« 2015年03月 | メイン | 2015年05月 »

2015年04月 アーカイブ

2015年04月30日 17:51

二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ

Hakuju Hall 朝の1時間コンサート「二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ」。
今年で3年目を迎えるコンサートシリーズに、この春 二期会オペラ研修所第58期マスタークラスを修了した、若く美しい6名の歌姫たちが出演します。

イタリアのミラノで学ぶ藤田彩歌、新国立劇場オペラ研修所でさらに研鑽を積む宮地江奈と西尾友香理、それぞれの舞台を歩み始めた別府美沙子、宅和里美、富田沙緒里。
歌に対するひたむきさ、舞台演技の追究、そして表現力において、すばらしい才能を持つ6名です。オペラ、音楽、舞台、大好きな歌を、お客様に。
その才能と、個性と、可能性を秘めた、若い歌手の歌声を、ぜひお聴きください。

■■■ 公演情報 ■■■
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ
二期会新星トップ6名による、ときめきのデビューコンサート!
会場:Hakuju Hall(白寿ホール)
[第7回] 2015年9月17日(木) Lコード:32166
出演:201504_nishio_yukari.jpg
ソプラノ
西尾友香理
201504_fujita_ayaka.jpg
メゾソプラノ
藤田彩歌
201504_aida_kumiko.jpg
ピアノ
相田久美子
[第8回] 2015年11月19日(木) Lコード:32167
出演:201504_beppu_misako.jpg
ソプラノ
別府美沙子
201504_miyachi_ena.jpg
ソプラノ
宮地江奈
201504_hirakawa_hisano.jpg
ピアノ
平川寿乃
[第9回] 2016年1月21日(木) Lコード:32168
出演:201504_takuwa_satomi.jpg
ソプラノ
宅和里美
201504_tomita_saori.jpg
ソプラノ
富田沙緒里
201504_misawa_shiho.jpg
ピアノ
三澤志保

各回とも 11:00開演(10:30開場)
      全席自由500円(税込)
一般発売:2015年5月9日(土)~
ご予約:
   ・Hakuju Hallチケットセンター 03-5478-8700
     (火~土:10:00~18:00/祝日・休館日を除く)
   ・ローソンチケット 0570-000-407

主催:Hakuju Hall/株式会社 白寿生科学研究所
協賛:株式会社 ドラジェ
協力:二期会オペラ研修所
公演:公益財団法人 東京二期会

▼予定プログラム等の公演情報詳細はこちら
二期会モーニング ディーヴァ, ディーヴォ - 白寿ホール

ページの先頭へ戻る

2015年04月30日 14:21

【「二期会WEEK@サントリーホール2015」公演情報(5)】
第5夜「ヒデユキ&ヴィタリ スーパージョイントコンサート~愛をこめて~」

日本人だけど濃い~いマスクのヒデユキとロシア人だけど日本が大好きな甘~いマスクのヴィタリがお贈りする第5夜のコンサートでは、ロシアの作曲家の作品をはじめ、魅力たっぷりのプログラムを楽しいトークとともにお楽しみいただけます。

第1部はオールロシアプログラムで、チャイコフスキーをはじめ、ロシアの美しく、そして力強く、しかし繊細なメロディーを。第2部では更にヒデユキとヴィタリの2人の魅力をたっぷりと堪能していただけるプログラムになっています。
また、男性2人の歌声を引き立ててくれるのは、ピアノのマリコ、ヴァイオリンのマサミ、チェロのマサヨの美人三姉妹です。エネルギッシュに、そして真紅の薔薇のごとくステージを盛り上げてくれること間違いなしです!
何が起こるか?サプライズもご用意いたしますので、みなさまどうぞお楽しみに。

201504_matsumura_hideyuki.jpg201504_vitaly_yushmanov.jpg
201504_taguchi_mariko.jpg201504_iwai_masami.jpg201504_ondera_masayo.jpg
[出演者写真]左上から、松村英行、ヴィタリ・ユシュマノフ、田口真理子、岩井真美、小野寺まさよ


nikikai_week_2015_thumb.jpg ■■■ 公演情報 ■■■
二期会WEEK@サントリーホール2015
第5夜「ヒデユキ&ヴィタリ スーパージョイントコンサート ~愛をこめて~」

日時:2015年6月26日(金) 19:00開演(18:30開場)
会場:サントリーホール ブルーローズ
料金:(1回券)全席指定4,500円

150624week2015_5_thumb.jpg
公演チラシ(PDF)
出演:
 テノール:松村英行/バリトン:ヴィタリ・ユシュマノフ
 ピアノ:田口真理子/ヴァイオリン:岩井真美/チェロ:小野寺まさよ
予定演奏曲目:
 オペラ『スペードの女王』より
    ゲルマンのアリオーゾ「天上の人よ、お赦しください」(チャイコフスキー)
 「ドン・ファンのセレナーデ」(チャイコフスキー)
 オペラ『フェドーラ』より「愛さずにはいられないこの思い」(ジョルダーノ)
 オペラ『アンドレア・シェニエ』より「祖国の敵」(ジョルダーノ)
 「リベルタンゴ」(ピアソラ)
 「浜辺のうた」(成田為三)
                          …ほか


▼公演情報ページはこちらをご覧ください
二期会WEEK@サントリーホール2015 第5夜「ヒデユキ&ヴィタリ スーパージョイントコンサート ~愛をこめて~」 - 二期会21

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)


▼こちらから二期会WEEK出演者のプロフィールもご覧いただけます
プロフィール|二期会WEEK特設サイト - WEBぶらあぼANNEX

▼ヴィタリ・ユシュマノフ のオフィシャルブログ(日本語)
ヴィタリ・ユシュマノフ

ページの先頭へ戻る

2015年04月28日 17:20

ブログでつなぐ…《第10回 二期会研究会駅伝コンサート》(1)
~ドイツ歌曲研究会 編~

7月26日に東京文化会館小ホールで開催致します、「第10回 二期会研究会駅伝コンサート」。
先日のブログ記事でも掲載しました通り、今年は10周年を記念して12の全研究会が出演。歌のたすきをつないで、上演時間は何と6時間45分のロングランを予定しています!

