« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月 アーカイブ

2011年03月31日 17:36

被災した心に届け希望の力

二期会オペラ講座
-東北関東大震災からの復興を願う渾身の演奏

2011年3月29日(火)、カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」にて通算第30回目となるオペラ講座「親子の邂逅に見る作曲家の心情!」が開催されました。

震災の影響で多くの公演が中止や延期となる中、節電を配慮して会場を従来のスタジオから、照明をあまり必要としない硝子張りのサロンに移しての上演となりましたが、会場は演奏を待ちわびていた満席のお客様で溢れ音楽を通じて心のふれあいの輪が広がりました。

この日は親子の情愛を描くオペラの聴きどころシーンを中心にモーツァルト、ヴェルディ、ドニゼッティ、プッチーニの名曲を出演者たちが心を込めて熱唱し、来場したお客様からは「震災の不安の中で、心までも委縮してしまうような日々を送っていたが、今日は音楽の力が癒してくれた。生きてゆくエネルギーを貰いました」「心が震えました。高揚して体温迄上がったような気がします」など、口ぐちに喜びの声が聞かれました。


通常は連続して一度に歌うことなどあり得ないようなテノールの難曲を鮮やかに歌い、琴線に触れる演奏と技術で魅了した大澤一彰。
(大澤一彰の公式サイトはこちら→オペラ歌手 テノール 大澤一彰

日本人離れした成熟したオーラのある演奏で『シモン・ボッカネグラ』のアメーリアや『ルクレツィア・ボルジア』の難曲を急な出演決定にもかかかわらず見事に自分のものにして、その場に居た人々をドラマに引き込んだ田崎尚美(2月公演『サロメ』ではサロメのカヴァー歌手だったので稽古場で何度もお会いしているのに、こんなに完成度の高い演奏をする逸材だったとは!彼女の二つ違いの妹さんも今春から二期会オペラ研修所マスタークラスに入所するそうです)。

そして、表情豊かな表現と音域の広さを活かして、バリトンからバスの役まで様々なキャラクターを演じ分けたバリトンの萩原潤。

アンコールで大澤が『トゥーランドット』‘誰も寝てはならぬ’、田崎が『シチリアの夕べの祈り』の‘皆さんありがとう’、萩原が『セビリャの理髪師』の‘私は町のなんでも屋’を芝居っ気たっぷりに歌い演じると、会場の熱気はピークとなりました。

青島広志さんの絶妙なトークと解説も加わり、舞台と会場はすっかり打ち解けた空気となり、帰りがけのお客様の明るい表情、寛いだ笑顔が印象的でした。

2011_3_29aosjimakouza1.jpg
左から 萩原潤、青島広志さん、田崎尚美、大澤一彰

2011_3_29aosjimakouza3.jpg

2011_3_29aosjimakouza2.jpg

渾身の演奏を終えた演奏者たちの晴れやかな表情、そしてホールのご担当者の「震災後、公演の中止が続き寂しい思いでいましたが、平日の昼間にこんなにお客様が集まるなんて!やはり音楽が求められているのですね」という言葉に、あらためて音楽の必要性と底力を感じながら会場を後にしました。


diamond

ページの先頭へ戻る

2011年03月31日 13:13

「二期会オペラ講座」において多くの義援金をお預かりしました

青島広志さんのお話とピアノ、実力派の二期会歌手の出演で、聴きどころ満載、毎回大人気のシリーズ「二期会オペラ講座」

通算第30回は、<親子の邂逅にみる作曲家の心情!>と題して企画。
3月29日(火)、カワイ表参道の2階にある、ミュージックサロン「パウゼ」で開催されました。


開演に先立ち、東北関東大地震で亡くなった尊い生命に1分間の黙とうを捧げ、終演後は出演者らが義援金への協力を呼び掛けました。
超満員のお客様から、合わせて184,714円の志をお預かりし、全額を日本赤十字社に送金させていただきました。
深く御礼申し上げます。

