« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月 アーカイブ

2008年05月30日 13:17

上質のサロンコンサートを楽しんでみませんか
〜アートスペース・オー クラシックコンサートのご案内〜

わずか100席という親密かつ贅沢なスペースで上質のコンサートを20年近くにわたって提供し続けている「アートスペース・オー」をご案内いたします。(本項担当:S)

◇アートスペース・オーのクラシックコンサート
 URL→http://www.artspace-oh.com/index.html

この素敵な空間との出逢いは今から6年前、ピアノの児玉 桃さんの演奏に触れたときのことです。
児玉さんの色彩感豊かなドビュッシーに感銘を受けたことはもちろん、手を伸ばせば届きそうな距離感でアーティストと時空を共有できることに深い喜びを覚えました。

今までに出演しているアーティストは、邦人一流アーティストの他にもアルゲリッチ、マイスキー、ウィーンフィルの面々...とまさにキラ星のごとき顔ぶれ。

主催者で陶芸教室のオーナーである大橋喜昭氏とお話を重ねるうちに、同氏がクラシック音楽に対するこの上なく深い愛情と、お客さまへの心温まるホスピタリティ精神をお持ちであることがわかり、出演アーティストたちにも深い共感を呼びおこしていることを知りました。

...その後、二期会でマネージャーとして従事することになった私は、声楽の醍醐味と愉しみもこの空間での中でこそ、ごく身近でお客さまに味わっていただきたいと強く思うようになりました。
そして大橋氏ともご相談し、本格的な声楽公演をはじめて取り上げて下さることになりました。

◇アートスペース・オー 第139回コンサート
 「声楽の醍醐味と愉しみ」 
  大西ゆか(ソプラノ)/与那城 敬(バリトン) デュオ
  ピアノ 山口陽子
  6月14日(土) 19時00分開演
  アートスペース・オー2階ギャラリー 全席自由5,000円
  (JR横浜線 成瀬駅南口徒歩5分)
  

oonishi_yuka.jpgyonashiro_kei.jpgyamaguchi_yoko.jpg
大西ゆか与那城 敬山口陽子

◇チケットのお問い合わせ・お申し込み 
  →http://www.artspace-oh.com/contact.html

全体を「日本語の歌」「モーツァルトの愉悦」「ベル・カントの魅力」のコーナーに分け、今が旬の若手実力派両名による真剣勝負のソロ、息の合った二重唱を楽しいトークも交えながらお送りしていきます。

一度是非とも足をお運びいただき、オーナーの温かいお人柄に触れていただくとともに、上質の音楽を空間の「贅沢」と合わせてご堪能なさってみて下さい。

この場所は、クラシック音楽を初めて聴きだした頃の、あの感動と興奮を思い出させてくれます...

ページの先頭へ戻る

2008年05月30日 12:07

『ナクソス島のアリアドネ』立ち稽古始まる

%E3%83%8A%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%B9%E7%A8%BD%E5%8F%A42.jpg この5月28日、待望の立ち稽古が始まりました。演出の鵜山仁氏は新国立劇場の演劇部門芸術監督の多忙なスケジュールの中を、これから公演の始まる6月26日に向けて、満を持して新演出に取り組みます。

 この日、稽古に先立って関係者が芸能花伝舎稽古場に集合、出席者の紹介、栗林理事長からの挨拶に続いて、演出家の挨拶があり、2005年の『メリー・ウィドー』以来久しぶりに二期会オペラの装置を担当する堀尾幸夫氏から舞台装置の説明、二期会初登場の衣裳美術家原まさみ氏から衣裳の説明などと続き、両キャストの見守る中を早速一幕から稽古が始まりました。

 稽古場には実物大の装置のモックアップが組み立てられ、このオペラの劇中劇という条件を、いかに東京文化会館で再現するのか、これから演出家とプランナーの秘策が徐々に明らかにされていくことになります。写真は左から演出助手の澤田氏、演出家の鵜山氏、作曲家役の谷口、小林の両氏。