さまざまな音楽活動を展開している「二期会」には目的の一つに、声楽家に「研究の場を提供する」という目的があります。これを基本理念として設けられたのが、“研究会”活動です。
現在活動中の研究会は12団体あり、二期会会員・準会員が中心となって運営され、声楽理論ならびに技能に関する研究および、その成果の発表の場として研究会、講習会、演奏会、鑑賞会および懇親会など、さまざまな催しを活発に行っています。
そこでこの機会に、およそ週に1回のペースで各研究会にスポットを当て、演奏曲紹介や会の特徴など、順番にご紹介してまいります。


【1】~ドイツ歌曲研究会~

ドイツ歌曲研究会からは「珠玉のドイツ歌曲」としてリヒャルト・シュトラウスの歌曲をお贈りします。
ドイツ歌曲は中世のミンネゼンガーに始まり、モーツァルト、ベートーヴェンを経て、600曲以上を作曲したシューベルトによって花開きました。他のロマン派の作曲家、シューマン、ブラームス、メンデルスゾーンも美しい曲を作りましたが、ヴォルフ、R.シュトラウスによって、テキストにより忠実な音楽作りがなされ、後期ロマン派の歌曲へと移っていきます。
R.シュトラウスの音楽の魅力は何と言っても、楽劇『サロメ』『バラの騎士』に代表される耽美主義ともいえる音楽の流れです。こういった魅力はベルカントリートと言われる短い作品の一つ一つに凝縮されています。200曲以上ある彼の作品から、今回は9曲を演奏いたします。

出演者と演奏予定曲:
北村さおり(ソプラノ)
 ・Nichts なにも
 ・Ich wollt ein Sträußlein binden 私は花束を編みたかった
 ・Als mir dein Lied erklang あなたの歌が響いたとき
河村真理子(メゾソプラノ)
 ・Die Zeitlose イヌサフラン
 ・Ruhe, meine Seele 憩え わが魂
 ・Wie sollten wir geheim sie halten 二人の秘密をなぜ隠すのか
岩渕嘉瑩(テノール)
 ・Allerseelen 万霊節
 ・Ständchen セレナーデ
 ・Zueignung 献呈
ピアノ:志茂貴子

201504_kitamura_saori.jpg201504_kawamura_mariko.jpg201504_iwabuchi_yoshiaki.jpg201504_shimo_takako.jpg
写真左から:北村さおり、河村真理子、岩渕嘉瑩、志茂貴子


ドイツ歌曲研究会では、月1回の例会で内外の講師による公開レッスン、年1回交互に開催されるホールでの演奏会と、スタジオコンサートをメインとして、ドイツ歌曲の魅力を広めるべく活動しています。
二期会会員以外の方も、一般会員として入会できます。ドイツ歌曲に関心がある方、勉強したい方の参加を歓迎します。聴講もできますので、ぜひ一度例会にお越しください。

▼研究会ホームページはこちら
二期会ドイツ歌曲研究会

▼研究会についてのお問合せはこちらより
お問合せ - 東京二期会
※後日、研究会担当者よりご回答差し上げます。

150726ekiden_thumb.jpg
公演チラシ(PDF)
■■■ 公演情報 ■■■
第10回 二期会研究会駅伝コンサート
~祝・10周年スペシャル企画!!~

日時:2015年7月26日(日) 14:00開演~20:45終演予定
会場:東京文化会館 小ホール
出演:
  ・14:00~ オペレッタ研究会
  ・14:30~ オペラ・ワークショップ研究会
  ・15:00~ ロシア東欧オペラ研究会
   <休憩>
  ・15:45~ 日本歌曲研究会
  ・16:15~ フランス歌曲研究会
  ・16:45~ ドイツ歌曲研究会
   <休憩>
  ・17:30~ イタリアオペラ研究会
  ・18:00~ スペイン音楽研究会
  ・18:30~ イタリア歌曲研究会
   <休憩>
  ・19:15~ バッハ・バロック研究会
  ・19:45~ ロシア歌曲研究会
  ・20:15~ 英語の歌研究会
   <20:45 終演予定>
料金:一般4,000円、学生2,000円(全席自由・出入自由)
《チケット発売中》
ご予約・お問合せ:
 ・二期会チケットセンター TEL. 03-3796-4711

 (月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝休)

▼出演者、予定プログラムの詳細は公演ページをご覧ください
第10回 二期会研究会駅伝コンサート|コンサートラインアップ - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2015年04月27日 10:45

加賀ひとみ出演『バガヴァッド・ギーター〈神の歌〉』、NHKプレミアム「クラシック倶楽部」にて放送!

2013年にサントリーホールブルーロ―ズにて世界初演され好評を博した、西村 朗氏作曲の室内オペラ『バガヴァッド・ギーター〈神の歌〉』。再び世界初演の際のメンバーが集い、作品全9楽章から今回は5楽章を抜粋し、NHKのスタジオで収録しました。

メゾソプラノ加賀ひとみ扮する、戦いに疲れ悩む王子アルジュナに、バリトン松平 敬氏が演じる、友人のクリシュナ(実は神の化身)が、人が目指すべき“永遠の安らぎ”とは何かを説く、というインドの神話に基づいた、人類すべての苦しみと葛藤を昇華する壮大な作品を、打楽器によるオーケストラと、舞踊、CG演出を交えてお楽しみ頂きます。

201504_kaga_hitomi.jpg 加賀ひとみ

◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
「クラシック倶楽部」
放送日時:2015年4月29日(水・祝)あさ5:00~5:55
放送局:NHK BSプレミアム
出演:
 アルジュナ:加賀ひとみ(メゾソプラノ)
 クリシュナ:松平 敬(バリトン)
 指揮:板倉康明
 打楽器アンサンブル:
    上野信一、悪原 至、安藤友樹子、石井喜久子、
    伊藤すみれ、小俣由美子、新野将之
 踊り:安延佳珠子、安部裕子、吉森晴美

▼番組ホームページはこちら
クラシック倶楽部 - NHKオンライン
※放送日時は局の都合で変更になる場合がありますのでご了承ください。
※3月30日(月)より「クラシック倶楽部」の放送時間は、毎週(月)~(金)あさ5:00~5:55に変更となりました。

ページの先頭へ戻る

2015年04月24日 14:36

二期会初登場!演出・菅尾 友の『ジューリオ・チェーザレ』とは?

今、ヨーロッパで活躍する若手演出家のひとり 菅尾 友が、二期会ニューウェーブ・オペラ劇場『ジューリオ・チェーザレ』で二期会初登場!

アメリカ、ヨーロッパで育ち、子どもの頃からヴァイオリンを演奏しており、ミシガン州選抜オケのコンサートマスターを務めたことも。
ICU国際基督教大学在学中NINAGAWA CAMPANYに参加し蜷川幸雄のもと演出スタッフとして活動。
2008年にはベルリン・コミッシェ・オパーの演出スタッフとなり、その後ケルン、ベルリン、ルツェルン、チューリヒなど既に欧州で数々の本演出を手がけ、本年も二期会『ジューリオ・チェーザレ』の後に、10月プラハにて『ノルマ』、11月日生劇場『ドン・ジョヴァンニ』の演出が予定されるなど多忙を極めています。
2年前の「文藝春秋」の特集“人材はここにいる - 大手メディアと識者が選んだ108人(10年後の日本を担う逸材)”にも選ばれるなど、今、国内外で高い注目と期待を集めている演出家です。

今回の『ジューリオ・チェーザレ』がデビュー公演となるキャストが多く、稽古場ではフレッシュな感性が共鳴しあって、とてもエネルギッシュな空気に満ち溢れています。

201504_caesar_09.jpg
201504_caesar_10.jpg
立ち稽古初日、演出コンセプトの説明にキャストたちの真剣な表情。

稽古は順調のようですが、はたしてどのような舞台になるのでしょうか。本人に伺いました。


――今回の舞台で注目していただきたい点は?

