二期会21
オペラの散歩道 二期会blog

二期会アーティスト検索

戻る 検索トップに戻る

 

清水 華澄

シミズ カスミ
メゾソプラノ
会員
 

圧倒的歌唱に繊細さが加わり溢れいずる音楽性で魅了する旬のメゾ

静岡県出身。国立音楽大学声楽科首席卒業、同大学大学院首席修了。新国立劇場オペラ研修所第4期生修了。修了時に武岡賞・NTTドコモ賞受賞。2004年より文化庁在外派遣研修員として1年間ボローニャへ留学。第6回カルロス・ゴメス国際コンクール(2007年11月、イタリア・トリノ、リヴァルバ)第2位受賞。
これまでオペラでは、『魔笛』童子Ⅲ、『フィガロの結婚』ケルビーノ、『ジャンニ・スキッキ』ツィータ、『こうもり』オルロフスキー、『アルバート・ヘリング』ビロウズ夫人。留学中にウィーン・バーデン市から招聘され、同市立劇場『こうもり』オルロフスキーに出演、2006年に同市100周年記念公演で同役を再び出演。
新国立劇場では、2003年小劇場公演『イタリアのモーツァルト』アルバーテ、チンナ、2004年『マクベス』侍女、鑑賞教室『カルメン』メルセデス、こどもオペラ『ジークフリートの冒険~指輪を取り戻せ!』ラインの娘Ⅲ、ワルキューレⅢ等に出演。2007年東京二期会『仮面舞踏会』ウルリカで二期会デビューを飾る。2008年新日本フィル/小澤征爾指揮「ファウストの劫罰」(日本語上演)マルガレーテでの高い音楽性で注目され、2009年7月、小澤征爾音楽塾特別演奏会『ヘンゼルとグレーテル』の伸びやかなヘンゼルで好評を博す。2009年新国立劇場『ワルキューレ』グリムゲルデ、『神々の黄昏』第二のノルン、『チェネレントラ』ティーズベでは、カサロヴァを始め豪華外人キャストとの共演の中で、存在感溢れる演唱で高い評価を得た。2010年7月、新国立劇場/高校生のための鑑賞教室『カルメン』タイトルロールで絶賛を浴び、以後、2011年3月、びわ湖ホール・神奈川県民ホール・東京二期会共同制作『アイーダ』アムネリス、同4月、東京二期会『フィガロの結婚』マルチェリーナでは豊麗な美声で存在感を印象付けた。同8月、サイトウ・キネン・フェスティバル松本『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル(演出:森安淳/指揮:三ツ橋敬子/小澤征爾音楽塾オーケストラ)、同9月、小澤征爾音楽塾中国ツアー北京公演及び上海公演では、ベートーヴェン「合唱幻想曲」アルトソロ、同11月、新国立劇場公演『ルサルカ』第3の森の精と快進撃を続ける。2012年1月にはNHKニューイヤーオペラコンサートにも初登場し、以後も出演を重ねている。2012年2月、二期会創立60周年・パルマ王立歌劇場との共同制作『ナブッコ』フェネーナに出演。続く4月に新国立劇場『オテロ』エミーリア、7月には東京二期会『カヴァレリア・ルスティカーナ』(新制作)サントゥッツア、さらに同年11月、日生劇場開場50周年記念のオペラ『メデア』(2010年2月ウィーン国立歌劇場で世界初演を果たしたライマンの最新作)にゴラ役で出演。2014年2月『ドン・カルロ』では待望のエボリ公女のドラマティックかつ繊細な感情表現を兼ね備えた演唱で新境地を拓き、同年11月、日生劇場『アイナダマール』(日本初演)ロルカでも好演。2016年2月、東京二期会『イル・トロヴァトーレ』アズチェーナ、同年7月、佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ『真夏の夜の夢』ヒポリタでも好評を博し、その後も2017年11月、NISSAY OPERA『ルサルカ』イェジババ(魔法使い)、2018年2月、東京二期会『ローエングリン』オルトルートに出演。同年10月には、札幌文化芸術劇場杮落し公演をはじめとする全国各地でのA.バッティストーニ指揮『アイーダ』アムネリスに出演するなど、卓越した歌唱と豊かな音楽性を兼ね備えたメゾソプラノとして活躍を続けている。ヴェルディ「レクイエム」、マーラー「復活」、ベートーヴェン「第九」など、コンサートソリストとしてオーケストラとの共演も多数。2018年6月には紀尾井ホールにて自身初のリサイタルを開催し、その模様はNHKでも放送された。
2019年2月新国立劇場『紫苑物語』(世界初演)うつろ姫、同年6月東京二期会『サロメ』ヘロディアスに出演予定。二期会会員

©TakehikoMatsumoto

清水華澄のブログ 
(2018年11月現在)

 
 
公演スケジュール
日付 演奏会名 会場
2019年4月 6日(土) 兵庫芸術文化センター管弦楽団演奏会 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
2019年4月 7日(日) 兵庫芸術文化センター管弦楽団演奏会 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
2019年7月 13日(土) 大阪フィルハーモニー交響楽団 ブラームス・チクルスⅡ「アルト・ラプソディー」 ザ・シンフォニーホール
 
 
 
戻る 検索トップに戻る