タグアーカイブ: メリー・ウィドー

速報 2020-2021シーズン・ラインアップ発表!

東京二期会は、5月30日(木)に記者会見を開催し、2020年から2021年にかけてのオペラ公演のラインアップを発表しました!

2020年は、楽聖ベートーヴェンの生誕250周年。東京二期会でも記念公演として20年9月に『フィデリオ』を上演します。二期会では26年ぶりの上演となります。

そのほか、ラインアップ概要はこちらになります!

■ジュゼッペ・ヴェルディ『椿姫』オペラ全3幕《新制作》
2020年2月19日(水)/20日(木)/22日(土)/23日(日)
指揮:ジャコモ・サグリパンティ/演出:原田 諒
管弦楽:東京都交響楽団
東京文化会館 大ホール

■カミーユ・サン=サーンス『サムソンとデリラ』オペラ全3幕〈セミ・ステージ形式上演〉《新制作》
2020年4月25日(土)/26日(日)
指揮:準・メルクル
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
Bunkamura オーチャードホール

■アルバン・ベルク『ルル』《新制作》
2020年7月10日(金)/11日(土)/12日(日)
指揮:マキシム・パスカル/演出:カロリーネ・グルーバー
管弦楽:東京交響楽団
東京文化会館 大ホール

■ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン『フィデリオ』《新制作》
2020年9月3日(木)/4日(金)/5日(土)/6日(日)
指揮:ダン・エッティンガー/演出:深作健太
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
新国立劇場オペラパレス

■フランツ・レハール『メリー・ウィドー』《新制作》
2020年11月26日(木)/27日(金)/28日(土)/29日(日)
指揮:沖澤のどか/演出:眞鍋卓嗣
管弦楽:東京交響楽団
日生劇場

■リヒャルト・ワーグナー『タンホイザー』《新制作》
~フランス国立ラン歌劇場との提携公演~
2021年2月17日(水)/18日(木)/20日(土)/21日(日)
指揮:アクセル・コーバー/演出:キース・ウォーナー
管弦楽:読売日本交響楽団

■ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル作曲オペラ(演目近日発表)《新制作》
2021年5月22日(土)/23日(日)
指揮:鈴木秀美/演出:(近日発表)
管弦楽:ニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウ(NBO)

■ジュゼッペ・ヴェルディ『ファルスタッフ』《新制作》
~テアトル・レアル、ベルギー王立モネ劇場、フランス国立ボルドー歌劇場との共同制作公演~
2021年7月16日(金)/17日(土)/18日(日)/19日(月・祝)
指揮:ベルトラン・ド・ビリー/演出:ロラン・ペリー
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

▼2019-2020.7までのシーズンラインアップ一覧ページはこちら
東京二期会 2019-2020 シーズンラインアップ

▼2020.9-2021.7のシーズンラインアップ一覧ページはこちら
東京二期会 2020-2021 シーズンラインアップ


会見ではラインアップに加えて、2019-2020の日本のオペラシーズン開幕を告げるコンサートとして、9月1日(日)にみなとみらいで開催するコンサート形式『清教徒』の情報もリリース!
ソプラノ幸田浩子が自身の欧州デビュー役であるエルヴィラで出演。共演者は、超絶的な高音とテクニックが要求されるアルトゥーロ役に二期会を代表するレッジェーロ・テノール大澤一彰。そしてリッカルド役にはウィーン国立歌劇場の専属歌手として活躍した甲斐栄次郎など、豪華布陣。これは必聴です!

《東京二期会シーズン・オープニング・コンサート》
■ヴィンチェンツォ・ベッリーニ『清教徒』オペラ全3幕
 〈演奏会形式上演〉日本語字幕付き原語(イタリア語)上演
日時:2019年9月1日(日) 14:30開演
会場:横浜みなとみらいホール
料金:(全席指定) S席10,000円~C席4,000円、学生席2,000円
指揮:森内 剛
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

▼全てのキャスト等、『清教徒』公演概要ページはこちら
〈東京二期会シーズン・オープニング・コンサート〉V.ベッリーニ『清教徒』(演奏会形式上演) - 東京二期会


また、新時代を迎えるにあたり、東京二期会の新ロゴを発表。
伝統を受け継ぎ次の時代を担う、という二期会創立以来のコンセプトを盛り込み、劇場文化、そして歌そのものへの愛を込めた新ロゴを胸に、これからも、皆様に感動をお届けする活動を行なって参ります。



これからの東京二期会にどうぞご期待ください!