このオペラは、ローマとエジプトという壮大な歴史を背景として、ジュリアス・シーザー*とクレオパトラの"ボーイ・ミーツ・ガール"物語、クレオパトラとプトレマイオス*が国王の座を争う兄弟喧嘩、シーザーのライバルであるポンペイウスの妻子(コルネリアとセクストゥス*)による復讐の企て等が描かれています。ヘンデルの楽譜には登場人物それぞれの思惑の交錯が非常に詳細に、時にコミカルに、時にシリアスに記されていて、このキャラクターごとの強い思いをいかにビビッドに視覚化するか、ということに今回の上演のポイントがあります。
“台本通り”に古代エジプト建築をモチーフとした(効果抜群の!!)美術をはじめ、美しく楽しいビジュアルにもぜひ注目してください。
現代を生きる私たちにストーリー&人間関係がリアルな感覚として伝わってくるような舞台を目指して、バロック音楽のエキスパートでいらっしゃる鈴木秀美マエストロと、素晴らしい出演者・スタッフの皆さんと相談しながら準備を進めています。

――お客様にメッセージを
オペラ歌手がアリアを歌うとき、舞台上の時間は止まりません!!!
いま、このチームだからこそ実現可能、というエネルギッシュでダイナミックな舞台が出来上がりつつありますので、見逃さないでください!


実際はもっと映画やアニメーション(!)の技法をオペラの舞台に活かすべく詳しく語ってくれました。
注目の演出家が現代によみがえらせるヘンデル・オペラの金字塔にご期待下さい。


*…メッセージ文中の固有名詞(右が今回の公演に対応)
 ・ジュリアス・シーザー → ジューリオ・チェーザレ
 ・プトレマイオス → トロメーオ
 ・セクストゥス → セスト


▼公演詳細ページはこちら
2015年5月公演 二期会ニューウェブオペラ劇場 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)
※A席と学生席は両日とも予定販売数を終了しました。
 また、S席も残席が少なくなってきております。良い席お早目に!

ページの先頭へ戻る

2015年04月24日 12:13

妻屋秀和出演「N響 スペクタクルコンサート」 放送決定!

去る3月19日(木)にNHKホールで行われた、NHKエンタープライズ30周年記念「N響スペクタクルコンサート」にバスの妻屋秀和が出演致しました。

201504_tsumaya_hidekazu_01.jpg 妻屋秀和

NHKエンタープライズの創立30周年を記念し、音楽とプロジェクションマッピングなどの映像コンテンツのコラボレーションという壮大なステージにて、妻屋は前半を締めくくるオペラ『トスカ』第1幕の幕切れ「テ・デウム」に登場。新国立劇場合唱団80名と共に、さらに世界最大級のパイプオルガンや客席に配置された金管楽器群も加わり、荘厳な音絵巻を繰り広げました。
この特別な一夜がNHK-Eテレにて放送されます。一味違うクラシックの新しい世界をぜひお聴きください!

201504_tsumaya_hidekazu_02.jpg

◆◆◆ 放送情報 ◆◆◆
「N響 スペクタクルコンサート」
放送日時:2015年4月26日(日) 午後3:00~4:30  
放送局:NHK Eテレ
▼番組ホームページはこちら
N響 スペクタクルコンサート放送のお知らせ|NHKクラシック トピックス - NHKオンライン
(※局の都合により放送予定が変更になる場合があります。)

▼7月16日(木)と19日(日)の公演に妻屋秀和がザラストロで出演します!
2015年7月公演 W.A.モーツァルト『魔笛』 - 東京二期会

●『魔笛』チケットのお申込は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
 (月~金:10:00~18:00/土:10:00~15:00/日祝:休)
 ~良い席お早めに!

ページの先頭へ戻る

2015年04月23日 11:48

【「二期会WEEK@サントリーホール2015」公演情報(4)】第7日
最終日は「匠がうたう日本の心」

今年の二期会WEEKのフィナーレは、現在日本の声楽界をけん引しているソプラノ澤畑恵美、テノール福井 敬、バリトン福島明也の3人の匠が登場。豊かな経験を基に「言霊」とも言われる日本語の織りなす、詩やメロディの魅力を余すところなく歌いあげます。
先ずは〈美しい日本の四季〉を賛美し、次に〈さまざまな愛〉をうたう、そして〈日本の原風景〉、最後は〈不朽の名作〉へ。
記憶に残る素晴らしい一時となることでしょう。

201504_sawahata_emi.jpg201504_fukui_kei.jpg201504_fukushima_akiya.jpg201504_taniike_etsuko.jpg
[出演者写真]左から、澤畑恵美、福井 敬、福島明也、谷池重紬子


nikikai_week_2015_thumb.jpg ■■■ 公演情報 ■■■
二期会WEEK@サントリーホール2015
第7日「匠がうたう日本の心」

日時:2015年6月28日(日) 14:00開演(13:30開場)
会場:サントリーホール ブルーローズ
料金:(1回券)全席指定4,500円

出演:
 ソプラノ:澤畑恵美/テノール:福井 敬/バリトン:福島明也/ピアノ:谷池重紬子
予定演奏曲目:
 おかあさん(作詞:田中ナナ 作曲:中田喜直)
 ねむの木の子守唄(作詞:美智子皇后陛下 作曲:山本正美)
 悲しくなったときは(作詞:寺山修司 作曲:中田喜直)
 さとうきび畑(作詞・作曲:寺島尚彦)
 荒城の月(作詞:土井晩翠 作曲:滝廉太郎)
                          …ほか

▼公演情報ページはこちらをご覧ください
二期会WEEK@サントリーホール2015 第7日「匠がうたう日本の心」 - 二期会21

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)

ページの先頭へ戻る

2015年04月22日 18:16

演出・宮本亜門からメッセージ! 東京二期会オペラ劇場モーツァルト『魔笛』



みなさん、こんにちは!宮本亜門です。
今年7月、東京文化会館で、東京二期会オペラ劇場モーツァルト『魔笛』を上演いたします!

――今回の『魔笛』は、オーストリア・リンツ州立劇場との共同制作公演。宮本さん自身初めてヨーロッパでのオペラ演出となりました。

オーストリアで(『魔笛』の)演出をしないかというお話が来たときは、正直1年間おことわりしつづけておりました。「日本人の僕が?西洋の歴史がわかってないじゃない!?」という思いで自分を責めていたのです。でも、それ以上に僕にはモーツァルトへの想いがありました。僕はモーツァルトが大好きなのです。
モーツァルトは、人間を善と悪でみていません。人間の中にはいろいろな矛盾があって、だからこそ、人間というものはいとおしくもすばらしい。この『魔笛』がよく荒唐無稽だと言われてしまうのは、そうした矛盾が描かれているからです。でも、それは単なる荒唐無稽なのではなく、人間はいろんな矛盾を抱えて人とともに生きている、ということが
『魔笛』のテーマのひとつなのだと僕は理解しています。
オーストリアでの初演にむけての稽古では、最初はもうドキドキして、「こんな、かつてモーツァルトがいた場所で、僕はオペラなんかできないよ」と思っていたのですが……歌手のみなさん、指揮者のみなさん、そしてオーケストラのみなさんと一緒に仕事をしていたら、まあ楽しくて……。すごく嬉しいことを言っていただきました。「一番初め、モーツァルトが『魔笛』を作ったときってこんな感じだったかもね」「今は理屈っぽいモーツァルトが多いけれども、本当はこうやってみんなに語りかけたかったのかもね」と。僕は本当に仕事してよかったと思います。ぜひ劇場に足を運んでいただいて、このあたたかい感覚を味わっていただければなあと思っています。
二期会さんと仕事させていただいて、何作目?かになるんですけれども(※実際は5作目になります)、毎回楽しい思いをさせていただいております。歌手のみなさんとの仕事では僕はいつも元気づけられます。若い人たちは「オペラってこんなに面白いんだよ!」ともっと伝えたい、という気持ちがたくさんあるみたいですね。稽古場で意見を出し合って、ほんとうに細かい心情や歌い方をていねいにお互い話し合作って本番にむかっていくという経験をしてきました。今回も素晴らしいキャストが選ばれました。日本人ならではの、ていねいな、心のこもった舞台をみなさまにお見せできると思います。楽しみにしていてください!


