« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月 アーカイブ

2012年02月23日 12:42

宮本益光、EXTONデビュー盤「碧のイタリア歌曲」2/22リリース!

演奏、作詞、訳詞、執筆、演出と、多才ぶりを発揮する新時代のスター宮本益光が、オクタヴィア・レコードのレーベル「EXTON」より、室内合奏団「アンサンブル・クラシカ」と競演し、イタリアの名歌曲などを歌い上げた渾身のライブCD!
宮本益光『碧のイタリア歌曲/宮本益光、アンサンブル・クラシカ』が2月22日(水)に発売されました。

「碧のイタリア歌曲」とは、イタリアのブルー、アズール、抜けるような空の色。イタリアのサッカー代表の青をモチーフに、まさに紺碧の海や抜けるような青空が広がるような素晴らしい仕上がりです。故郷松山で学んだ最初の歌から宮本の音楽の軌跡を辿る集大成的なイタリア歌曲の数々を、世界三大歌劇場のひとつ、ミラノ・スカラ座の管弦楽団において長年主席フルーティストとして活躍してきたロマーノ・プッチ、ファビオ・スプルッツォラのギター、イヴァーノ・ブランビッラのマンドリンとクラリネットで構成される「アンサンブル・クラシカ」との絶妙な音楽創りで、宮本のまた新たな魅力の一面が浮き彫りになりました。
後半には加藤昌則作曲/詩・宮本益光の「もしも歌がなかったら」など、明日へ伝えたい音楽へのメッセージなども入った心洗われる名盤です。ぜひお聴きください。

OVCL-458.jpg

碧のイタリア歌曲《Musica Italiana Azzurra》
宮本益光(バリトン)、アンサンブル・クラシカ[ロマーノ・プッチ(フルート)、ファビオ・スプルッツォラ(ギター)、イヴァーノ・ブランヴィラ(クラリネット&マンドリン)]
OVCL-00458 ¥3.000(税込) 2012年2月22日発売
【収録曲】
グルック:おお、この優しい情熱の
ベルリーニ:激しい希求
ベルリーニ:優雅な月よ
ベルリーニ:清らかな女神 (インストゥルメンタル)
ドニゼッティ:一粒の涙
ドニゼッティ:私は家を造りたい
ヴェルディ:寂しい部屋で
ヴェルディ:乾杯
プッチ:地中海のアヴェマリア
トスティ:最後の歌
トスティ:夢
ガスタルドン:禁じられた歌
デンツァ:妖精の瞳
レオンカヴァッロ:朝
武満徹:小さな空
モーツァルト:カンツォネッタ(歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より)
加藤昌則/詩・宮本益光:もしも歌がなかったら

▼CDの詳細、通信販売はこちらのレーベルサイトをご覧ください
碧のイタリア歌曲 - WEB SHOP|オクタヴィア・レコード


▼宮本益光ホームページに掲載の今月のごあいさつから
宮本益光オフィシャルサイト mas-mits.com
新しいCDが出ます。
昨年、東京で開催したコンサートのライヴCDです。
イタリアからお招きした愉快なオジサンたちとのセッションは、今思い出しても、ニッコリしてしまいます。
加藤さんの「もしも歌がなかったら」(詩:宮本益光)を愛媛で歌ったとき、自分の故郷に心よく来てくれたイタリアーノたちのこと、これまでの音楽人生、先生のこと、仲間のこと、様々なことを思い出したら泣けてきて歌が出なくなってしまいました。
「もしも歌がなかったら あなたと出会うことはなかっただろう」
思えば自分の世界は、全てがこの言葉のとおりです。    宮本益光


▼ウェブマガジン・オープナーズに宮本のスペシャルメッセージが掲載されています
バリトン 宮本益光新譜『碧のイタリア歌曲』スペシャルメッセージ - MUSIC Tokyo Tips | Web Magazine OPENERS


◆ニューアルバムの発売を記念して、山野楽器銀座本店にてミニコンサート&サイン会が開催されます。
日時:2012年03月29日(木) 18:30〜
場所:山野楽器 銀座本店7F イベントスぺ-スJamSpot
<ご参加には招待券が必要です>
当CDを山野楽器各店にてご予約およびご購入されると、招待券2枚を先着順にてもらえます。

▼イベント詳細はこちらをご覧ください
宮本益光さんミニコンサート&サイン会開催 - オクタヴィア・レコード
本店開催イベントのご案内 - 山野楽器

宮本益光の楽しいトークとイタリア歌曲を中心とした演奏。
皆様のご参加をお待ちしております。


diamond

ページの先頭へ戻る

2012年02月21日 18:43

林 美智子、待望の3rdアルバム《ベル・エクサントリック ~林 美智子 ベル エポック歌曲集~》2月22日リリース!