オペラに描かれた深い悲しみ、怒り、葛藤。今も昔も人々が成し遂げていくこと。
歌声とともに聴く人の心に届き、今日を生きる力となりますように。


熱気あふれる講座のようすは、後ほどdiamondさんから写真とともにお伝えします。



帆かけ舟

ページの先頭へ戻る

2011年03月30日 11:25

イタリア、ドイツの義援金コンサート~在外会員からの報告

ゲラの小森輝彦に続いて、ローマ、ドイツ・シュトラールズントからも日本を応援する活動報告がありました。

ローマでは、現地在住の二期会会員、ソプラノ平井富司子とメゾソプラノ三角枝里佳が中心となって、4月4日と6日にローマ中心地にあるAll Saints教会において義援金コンサートを開催します。
二人は、日本のために自分たち演奏家が今できることは、やはり演奏することだと考え、ローマ在住日本人演奏家と、趣旨に賛同するイタリア人演奏家に呼びかけました。支援の輪はたちまち広がり、コンサート開催の運びが決まったそうです。

concertiperilGiappone1.jpg

コンサートでの寄付金は災害義援金として日本赤十字社に送られます。

この呼びかけを契機に、今、イタリア国内の諸団体からローマ近郊の他の街、会場でのチャリティーコンサートを希望する声が二人のもとに続々と届いているとのことです。とても勇気づけられる報告でした。


また、ドイツ・ フォアポンメルン州立劇場専属のテノール会員澤武紀行は、急遽17日に大聖堂で開かれることになったチャリティーコンサートに出演。
その模様は、現地でもニュースとなりました。

▼現地ニュースより

Noriyuki Sawabu: Benefizkonzert zugunsten der Opfer in Japan - you tube

澤武はドイツで継続してチャリティーに参加する意志を持ち、現地時間31日にも再びコンサートに出演する予定です。


海外に住む彼らは、少しでも日本に明るい話題を提供しようと、こうして自ら行動を起こし、情報を寄せてくれています。

そして、なによりも日本人歌手の活動に共感してくれている多くのイタリアやドイツの人々に、感謝と尊敬の気持ちを抱かずにはいられません。


ZEN

ページの先頭へ戻る

2011年03月29日 16:16

二期会オペラ研修所修了式

3月26日(土)、第55期マスタークラス40名、第56期本科81名が、
二期会オペラ研修所を修了しました。

普段、授業や稽古を行う二期会会館第1スタジオに椅子が並べられささやかな式典会場になりました。
修了証書は、二期会オペラ研修所の所長、三林輝夫から本科総代の濱野奈津美(ソプラノ)、マスタークラス総代の新海康仁(テノール)に手渡され、引き続いて優秀賞、奨励賞、皆勤賞、精勤賞。
例年より、皆勤、精勤の受賞者が多く、出席した講師陣も皆、笑顔。

平成22年度川崎靜子賞及び最優秀賞は、新海康仁(テノール)に授与されました。
また予科からマスターまで、3年間無遅刻無欠席の矢口智恵(メゾ・ソプラノ)には所長賞。
一度も授業を休まなかった意志の強さと努力に温かい拍手が送られました。

今回の地震で、東京に住む私たちの状況も変わりました。
被災地にいる親しい方の無事を祈る人も。

これまで、多くの人に支えられてきた若い彼らの歌が、これからは皆さまと共にあって慰めとなり、希望となりますように。


第54期マスタークラスを優秀な成績で修了した、若い歌手たちのコンサートは6月に開催予定です。

6月29日(水)18:30開演(18:00開場)
東京文化会館小ホール
「新進声楽家の夕べ」
コンサートの詳細は近日中にお知らせします。


帆かけ舟

ページの先頭へ戻る

2011年03月28日 21:43

バリトン小森輝彦~ドイツからできることを

3月11日に起きた東北関東大地震、そして津波の被害は、海外でも大きく報道されました。
海外の劇場等で活躍する二期会の歌手たちが、母国の悲惨な経験に心を寄せ、
何かできることを、と現地で活動を始めています。


