曲を完成させました。大変ドラマティックな作品です。どうぞご期待ください。

201702_yasui_youko.jpg
安井陽子
201702_kanou_etsuko.jpg
加納悦子
201702_ohara_keirou.jpg
小原啓楼
201702_komori_teruhiko.jpg
小森輝彦


◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
NHK「名曲アルバム」
放送日時とチャンネル:
  2017年3月 (いずれも午前)
   13日(月) 11:40~11:45 [NHK総合]
   14日(火) 5:55~6:00 [NHK BSプレミアム]
   17日(金) 10:50~10:55 [NHK Eテレ]
   20日(月・祝) 5:55~6:00 [NHK BSプレミアム]
   25日(土) 5:55~6:00 [NHK Eテレ]
   26日(日) 4:20~4:25 [NHK総合]
   29日(水) 11:40~11:45 [NHK総合]
   ※3/6(月):放送日時を更新しました。
   ※総合テレビでの放送につきましては、一部放送されない地域がございます。
   ※放送局の都合により、放送日時・内容が変更になる場合がございます。
曲目:
  ドボルザーク 「悲しみの聖母(スターバト・マーテル)」
出演:
  (ソプラノ)安井陽子
  (メゾソプラノ)加納悦子
  (テノール)小原啓楼
  (バリトン)小森輝彦
  (合唱)東京混声合唱団
  (管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
  (指揮)梅田俊明

201703_meikyoku.jpg
収録にて笑顔の4人

▼番組の詳細はこちら
名曲アルバム - NHKオンライン

ページの先頭へ戻る

2017年03月02日 17:24

期待の若手歌手による「アルテリーベ・フレッシュコンサート」〜3/13(月)は齋藤由香利&高橋希絵 ドイツ音楽の夕べ〜春風にのせて〜

期待の若手歌手の演奏と、美味しいお料理でおもてなしする、新橋の音楽レストラン・アルテリーベ東京の「月曜フレッシュコンサート」。
次の二期会アーティスト登場回は3月13日(月)、齋藤由香利と高橋希絵による「ドイツ音楽の夕べ ~春風にのせて~」。フレッシュな二人のソプラノが、キラキラと光り輝く若々しい歌声をご披露します!

今回も出演の二人からメッセージが届きましたので、ご紹介いたします。

201703_saitou_yukari.jpg
ソプラノ
齋藤由香利
――まずは自己紹介をお願いします。

福岡県久留米市出身、ソプラノの齋藤由香利です。
合唱好きが転じて声楽を始め、国立音楽大学に進学しました。大学では主にドイツリートを勉強していましたが、二期会研修所にてオペラを学び、どちらも大好きになりました。リートの繊細な表現を持ってオペラも歌えるような歌手になりたいと思い、現在大学院にて勉強を続けています。
華やかなイタリア音楽、お洒落なフランス音楽も素敵で大好きなのですが、自分の性に一番合っているのは内省的で少し土っぽい匂いのする(?)ドイツ音楽だなと感じています。

――今回のコンサートについて、お客様に一言メッセージをお願いします

共演する高橋さんは研修所で一年間同じクラスで、授業の度に情熱的でエネルギー溢れる歌と演技(と身長にも、笑)圧倒されていました。
今回のプログラムはドイツ語の作品に絞ろうとすぐに話が纏まり、前半は歌曲、後半はオペラ・オペレッタより、それぞれ独唱と重唱を選びました。
また会場のアルテリーベさんはドイツのお家のような建物なので、ちょうど今回演奏する曲の舞台にいるように感じていただけるのではないかと思っています。
当日は春を感じられる暖かさになるように期待しつつ、お越しいただいた皆様と私たちなりのプログラム・演奏を共有できる時間を、心より楽しみにしております。