前作《地球はマルイぜ~武満徹:SONGS》から久しく待ち望まれた、メゾソプラノ林 美智子の3rdアルバムが、遂に明日2月22日(水)にリリースされます!
タイトルは《ベル・エクサントリック ~林 美智子 ベル エポック歌曲集~》。

フランス、パリの世紀末~20世紀初期までのエスプリに満ちた「ベル・エポック期」の歌曲を集めたクラシック初の企画。サティ、プーランク、ラヴェルなど、そして同時期のフランスを中心に活動した作曲家達のユニークで独自の世界を切り取った14曲。フランスのポピュラー音楽の第一次黄金期、クラシックとシャンソンの「はざまのムーヴメント」を現代の東京から再構成。
ピアノの魔術師・河原忠之に加え、大萩康司(ギター)、三浦一馬(バンドネオン)など多彩なゲスト陣が共演しています。

 = = = = = =
※「ベル・エクサントリック」とは?
「ベル・エポック(美しい時代)」とは、ふつう、19世紀末から第1次世界大戦勃発までの、パリを中心とした華やかで優雅な文化状況をあらわすフランス語です。また、「ベル・エクサントリック」は「奇妙な美女」の意で、語源的に「エクサントリック」は「中心(サントル=センター)を外れた」という意味ですから、いまの言葉でいえば「アウト」、正統を外れ、異端に傾く趣味をもった女性をさすことになります。したがって、本アルバムは、通常のベル・エポックではなく、いささか異端の目で眺められたベル・エポック、その麗しの時代の歌曲で描きあげる風変わりなパノラマ風景といってもよいでしょう。実際、林 美智子がここに選曲し、歌っているレパートリーからは、ベル・エポックの意外にして多彩な魅力を知ることができます。それはまるで、聴く人の感性を透過して多種多様な輝きを放つプリズムのような豊かさを蔵しています。[中川省平氏によるライナーノートより]
 = = = = = =

hayashi_michiko_belle_excentrique.jpg

《ベル・エクサントリック ~林 美智子ベル・エポック歌曲集~ Belle Excentrique》
林 美智子(メゾソプラノ)、河原忠之(ピアノ)、大萩康司(ギター)、三浦一馬(バンドネオン)
DDCB-13021 ¥3.000(税込) 2012年2月22日発売
【TRACK LISTING】
(01) アヴェ・マリア(ストラヴィンスキー)
(02) パリへの旅[歌曲集「月並み」](プーランク)
(03) ホテル[歌曲集「月並み」] (プーランク)
(04) おまえはこんな風なのだ(プーランク)
(05) カディスの娘たち(ヴィアルド)
(06) アイ・リュリ(ヴィアルド)
(07) 星のない夜は(アーン)
(08) わが詩に翼ありせばアーン)
(09) カディスの娘たち(ドリーブ)
(10) イタリアの唄(ラヴェル)
(11) エレジー(マスネ)
(12) ムーラン・ルージュ(オーリック)
(13) ジュ・トゥ・ヴ(サティ)
(14)お菓子と娘 (西條八十/橋本国彦)

▼収録曲・試聴など詳細はこちらのレーベルサイトをご覧ください
ベル エクサントリック 〜 林 美智子ベル エポック歌曲集 〜 - Catalog|BounDEE by SSNW


◆そしてリリースを記念して、タワーレコード渋谷店にて、ミニライブ&サイン会を行います。
日時:2012年03月17日(土) 15:00〜 観覧自由
場所:タワーレコード渋谷店
出演:林 美智子(Ms)、河原忠之(Pf)
サイン会参加方法:
タワーレコード渋谷店にて、2/22(水)発売の当CDをお買上げいただいたお客様に、先着でサイン会参加券をお渡しいたします。イベント当日、参加券と品物をお持ちいただいたお客様にサインを差し上げます。

▼インストアイベント詳細はこちらをご覧ください
林美智子(メゾ・ソプラノ) ミニライブ&サイン会 - TOWER RECORDS ONLINE


みなさま、必聴ですよ!!