小森輝彦は、ドイツのアルテンブルク・ゲラ市立歌劇場では専属第一バリトン歌手として11シーズン目。ゲラに住み、数々の大役をつとめ公演の中心的な存在として、劇場には小森の写真がたくさん飾られています。
日本から届いたニュースに、小森はすばやく立ち上がり、同じ劇場に所属する日本人(歌手、バレエダンサー、コレペティとして、それぞれに専属で活躍しています)とともに、劇場の協力を得て、チャリティーコンサートを開くことになりました。
ゲラの新聞にも掲載され、家族揃ってインタビューを受け、多くの人に呼びかけることになりました。


▼オペラ歌手小森輝彦の公式サイト「テューリンゲンの森から」
エッセイ「東日本大震災で考えること」
「東日本大震災被害者のためのチャリティーコンサートの記事」


ヨーロッパでは、チャリティーやボランティアも、日常的に行われると聞いていますが、
日本から来て、日本のためにコンサートや寄付を呼びかける歌手たちに、
あたたかい手を差し伸べてくださる劇場をはじめ、現地の方々にも、
心より御礼を申し上げます。


小森は、コンサートと別に義援金を集める活動も始めています。
遠く離れていても日本の力になりたい、という思いが、希望となって届くように
私たちも、今いるところで、できることを。


少しずつでも力になれますように。


帆かけ舟

ページの先頭へ戻る

2011年03月25日 10:00

二期会主催、共催、マネジメント等公演
今後の開催に関するお知らせ(2011年3月25日(金)10:00更新)

お客様各位

このたびの大規模地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

現在、公益財団法人東京二期会または株式会社二期会21の主催・共催・マネジメント等公演について、大規模地震の影響による開催に関するお問合せを多くいただいております。

現時点で「開催」「延期」「中止」などが決定した公演の情報は、次の通りとなります。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げると共に、被災地における一日も早い復興と皆様のご健康をお祈り申し上げます。

公益財団法人 東京二期会
株式会社 二期会21


主催・共催オペラ公演
公演日時公演名会場状況備考
2011/3/20(日)14:00
2011/3/21(月)14:00
舞台芸術共同制作公演
G.ヴェルディ『アイーダ』
神奈川公演
神奈川県民ホール
大ホール
公演
中止
チケット払戻方法について、二期会チケットセンターでお求めいただいたお客様には封書にてご案内をさせていただきます。その他、チケットかながわ他、各プレイガイドでお求めいただいたお客様はこちらのご案内をご覧ください
神奈川県民ホール3月主催公演払戻しについて

主催・マネジメント コンサート
公演日時公演名会場状況備考
2011/3/19(土)14:00文屋小百合ソプラノリサイタル東京文化会館
小ホール
公演
延期
延期日時:2011/5/5(木)19:00
3/19のチケットでご入場いただけます
お問合せ:二期会チケットセンター
03-3796-1831
2011/3/20(日)14:00野崎由美ソプラノリサイタル東京オペラシティ
リサイタルホール
開催お問合せ:二期会チケットセンター
03-3796-1831
2011/3/22(火)19:00二期会ロシア東欧オペラ研究会創立10周年記念公演東京文化会館
小ホール
開催お問合せ:二期会チケットセンター
03-3796-1831
2011/3/26(土)16:00二期会ゴールデンコンサートin津田ホールVol.32
秋葉京子~深く芳醇な響き
津田ホール公演
延期
延期日時:2011/6/16(木)19:00
3/26のチケットでご入場いただけます
お問合せ:二期会チケットセンター
03-3796-1831
2011/3/29(火)15:00二期会オペラ講座第30回
親子の邂逅にみる作曲家の心情!
二期会会館
 ↓
カワイ表参道2F
コンサートサロン「パウゼ」
開催
会場
変更
お問合せ:二期会チケットセンター
03-3796-1831
2011/4/9(土)17:00第17回京王オペレッタフェスタ
喜歌劇『ウィーン気質』Hall Operetta
東京オペラシティ コンサートホール公演
中止
チケット払戻方法について、二期会チケットセンターでお求めいただいたお客様には封書にてご案内をさせていただきます。その他、京王チケットサービス他、各プレイガイドでお求めいただいたお客様はこちらのご案内をご覧ください
京王オペレッタフェスタ・公式ブログ
お問合せ:京王オペレッタフェスタ事務局
03-3348-8685
[月~金:10時~18時]