201703_takahashi_kie.jpg
ソプラノ
高橋希絵
――では高橋さん、自己紹介をお願いします。

はじめまして、ソプラノの高橋希絵と申します。新潟県のとある長身の家系に生まれ、身長が170センチもあります。
元々教師という職業にとても憧れていたので、音楽の基本である歌を学んだのちは大好きな吹奏楽や合唱を中高で教えたいと思っていました。しかし音大に入学し、師である澤畑恵美先生が出演される舞台を観劇するたびに、オペラの魅力にとりつかれました。しかし実際自分で歌いながら演技をしてみるととても難しく、最初のうちはどう動いたらよいか分からず舞台上を右往左往(笑)。大学院や研修所のマスタークラスで演技の基本を徹底的に学びました。
今はオペラの登場人物として、歌い演じることがなにより幸せです。聴き手の皆様と心を通い合わせ、歌が持つ意味や思いを伝えられる、そんな歌手になりたいと思っております。

――今回のコンサートについて、お客様に一言メッセージをお願いします

今回共演させて頂く齋藤さんはオペラ研修所の同期であり、同じく国立音楽大学出身です。多彩な引き出しを持つアイディアマンであり、毎回楽しく練習を重ねております。二人とも在学中よりドイツ系作品に積極的に取り組んできました。好きが高じて今は二人ともドイツ語を勉強中です。
今回はそんなドイツ語圈の作曲家の作品に絞り、お互いのレパートリーである歌曲、アリアはもちろんのこと、メンデルスゾーンの二重唱歌曲やオペラ『魔弾の射手』のデュエットなども演奏いたします。
ドイツからの爽やかな春風をお届けできたらと思います。会場で皆様にお会いできますことを、心より楽しみにしております。

          *     *     *

今回はドイツ語での作品に絞り、お互いのレパートリーの中から厳選した歌曲と、オペラアリア、二重唱をお届け致します。
是非ご予約はお早めに!皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

■■■ 公演情報 ■■■
アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート
ドイツ音楽の夕べ ~春風にのせて~

日時:2017年3月13日(月) 18:00開店
    第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:齋藤由香利(ソプラノ)、高橋希絵(ソプラノ)、髙田恵子(ピアノ)
演奏予定曲:
 ウェーバー 『魔弾の射手』より
         「いたずら坊主、しっかりするのよ!」
         「すらりとした若者がやってきたら」
 コルンゴルト 『死の都』より 「私に残された幸せ(マリエッタの歌)」
                     ほか

*今回出演のピアニストにつきまして、当初予定の松原裕子から髙田恵子に変更となりました。
 何卒ご了承いただきますよう、お願い致します。

▼ご予約・アクセスはこちら
アルテリーベ東京 TEL 03-3519-7007

ページの先頭へ戻る

2017年03月01日 18:02

ソプラノ竹多倫子とバリトン清水勇磨が、第28回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞!

このたび、第28回五島記念文化賞オペラ新人賞をソプラノの竹多倫子(たけだ みちこ)と、バリトンの清水勇磨(しみず ゆうま)が受賞致しました。
公益財団法人五島記念文化財団は、2017年2月21日付で本年度の受賞者を発表。この賞は1990年に創設され、毎年、美術とオペラの分野で将来性ある有能な新人を発掘、顕彰し、助成活動を通じて育成を図ることを目的としています。
贈呈式は2017年4月14日にザ・キャピトルホテル東急(永田町)にて行われます。

201703_takeda_michiko.jpg竹多倫子(たけだ みちこ)ソプラノ
石川県出身。愛知県立芸術大学卒業。東京藝術大学修士課程オペラ科修了。第47回日伊声楽コンコルソ第一位、及び歌曲賞受賞。第82回日本音楽コンクール第一位、及び岩谷賞(聴衆賞)、E.ナカミチ賞、第28回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。文化庁新進芸術家海外研修制度によりイタリアに留学。岡崎智恵子、川上洋司、林康子の各氏に師事。金沢歌劇座館名改称記念公演『カルメン』フラスキータでオペラデビュー。小澤征爾音楽塾『フィガロの結婚』伯爵夫人のカヴァー及び、特別公演にも出演。15年には第20回オルヴィエート国際声楽コンクール(伊)にて優勝し、同年オルヴィエートの歌劇場にて『蝶々夫人』タイトルロールで出演。コンサートでも、14年群馬交響楽団「第九」、15年山形テルサ「第九」等に出演。17年11月日生劇場『ルサルカ』タイトルロールに出演予定。二期会会員