ページの先頭へ戻る

2012年02月17日 12:00

いよいよ今夜開幕!G.ヴェルディ『ナブッコ』

若き天才、アンドレア・バッティストーニを迎え、いよいよ東京二期会オペラ劇場『ナブッコ』が開幕します。

オーケストラも深みと輝きのある、ヴェルディ・サウンドを実現、合唱もすばらしい仕上がりです。
パルマ歌劇場からやって来た衣裳や装置、来日中のイタリア人照明家アルフィエーリによる照明、ステージは奥行きと陰影に富み、夢のような劇場空間を生み出しています。

出演者からも、「すごい指揮者!」「歌っていて楽しい」「イタリアの血ですね」等など、皆バッティストーニに魅せられ、士気が高い。

鋭い耳で瞬時に聴き分け、切れ味のよいテンポでぐいぐいと引っ張るバッティストーニ。「でも、妥協しないですね」と、アブダッロ役の塚田裕之が教えてくれました。
期待のタイトルロールのバリトン上江隼人、ドラマティックソプラノの板波利加の迫力、イズマエーレ役のテノール松村英行、二期会オペラデビューとなる、司祭長ザッカーリア役ジョン・ハオ、フェネーナ役中島郁子も、素晴らしい声です。

nabucco_DSC4768_s.jpg

舌を巻く完成度の高さ。
会う人すべてを虜にする類い稀なるバッティストーニの魅力。
彼が首席客演指揮者をつとめるパルマ王立歌劇場と日本の初の提携公演、日本側スタッフと一丸となって創り出す最高峰の芸術。

nabucco_DSC4834_s.jpg

今、この瞬間、この才能あふれるマエストロと出会えた幸せ、イタリア・オペラの輝き、ヴェルディならではの音楽、どうぞお楽しみください。
総本山ミラノ・スカラ座では、本年3月、4月の『フィガロの結婚』でのデビューに続い
て、来年には同じくスカラ座で、ヴェルディ最初のオペラ『オベルト』の新制作の指揮も決定しました。

YouTube公式 ぴあチャンネル
バッティストーニが語る東京二期会オペラ劇場「ナブッコ」


▼ネットニュース記事もご覧ください
「故郷を思う合唱に未来への希望を」新鋭イタリア人指揮者が日本デビュー - MSN産経ニュース

▼公演当日情報
伝説が始まる。2月17日~19日 G.ヴェルディ『ナブッコ』公演当日のごあんない - 二期会blog(2012/2/16)

▼公演詳細はこちら
『ナブッコ』公演詳細ページをみる - 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2012年02月16日 11:33

伝説が始まる。 2月17日~19日 G.ヴェルディ『ナブッコ』公演当日のごあんない

いよいよ17日(金)から東京文化会館 大ホールにて、
二期会創立60周年記念公演・東京二期会オペラ劇場『ナブッコ』の幕が開けます!
今回初来日となる伝説の指揮者アンドレア・バッティストーニが、世界でもっとも手厳しいといわれるパルマの聴衆から「ニュー・トスカニーニ」と称されている所以を是非ご体感ください!

こちらに公演当日についてのごあんないをいたします。


イタリア・パルマ王立歌劇場との提携公演
都民芸術フェスティヴァル参加公演
東京二期会オペラ劇場・二期会創立60周年記念公演
G.ヴェルディ作曲 『ナブッコ』オペラ全4部・日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
指揮:アンドレア・バッティストーニ/演出:ダニエレ・アバド
当日券と公演タイムテーブルのご案内
2月17日(金)
2月18日(土)
2月19日(日)
当日券
S,A,B
S のみ
S のみ
当日券販売開始
17:00~
12:30~
12:30~
開場
17:30
13:00
13:00
開演
18:30
14:00
14:00
第1・2部
約70分
休憩予定時刻
19:40~20:00
15:10~15:30
15:10~15:30
第3・4部
約60分
終演予定
21:00
16:30
16:30
東京文化会館
=アクセス=
<JR>
[山手線][京浜東北線][宇都宮・高崎線][常磐線][東北・上越・長野・秋田・山形新幹線]=
「上野駅」公園口徒歩1分
<地下鉄>
[銀座線][日比谷線]=「上野駅」7番出口徒歩5分
<京成電鉄>
[京成本線]=「京成上野駅」正面口徒歩6分

