タグアーカイブ: 森朱美

ブログで繋ぐ「第12回 二期会研究会駅伝コンサート」7/23(日)
~出演研究会紹介[11] フランス歌曲研究会

二期会の毎年夏の風物詩、「第12回二期会研究会駅伝コンサート」。
いよいよ開催が近づいてまいりました!
出演研究会紹介もついに最後の1つ。今日は「フランス歌曲研究会」をご紹介致します。
      *      *      *      *      *
【フランス歌曲研究会】 ~フランス近代歌曲の世界~
構成:鎌田直純
出演:森 朱美、坂本貴輝、佐野正一/[ピアノ]高木由雅
今回のフランス歌曲研究会は、作風の違うフランスの代表的な作曲家の作品をお届けします。フォーレの「薔薇」と「イスファハンの薔薇」は、地中海から東方の美の世界を感じさせる曲です。プーランクの歌曲集『くじ引き』は、優しく子どもに歌って聞かせるような童謡的世界です。ラヴェルの最晩年の歌曲集『ドゥルシネアに想いを寄せるドン・キホーテ』は、皆さんよくご存じのドン・キホーテのお話しから3つの場面が取られていて、3曲が異なったスペインの舞曲のリズムで歌われます。
 演奏予定曲:
 フォーレ「イスファハンの薔薇」「薔薇」
 プーランク『くじ引き』より「おねむ」「小ちゃな水差し」
 ラヴェル『ドゥルシネアに想いを寄せるドン・キホーテ』より
       「空想的な歌」「酒飲みの歌」        ほか
また<一押しコーナー Part1>で、成田伊美がデュパルクの「悲しき歌」を、優しく深い愛の情感たっぷりに歌い上げます。
      *      *      *      *      *
これまで11回にわたり、各研究会をブログで繋いでまいりました。
さあ、いよいよ7月23日(日)は15:30より約5時間をかけ、駅伝のように歌の“たすき”を繋いでまいります。もちろん途中、曲間での出入りも自由ですので、お客様の“ペース”でお聴き頂くことも可能です。
暑い夏の日に開催する、二期会研究会の一大イベント。世界中の“歌・うた・唄”を涼しいホールでお楽しみください!

170723ekiden_thumb.jpg
公演チラシ(PDF)
■■■ 公演情報 ■■■
第12回 二期会研究会駅伝コンサート
~歌・うた・唄~

日時:2017年7月23日(日) 15:30開演(15:00開場)
会場:東京文化会館 小ホール
   (JR上野駅・公園口前)
料金:一般¥4,000、学生¥2,000 全席自由・出入り自由
   (学生券は二期会チケットセンターのみ発売)
予定時刻と出演研究会:
 15:30~ オペレッタ研究会
 15:50~ スペイン音楽研究会
 16:10~ ロシア東欧オペラ研究会
 16:30~ <一押しコーナー Part1>
  <休憩15分>
 17:00~ フランス歌曲研究会
 17:20~ ロシア歌曲研究会
 17:40~ ドイツ歌曲研究会
  <休憩15分>
 18:15~ イタリアオペラ研究会
 18:35~ イタリア歌曲研究会
 18:55~ 英語の歌研究会
  <休憩15分>
 19:30~ <一押しコーナー Part2>
 19:50~ バッハ・バロック研究会
 20:10~ 日本歌曲研究会
  <終演予定 20:30>

▼出演者・演奏予定曲等 公演詳細、チケットご予約はこちらから
第12回 二期会研究会駅伝コンサート - 東京二期会

Page Top

2013年最初のサロンコンサートは、カワイ表参道「パウゼ」がパリのサロンに!

いよいよ明日、31日に公演が迫りました、二期会サロンコンサートVol.168「冬の空の下 流れるフランスの調べ~フランス歌曲からオペレッタの名曲まで」。
出演のソプラノ森 朱美からのメッセージをご紹介します。
「今回のサロンコンサートはフランスの作品をテーマにお届けいたします。
出演する三人はそれぞれ違う時期にパリにて音楽の修行をして参りました。それぞれが長年愛し温めてきた大切な作品を一挙にお届けいたします。
そもそもサロン文化は「ベルエポック(良き時代)」といわれる19世紀末のパリで生まれました。上流階級のご夫人などが多くの芸術家や詩人を自宅に招き、夜な夜な夜会が行われ、その中で今なお残る多くの芸術作品が生まれたのです。
アーンやドビュッシー、フォーレなどの繊細で洒落た作品にはコンサートホールでは味わう事のできない魅力があります。
表参道パウゼはパリのサロンに変身します。皆様どうぞお楽しみに!」

また、今回はプロジェクター(二期会サロン初!)を使って、日本語字幕や写真などを映写。コンサートをさらにお楽しみいただけます!
まだ若干の当日券のご用意もございます。是非ともパリの雰囲気を表参道で味わってみませんか!!


 公演チラシ(PDFファイル)
■■■ 公演情報 ■■■
二期会サロンコンサート2012/2013シーズン
Vol.168 冬の空の下 流れるフランスの調べ
~フランス歌曲からオペレッタの名曲まで~

日時:2013年1月31日(木) 開場18:30 開演19:00 
会場:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
料金:全自由席(ドリンク付)3,500円
出演:森 朱美(ソプラノ)、鎌田直純(バリトン)、須江太郎(ピアノ)
演奏予定曲:
 ・アーン「クロリスに」
 ・フォーレ「夢のあとに」
 ・セヴラック「わたしの可愛いお人形」
 ・ラヴェル『ドゥルシネア姫に心を寄せるドン・キホーテ』全3曲
 ・サティ「ジュ・トゥ・ヴ」
 ・メサジェ〈オペレッタ〉『ヴェロニク』より 二重唱
                      ほか

▼公演ページはこちらから
二期会サロンコンサート「Vol.168冬の空の下 流れるフランスの調べ」 - 東京二期会

Page Top

ソプラノ森朱美 タイで歌う

L1000159.JPG  去る11月21・22日にバンコク(タイ)にて開催された演奏会にソプラノ会員の森朱美が出演。
今回の公演は“日タイ友好120周年記念”の一環で読売新聞社の協力の下開催されました。
日本からは読売日本交響楽団の精鋭4名による弦楽カルテットとアメリカ・タイ・日本を中心に活動されている加藤尚子さん(ピアノ)が出演し日本の歌からオペラアリアまで珠玉のナンバーを披露し日タイの友好に花を添えました。
11月21日 タイ文化センターにて
L1000118.JPG
11月22日 オリエンタルホテルにて
L1000154.JPG

Page Top