ページの先頭へ戻る

2008年05月27日 12:01

「オペラ劇場仕様の話し(1)」 オペラの制作現場からーその12

 ここ十数年の間に続々と建設された本格的なオペラ劇場仕様のホールは、特に多面舞台であること(舞台の上手、下手、奥に舞台と同じサイズのスペースが設けられているのが4面舞台)と、ホール自体の残響時間がオペラ上演に最適な設計となっていることが挙げられます。日本の多面舞台ホールは世界でも最先端の設備を持っているとさえ言われています。

 誤解をしていただきたくないのは、多目的に使われる各地のホールにも、設計段階から様々な工夫がなされ、素晴らしいオペラ上演空間のところが沢山あることです。会場の仕様を理由にオペラをやらないことはまずあり得ませんし、実際私たちの団体も永年全国各地の「本格的なオペラ劇場仕様ではない」会場で公演をしてきましたし、今後も変わることはありません。

 では、多面舞台と音響の意味するところは何なのでしょうか。今回と次回の2度に分けてお話しすることにしましょう。まずは多面舞台のホールからですが、平面図を見ると客席部よりむしろ舞台の方が大きく感じるほどの床面積を持っていて、各幕の舞台装置を右や左や奥から次々に出して来るには至極便利です。しかし、本来の意味合いは連日公演を続けるオペラ劇場にとっての作業の利便性です、つまり公演が行われていない時間帯には次の演目の稽古をやるための舞台装置が組み立てられ、終わり次第その夜の公演のために別の装置を仕込むといった。ですから幕毎に舞台装置を入れ替えるオペラでも、段取り次第で多面舞台を持たないホールで十分に上演が可能だというわけです。

 ちなみに、ヨーロッパの有名歌劇場でも完全な4面舞台がない例があります。年間に300回の公演を行っている二つの歌劇場のうち、ウィーン国立歌劇場では下手側の奥行きが舞台の半分くらいしかなく、バイエルン州立歌劇場では片側の袖は通路だけ、平面図を見ると田の字です。

 日本が世界に誇るホールをできるだけ多く活用するためには、単独では予算の制約がある複数のホールや制作団体が協力して、制作自体に多額に費用がかかるオペラを1回でも多く公演することも大切です。その意味でこの2月と3月、びわ湖ホール神奈川県民ホールの共同制作になるオペラ『ばらの騎士』の成功は、二期会が制作団体として協力(共催)させていただいたことも含めて、今後に大きな示唆を与える画期的なプロジェクトだったと思います。(常務理事 中山欽吾)

ページの先頭へ戻る

2008年05月26日 10:57

『二期会Week in サントリーホール』ご来場のお客様に
フレンチレストラン&カフェ「ブノワ」から特別プレゼントのお知らせ

1912年パリに創業以来、世界中の美食家たちに愛され続けているビストロの名とエスプリを受け継いだ、青山のフレンチレストラン&カフェ「ブノワ」。こちらのレストランから、『二期会Week in サントリーホール“愉しみの刻”』(期間6月9日〜6月15日、サントリーホールブルーローズ)にご来場のお客様だけに、特別のプレゼントをご用意していただきました。

対象期間中、ご来店頂きました方にカクテルを1杯プレゼント。
ご注文時に下記の二種類からお好きなカクテルをお選びください。

対象期間:2008年6月9日(月)〜30日(月)
(ランチ、ディナータイム両方でご利用いただけます。)
お選び頂ける2種類のカクテル
☆偉大なテノール歌手、エンリコ・カルーソーにちなんだシャンパンベースの《カルーソー》
☆ジンベースの《オペラ》

本場のエスプリ溢れるお料理を召し上がりながら、二期会Weekの話題で盛り上がる素敵なひとときを、是非お愉しみください。

(注1)二期会Week公演当日にお席で配布いたします「ブノワ」のドリンクチケットをご持参の上、
    お食事をされた方に限らせていただきます。
(注2)お一人様につき1杯のプレゼントとさせていただきます。

BENOIT.jpg

フレンチレストラン&カフェ「ブノワ」Webサイト
二期会Week in サントリーホール“愉しみの刻”公演情報

ページの先頭へ戻る

2008年05月21日 10:08

林美智子、今夏CD第二弾をリリース!

