二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

富岡 明子

トミオカ アキコ
メゾソプラノ
会員
 

高い言語能力と音楽性で注目を集める旬の逸材

兵庫県出身。東京藝術大学声楽科及び同大学院修士課程修了。在学中に安宅賞を、卒業時にアカンサス賞・同声会賞を受賞。
2006年より、ローム音楽財団奨学生としてイタリア・パルマ音楽院にて学び、首席にて学位取得。
2003年 第1回東京音楽コンクール3位
2008年 第20回日本声楽コンクール2位及び奥田良三賞受賞。
2007年ベリッツォーニ国際声楽コンクール2位及び聴衆賞。2008年フラビアーノ・ラボー国際声楽コンクール2位.
2008年マルティーニ国際声楽コンクール3位他、多くの国内・国際コンクールで入賞、入選を果たす。
2011年第80回日本音楽コンクール声楽部門第二位受賞。
オペラでは、2004年彩の国芸術劇場におけるモーツァルト『フィガロの結婚』ケルビーノ役を皮切りに、2004年文化庁人材育成オペラ『フィガロの結婚』ケルビーノ、2005年小澤征爾音楽塾ロッシーニ『セヴィリヤの理髪師』(中国・日本公演)ロジーナ、2005年阪神大震災メモリアルコンサート・小澤征爾指揮『セヴィリヤの理髪師』ロジーナ、2006年~2008年 サイトウキネンフェスティバル・松本、青少年のためのオペラ『セビィリアの理髪師』ロジーナ、2008年東京文化会館主催ヴェルディ『椿姫』アンニーナを好演。
また海外においても2006年パルマ歌劇場にてロッシーニ『試金石』クラリーチェ、2007年パルマ市主催オペラ・ガラコンサート、2007年ペーザロ、ロッシーニフェスティバル オペラ『ランスへの旅』マッダレーナ、2008年パルマ市主催 チャリティオペラ・ガラコンサート他、多数のオペラ、コンサートに出演している。宗教曲のソリストとしても在学中より多くの指揮者、オーケストラと共演を重ねている。東京フィル及び京響の定期で披露したバーンスタイン作曲「エレミア」は深い精神性を体現した名演となった(広上淳一指揮)。
2012年7月『カヴァレリア・ルスティカーナ』ローラで、東京二期会オペラ公演デビュー。2016年2月には、東京二期会とパルマ王立歌劇場等との提携公演『イル・トロヴァトーレ』イネスに出演。同年6月、日生劇場『セビリャの理髪師』ロジーナにも抜擢されるなど、絶好調の活躍を続けている。2016年12月東京都交響楽団「第九」にも出演予定。二期会会員(2016年6月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2017年12月 2日(土) 第605回札幌交響楽団定期演奏会 札幌コンサートホール/キタラ
2017年12月 13日(水) 名古屋フィルハーモニー交響楽団「第59回市民会館名曲シリーズ ベートーヴェン・ツィクルスⅣ」 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2017年12月 14日(木) 名古屋フィルハーモニー交響楽団「第59回市民会館名曲シリーズ ベートーヴェン・ツィクルスⅣ」 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2017年12月 24日(日) 第53回第九交響曲“歓喜の夕べ2017” オーバードホール
2018年3月 18日(日) 二期会「ノルマ」 Bunkamura オーチャードホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る