      *     *     *

●お問合せ・チケットのご予約は
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)
Gettii←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!


Page Top

11月公演オペレッタ『メリー・ウィドー』華やかに終幕!

二期会が初めて『メリー・ウィドー』を上演したのは1970年。以来、二期会の人気演目となりました。
パリを舞台に、莫大な財産を相続した若く美しい未亡人ハンナをめぐる恋の鞘当てが描かれるオペレッタ。若い勢いのある指揮者、下野竜也を迎え、東京交響楽団が奏でる親しみやすいレハールの音楽、日本語上演ということもあって、出演した歌手も客席と一体になって沸いた公演でした。テンポよく小粋な演出で客席を楽しませた山田和也、主役ハンナを演じた澤畑恵美、永吉伴子をはじめ、役者が揃った公演を、舞台写真とともにご紹介します。
◇19,21日キャスト(撮影:鍔山英次)
■20,23日キャスト(撮影:三枝近志)
■ 大富豪の未亡人ハンナ・グラヴァリが、外国人と再婚してしまったら、その財産が外国に流れ出て、財政危機に陥ってしまう、と頭を悩ませるポンテヴェドロ国の外交官たち。
左から
クロモー:村林徹也
ミルコ・ツェータ男爵:池田直樹
ボグダノヴィッチ:三戸大久 

■ ツェータ男爵の若い妻ヴァランシエンヌは、パリの青年カミーユ子爵といい雰囲気に。

ヴァランシエンヌ:坂井田真実子(左)
カミーユ・ド・ロジョン:小原啓楼 

◇ ハンナがパリの伊達男たちに囲まれて賑々しい登場。

ハンナ・グラヴァリ:澤畑恵美(中央) 

■ ハンナ(永吉伴子)に群がるパリ男たちのお目当ては、やっぱり財産?

ハンナ・グラヴァリ:永吉伴子(中央) 

◇ ツェータ男爵が扇を手にしているのを見て、驚くヴァランシェンヌ。その扇にはカミーユ(上原正敏)の愛の言葉が書かれているので大慌てです。ヴァランシェンヌの火遊びを知っている官邸の使用人ニェーグシュは、ツェータ男爵を前にしどろもどろ。
左から
ニェーグシュ:鎌田誠樹、ヴァランシェンヌ:菊地美奈
ミルコ・ツェータ男爵:加賀清孝、
カミーユ・ド・ロジョン:上原正敏 

■ ニェーグシュ役の鎌田誠樹は全日出演、『メリー』の立役者ともいうべき大活躍でした。 

◇ 昔の恋人ダニロ伯爵に再会したハンナ。財産目当てと思われたくないダニロは、ハンナに本心を打ち明けることができないばかりか、「愛している」なんて絶対言わないと誓う。そんな風ではハンナも素直になれないですよね─と客席から溜息。ダニロ役の星野は、2005年『メリー・ウィドー』でも同役、冷静沈着ですがハンナにはからきし弱い、ダンスも台詞も完全にダニロそのもの、多才ぶりを発揮しました。
ハンナ・グラヴァリ:澤畑恵美(左)
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:星野 淳 

◇ 2幕。ハンナ邸で開かれた、故郷ポンテヴェドロ風の夜会。
ハンナが故郷に思いをはせながら歌う美しい「ヴィリアの歌」。
ハンナ・グラヴァリ:澤畑恵美(中央) 

◇ 気まぐれな妻に振り回される男たちが歌い踊る「女、女、女」は『メリー・ウィドー』のハイライト。
左から
カスカーダ子爵:大川信之、プリチッチュ:米谷毅彦
クロモー:福山 出、ミルコ・ツェータ男爵:加賀清孝
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:星野 淳
ボグダノヴィッチ:小川裕二
サン・ブリオッシュ:北川辰彦 

■ メリー・ウィドー・ワルツの調べにのって踊るハンナとダニロ。ダニロ役の桝は、若々しい輝きのある声とさっそうとした演技で二期会オペラデビューを飾りました。

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:桝 貴志(左)
ハンナ・グラヴァリ:永吉伴子 

 