お車のお客様は東京文化会館ウェブサイトをご覧ください
>>交通アクセス - 東京文化会館|来場者の皆様へ
※販売状況により券種によっては販売終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※公演タイムテーブルは、当日の進行によりずれる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

《便利!》
◎二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約【Gettii(ゲッティ)】では、前売券が公演当日の開場時刻までご予約が可能です!!
チケットはご来場の途中にお近くのセブン-イレブンでお支払&お受取いただけますので、余裕をもってお越しいただけます!どうぞご利用ください!!(※PCのみの対応となります)
▼公演案内ページにある【ゲッティへGO!】ボタンをクリックしてお申込ください!!
 ↓↓↓こちら↓↓↓
2012年2月公演 G.ヴェルディ『ナブッコ』- 東京二期会オペラ劇場


【お知らせ】
本公演の演出家、ダニエレ・アバド氏は来日を予定しておりましたが、持病の悪化により医師より長時間のフライトを禁じられたため、やむなく来日の中止を余儀なくされました。バルマでの上演でも演出補を勤めたボリス・ステッカ氏がオリジナルのアバド演出を忠実に東京にて再現しております。
何卒、ご了承ください。

ページの先頭へ戻る

2012年02月15日 18:10

2月公演『ナブッコ』残席状況

二期会創立60周年記念公演第4弾・東京二期会オペラ劇場2012年2月公演 G.ヴェルディ『ナブッコ』の公演まであと2日となりました!
本公演の二期会チケットセンターにおける現在の残席状況を以下にご案内致します。
公演日や席種によっては発売終了となることも予想されますので、ご希望のお席はお早めにお求めください。
尚、二期会チケットセンターでの前売券電話予約は、各公演日の前日までとなります。

2月15日18:00現在(更新)

2月17日(金)
18:30
2月18日(土)
14:00
2月19日(日)
14:00
S席
A席
×
B席
×
C席
×
×
×
D席・E席
×
×
×
凡例 ◎…余裕あり ○…あり △…残り少なめ
   ▲…ごく僅か  ×…予定数終了

・「D席」「E席」はプレイガイドも含め、全公演日で[発売終了]となっております。
・「学生席」は、17日(金)と18日(土)公演に僅かなお席がございます。
 公演当日は発売致しませんのでご注意ください。

チケットのお申込み・公演に関するお問合せは
二期会チケットセンター 03-3796-1831

 (月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日・祝休業)
 ※Web予約なら24時間受付、座席指定可能、しかも手数料0円!

『ナブッコ』公演詳細ページをみる - 東京二期会オペラ劇場

ページの先頭へ戻る

2012年02月15日 12:15

樋口達哉、仙台フィル「絆」コンサートに出演 そして遂にソロデビューCD 「君のために~Per Te」3/11リリース!!

2月3日(金)、サントリーホールにて仙台フィル「絆」コンサートが開催され、テノール樋口達哉が共演しました。
仙台フィルハーモニー管弦楽団は、昨年の東日本大震災で自ら被災しながらも、「音楽の力による復興センター」を立ち上げ、被災地で200回以上の復興コンサートに取り組み、今なお音楽を通して「絆」を紡ぐ活動を続けています。
今回のコンサートは、仙台フィルハーモニー管弦楽団が、皆様のご支援への感謝の心をお伝えし、人々に癒しと勇気を与え続けてきた"音楽の力"を、皆様にお届けするという趣旨のもと開催されました。
被災地のひとつ、福島県出身の樋口は、マスネ『ウェルテル』より"春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか"、プッチーニ『トゥーランドット』より"誰も寝てはならぬ"等を歌い上げました。

higuchi_tatsuya_120203.jpg 終演後の楽屋にて


そして、震災からちょうど1年となる3月11日(日)、ソニー・ミュージックダイレクトより樋口のソロデビューCD「君のために~Per Te」(鈴木織衛指揮、仙台フィルハーモニー管弦楽団)のリリースが決定!!
今回演奏した上記2曲も収録されておりますので、ぜひお聴きください。
なお、このCDは東日本大震災復興支援の一環として、仙台フィルハーモニー管弦楽団が取り組んでいる「音楽の力による復興センター」に対して、CD売上げの1%が寄付されます。

higuchi_tatsuya_cd_3085.jpg ブックレット掲載写真より

▼CDの詳細はこちらのサイトをご覧ください。(先着予約特典あり!)
「君のために~Per Te (HYBRID CD)」樋口達哉 - Sony Music Shop