その他の公演(東京二期会後援コンサート等)
公演日時公演名会場状況備考
2011/3/20(日)17:00モーツァルト『魔笛』
演奏会形式
紀尾井ホール公演
延期
延期日時:2011/5/5(木)15:30
3/20のチケットでご入場いただけます
お問合せ:砂川オペラプロデュース
03-3612-1318
2011/3/27(日)14:00五島記念文化財団
20周年記念
ガラ・コンサート
Bunkamura
オーチャードホール
公演
中止
お問合せ:二期会チケットセンター
03-3796-1831
2011/4/1(金)18:30栗林義信
喜寿のコンサート
サントリーホール公演
中止
お問合せ:たちばな出版
03-5941-2344
2011/4/2(土)19:00春風によせて大泉ゆめりあホール公演
中止
お問合せ:三人の会事務局
03-3991-9792

上記は2011年3月25日(金)10:00現在までに決定または判明した分の情報です。

ページの先頭へ戻る

2011年03月24日 18:41

モナコから 励ましのメッセージ

diamondです。

東北地方太平洋沖地震を受けた日本の復興を願い世界のアーティストたちの間にも支援の輪が広がり始めています。


モナコ在住の二期会ソプラノ、平盛クスト友佳子より心からのメッセージが寄せられました。

演奏家として、国際結婚して2歳になるお嬢さんを持つ母として、母と子供のためのコンサートなどを手掛ける彼女の周りで、多くのチャリティコンサートが企画されています。


Message

一週間前に起きた東日本大震災。
………
このあとに続く言葉をさきほどから何度も書いては消して書いては消してを繰り返しています。
私の文章があまりに軽率なのではないか…と
その場にいなかった私に何がわかるのか…と。

ただ、みなさんに伝えたいことがあります。

こちらヨーロッパでは日本にパワーと支援を送るためにチャリティコンサートがどんどん企画されています。
この1週間励ましの電話やメールもたくさん届き4つのコンサートで歌わせていただくことが決まりました。


3月26日:モナコ
 モナコ日本アソシエーション主催 Solidarite Monaco-Japon
 Salle du Ponant (Interieur Batiment Theatre Princesse Grace)

3月28日:カンヌ 
 カンヌ日仏協会主催
  東北関東大震災救援チャリティーコンサート - カンヌ日仏協会へようこそ

4月1日:ニース
 ニース日仏協会主催
 CUM

4月3日:ぺイメナード
 ペイメナード市主催


私にできることは祈ることと歌うこと。

世界中の祈りが絶対に届くはずです。私はそう信じています。

今日モナコの教会でも日本のためのミサがひらかれました。
みんな祈っていますから!!!!

自分が日本人であることと歌い手であることを誇りに思います。
愛する自国のために、精一杯歌います。

                             2011年3月19日 
                             Yukako Custo Hiramori


2011_3_23yukakohiramori.jpg平盛クスト友佳子(ひらもり くすと ゆかこ)
ソプラノ(リリコ・レッジェーロ)

武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業、二期会オペラスタジオ第45期マスタークラス修了。二期会準会員。シャネル ピグマリオン デイズ2006メンバー。イタリア・ジェノヴァでの留学を経て、現在モナコ在住。