hayashimichiko0805.jpg2006年リリースした「赤と黒」でCDデビューを飾った林美智子が、8月20日に第二弾をリリースすることになりました。

第一弾「赤と黒」では彼女ならではのズボン役と女性役の両方を網羅したプログラムでアピールしましたが、今回林が選んだのは武満徹の「SONGS」全曲です。
初リサイタルの時よりこれまで長年武満を歌い込んできた林。満を持してその録音に挑みました。
野平一郎氏をはじめ、松野弘明氏(Vn.)、大萩康司氏(G)他豪華な共演者を迎え、全20曲に加え「MI・YO・TA」を含め計21曲を網羅。
また、このリリースを記念して、9月5日には東京オペラシティ・リサイタルホールにて「林美智子SINGS武満徹SONGS」と題したリサイタルを開催致します。
ピアノはCDでも強力なサポートをして下さった野平一郎氏です。
是非併せてご予定ください!

◆CD 
 「武満徹:SONGS(仮)」(ビクターエンタテインメント)
  2008年8月20日(木)発売予定

◆リサイタル
 「林美智子SINGS武満徹SONGS」
 2008年9月5日(金)19時開演 
 東京オペラシティ・リサイタルホール
 共演:野平一郎

ページの先頭へ戻る

2008年05月15日 12:09

愛好家クラス 受講生追加募集について

このたび株式会社二期会21では、次の通り『愛好家クラス』受講生の追加募集を致しますので、奮ってご応募ください。

二期会・歌手基礎コース
愛好家クラス』2008年前期受講生追加募集

≪募集概要≫
1) 募集対象者
 ・オペラや声楽に興味を持つ方で実際に歌唱法などを学習したい方
 ・声楽を始めてみたい方、ライフワークとして取り組んでみたい方
 ・受講生同士で協調できる方
  上記について意欲のあるアマチュアの方ならば、年齢・経験の有無は問いません。
2) レッスン内容
 ・受講期間
  開講中~2008年9月、最終日に発表会を予定
 ・レッスン日時
  (1)【水曜】昼コース…毎週水曜日・午後2時~5時(追加募集はありません)
  (2)【金曜】昼コース…毎週金曜日・午後2時~5時【今回追加募集をするコース】
  (3)【金曜】夜コース1部…毎週金曜日・午後5時30分~7時【今回追加募集をするコース】
  (4)【金曜】夜コース2部…毎週金曜日・午後7時15分~9時(追加募集はありません)
   上記(3)と(4)は相互に聴講できます(いずれのコースも週1回、祝日と指定日は休講)
 ・会場
  二期会会館(千駄ヶ谷)他
 ・レッスン曲目
  講師と面談の上、受講生の目的やレベルに応じた曲を決めます。
 ・レッスン方式
  グループレッスン方式
3) 指導
 高 丈二(代表)、宮崎義昭(主任)、大沼美惠子、菊地美奈、成田勝美、
 成田博之、前澤悦子、松尾健市、山口道子 他二期会会員
4) 受講料等
 登録料 10,500円(初回のみ) 受講料 52,500円(今回の応募者金額)
5) 特典
 受講期間中は二期会オペラ公演・コンサートのチケットの割引等が受けられます。

≪「2008年前期生」追加募集応募要領≫
1)募集期名称
 2008年前期
2)募集定員
 【金曜】昼コース…若干名
 【金曜】夜コース1部…若干名
 ※いずれのコースも申込者多数の場合は先着順とします。
 ※他の曜日・時間帯のコースでは募集を行いませんのでご了承ください。
3)申込方法
 申込用紙に必要事項を全て記入の上、郵便にてお送りください。
 今回のお申し込み期限は、2008年6月30日(月)までとします。
4)受講手続
 申込受付後、受講手続き書類と受講料の納付用紙をお送りします。
 案内に従いお手続きください。

募集要項(申込用紙)ダウンロード pdf形式愛好家クラスのご案内 - 株式会社二期会21


ページの先頭へ戻る

2008年05月14日 15:26

音楽現代6月号 佐々木典子&幸田浩子対談が掲載されました

いよいよ来月に迫った『ナクソス島のアリアドネ』。現在発売中の雑誌「音楽現代」2008年6月号に掲載されたインタビュー記事でプリマドンナを歌う佐々木典子と、ツェルビネッタの幸田浩子が、批評家 岸純信氏を迎えてR.Strauss作品の魅力を語っています。