ページの先頭へ戻る

2012年02月13日 13:32

望月哲也 Wanderer Vol.3 ~愛への憧れ~

明日、バレンタインデーに開催される《Wanderer Vol.3》
今回のテーマはずばり「愛」。
前半は、ウィーンにゆかりの深いベートーヴェンとシューベルトの歌曲を、そして後半はこのリサイタルシリーズでは初めて、オペラを取り上げます。フランスオペラの名アリアから熱く、激しく、切なく、哀しい……男と女がさまざまに織りなす愛のかたちを取り上げます。

どうぞご期待下さい。


望月哲也 Wanderer Vol.3 ~愛への憧れ~

mochiduki5.jpg

日時:2012年2月14日(火) 19:00開演
会場:王子ホール(銀座)
出演:望月哲也(テノール)、河原忠之(ピアノ)

<予定プログラム>
◆ベートーヴェン
 アデライーデ Op.46
 連作歌曲集 「遥かなる恋人に」 Op.98、他
◆シューベルト
 「ゲーテ歌曲集」 より
 野ばら D257、憧れやまぬ恋 D138、他
◆グノー
 『ロメオとジュリエット』より “太陽よ、のぼれ”
◆ビゼー
 『カルメン』より “おまえが投げたこの花を(花の歌)”
                        他

残席、わずかとなりました。お求めお問合せください。
▼チケットのお問合せ・公演詳細はこちらから
望月哲也 Wanderer Vol.3 ~愛への憧れ~ - 銀座 王子ホール


▼望月哲也のブログで彼の近況もご覧ください
テノール屋さん 望月哲也のブログ


AUBE

ページの先頭へ戻る

2012年02月10日 17:10

アンドレア・バッティストーニ来日!

2月6日、ついに、『ナブッコ』の指揮者アンドレア・バッティストーニが来日しました!
成田空港でスタッフに迎えられたバッティストーニは、いったんホテルに荷物を置き、すぐに稽古場へ。
ほとんど休む間もなく、音楽稽古を開始しました。

batti3-thumb.jpg

「初めての日本で、皆さんと創造的な音楽活動が出来るのが大変楽しみです」
凛とした稽古場の空気に、今世界に羽ばたかんとする若きマエストロのタクトが振られました。

batti6-thumb.jpg

batti5-thumb.jpg

batti8-thumb.jpg

batti7-thumb.jpg

初顔合わせとなったこの日の稽古は大成功!
ソリストも合唱も、一瞬にしてバッティストーニの指揮に魅了されてしまいました。
その力は、翌日のオーケストラ・リハーサルでも。
まさに「伝説」のスタートという雰囲気でした。


バッティストーニも、「日本でこんなすばらしい《行けわが想い…》が聴けるなんて、感動しました」「オーケストラからオペラへの愛が伝わってきます。すばらしい!」と、満足な滑り出しの様子。この調子で通し稽古、舞台稽古を重ねていけば、東京文化会館に間違いなく、バッティストーニのヴェルディが響き渡ることでしょう。

2月17日の開幕を、新伝説のデビューを、ぜひお楽しみに!


▼『ナブッコ』公演詳細はこちら
東京二期会オペラ劇場2月公演『ナブッコ』 - 東京二期会


zen

ページの先頭へ戻る

2012年02月06日 23:13

明日を担う音楽家による特別演奏会2012

文化庁新進芸術家海外研修制度によりウィーンやミラノなど海外で研鑽を積んだ後、今活躍を始めようとする声楽家たちによるスペシャルなコンサートが、7日(火)19:00から東京オペラシティ コンサートホールで開催されます。



二期会からは、ソプラノ鈴木愛美、田島千愛、山口清子、メゾソプラノ小林紗季子、そしてテノール高田正人の5人が出演予定。それぞれが研修の地で学んだオペラ・アリアを披露します。

指揮に大勝秀也氏、管弦楽に東京フィルハーモニー交響楽団をむかえ、ヘンデルからプッチーニまで時代を追ってオペラの名曲がちりばめられた本格的なオペラ・ガラ・コンサートです。
同世代でともに切磋琢磨してきた人たち。仲間であり、お互いにライバルであるからこその見えない絆を感じつつ本番に臨んでいるようでした。


各世代においてトップクラスの才能と向学心にあふれる若手ソリストたちによる華やかなステージをお楽しみいただき、出演者の未来の活躍にどうぞご期待ください!