■ 3幕。ダニロが通いつめるマキシムをしつらえたハンナ邸の大広間。この華やかさに、思わず客席も盛り上がります。 

◇ ハンナが再婚したら、財産の相続権は消滅すると聞いて、安心したダニロは、やっとハンナに「愛している」と言えました。

舞台中央
ハンナ・グラヴァリ:澤畑恵美
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:星野 淳 

19,21日キャスト カーテンコール
(撮影:堀 衛) 

20,23日キャスト カーテンコール
(撮影:堀 衛) 

ポンテヴェドロ風の楽しい踊りを披露したダンサーたち、マキシムの踊り子をつとめた若手歌手たちにも多くの拍手をいただきました。
皆様、ご来場ありがとうございました。
(写真をクリックすると拡大してご覧いただけます)

▼公演詳細はこちらをご覧ください
2010年11月公演『メリー・ウィドー』- 東京二期会

Page Top

本日開幕!!『メリー・ウィドー』当日のごあんない

いよいよ本日19日から東京・日生劇場にて東京二期会オペレッタ『メリー・ウィドー』開幕します!
公演当日のご案内でございます。

東京二期会オペラ劇場 2010年11月公演
F.レハール作曲 『メリー・ウィドー』オペレッタ全3幕・日本語訳詞上演
指揮:下野竜也/演出:山田和也
当日券と公演タイムテーブルのご案内
11月19日(金)
11月20日(土)
11月21日(日)
11月23日(火・祝)
当日券
S,A
S,A僅少
Sのみ
Sのみ
当日券販売開始
17:30~
14:00~
14:00~
13:00~
開場
18:00
14:30
14:30
13:30
開演
18:30
15:00
15:00
14:00
第1幕
約50分
休憩予定時刻
19:20~19:40
15:50~16:10
15:50~16:10
14:50~15:10
第2幕
約60分
休憩予定時刻
20:40〜21:00
17:10〜17:30
17:10〜17:30
16:10〜16:30
第3幕
約35分
終演予定
21:35
18:05
18:05
17:05
日生劇場
=アクセス=
<地下鉄>
[千代田線][日比谷線][三田線]=「日比谷駅」A13出口徒歩1分
[有楽町線]=「有楽町駅」徒歩10分、[丸ノ内線]=「銀座駅」徒歩10分
<JR>
[山手線][京浜東北線]=「有楽町駅」日比谷口徒歩10分
お車のお客様は日生劇場ウェブサイトをご覧ください>>アクセス|日生劇場
※販売状況により券種によっては販売終了となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※公演タイムテーブルは、当日の進行によりずれる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Hanna_Sawahata.jpg Zeta_Kaga.jpg
「お待ちしてま〜す!!」(by ハンナ澤畑恵美&ツェータ加賀清孝)ゲネプロ終了後の楽屋にて

▼クラシック・ニュースに情報・ゲネプロ写真が掲載されています。
東京二期会オペラ劇場オペレッタ「メリー・ウィドー」公演まもなく!- classic news:メロディが聴こえるWebサイト
▼公演詳細はこちらをご覧ください。
2010年11月公演 F.レハール『メリー・ウィドー』- 東京二期会オペラ劇場