20.jpg
佐々木典子

18.jpg
幸田浩子

佐々木と幸田は2月にびわ湖ホールで、そして3月に神奈川県民ホールで、不朽の名作『ばらの騎士』に出演したばかり。アンドレアス・ホモキの演出で白と黒のコントラストの効いた緊張感のある舞台が印象的でしたが、沼尻竜典氏の熱い指揮もあいまって、非常に高い評価を受けた公演でした。二人は2003年にギュンター・クレーマーの『ばら』にも出演しています。

203-thumb.JPG
大きな話題を呼んだ『ばらの騎士』
沼尻竜典指揮・A.ホモキ演出
2008年2月びわ湖ホールにて
近年、演奏の出来だけでなく、とみに演出が話題になることもあって、歌い手に対する演技の要求度は年々高くなっていく、といった話から、優秀な演出家との共同作業によって創り上げていく舞台は、自身を高めるきっかけになる、と公演に向け意欲的です。
佐々木がウィーン市立歌劇場で経験した『ナクソス島のアリアドネ』の舞台裏話を語れば、幸田もフォルクス・オーパーで子供たちが、目を輝かせて見る『魔笛』や『ヘンゼルとグレーテル』の楽しさを。また夜には、大人が優雅に着飾って集うウィーンの劇場には、まさに『ナクソス島』そのままの社交界が今も息づいている、と。
4月から5月にかけて散歩を楽しむウィーンの公園の、ライラックの香りを懐かしむ二人は、半分はウィーンっ子なのかも知れません。

インタビューの内容は、現在発売中の「音楽現代」6月号を是非ご覧ください!

ページの先頭へ戻る

2008年05月09日 17:31

「原語上演」  オペラの制作現場からーその11

 オペラを作ると言っても大変な時間と手数がかかります。今回はその歌詞についてお話ししましょう。歌手達は出演が決まればそのプロダクションで指定されている楽譜の譜読みから始め、やがてコレペティトゥアによる音楽稽古に続いて、複数の出演者達によるアンサンブル音楽稽古まで済ませた時点で立ち稽古に移ります。この段階で音楽と歌詞が頭に入っていることが要求されます。

 昔の二期会公演だと日本語訳詞上演が普通でしたから、自分の歌う歌詞も、相手役の歌っている内容も分かりましたが、1986年頃から字幕付き原語上演が増えて行くにつれて、原語指導が必要となってきました。オペラ歌手を目指す人たちにとっては、イタリア語、ドイツ語は上演頻度が高いためにある程度基礎的な素養が付いてきますし、特定の国のオペラを歌うために平素からその国の言葉を勉強している歌手もいます。しかし、それ以外は公演の都度覚えて歌わなければなりません。オペラがドラマである以上相手役の歌っている内容を理解しなければ、その歌に対する自分の反応を返すことはできませんから、何語で歌うにせよドラマの内容理解を深めることは演技を深めていく前提となるわけです。

 今年度に予定している二期会オペラをみると、『ナクソス島のアリアドネ』はドイツ語、『エフゲニー・オネーギン』はロシヤ語、日生劇場共催公演『マクロプロスの事』はチェコ語、『ラ・トラヴィアータ』はイタリア語と4本全て使用言語が異なるという大変なことになっています。勿論専門家による原語指導をつけますが、単なる会話と歌う場合のイントネーションや発音の強調などは異なるので、人選は誰でもネイティブであれば良いとは言えないのが苦労するところです。譜読みの前に歌詞の発音とその意味の理解をコーチについて行い、音楽稽古の段階で歌い回し(ディクション)を修正して、初めて立ち稽古に臨みます。

 一人で演奏するのと違い、大勢の出演者達のレベルを合わせ有機的な結びつきを強めることで、初めて素晴らしい舞台が出来上がることを思えば、この「仕込み」ともいえる事前の準備が、公演の質を高めるために不可欠のステップだとお分かり頂けると思います。(常務理事 中山欽吾)