201703_shimizu_yuuma.jpg清水勇磨(しみず ゆうま)バリトン
東京都出身。国立音楽大学卒業、同大学院修士課程首席修了。最優秀賞受賞。第24回ABC新人オーディション合格、新人音楽賞受賞。横須賀芸術劇場「新しい声2015」日本代表に選出され、ドイツ大会に出場。第13回東京音楽コンクール第1位。公益財団法人野村財団より助成を受け、伊・パルマにて研鑽を積む。小林一男、和田茂士、ラッファエーレ・コルテージの各氏に師事。静岡県オペラ協会『道化師』シルヴィオ、北海道帯広市若手育成プロジェクト『蝶々夫人』シャープレス、日生劇場『セビリアの理髪師』フィオレッロ等出演。コンサートでも、16年は国立市民芸術ホールフレッシュ名曲コンサート、横須賀芸術劇場「よこすか第九」、昭島市フレッシュ名曲コンサート「第九」の他、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」にも出演した。17年7月東京二期会『ばらの騎士』ファーニナルに出演予定。二期会会員

▼五島記念文化財団からのリリース
平成29年度(第28回)「五島記念文化賞」・「オペラ公演助成」決定 | お知らせ - 公益財団法人五島記念文化財団

▼ファーニナル役 清水勇磨の出演は 7月27日と30日!
グラインドボーン音楽祭との提携公演 R.シュトラウス『ばらの騎士』 - 東京二期会

▼竹多倫子は11月11日、タイトルロールで出演!
NISSAY OPERA 2017 オペラ『ルサルカ』 | 公演スケジュール - 日生劇場

ページの先頭へ戻る

2017年02月28日 11:42

【放送予定】東京二期会オペラ劇場『トスカ』がNHK-BSプレミアム「プレミアムシアター」で放映されます!

去る、2月15日から19日にかけ東京文化会館大ホールにて上演致し、大変多くのご好評をいただきました東京二期会オペラ劇場(ローマ歌劇場との提携公演)G.プッチーニ『トスカ』。
その千秋楽組の公演が3月13日(月)午前0時(12日(日)深夜24時)よりNHK-BSプレミアム「プレミアムシアター」にて放映されることが決まりました。

201702_tosca_07.jpg
トスカ 大村博美とカヴァラドッシ 城 宏憲

◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
NHK BSプレミアム「プレミアムシアター」
東京二期会オペラ劇場『トスカ』(全3幕・日本語字幕付き)

放送日時:2017年3月13日(月)午前0:00~ (3月12日(日)深夜24:00~)
放送局:NHK BSプレミアム(BS 103ch)
出演:
 <指揮> ダニエーレ・ルスティオーニ
 <演出> アレッサンドロ・タレヴィ
 <キャスト>
  トスカ:大村博美
  カヴァラドッシ:城 宏憲
  スカルピア:今井俊輔
  アンジェロッティ:山口邦明
  堂守:峰 茂樹
  スポレッタ:高梨英次郎
  シャルローネ:高橋祐樹
  看守:大井哲也
 <合唱> 二期会合唱団
 <管弦楽> 東京都交響楽団
(収録:2017年2月19日(日)東京文化会館大ホール)

▼番組詳細はこちらをごらんください
プレミアムシアター - NHKオンライン

ページの先頭へ戻る

2017年02月27日 10:25

二期会アーティストの出演したデュトワ&N響『カルメン』がいよいよテレビ放送されます!!

