Hakuju Hall「二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ」
今年度シリーズの第2回目は11/10(木)

この春、二期会オペラ研修所マスタークラスを優秀な成績で修了した、若き歌手の声を聴くシリーズ Hakuju Hall「二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ」。
今シーズン第2回目となる11月10日(木)は、ソプラノ安齋里江、黒田詩織が出演します。ピアノは相田久美子。

201610_anzai_satoe.jpg
ソプラノ
安齋里江
201610_kuroda_shiori.jpg
ソプラノ
黒田詩織
201605_aida_kumiko.jpg
ピアノ
相田久美子

安齋、黒田の二人より、コンサートを目前にメッセージが届きました。
■安齋里江
「私は、マスタークラスから入所し、たくさんの仲間や先生方と出会い、自由にのびのびと音楽を学びました。黒田さんとはクラスが違いましたが、『フィガロの結婚』のアンダースタディで一緒に勉強させて頂きました。同じソプラノではありますが、私は明るく雰囲気が軽快な曲を歌うことが多く、黒田さんはしっとりとした穏やかな曲が多くて、お互いに役の性格や雰囲気が全く違うものを歌っているような気がします。二人で素敵なプログラムをお届けしますので是非お越しください。お待ちしています。」
■黒田詩織
「研修所に入所した当時から、ずっと目標としてきました「ディーヴァ,ディーヴォ」に出演することができ、本当に嬉しく思っております。先日の新進声楽家の夕べで初共演致しました安齋さんとの再共演です。今回は私の大好きなイタリアオペラを中心に、年代を追いながら皆様にお届けいたします。イタリアオペラの魅力溢れる演奏会に、ぜひお越しください。」
      *     *     *
二人は研修生時代こそ所属クラスが違ったため、接点は少なかったのですが、本年7月に上演された『フィガロの結婚』では、共にアンダースタディーとしてプロダクションに参加し意気投合。
同じソプラノとはいえ、キャラクター、声質、音楽性も異なる二人。それぞれの個性を活かした曲目を出し合いながら、何度も話し合いを重ねました。その結果、ソプラノの多彩な音色を聴き比べるだけでなく、ヴィヴァルディ、ヘンデル、ベッリーニ、ドニゼッティ、そしてボイト、とバロックからロマン派までの名作オペラの歴史をたどる、アカデミックなプログラムとなりました。
トークを交えての約1時間、豊かな芸術のひとときをお届けします。
秋の深まる代々木公園の近く、Hakuju Hallへぜひお越しください。
■■■ 公演情報 ■■■
二期会のきらめく新星、ときめきのデビューコンサート!
二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ <第11回>
日時:2016年11月10日(木) 11:00開演(10:30開場)  ※休憩なし約1時間
会場:Hakuju Hall (白寿ホール)
料金:全席自由 500円(税込)
出演:安齋里江(ソプラノ)、黒田詩織(ソプラノ)、相田久美子(ピアノ)
予定プログラム:
 J.シュトラウスII世 “春の声”(安齋)
 チマーラ “春の歌”(黒田)
 ヴィヴァルディ 「グローリア」より“ラウダムス・テ”(安齋・黒田)
 ヘンデル 『アルチーナ』より“また私を喜ばせに来て!”(安齋)
 ドニゼッティ 『リタ』より“この清潔で愛らしい宿よ”(安齋)
 ボーイト 『メフィストーフェレ』より“いつかの夜、暗い海の底に”(黒田)
 カタラーニ 『ワリー』より“さようなら、ふるさとの家よ”(黒田)
 プッチーニ 『妖精ヴィッリ』より“もし私がお前たちのように小さな花だったら”(黒田)
 プッチーニ 『ラ・ボエーム』より“わたしが街を歩くと”(安齋)
主催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所
協賛:株式会社ドラジェ
協力:二期会オペラ研修所
後援:公益財団法人東京二期会
▼コンサート詳細ページはこちらをご覧ください
二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ - 白寿ホール
▼ご予約・お問合せは
Hakuju Hall チケットセンター 03-5478-8700
 10:00~18:00(火~土/祝日・休館日を除く)