ページの先頭へ戻る

2008年05月02日 12:14

大村博美 & 甲斐栄次郎 演奏会 NHK BS2クラシック倶楽部で再放送されます

昨年10月にNHK-BSハイビジョンクラシック倶楽部で放送された「大村博美&甲斐栄次郎 演奏会」(収録:2007年8月11日・トッパンホール)が、5月6日(火)NHK-BS2で再放送されます。
国際的に活躍する旬の歌声を再びお楽しみください。

NHK-BS2
『クラシック倶楽部』大村博美 & 甲斐栄次郎 演奏会(Bモード・ステレオ)

放送日時:2008年 5月6日(火) 10:55~11:50
放送予定曲:
 1. 歌劇「フィガロの結婚」 から “もう飛ぶまいぞ、この蝶々” ( モーツァルト作曲 )
                           バリトン: 甲斐 栄次郎
 2. 歌劇「フィガロの結婚」 から “愛の神よ、照覧あれ” ( モーツァルト作曲 )
                           ソプラノ: 大村 博美
 3. 歌劇「ラ・ファヴォリータ」 から“レオノーラよ、わたしの愛を受けてくれ” ( ドニゼッティ作曲 )
                           バリトン: 甲斐 栄次郎
 4. 歌劇「ドン・カルロ」 から “ロドリーゴの死、終わりの日は来た” ( ヴェルディ作曲 )
                           バリトン: 甲斐 栄次郎
 5. 歌劇「ドン・カルロ」 から “世のむなしさを知る神” ( ヴェルディ作曲 )
                           ソプラノ: 大村 博美
 6. 歌劇「道化師」 から“ネッダ! シルヴィオ、こんな時間に軽率よ” (レオンカヴァルロ作曲 )
             バリトン: 甲斐 栄次郎 ソプラノ: 大村 博美
 7. 「平城山」 ( 平井廉三郎 作曲 /北見志保子 作詞 )
                           バリトン: 甲斐 栄次郎
 8. 歌劇「蝶々夫人」 から “かわいい坊や” ( プッチーニ作曲 )
                           ソプラノ: 大村 博美

二期会ブログ内関連記事
 2007年10月1日:
 NHKハイビジョンにて大村博美と甲斐栄次郎のジョイント・コンサートが放送されます【放送予定曲情報追加】

大村博美 & 甲斐栄次郎 演奏会BS2クラシック倶楽部-NHKオンライン

ページの先頭へ戻る

2008年05月01日 10:10

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン開催記念
樋口裕一サロンコンサート〜シューベルトとウィーン〜

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2008』のクラシックアンバサダーで“頭のよくなるクラシック入門”(幻冬舎)の著者、樋口裕一さんによるサロンコンサートにソプラノ会員の飯田みち代が出演。シューベルトの歌曲を中心にモーツァルト、ベートーヴェン、R.シュトラウスなどウィーンに縁のある作曲家の歌曲を披露しました。
スタインウェイ・ジャパンの“Young Virtuoso Series”で活躍中の実力派ピアニスト、新居由佳梨さんとの演奏にラ・フォル・ジュルネの雰囲気を満喫されたお客様から大きな拍手がおくられました。
2008_04palace.jpg
写真 前列左2番目から順に飯田みち代、樋口裕一さん、新居由佳梨さん
2008年4月29日(火)13時30分開演 パレスホテル ローズルーム(2F)にて
出演者:飯田みち代、樋口裕一、新居由佳梨、プリマベーラ五重奏


※樋口裕一氏が二期会Weekに出演!※
2008年6月9日(月)からサントリーホールで開催される
「二期会Week in サントリーホール」〜愉しみの刻〜
第4夜「オペラ嫌いに襲いかかるめくるめくオペラの愉しみ」
に樋口裕一氏が出演いたします。

漫画家さそうあきら氏とのトークと二期会新進歌手の歌唱は必聴です!!
是非ご来場ください!

コンサート詳細
二期会Week in サントリーホール〜愉しみの刻〜 - 二期会21東京二期会

ページの先頭へ戻る

<

>

2008

5

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

About 2008年05月

2008年05月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2008年04月です。

次のアーカイブは2008年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type