Page Top

『メリー・ウィドー』いよいよ公演間近☆

ハンナが歌う「ヴィリアの歌」、ダニロの心情を重ねた「王子と王女の歌」、高鳴る調べにいつしか恋人たちの心も解けるワルツ、など『メリー・ウィドー』にはレハールの美しくて、思わず口ずさみたくなるメロディーばかり。
日生劇場では公演を間近に控え、連日熱気溢れる舞台稽古が繰り広げられています。
今回は若くして莫大な遺産を得た未亡人のハンナ・グラヴァリ役に二期会のプリマ、澤畑恵美と永吉伴子が主演。ハンナの元恋人ダニロ役には、当り役とする星野 淳と期待の新星、桝 貴志。その他のキャスト陣も華やかなメンバーが揃いました。
演出は『シラノ』『ミー&マイガール』『ダンス オブ ヴァンパイア』等でも知られる山田和也。2005年の新制作からさらにバージョンアップしての上演は、臨場感あふれるシーンが随所にちりばめられ楽しみも倍増!
恋の駆け引きと心に沁みる結末・・・、オペレッタの傑作にどうぞご期待ください!
kikuchimina_e_yamadakazuya.jpg
演出:山田和也とヴァランシェンヌ役の菊地美奈
▼『メリー・ウィドー』公演詳細はこちらから
F.レハール作曲オペレッタ『メリー・ウィドー』- 東京二期会オペラ劇場
2010年11月19日(金)18:30/20日(土)15:00/21日(日)15:00/23日(火・祝)14:00
会場:日生劇場(東京・有楽町)
▼チケットの残席状況はこちら
11月公演『メリー・ウィドー』残席状況
▼予告編ムービーをお楽しみください
『メリー・ウィドー』予告編ムービー - オペラの散歩道2011年11月15日|二期会blog
▼演出家 山田和也のブログ
SHOW GOES ON !!
▼ダニロ役 桝 貴志の特集ページ
ピックアップアーティストVol.19 桝 貴志の今 - 二期会21
▼星野 淳、坂井田真実子のインタビューなどがご覧いただけます
オペラを楽しむ(スペシャルコンテンツ) - 東京二期会
merry_men.jpg
「ご来場、お待ちしてま〜す!!」(by 男性キャスト陣)

Page Top

『メリー・ウィドー』予告編ムービー

東京二期会オペラ劇場2010年11月公演『メリー・ウィドー』の予告編ムービーです!

▼『メリー・ウィドー』公演詳細はこちらから
F.レハール作曲オペレッタ『メリー・ウィドー』- 東京二期会オペラ劇場
2010年11月19日(金)18:30/20日(土)15:00/21日(日)15:00/23日(火・祝)14:00
会場:日生劇場(東京・有楽町)
▼チケットの残席状況はこちら
11月公演『メリー・ウィドー』残席状況

Page Top

『メリー・ウィドー』指揮者:下野竜也、カンヌ管弦楽団に客演
照明デザイン:服部基、紫綬褒章を受章

11月19日から日生劇場で始まる東京二期会オペラ劇場『メリー・ウィドー』の指揮者、下野竜也氏が、先月末、フランス・カンヌ管弦楽団に客演しました。サン・サーンス「交響曲第2番」、プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲第2番」などを演奏、大成功をおさめました。
img-Y06132621-0001.jpg
▼カンヌ管弦楽団 2010年10月31日の公演詳細
Dimanche 31 octobre 2010 à 16h30 - Orchestre Régional de Cannes PACA(フランス語サイト)

秋の褒章では、『メリー・ウィドー』照明プランナーの服部基氏が紫綬褒章を受章。こまつ座での井上ひさし作品をはじめ、演劇、オペラなど多岐にわたる長年の舞台芸術への貢献がこの度の受賞となりました。
▼服部氏のプロフィール
服部基 - 舞台照明集団 ライティングカンパニーあかり組
お二方とも、おめでとうございます。

★若手ナンバーワンの呼び声高い下野氏の冴えわたるタクトに、ベテラン照明家服部氏の織りなす光の技。もちろん演出・山田和也、装置・堀尾幸男、衣裳・前田文子、振付・麻咲梨乃各氏ほか多くの芸術家の仕事が、オペレッタ『メリー・ウィドー』の舞台として結実します。
どうぞお楽しみに!
▼『メリー・ウィドー』公演詳細はこちらから
F.レハール作曲オペレッタ『メリー・ウィドー』- 東京二期会オペラ劇場
2010年11月19日(金)18:30/20日(土)15:00/21日(日)15:00/23日(火・祝)14:00
会場:日生劇場(東京・有楽町)

Page Top

11月公演『メリー・ウィドー』残席状況

東京二期会オペラ劇場2010年11月公演 F.レハール『メリー・ウィドー』について、大変ご好評をいただいております。
以下に現在の残席状況をご案内致します。今後、公演日や席種によっては発売終了となることが予想されますので、ご希望のお席はお早めにお求めください。
11月8日18:00現在(情報更新)

11月19日(金)
18:30
11月20日(土)
15:00
11月21日(日)
15:00
11月23日(火・祝)
14:00
S席
A席
×
B席
×
×
×
×
C席
×
×
×
×
D席
×
×
×
×