平成23年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
文化庁芸術家在外研修(新進芸術家海外研修制度)の成果
「明日を担う音楽家による特別演奏会」

【日時】 2012年2月7日(火)18:30開場・19:00開演
【会場】 東京オペラシティ コンサートホール
【料金】 S¥3,000- A¥2,000- B¥1,000- (全席指定)
【予約お問い合わせ】 チケットスペース Tel.03-3234-9999
          ※二期会チケットセンターでは取扱いしていません
【主催】文化庁
【制作】公益財団法人東京二期会


~~プログラム~~
ヘンデル 『エジプトのジューリオ・チェーザレ』 序曲
ヘンデル 『エジプトのジューリオ・チェーザレ』より “つらい運命に涙はあふれ” ー山口清子
モーツァルト 『フィガロの結婚』より “早く開けて開けて” ー鈴木愛美/小林紗季子
モーツァルト 『魔笛』より “なんて美しいこの絵姿” ー土崎 譲
ドニゼッティ 『愛の妙薬』より “優しいそよ風にお聞きなさい” ー山口清子/西村 悟
ドニゼッティ 『連隊の娘』より “こうなってしまって私の運命は変わる” ー田島千愛
トマ 『ハムレット』より “私も遊びの仲間に入れて下さい” ー鈴木愛美
マスネ 『ウェルテル』より 手紙の歌“ウェルテル、誰が言えましょう” ー鳥木弥生

ヴェルディ 『ナブッコ』より “かつては私の心も喜びに満ちていた” ー廣田美穂
ヴェルディ 『仮面舞踏会』より “永遠に君を失えば” ー西村 悟
ヴェルディ 『アイーダ』より “戦いに敗れた国のお前の苦しみは” ー廣田美穂/鳥木弥生
プッチーニ 『ラ・ボエーム』より “おお、優しい乙女よ” ー田島千愛/高田正人
チレア 『アドリアーナ・ルクヴルール』より “苦い喜び、甘い責め苦” ー小林紗季子
プッチーニ 『トゥーランドット』より “誰も寝てはならぬ” ー高田正人


ZEN

ページの先頭へ戻る

2012年02月04日 17:01

東京二期会オペラ劇場7月公演
『カヴァレリア・ルスティカーナ』/『パリアッチ(道化師)』絶賛発売中!

東京二期会オペラ劇場7月公演『カヴァレリア・ルスティカーナ』『パリアッチ(道化師)』公演のお電話予約(一般発売)を開始しました!

人気のヴェリズモ・オペラの公演ということに加え、注目は何といってもウィーン国立歌劇場、メトロポリタン、チューリッヒ歌劇場など超一流の劇場でイタリア・オペラを上演する際に常に招聘を切望されている指揮者、パオロ・カリニャーニです!

carignani1.jpg

オーケストラ・コンサートでは来日しているマエストロですが、日本でオペラを振るのは実はこれが初めて。
先の大晦日には、カルロス・クライバーも指揮した伝統のバイエルン国立歌劇場『こうもり』を指揮し喝采を受けたマエストロ。いよいよ二期会に、日本に登場します。


そして、演出には、新進気鋭の演出家、田尾下哲。

taoshita1.jpg

ドイツ人演出家ミヒャエル・ハンペとの出会いを機に本格的に演出を学び、新国立劇場オペラ・チーフ演出スタッフを経て、今やオペラに限らず演劇、ミュージカルの演出も手がける俊才です。

今年は年初めからホリプロミュージカル『ボニー&クライド』(1月29日に千秋楽)を演出、ハンペ演出のびわ湖・神奈川県民『タンホイザー』にも参加し、ジャンルをこえて引く手あまたの大活躍が続いています。


『カヴァレリア・ルスティカーナ』での、サントゥッツァの名アリア“ママも知るとおり…”や、人生の辛苦が浄められるような美しさの<間奏曲>、そして『パリアッチ(道化師)』でのカルーソー、デル・モナコらの名唱に彩られるカニオの“衣裳をつけろ”等、名曲・名旋律の満ちたカヴァ/パリ公演。良いお席はお早めに!


▼公演詳細はこちらをご覧ください
東京二期会オペラ劇場『カヴァレリア・ルスティカーナ』『パリアッチ(道化師)』 - 東京二期会

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日・祝休業)


ZEN

ページの先頭へ戻る

<

>

2012

2

About 2012年02月

2012年02月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年01月です。

次のアーカイブは2012年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type