▼公演情報ページはこちら
2015年7月公演 W.A.モーツァルト『魔笛』 - 東京二期会

●『魔笛』チケットのお申込は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
 (月~金:10:00~18:00/土:10:00~15:00/日祝:休)
 ~良い席お早めに!

ページの先頭へ戻る

2015年04月22日 11:19

幸田浩子 7thアルバム《スマイル-母を想う-》4月22日(水)リリース!&メディア出演情報

4月22日(水)にリリースとなった、自身7枚目となる幸田浩子待望の新アルバム《スマイル-母を想う-》。
このアルバムに寄せた、幸田のメッセージをご紹介させて頂きます。

201504_kouda_hiroko_01.jpg

SMILE-母を想う

涙より微笑みのほうがずっとずっとすてきだよ、とチャップリンが優しく語りかけてくれるような、大好きな曲“スマイル”
いつも母が歌ってくれた子守唄
今、一番行きたいところは?と母に聞くと、ザルツブルク!!と答えるほど大好きだった、その所以の“サウンドオブミュージック”
悲しいときにくりかえし、くりかえし聴いていた“クロリスに”
真摯に歌い続けていれば、このようにすばらしい作品に巡り合わせてもらえるのだなあ、と心から感じた”魂の歌“
声を合わせ母を送ってくださった、たくさんの方々の“主よ、みもとに近づかん”

日常の中にあふれるささやかな祈りのような、あなたは大丈夫…と優しく肩を撫でていてくれるような、
そんな曲たちを集め、母への私のパーソナルな想いが、聴いてくださる皆さまそれぞれの想いと、どこかで繋がることができたら、とCDにいたしました。
加藤さんが、たくさんの想いをどーんと受け止めて、あたたかくきらきらしたピアノと包み込むオルガン演奏、そしてすてきな編曲をしてくださり、西江さん、千葉さん、篠﨑さん、川上さん 大萩さんの、優しく美しい、時に力強い響きとアンサンブルに包まれ、レコーディング中に幸せなエネルギーをたくさんいただきました。
ドラマ『永遠の0』の挿入歌、切なく愛に溢れた“ヴォカリーズ”も加えていただけることになりました。
このCDを聴いてくださる皆さま、そして携わってくださったすべての方々に感謝いたします。
そして、この歌たちが、あなたの涙と微笑みのそばにあり、あなたを優しく励ましてくれますように、と心から願っています。 ―― 幸田浩子

▼日本コロムビアの特設サイトでは、幸田による当アルバムの最新コメント映像がご覧頂けます。
7thアルバム『スマイル -母を想う-』4/22発売!最新コメント映像が到着しました。|幸田浩子 - インフォメーション - 日本コロムビア

1曲1曲に幸田のパーソナルな想いが込められた《スマイル-母を想う-》。ぜひお聴きください。

201503_kouda_hiroko_smile.jpg●●● CD新譜情報 ●●●
幸田浩子《スマイル―母を想う―》

日本コロムビア 2015年4月22日発売
COCQ-85257/2,800円(税別)
幸田浩子(Sop)、加藤昌則(編曲/Pf/Org)、西江辰郎(Vn)、千葉清加(Vn)、篠﨑友美(Va)、川上 徹(Vc)、大萩康司(Gt)
録音:2014年12月15-17日 オリンパスホール八王子/2014年12月20-22日 サウンドシティ・スタジオ* [96kHz/24bitハイレゾ録音]

▼新CDの詳細情報はこちら
幸田浩子|ニューリリース - 日本コロムビア


◆◆◆ 放送情報 [1] ◆◆◆
NHKラジオ第1「すっぴん!」
放送日時:2015年4月30日(木) あさ8時05分~11時49分〔生放送〕
     (幸田の出演時間は10時5分~10時55分を予定)
放送局:R1<NHKラジオ第1放送>
出演:川島 明(タレント)、藤井彩子(NHKアナウンサー) 、幸田浩子(ゲスト)
   (※放送局の都合により、番組内容等が変更になる場合がございます)

▼番組ホームページはこちら
すっぴん|NHKラジオ第1 - NHKオンライン


◆◆◆ 放送情報 [2] ◆◆◆
テレビ朝日「題名のない音楽会」
~佐渡裕ウィーン案内(1)名所に名曲あり~

放送日時と放送局:
 ・テレビ朝日系列:2015年5月3日(日) あさ9時~9時30分
 ・BS朝日:2015年5月10日(日) よる23時~23時30分
   (※放送局の都合により、放送日時・番組内容等が変更になる場合がございます)
出演:
 ・司会:佐渡 裕、本間智恵
 ・演奏:幸田浩子(ソプラノ)、西原 稔(音楽学者)、太田雅音(指揮)
     東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

佐渡 裕氏のトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督就任を記念して、ウィーンの美しい建造物や名所を紹介しながらゆかりの深い名曲をお送りする今回。幸田は、アルバム《ワルツの夢~幸田浩子・イン・ウィーン》にも収録されているJ・シュトラウスII世の「春の声」、ジーツィンスキーの「ウィーン、わが夢の街」を披露致します。名門歌劇場ウィーン・フォルクスオーパーの専属として活躍するなど、そのキャリアの一時期を過ごした幸田ならではのウィーン・トークもお聴き逃しなく!

▼番組ホームページはこちら
題名のない音楽会 - テレビ朝日

201504_kouda_hiroko_02.jpg番組で演奏される「春の声」「ウィーン、わが夢の街」が収録されたアルバム
≪ワルツの夢 ~幸田浩子・イン・ウィーン≫
絶賛発売中!/COCQ-84986/¥2,800+税

▼アルバム詳細はこちら
ワルツの夢 ~幸田浩子・イン・ウィーン|ディスコグラフィー|幸田浩子 - 日本コロムビア


ページの先頭へ戻る

2015年04月21日 17:18

アルテリーベ・フレッシュコンサート~5月の二期会アーティスト出演回:「歌の花束をあなたに」

新橋の音楽レストラン「アルテリーベ東京」では、《月曜日は新橋でオペラ》を合言葉に、今後の活躍が期待される若手歌手によるディナー企画「フレッシュ・コンサート」シリーズを開催し、既に50回を超える公演を行っています。

5月の二期会のフレッシュ・アーティスト出演日は18日(月)。
今回の主役であるソプラノの小村朋代とアルトの石井 藍が素敵な一夜をお届けします!