二期会アーティストが多数出演いたしました、N響定期 ビゼー『カルメン』(演奏会形式)が、3月5日、12日の2週にわたりNHK Eテレ「クラシック音楽館」にて放送されます。
NHKホールでの2公演のチケットがいずれも完売し、大きな反響を呼んだシャルル・デュトワ指揮による昨年12月の公演の模様です。
士官モラーレスにバリトン与那城 敬、ホセの上官スニーガにバス長谷川 顯、カルメンの2人の女友達、フラスキータにソプラノ平井香織、メルセデスにメゾソプラノ山下牧子、そして密輸業者レメンダードにテノール高橋 淳が出演しています。

201612_yonashiro_kei.jpg
与那城 敬
201612_hasegawa_akira.jpg
長谷川 顯
201612_hirai_kaori.jpg
平井香織
201612_yamashita_makiko.jpg
山下牧子
201612_takahashi_jun.jpg
高橋 淳

第1幕でのモラーレスやスニーガの歌唱、第2幕でのフラスキータ、メルセデス、レメンダード、ダンカイロらがカルメンと歌う五重唱、第3幕での女たちの三重唱など、デュトワの指揮の下、躍動する二期会アーティストの演奏にどうぞご期待ください。

201602_nso_carmen.jpg
マエストロとカルメン役ケイト・アルドリッチさんを中心にキャスト勢揃いで

◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
NHK Eテレ「クラシック音楽館」
NHK交響楽団第1851回演奏会(指揮:シャルル・デュトワ)
ビゼー:歌劇「カルメン」(全4幕・フランス語上演・演奏会形式)

放送日時:
  2017年3月5日(日)よる21:00~ 前半(第1幕、第2幕)
  2017年3月12日(日)よる21:00~ 後半(第3幕、第4幕) 
放送局:NHK Eテレ
出演(二期会):
  モラーレス:与那城 敬(バリトン)
  スニーガ:長谷川 顯(バス)
  フラスキータ:平井香織(ソプラノ)
  メルセデス:山下牧子(メゾソプラノ)
  レメンダード:高橋 淳(テノール)
(収録:2016年12月9日(金) NHKホール)

▼全出演者等、番組詳細はこちらをごらんください
クラシック音楽館 - NHKオンライン

ページの先頭へ戻る

2017年02月24日 13:19

La Dill メジャーデビュー2周年記念ツアーファイナル!

『La Dill メジャーデビュー2周年記念ツアー』ファイナルとなる、2/26(日)のホテルグリーンプラザ箱根公演までいよいよ、あと2日となりました。
今回はメンバーが練りに練って考えたスペシャルオペラコーナーや4オクターブのハーモニーを駆使した新アレンジ曲をお届けします。
そこで先日のリハーサルの模様とメンバーからのメッセージを是非ご覧ください!



■■■ 公演情報 ■■■
La Dill(ラ・ディル)
『2nd Greeting Tour in ホテルグリーンプラザ 2016-17』箱根公演

日時:2017年2月26日(日) 14:00開演
会場:ホテルグリーンプラザ箱根 レストラン「華の輪」
料金:全席指定 3,500円(税込)
出演:La Dill
    彌勒忠史(カウンターテナー)、金山京介(テノール)、坂下忠弘(バリトン)、
    岩田健志(バリトン)、吉田貴至(ピアノ)
お問合せ:キャピタルヴィレッジ TEL.03-3478-9999

▼コンサートの詳細ご案内はこちら
La Dill フェイスブック イベントページ - Facebook

◆新宿9:30発 日帰り直行バスプラン(コンサート鑑賞&ランチ付)詳細
La Dill(ラ・ディル)コンサート鑑賞付き日帰り直行バスプラン(PDFファイル) - ホテルグリーンプラザ

ページの先頭へ戻る

<

2017

3

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

アーカイブ

Powered by
Movable Type