▼こちらより彼女のブログがご覧いただけます。
モナコ在住ソプラノ歌手「友佳子CUSTO平盛」のAMORE e CUORE

ページの先頭へ戻る

2011年03月23日 15:10

【二期会オペラ研修所】第56期本科・第57期予科 研修生選考第2次試験合格者 および 注意事項

二期会オペラ研修所受験生のみなさまへ


二期会オペラ研修所
第56期本科・第57期予科 選考第2次試験合格者および注意事項について


3月21日(月・祝)・22日(火)に実施されてた第2次試験の合格者受験番号一覧はこちらから確認いただけます。
また、試験内容の変更および最終合格者発表に関する注意事項をあわせて発表しましたので、必ず確認の上、内容に従ってください。


第2次試験合格者 受験番号一覧(PDFファイル)
            >>>ファイルをダウンロード(全2ページ)

試験内容の変更および最終合格者発表に関する注意事項(PDFファイル)
            >>>ファイルをダウンロード(全1ページ)


                                                 以上


  2011年3月23日(水)15:10                            二期会オペラ研修所


お問合せはこちら>>>二期会オペラ研修所お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

2011年03月16日 13:36

ソプラノ木下美穂子からメッセージが届きました

3月11日に発生いたしました「東日本巨大地震」の想像を絶する被害で多くのの命が失われたことに対し、深くお悔やみを申しあげます。
心より黙祷を捧げさせていただき、被災された方々のご無事と一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

ロンドンの名門、ロイヤル・アルバートホール『喋々夫人』9回公演を終えたソプラノの木下美穂子からも今回の大地震による大変な事態を心配して、メッセージが届きました。

2011_3_14kisnoshita.JPG
東京二期会「蝶々夫人」木下美穂子 撮影:三枝近志

「12日に最終日を迎えました。最後は金・土の2日連続と過酷なスケジュールでしたが、ちょうどこちら時間金曜日に日本で大地震が起こりました。この日は、ロイヤルアルバートホールも、私たちの公演の開演直前にアナウンスが入り、被災者の方々の為の黙祷をしてパフォーマンスが始まりました。この日の唯一の日本人歌手として、私も日本の皆様の為に精いっぱい歌いました。今、私に出来ることは、最高のパフォーマンスを皆さんに提供することだけですから・・・。」と語る木下美穂子の渾身の演唱に、特に最終日は、4500人全員のスタンディングオーべションとなりました。
今回は歌い慣れたイタリア語ではなく、英語(ブリティッシュイングリッシュ)での演奏でしたが、現地評などでもその演唱は大好評を博し、国際的にさらなる評価を高めることとなりました。
 
Royal Albert Hall

木下は、この後イタリア経由でパリに入り、今週からは次の公演のリハーサルがアメリカネブラスカ州で始まるとのことです。
ほかにも、内外の二期会アーティストたちから沢山のメッセージや今、自分たちに出来ることは何かという声などが次々と届いております。


※今後予定されている二期会主催公演等について、地震の影響による変更や中止が決まりましたら都度ホームページ等でお知らせいたします。

▼東京二期会、神奈川県民ホールほか共同主催、舞台芸術共同制作公演『アイーダ』神奈川公演中止に関するお知らせ
【公演中止】『アイーダ』神奈川公演(3/20,21)中止のお知らせ - 東京二期会
【重要なお知らせ】神奈川県民ホール及び神奈川芸術劇場主催3月公演等の中止のお知らせ - 神奈川芸術文化財団|財団からのお知らせ


diamond

ページの先頭へ戻る

2011年03月15日 21:50

【二期会オペラ研修所】《3/15・21:50更新》第56期本科・第57期予科の選考試験について

受験生のみなさまへ


         二期会オペラ研修所 第56期本科・第57期予科の選考試験について


3月14日(月)・15日(火)に予定されていた第1次試験は中止(全員免除)となりました。
従いまして選考試験は、本科・予科ともに第2次試験から課すことといたします。

これに伴い、本科・予科とも、試験内容の一部を変更します。いずれも既に提出されている曲からの課題となります。
新たな提出物は必要ありません。以降の選考試験の日程、内容は次の通りです。