そんな二人からメッセージが届いております。

「風薫る新緑の季節となりました。今回のアルテリーべフレッシュコンサートは、「歌の花束をあなたに」と題して、華やかなアリアからじっくりと聴かせる歌曲まで、二人が得意とする曲を集めて皆さんにお届けします。
一曲も聞き逃せない贅沢なプログラムを、美味しい食事と共に楽しんでいただければ幸いです!― 小村朋代」

「今回は歌の花束をテーマにイタリア語、ドイツ語、フランス語様々な言語からバラエティー豊かな音楽を皆様にお届けします。
私が歌わせていただくドヴォルザークのジプシーの歌はハンガリー風、ボヘミア風等、様々な個性を見出すことができる大変興味深い曲集です。その他、有名なオペラアリアや重唱の<歌の花束>を美味しいお食事と共に皆さんへお届けいたします!― 石井 藍」

確かな実力をもつ二人のフレッシュな歌手が、皆様にご満足頂ける名曲の数々、「歌の花束」をご用意してお待ちしております。
月曜フレッシュコンサートのお食事はビュッフェ形式となり、飲み放題もついております。
華やかな舞台姿と共に、とっておきの一夜をお楽しみください。ご予約はお早めに!

201504_komura_tomoyo.jpg
ソプラノ
小村朋代
201504_ishii_ai.jpg
アルト
石井 藍
201504_matsubara_yuko.jpg
ピアノ
松原裕子


■■■ 公演情報 ■■■
《アルテリーベ東京 第52回月曜フレッシュコンサート》
~歌の花束をあなたに~
日時:2015年5月18日(月) 18:00開店
  第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:小村朋代(ソプラノ)、石井 藍(アルト)、松原裕子(ピアノ)
予定プログラム:
  リヒャルト・シュトラウス 「チェチーリエ」
  サン=サーンス 『サムソンとデリラ』より あなたの声に心は開く
  プッチーニ 『蝶々夫人』より 花の二重唱     …ほか

さあ、「月曜日は、新橋で、オペラ」!

▼お問合せ・ご予約は
アルテリーベ東京
 TEL03-3519-7007

ページの先頭へ戻る

2015年04月20日 13:05

ソプラノ佐藤優子が平成27年度 五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞

このたび、ソプラノ佐藤優子が、平成27年度五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞、4月16日に渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて受賞式と祝賀パーティーが行われました。

201504_sato_goto_01.jpg

佐藤優子は東京音楽大学及び同大学大学院声楽専攻オペラ研究領域首席修了。その後、二期会オペラ研修所第54期マスタークラスを修了、修了時に優秀賞・奨励賞を受賞しています。近年は、東京二期会2013年8月の『ホフマン物語』オランピア、同2015年2月の『リゴレット』ジルダ等、目覚ましい活躍で注目される期待の新星です。

本賞授賞式の披露歌唱では、佐藤はR.シュトラウスのオペラ『ナクソス島のアリアドネ』より、ツェルビネッタのアリア「­偉大なる王女様」を演奏しコロラトゥーラを駆使した見事な歌唱で、来賓の方々から盛大な喝采を浴びました。

201504_sato_goto_02.jpg

今後は五島記念文化財団の助成を得て年度内に渡欧し、イタリア・ヴェローナを拠点に研鑽を積む予定です。
さらなる飛躍にご期待ください。

▼五島記念文化賞とは
五島記念文化賞 - 公益財団法人五島記念文化財団
平成27年度 五島記念文化賞・オペラ公演助成 決定のお知らせ - 公益財団法人五島記念文化財団

ページの先頭へ戻る

2015年04月17日 14:45

5月『ジューリオ・チェーザレ』~マエストロ鈴木秀美に聞く、鈴木秀美を聴く

5月公演、二期会ニューウェーブ・オペラ劇場ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』の立ち稽古が始まりました。ヘンデル・オペラの最高峰といわれるこの作品。これから連日、連夜、まさにその“頂上”を目指して、キャスト、スタッフ一丸となって登り詰めていきます!

先日のブログ「5月『ジューリオ・チェーザレ』~「伝統と革新と」音楽稽古が進行中!(4/3記事)」でもご紹介したとおり、立ち稽古の日を迎えるまでに、通奏低音奏者と綿密な音楽稽古を重ねてきました。
そこで、今日はマエストロ鈴木秀美氏に、本公演への想いを聞きました。

201504_caesar_08.jpg 稽古場にて

「オペラは演奏したことはあっても指揮をするのは殆ど初めての経験です。
制作現場から新進演出家の菅尾 友さんと話し合い、意見交換をしながら参加できることは大変嬉しく思っています。
また、ピットに入るニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウは今回新設されたもので、国内外の第一線級の古楽奏者と東京芸術大学、桐朋学園音楽大学の専攻生によるオーケストラです。バロックオペラを経験するチャンスは少ないので、是非継続した流れを作っていきたいです。
ご来場のお客様にはオリジナル楽器を使用した古楽の奏法と新しい演出といった、伝統的な面と、新しい才能のエキサイティングな出会いを楽しんで頂ければ幸いです。」


   *     *     *     *

また、ご好評をいただいている、ナクソス・ミュージック・ライブラリー共同企画による「東京二期会公演楽曲試聴コーナー」に、鈴木秀美氏のアルバムをなんと4枚も用意しました!

201504_caesar_05.jpg

「鈴木秀美(指揮・チェロ)を試聴する」をクリック

201504_caesar_06.jpg

15分間は継続して試聴可能。どうぞお楽しみください。


さて、この日は、演出の菅尾 友氏からも舞台コンセプトがキャストらに伝えられました。

201504_caesar_07.jpg

舞台模型を使っての説明のひとつひとつに、キャスト全員「へぇー!」「おぉー!」と声をあげて聞き入っていました。その模様は、また次回に。


▼公演詳細ページはこちら
2015年5月公演 二期会ニューウェブオペラ劇場 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)
※A席と学生席は両日とも予定販売数を終了しました。良い席お早目に!

ページの先頭へ戻る

2015年04月16日 13:56

いよいよ4/18(土)からチケット一般発売!『ダナエの愛』指揮、準・メルクルからメッセージ

いよいよ今週末、4月18日(土)から、10月公演R.シュトラウス作曲オペラ『ダナエの愛』のチケットが一般発売になります!

発売にむけて、指揮者の準・メルクル氏のメッセージ動画を公開します。
どうぞご覧ください!



----------準・メルクルからのメッセージ-------

皆様こんにちは、準・メルクルです。『ダナエの愛』の指揮者です。

シュトラウスのオペラ『ダナエの愛』は、非常に上演頻度の少ない作品です。その理由の一つは、完成したのがまさに第二次世界大戦の最中、1940年で、人々はオペラ上演どころではなく、この作品のプレミエが実現しなかったところにあります。また、戦争が終わっても、しばらくは、“オペラのプレミエをする”という伝統がなかなか再開しなかったため、今日まで作品はあまり知られずにきました。
しかし、私たちは、日本で最初の舞台版を上演いたします。音楽が大変美しいので、この舞台は素晴らしいものになると確信しています。聴く価値がありますよ!