凡例 ◎…余裕あり ○…あり △…残り少なめ
   ▲…ごく僅か  ×…予定数終了

「学生席」はいずれの公演日も[予定数終了]となっております。

チケットのお申込は 電話03-3796-1831 ファクス03-3796-4710

『メリー・ウィドー』公演詳細ページをみる - 東京二期会オペラ劇場

Page Top

トスティ歌曲国際コンクールアジア予選大会2010
テノール又吉秀樹が第2位、バリトン枡 貴志が秋篠日本歌曲賞ほかを受賞

この度、奈良で開催された「トスティ歌曲国際コンクールアジア予選大会」にて、新たに二期会会員となった若きテナー、又吉秀樹(またよし ひでき)が第2位ならびに読売新聞社賞を受賞。2011年にイタリアで行われる、トスティ歌曲国際コンクールイタリア本選に出場が決まりました。
matayoshi_hideki.JPG 又吉秀樹
又吉は今年7月C.C.レモンホールの渋谷シティオペラ『カルメン』でドン・ホセ役として美声が話題となりました。
「これからも精進致し、二期会会員として貢献できるよう努めていきたいと思います」と喜びを語る又吉。
2010年11月30日には、二期会実力派のニューフェイスたちが歌う「二期会クリスタルコンサート」に出演予定。『トスカ』より「星は光ぬ」や『アイーダ』の二重唱を披露する予定です。どうぞお楽しみに。
masu_takashi_150x212.jpg 桝 貴志
また同コンクールでは、11月二期会公演オペレッタ『メリー・ウィドー』のダニロ役で出演する、バリトン桝 貴志(ます たかし)が秋篠日本歌曲賞、奈良新聞社賞、聴衆賞、秋篠近畿日本ツーリスト賞を受賞しました。
2人の今後の活躍にご注目ください。
▼コンクールについて概要、審査結果などはこちらをご覧ください
トスティ歌曲 国際コンクール アジア予選大会 2010年

●又吉秀樹について
▼11月30日(火)すみだトリフォニーホール
二期会クリスタルコンサート - コンサートラインアップ|東京二期会
▼又吉のブログ
オペラ三昧by又吉秀樹 〜飛行機が苦手だそうです…
▼桝 貴志 今後のスケジュールなど
2010年11月公演オペレッタ『メリー・ウィドー』- 東京二期会オペラ劇場
二期会アーティスト検索「桝 貴志」- 株式会社二期会21

Page Top

バリトン・桝 貴志 松方ホール音楽賞特賞受賞!

クラシックの若手演奏家を対象にしたコンクール「第13回松方ホール音楽賞」(神戸新聞社・神戸新聞文化財団主催)の授賞式と、受賞者による記念コンサートが2月6日、神戸・ハーバーランドの神戸新聞松方ホールで行われ、最優秀賞に当たる特賞を受賞したバリトンの桝貴志が出演致しました。
熱のこもった演奏に会場から大きな拍手が送られました。
▼神戸新聞Web版の記事
受賞の喜び旋律に「松方ホール音楽賞」授賞式 神戸
masu_takashi.jpg桝 貴志(ます たかし・バリトン)
大阪音楽大学声楽科を主席にて卒業。新国立劇場オペラ研修生第5期生修了。
第51回瀧廉太郎記念音楽祭・第6回全日本高等学校声楽コンクール最優秀賞(第1位)。
第10回日本クラシック音楽コンクール全国大会、大学の部第2位(1位なし)。第13回国際ベルヴェーレオペラ・オペレッタコンクールに本予選推薦者。第25回飯塚新人音楽コンクール第1位。第37回イタリア声楽コンコルソ、ミラノ大賞受賞。
オペラでは『カルメン』エスカミーリョ、『フィガロの結婚』伯爵、『ドン・ジョヴァンニ』タイトル・ロールのほか、佐渡裕プロデュース『魔笛』や『カルメン』でも好評を博している。2010年11月東京二期会『メリー・ウィドー』ダニロ役に出演予定。二期会会員

◆東京二期会オペラ劇場 レハール作曲《メリー・ウィドー》(日本語訳詞上演)
公演日:2010年11月19日(金)/20日(土)/21日(日)/23日(火・祝) 計4回公演
会場:日生劇場
指揮:下野竜也/演出:山田和也/管弦楽:東京交響楽団
※ダニロ役・桝貴志は上記のうち2回出演予定です。
※出演日や他の出演者などの公演詳細は「東京二期会オペラ劇場Webサイト」で近日発表します。

Page Top