<<<第56期本科>>>
■第2次試験
・3月21日(月・祝) 
 集合時刻・受験順番一覧表(PDFファイル)
   ダウンロード→〔3月21日受験者一覧表〕
 ◆試験内容
  1)演技つきオペラ・アリア1曲
  2)オペラ・アリア1曲(当日指定)
 ◆制限時間
  1)は4分30秒程度、2)はいずれも3分程度にまとめておくこと。
  1)と2)を合わせて一人の持ち時間は7分とする。
  演奏曲順は1)、2)とする。
 ◆その他
  すべて暗譜で演奏。ピアニスト同伴のこと。

■第2次試験合格者発表および、第3次試験(面接)の集合時刻発表 ※予定されていた時間を変更します。
3月23日(水) 13時から15時まで
  尚、発表は二期会会館での掲示のみの予定でしたが、東京二期会のホームページにも掲載の予定です。

■第3次試験(面接)
・3月24日(木)
  以降の日程や、試験内容の詳細は後日発表。


<<<第57期予科>>>
■第2次試験
・3月21日(月・祝)または22日(火)のいずれか1日
 集合時刻・受験順番一覧表(PDFファイル)
   ダウンロード→〔3月21日受験者一覧表〕
   ダウンロード→〔3月22日受験者一覧表〕
 ◆試験内容
  1)第1次試験用に提出したオペラ・アリア1曲
  2)第2次試験用に提出したオペラ・アリア1曲
 ◆制限時間
  1)、2)ともに3分30秒以内にまとめておくこと。
  1)と2)を合わせて一人の持ち時間は5分30秒とする。
  演奏曲順は1)、2)とする。
 ◆その他
  すべて暗譜で演奏。ピアニスト同伴のこと。

■第2次試験合格者発表および、第3次試験(面接)の集合時刻発表 ※予定されていた時間を変更します。
3月23日(水) 13時から15時まで
  尚、発表は二期会会館での掲示のみの予定でしたが、東京二期会のホームページにも掲載の予定です。

■第3次試験(面接)
・3月24日(木)
  以降の日程や、試験内容の詳細は後日発表。


※※※本科・予科共通の注意事項※※※
 1)当研修所の平成23年度募集要項8ページをよく参照してください。
 2)3月21日(月・祝)、22日(火)、24日(木)はいずれも、交通機関の情報を事前に得て、可能な限り、
   安全にかつ時間の余裕を持って移動すること。遠隔地や、現時点で交通手段が少ない地域から
   受験の方は、可能な限り前日の移動をお勧めします。
   あらゆる手段を講じても集合時間に間に合わない場合は、必ず、二期会オペラ研修所に連絡を入れて
   ください。天災、停電、列車の運休そのほか不可抗力の理由で到着できない場合は考慮します。
 3)3月21日(月・祝)および22日(火)の受験生については3月15日(火)付で、上記内容の
   入試説明書を速達にて郵送します。3月18日(金)までに届かない場合は、二期会オペラ研修所に
   必ず連絡を入れてください。

                                            以上

  2011年3月15日(火)21:50                         二期会オペラ研修所
  ※受験生集合日時・受験順一覧のダウンロードを追加しました


お問合せはこちら>>>二期会オペラ研修所お問い合わせフォーム


ページの先頭へ戻る

2011年03月10日 14:34

びわ湖ホール プロデュースオペラ ヴェルディ作曲『アイーダ』

びわ湖ホール・神奈川県民ホールをはじめ、東京二期会ほか複数の芸術団体による舞台芸術共同制作公演として、大規模なオペラ公演が可能になったシリーズ。
春のびわ湖で古代エジプトを舞台に粟國淳演出『アイーダ』の幕があがりました。

ソリストには二期会からも、横山恵子、福井 敬、小山由美、黒田 博ら、第一線の歌手が顔を揃え、アムネリスを演じる、若手メゾ・ソプラノ清水華澄の躍進にも注目が集まります。

指揮は沼尻竜典。
合唱、助演、ダンサー合わせて100人以上が、神官、巫女、兵士として登場。
華やかなエジプト王朝を壮大に描きつつ、人が人の間で苦悩する尽きないドラマを魅せる演出は粟國淳。
ローマっ子チャンマルーギの衣裳・装置はさすがのセンスのよさ。