私にとっては、リヒャルト・シュトラウスは特別な作曲家です。たくさんの作品を書き、その作品はいつも私のそばにありました。実は、私は彼が住んでいた所の近くに住んでいました。彼は、ガルミッシュ・パルケンキルヒェンに住まい、私はミュンヘンに住んでいます。彼の音楽はとてもパワフルで、そして、歌手達のために大変美しく書かれています。また、歌手達の声に対する心遣いが感じられ、精緻化されている一方、大変強力な物語でもあります。僕は、彼の音楽の大ファンです。

――2006年に演奏会形式の日本初演を指揮した故若杉弘氏について

マエストロ若杉弘は、私が学んだ偉大な師のひとりです。先生はいつも、この『ダナエの愛』を日本で上演することを望んでいました。10年程前に、先生はコンサート形式で公演を成功させましたが、舞台版はまだ誰も日本では上演できていません。それを私たちが実現します。若杉先生を思いながら、日本で最初の舞台版を上演します。
そして、何年も前になりますが、『ラインの黄金』や『ワルキューレ』で良い思い出を分かち合った東京フィルハーモニー交響楽団と再び共演できることを、とても楽しみにしています。

さあ、皆さん、これは絶対に観るべきですよ!皆さんに劇場でお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。

----------------------------------------

▼『ダナエの愛』公演詳細ページはこちら
東京二期会オペラ劇場2015年10月公演 R.シュトラウス『ダナエの愛』 - 東京二期会
 日時:2015年10月2日(金)18:30開演/3日(土)14:00開演/4日(日)14:00開演
 会場:東京文化会館 大ホール
 指揮:準・メルクル/演出:深作健太

▼チケットのお求めはこちらから
二期会チケットセンター
 TEL 03-3796-1831 (FAX 03-3796-4710)
 受付時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~15:00/日・祝休業

★発売日はネット予約が便利!★
二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約「Gettii」では発売開始日の《午前0時》からお申込いただけます!
▼こちらのボタンを押して「Gettii」の東京二期会オペラ劇場チケット申込ページへ
 チケット購入サイト ゲッティへGO!
<座席位置がお選びいただけます!ユーザー登録不要!しかも手数料ご負担0円>
※インターネット予約「Gettii」では学生席および、愛好会のご入会はお申込いただけません。二期会チケットセンターまでお電話にてお申し込みください。

ページの先頭へ戻る

2015年04月16日 10:22

“ザ・ジェイド” セカンドシングル『倖せのまわり道』~4/22(水)リリース!!

日本歌謡界を代表するヒットメーカー、荒木とよひさ氏の書き下ろしにより新たな愛の名曲が誕生しました!!
大人のザ・ジェイドだからこそ届けられる、大人の女性への愛の歌!

日本歌謡界の至宝、稀代のストーリーテラーともいえる荒木とよひさ氏が、オペラ界のプリモ・ウォーモたちによるヴォーカル・グループ“ザ・ジェイド”のために、愛の歌2作品を書き下ろしました。
作曲は荒木氏との絶妙なコンビネーションで、実力派、羽場仁志氏が手掛けています。

人生の様々なシーンを乗り越えてきた女性たちに「さあ 恋をしなさい」と語りかける、メッセージ・ソングともいえる『倖せのまわり道』は、優しさと癒しにみちた作品です。
カップリング曲の『悩みのバラ』では、ラテン調の歌謡曲にザ・ジェイドが初めて挑戦。大人の恋の音楽劇のような作品に仕上がって、ザ・ジェイドの新たな魅力を感じていただけます。

201504_thejade.jpg

●●● CD新譜情報 ●●●
The JADE ザ・ジェイド
2nd SINGLE『倖せのまわり道』

収録曲:
 1.「倖せのまわり道」 作詞:荒木 とよひさ 作曲:羽場 仁志
 2.「悩みのバラ」 作詞:荒木 とよひさ 作曲:羽場 仁志
 3.「倖せのまわり道」オリジナル・カラオケ
 4.「悩みのバラ」オリジナル・カラオケ
[CD] DLCR-15041 1,200 円 (税込)
MW RECORDS 2015年4月22日発売

▼The JADE公式サイトはこちら
4/22(水)ザ・ジェイドのニューシングル『倖せのまわり道』発売決定!|最新ニュース - The JADE ザ・ジェイド

▼タワーレコードほか各オンラインストアにて取扱がございます
The JADE/倖せのまわり道 - TOWER RECORDS ONLINE
倖せのまわり道 The JADE - CDJournal
※上記CD JournalのCD詳細ページに掲載の取扱店バナーからも各オンラインストアにリンクしています


ページの先頭へ戻る

2015年04月15日 12:36

祝10周年!! いよいよ発売!! 夏の風物詩「二期会研究会駅伝コンサート」

毎夏の恒例となりました「第10回 二期会研究会駅伝コンサート」が、いよいよ4/24(金)にチケット発売となります!
昨夏は改修中の東京文化会館に代わり、江戸文化の発祥の地であり、数多くのスター達の輩出を支えてきた浅草公会堂にて「ハーフ駅伝」と銘打ち、「歌のたすき」を繋げていきましたが、今夏は “本拠地”東京文化会館小ホールに戻り、“10周年”記念の冠を掲げ、華々しく開催いたします。

今回が初めてとなる全12研究会が揃っての出演に加え、さらには各研究会の演奏時間も拡大。第一走者「オペレッタ研究会」のスタートから、アンカー「英語の歌研究会」のゴールまで、それぞれの研究成果を歌声にのせ、駅伝のようにつなげ…、完走までなんと約6時間45分です!!

さすがにこんなに座っていては、疲れてしまうのでは…と思う方も多いはずですが、そんな心配は一切必要ありません!!
ホワイエでは各研究会がそれぞれブースを展開し、ここでしか買えないCDやDVD、オリジナルグッズなども販売しております!
それはまるで夏祭りの露店のよう!耳だけではなく、目でも楽しめる工夫が凝らされているのも、駅伝コンサートならではの面白さではないでしょうか。

是非この二期会駅伝コンサートで「芸術の“夏”」を楽しんでみませんか?

150726ekiden_thumb.jpg
公演チラシ(PDF)
■■■ 公演情報 ■■■
第10回 二期会研究会駅伝コンサート
~祝・10周年スペシャル企画!!~

日時:2015年7月26日(日) 14:00開演~20:45終演予定
会場:東京文化会館 小ホール
出演:
  ・14:00~ オペレッタ研究会
  ・14:30~ オペラ・ワークショップ研究会
  ・15:00~ ロシア東欧オペラ研究会
   <休憩>
  ・15:45~ 日本歌曲研究会
  ・16:15~ フランス歌曲研究会
  ・16:45~ ドイツ歌曲研究会
   <休憩>
  ・17:30~ イタリアオペラ研究会
  ・18:00~ スペイン音楽研究会
  ・18:30~ イタリア歌曲研究会
   <休憩>
  ・19:15~ バッハ・バロック研究会
  ・19:45~ ロシア歌曲研究会
  ・20:15~ 英語の歌研究会
   <20:45 終演予定>
料金:一般4,000円、学生2,000円(全席自由・出入自由)
チケット発売:2015年4月24日(金)より
ご予約・お問合せ:
 ・二期会チケットセンター TEL. 03-3796-4711

 (月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝休)

▼出演者、予定プログラムの詳細は公演ページをご覧ください
第10回 二期会研究会駅伝コンサート|コンサートラインアップ - 東京二期会

ページの先頭へ戻る

2015年04月10日 13:53

リヒャルト・シュトラウス最後の至宝!4月18日(土)から10月公演『ダナエの愛』チケット一般発売開始!

2015年10月、東京二期会はリヒャルト・シュトラウス最後から2番目のオペラ『ダナエの愛』を舞台上演日本初演、4月18日(土)よりチケットの一般発売を開始します!


「戦時中ながら指揮者クレメンス・クラウスの奔走もあり、初演は1944年のザルツブルク音楽祭で予定されたが、第二次世界大戦の悪化により音楽祭が中止になり、クラウスの指揮の下、ルドルフ・ハルトマンの演出で8月16日に公開ゲネプロのみが行われた。ザルツブルクでの舞台稽古の際、全曲の最後の音が消えたあと、会場は深い沈黙が続いた。シュトラウスは涙に声を詰まらせてこう言った「もっといい世界で再会しましょう」。戦後1952年8月14日、同じクラウスの指揮とハルトマンの演出で公式に初演されたが、シュトラウスは既にこの世にいなかった」
(石川 創:2006年1月22日新宿文化センターでの『ダナエの愛』演奏会形式日本初演プログラムノートより)

201504_danae_01.jpg

手に触れるものを全て黄金に変えてしまう能力を持つミダスの神話と、眠っているダナエの床にユピテル(ジュピター)が黄金の雨に姿を変えて降り注ぎ、ペルセウスを孕ませたという神話――ふたつのギリシア神話が融合して、現代的なテーマをはらんだドラマとなっています。

日本リヒャルト・シュトラウス協会の広瀬大介さんに、解説をしていただいています。

「初めの二つの幕では、ダナエを巡るユピテルとミダスの駆け引きがコミカルに描かれ、まるでオッフェンバックのオペレッタを目にしているかのような愉しさに満ちているのに対し、最後の第三幕はユピテルが切々とダナエに愛を訴えるも拒絶される、という、ワーグナーの楽劇に出てくる神々の苦悩もかくや、といった、重々しい雰囲気に彩られています。いわば、ひとつの作品の中に、ふたつのジャンルが共存しているような、独自の構造を持つオペラなのです」

▼広瀬さんの入門解説、詳細はこちら
シュトラウスが傾倒したギリシアを舞台にした最後のオペラ『ダナエの愛』への誘い - 東京二期会

また、より詳しくお知りになりたい方は、現在発売中の音友ムック『名作オペラに酔う!』をご覧ください!
新プロダクション紹介として『ダナエの愛』が、指揮の準・メルクルのインタビュー記事とともに掲載されています。

201504_danae_02.jpg 表紙

201504_danae_03.jpg 201504_danae_04.jpg

▼音友ムック『名作オペラに酔う!』の情報はこちらから
〔ONTOMO MOOK〕Grand Opera 名作オペラに酔う! 名作オペラ50選~この1冊でオペラがわかる - 音楽之友社

▼『ダナエの愛』公演詳細ページはこちら
東京二期会オペラ劇場2015年10月公演 R.シュトラウス『ダナエの愛』 - 東京二期会
 日時:2015年10月2日(金)18:30開演/3日(土)14:00開演/4日(日)14:00開演
 会場:東京文化会館 大ホール
 指揮:準・メルクル/演出:深作健太

▼チケットのお求めはこちらから
二期会チケットセンター
 TEL 03-3796-1831 (FAX 03-3796-4710)
 受付時間:平日10:00~18:00/土曜10:00~15:00/日・祝休業

ページの先頭へ戻る

2015年04月10日 10:10

5月『ジューリオ・チェーザレ』~“通奏低音”とは?

バロック音楽に触れる際に必ずといっていいほど見られる単語「通奏低音」。
ただ、言葉は知っているけれど、どのようなことを表しているのかご存じでしょうか?

通常、私たちが音楽を聴くときには「旋律」と「伴奏」を意識すると思います。非常に簡単に説明するならば、通奏低音は主に17~18世紀における「伴奏」を担当するパートで、楽譜はこのような記譜になっています。

201504_caesar_03.jpg

上記のように段の下に数字が書き込まれていますね。これは作曲者がその音にどの和音を想定したかを表しており、通奏低音奏者はその音と旋律を見ながら即興(!)で演奏することが求められます。
ちなみに矢印の1小節目は、バス音E(ミ)に6と書き込まれていますので、Eから6度上のC(ド)が存在する第1転回で、下からE(ミ)-G(ソ)-C(ド)の和音になります。続く2小節目はD(レ)-F(ファ)-A(ラ)、3小節目はC(ド)-E(ミ)-G(ソ)。コードネームで書くならば、Em6~Dm~Cというところでしょうか。これを基に即興で伴奏の音を足すのです。

通奏低音は一般に、チェンバロやオルガン等の鍵盤楽器、テオルボ等の撥弦楽器、それにチェロやファゴット等を組み合わせて編成されます。ですので、通奏低音にどの楽器を使うかというのも、指揮者、奏者、曲目により異なります。
今回の『ジューリオ・チェーザレ』の稽古ではチェンバロ、テオルボ、チェロを使用しています!

201504_caesar_04.jpg
音楽稽古で使用中のチェンバロ

『ジューリオ・チェーザレ』では、演奏を支える通奏低音パートにもご注目!


▼公演詳細ページはこちら
2015年5月公演 二期会ニューウェブオペラ劇場 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)
※両日のA席と、5/24公演の学生席は予定販売数を終了しました。良い席お早目に!


ページの先頭へ戻る

2015年04月09日 15:22

メゾソプラノ山下牧子が平成27年度よんでん芸術文化奨励賞を受賞

このたび、メゾソプラノ山下牧子が、平成27年度よんでん芸術文化奨励賞を受賞いたしました。
同賞は、公益財団法人よんでん文化振興財団により四国出身または四国在住の優れた芸術家もしくは四国地域の芸術文化の振興に多大の貢献をされた方に対して顕彰され、近年では平成21年度にバリトン宮本益光(愛媛県出身)が、22年度にメゾソプラノ谷口睦美(高知県出身)らが受賞しています。

山下は高松市出身で、東京二期会、新国立劇場等のオペラ公演や国内主要オーケストラとの演奏会で素晴らしい実績を残す、目下絶好調の逸材。
尚、表彰式は6月17日に予定されています。

201504_yamashita_makiko.jpg
山下牧子
2015年3月「二期会ゴールデン・チャリティー・ガラ・コンサート」(於 津田ホール)より

公益財団法人よんでん文化振興財団は、四国電力株式会社が創立40周年を機に、四国地域における芸術文化の向上への協力 を通じ、真に豊かでゆとりのある地域社会の実現に貢献することを念願して平成3年10月1日に設立された財団です。

▼よんでん文化振興財団のウェブサイトより
平成27年度 事業計画 (PDFファイル)
 ※ 2.顕彰の項目に受賞者が掲載されています。
暦年受賞者|顕彰

▼山下牧子のプロフィールはこちら
山下 牧子 (ヤマシタ マキコ) メゾソプラノ会員 - 二期会21

ページの先頭へ戻る

2015年04月03日 15:38

5月『ジューリオ・チェーザレ』~「伝統と革新と」音楽稽古が進行中!