びわ湖ホール提供の舞台写真をご紹介します。
(※画像クリックで拡大表示されます)


古代エジプトの首都メンフィス。アイーダはエチオピアの王女ですが身分を隠し、奴隷として王女アムネリスに仕えています。
そこへ、エチオピア軍接近の報。敵将はアモナズロと聞いてアイーダは動揺します。
アモナズロはアイーダの父王、対するエジプト軍の総司令官は何とアイーダと恋仲のラダメス。
故郷と恋人が敵対する苦悩に、アイーダは嘆きます。




アムネリスの部屋で踊る10人の子どもたち。シンプルで鮮やかな色の衣裳が、
かわいらしさを引き立てています。




王女アムネリスは、奴隷に身をやつすアイーダに対し
「私はエジプトの王女である。私もラダメスを愛している」と言います。
しかしアイーダは、自分がエチオピア王女であることを明かすことはできません。




エチオピア人の捕虜の中に、アイーダの父アモナズロがいます。エジプト国王は安全保障のためアイーダとその父を残すことを条件に、ラダメスの捕虜釈放希望を聞き入れます。




共に囚われの身となったアモナズロとアイーダ。父と娘と言うことはできても、国王と王女であることは伏せなくてはなりません。






◇3月6日の公演前に、東京二期会オペラ愛好会の方を対象にオペラの中のキーワードとなる歌詞の講習会が行われ、イタリア語の歌詞の朗読に挑戦しました。
rivale = ライバル 恋敵
fatale = 宿命
schiava = 奴隷(女の奴隷)
traditor = 裏切り者
dolore = 苦しみ、悩み

特別ゲストとして、3月5日にアモナズロを演じた黒田博が登場し、
お客様と夢の共演(歌詞の朗読)。

「父、娘、恋人、という個人の感情だけでは身を処すことができない立場にある、
国や民を背負っている人物であるが故の苦悩がそれぞれにある。
次第に緊張感がまして舞台全体が最終幕に向かっていく、エネルギーの高まりを感じます」と語ってくれました。


▼びわ湖ホールBlog
-アイーダ 稽古場だより Vol.5- - びわ湖ホールBlog

※※神奈川県民ホール公演について※※
このたびの地震の影響を考慮し、3月20日と21日に予定しておりました本プロダクションの神奈川県民ホール公演を中止することに致しました。お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
被災地における一日も早い復興と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
神奈川県民ホール及び神奈川芸術劇場主催3月公演等の中止のお知らせ - 神奈川芸術文化財団|財団からのお知らせ



帆かけ舟

ページの先頭へ戻る

2011年03月09日 12:52

二期会オペラ講座(3月29日)出演者変更のお知らせ

3月29日(火)15:00開演の「二期会オペラ講座“親子の邂逅に見る作曲家の心情!”」(二期会会館第1スタジオ)に賛助出演を予定しておりました、小林菜美(ソプラノ)は都合により出演できなくなりました。代わりまして田崎尚美(ソプラノ)が出演いたします。なお講座内容に変更はございません。
あしからずご了承ください。

tasaki_naomi_110309.jpg田崎尚美(たさき なおみ)ソプラノ

福島県会津若松市出身。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時にアカンサス音楽賞及び同声会賞を受賞。同大学院修士課程オペラ科修了。二期会オペラ研修所第53期マスタークラス修了。修了時に優秀賞を受賞。
第55回全日本学生音楽コンクール(高校の部)東京大会第2位。第8回藤沢オペラコンクール奨励賞。これまでに竹村靖子、直野資の両氏に 師事。同声会主催「同声会新人演奏会」に出演。東京芸術大学オーケストラ定期「新生紹介演奏会」にて芸大フィルと共演。二期会オペラ研修所コンサート/新進声楽家の夕べでは最高難易度のオペラアリアで聴衆の喝采を得た。オペラでは芸大定期ヴェルディ『ファルスタッフ』アリーチェで出演。芸大オペラin君津、プッチーニ『ラ・ボエーム』ミミで出演。秦野音楽祭にて『アイーダ』(第2幕)タイトルロールを日フィルと共演。
コンサートでは、ベートーヴェン「第九」やマーラー四番のソリストとして出演。2011年2月二期会公演『サロメ』では、タイトルロールのカヴァーキャストとして参加し、スタッフ関係者の絶大な信頼を得た。技巧と強い声を併せ持つ稀有な声質で、将来を嘱望されている。
二期会会員