「伝統と革新と」


間もなく開始の立ち稽古に向けて、音楽稽古が進行中の当公演。
マエストロ鈴木秀美氏と、通奏低音奏者の皆さんのもと、タイトルロールの杉山由紀、成田伊美を始めとする若手ソリストが、伝統的なバロックのスタイルを体現すべく稽古を重ねています。

201504_caesar_02.jpg

本日はほぼすべてのキャストが揃い、音楽的な仕上げの段階に入っています。

201504_caesar_01.jpg

一方で気鋭の演出家、菅尾 友氏を中心とするスタッフも、綿密な打ち合わせを重ねています。
二村周作氏デザインの舞台装置、十川ヒロコ氏デザインの衣裳は、古代ローマやエジプトを想起させるものと、現代的なテイストが合わさった非常に美しいものになりそう。

新制作公演『ジューリオ・チェーザレ』是非ご期待ください。

▼公演詳細ページはこちら
2015年5月公演 二期会ニューウェブオペラ劇場 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)
※両日のA席と、5/24公演の学生席は予定販売数を終了しました。良い席お早目に!

ページの先頭へ戻る

2015年04月02日 18:03

アルテリーベ・フレッシュコンサート4月は「春満開!ソプラノの饗宴」

新橋の音楽レストラン「アルテリーベ東京」では、《月曜日は新橋でオペラ》を合言葉に、今後の活躍が期待される若手歌手によるディナー企画「フレッシュ・コンサート」シリーズを開催し、既に50回近くの公演を数えます。

4月に登場する二期会のフレッシュなアーティストは6日(月)。今回の主役は、ともにソプラノで今回が初共演となる、坂井美登里と田崎美香がお送りします!
そんな二人からメッセージが届いております。

「4月に入り、桜も満開ですね!今回のアルテリーベフレッシュコンサートは「春満開!ソプラノの響宴」と題しまして、この季節にぴったりの華やかなオペラアリアや重唱、歌曲の数々を2人のソプラノがお届けします。
美味しいお料理と共に、ソプラノの“響宴”を是非お楽しみ下さい。お腹も心もご満足いただけること間違い無しです!
皆様のご来場をお待ちしております♪ ― 坂井美登里」

「春満開!ソプラノの饗宴と題しました今回のコンサート、美しい桜の季節にふさわしい華やかな曲の数々をご用意いたしました。
来月23日に二期会ニューウェーブ劇場『ジューリオ・チェーザレ』にクレオパトラ役で出演できることになり、今回のプログラムにもアリアを一曲組み込ませて頂きました。バロックオペラの魅力の一つでもある、変奏にもご注目頂けたらと思います。 ― 田崎美香」

“春”を意識したプログラミングとともに、可憐な舞台姿と将来性を秘めた輝かしい歌声をお楽しみください。
月曜フレッシュコンサートのお食事はビュッフェ形式となり、飲み放題もついております。
フレッシュな歌声と共に、素敵な春の一夜をお過ごしください。ご予約はお早めに!

201504_sakai_midori.jpg
ソプラノ
坂井美登里
201504_tasaki_mika.jpg
ソプラノ
田崎美香
201504_matsubara_yuko.jpg
ピアノ
松原裕子


■■■ 公演情報 ■■■
《アルテリーベ東京 月曜フレッシュコンサート》
~春満開!ソプラノの饗宴~

日時:2015年4月6日(月) 18:00開店
  第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,141円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:坂井美登里(ソプラノ)、田崎美香(ソプラノ)、松原裕子(ピアノ)
予定プログラム:
  プッチーニ 『ラ・ボエーム』より 私が街を歩くと
  プッチーニ 『つばめ』より ドレッタの夢の歌
  ヘンデル 『ジューリオ・チェーザレ』より 嵐の海で難破した小船は
  シュトラウス 『こうもり』より 侯爵様、あなたのようなお方は     …ほか

さあ、「月曜日は、新橋で、オペラ」!

▼お問合せ・ご予約は
アルテリーベ東京
 TEL03-3519-7007

ページの先頭へ戻る

2015年04月01日 17:12

【「二期会WEEK@サントリーホール2015」公演情報(3)】
第3夜は 日韓国交正常化50周年記念ガラコンサート「海を越えて」

日韓国交正常化50周年を記念し、両国の人々に愛された特別な「歌」たちが、国際舞台で活躍する二期会のメンバーによって、美しく鮮やかによみがえります。
海を越えて響き渡る友情の歌声と感動の舞台を、どうぞご期待ください。

今回のガラコンサートでは日韓の代表的な歌曲と世界の名曲が披露されるだけでなく国際色豊かな出演者達による夢のコラボレーションが実現します。
「海峡を越えた歌姫」として日韓両国に感動を呼んだチョン・ウォルソン(田月仙)。魅惑のメゾソプラノ森永朝子。イタリアの太陽を思わせるプリモウォーモ樋口達哉。新進気鋭の李 宗潤。期待のピアニスト富永 峻。案内役に俳優の鳴海 剛。
素晴らしい音楽と文化を通して、愛と平和と感動を共有出来ると信じています。
特別な一夜を皆様と共にお祝いしましょう!

201504_chon_wolson.jpg201504_morinaga_tomoko.jpg201504_higuchi_tatsuya.jpg201504_lee_jong_yun.jpg
201504_tominaga_shun.jpg201504_narumi_go.jpg
[出演者写真]左上から、チョン・ウォルソン、森永朝子、樋口達哉、李 宗潤、富永 峻、鳴海 剛


nikikai_week_2015_thumb.jpg ■■■ 公演情報 ■■■
二期会WEEK@サントリーホール2015
第3夜 日韓国交正常化50周年記念ガラコンサート「海を越えて」


日時:2015年6月24日(水) 19:00開演(18:30開場)
会場:サントリーホール ブルーローズ
料金:(1回券)全席指定4,500円

150624week2015_3_thumb.jpg
公演チラシ(PDF)
出演:
ソプラノ:チョン・ウォルソン(田月仙)/メゾソプラノ:森永朝子/テノール:樋口達哉/バリトン:李 宗潤/ピアノ:富永 峻/司会:鳴海 剛

予定演奏曲目:
 「平城山」(平井康三郎)
 『抒情歌』より「藤の花」(團 伊玖磨)
 「高麗山河わが愛」(ノ・グァンウク)
 「懐かしい金剛山」(チェ・ヨンソプ)
 オペラ『蝶々夫人』より「愛の二重唱」「ある晴れた日に」(プッチーニ)
 オペラ『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ)
 オペラ『カルメン』より「ハバネラ」(ビゼー)
  楽劇『タンホイザー』より「夕星の歌」(ワーグナー)
                         …ほか

後援:
 駐日韓国大使館 韓国文化院
 公益財団法人 日韓文化交流基金


▼公演情報ページはこちらをご覧ください
二期会WEEK@サントリーホール2015 第3夜 日韓国交正常化50周年記念ガラコンサート「海を越えて」 - 二期会21

●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)

ページの先頭へ戻る

<

>

2015

4

About 2015年04月

2015年04月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2015年03月です。

次のアーカイブは2015年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type