▼二期会オペラ講座内容の詳細はこちらをご覧ください
二期会オペラ講座のご案内(第30回) - オペラを楽しむ|東京二期会

ページの先頭へ戻る

2011年03月04日 19:40

二期会WEEK第2夜は、きらめくアンサンブルの夕べ

こんばんわ、主催コンサート制作のZENです。

二期会がサントリーホール・ブルーローズで7日間にわたり開催する歌の祭典、
「二期会WEEK in サントリーホール2011」、ただいま好評発売中です。
もうチラシはご覧になられましたか?
こちらです!

weekleaf1.jpg



今夜は、第2夜「千の夜にみる夢は~trio97 CD初リリース記念LIVE」の出演者、メゾソプラノ池田香織から、打ち合わせのときの写真とコメントが届きましたのでご紹介します。

trio97.jpg
篠崎隆(イングリッシュホルン/オーボエ)  山田武彦(ピアノ)&池田香織(メゾソプラノ)

大人の雰囲気の優雅な打ち合わせですねー。

池田香織からのコメント;
「打ち合わせ中。飲み会ではありません…たぶん。
3人での打ち合わせは、いつも話があちこち脱線してなかなかまとまらないのですが、その中から思いがけないアイディアが飛び出してきたりするのです。一見無茶なアイディアも、やってみるとなんかすごくいい!ということも多くて…。百戦錬磨の強者だからこそなせる技?いちばん不器用な私も、がんばってついていきます!」


山田武彦氏は二期会のコンサートでもお馴染みの名ピアニスト。
そして篠崎隆氏は東京交響楽団のオーボエ、ソロ・イングリッシュホルン奏者。
そこに我らが二期会メゾソプラノ池田香織が入って、ピアノとイングリッシュホルンとメゾソプラノというアンサンブル。これはおそらく世界初の組み合わせです。

trio97(trio ninety-seven)とは、97%の熱狂とあと少しの切なさでできている音楽、という意味だそう。
音楽にはどこまでも情熱的であって、だけどそこにいつもどこか少しだけ切なさがただようような……
そんなtrio97 の二期会WEEKでの演奏テーマは、夢。フォーレ〈夢のあとに〉、ワーグナー〈夢(ヴェーゼンドンク歌曲集より)〉、グリーグ〈夢〉など、夜や夢にちなんだ名曲の数々を、いくつもの夜にみる夢を重ねていくように演奏します。

サントリーホール・ブルーローズで聴くにはぴったりの雰囲気になりそうです!


そして、今回はこの3人で初めてのCD「Libestraum」リリース・ライブでもあります。
「愛する人へ贈るチョコレートの小箱」のようなCDだそうです。チョコレートが一番おいしく食べられるお酒は、なんといってもウィスキー!(これは本当です)
ますますサントリーホールにぴったりではないですか。当日会場で販売(CDもウィスキーも)されるのでどうぞお楽しみに。

▼trio97の今後の活動、CDリリースの詳細はこちら
Trio97 official blog

▼二期会WEEK2011の全ラインアップはこちらから
二期会WEEK in サントリーホール2011 - 株式会社二期会21


膳-ZEN


P.S. 篠崎氏の「崎」は実際には「たつさき」です。

ページの先頭へ戻る

<

>

2011

3

About 2011年03月

2011年03月にブログ「オペラの散歩道(二期会blog)」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2011年02月です。

次のアーカイブは2011年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type