タグアーカイブ: 杉山由紀

二期会からは総勢7名!武蔵野合唱団定期演奏会「エリヤ」に出演!!

9月15日(土)武蔵野合唱団第51回定期演奏会では、山田和樹氏の指揮により、メンデルスゾーン作曲オラトリオ「エリヤ」が取り上げられますが、二期会からは、ソプラノ田崎尚美、メゾソプラノ清水華澄、杉山由紀、テノール望月哲也、櫻田 亮、バリトン青山 貴、バスバリトン狩野賢一の総勢7名が出演します。


ソプラノ 田崎尚美

メゾソプラノ 清水華澄

メゾソプラノ 杉山由紀

テノール 望月哲也

テノール 櫻田 亮

バリトン 青山 貴

バスバリトン 狩野賢一

先日はマエストロ稽古が行われ、稽古の終わりには合唱団運営委員長が、本公演への思いをお聞かせくださいました。

「前回、第50回という記念すべき演奏会を終え、節目の演奏会ももちろん重要だが、新たな一歩となる次の演奏会こそ大切にしたい」

「51」回目となる本公演への、熱い思いが伺えました。

マエストロと武蔵野合唱団、そして横浜シンフォニエッタの演奏とともに紡がれる、預言者エリヤを取り巻く物語。合唱曲や独唱曲もさることながら、ソリスト8名による重唱も聴きどころです。宗教曲でありながらもドラマチックな音楽を、ぜひご堪能ください。
お席は残りわずか。皆さまのご来場をお待ちしております!


マエストロ稽古にて
写真左から狩野、青山、望月、櫻田、(指揮)山田和樹さん、田崎、(ソプラノ)澤江衣里さん、杉山、清水

■■■ 公演情報 ■■■
武蔵野合唱団第51回定期演奏会
~山田和樹 武蔵野合唱団指揮&横浜シンフォニエッタ創立 20周年記念~

日時:2018年9月15日(土) 16:00開演(15:30開場)
会場:サントリーホール
料金:S席6,500円、A席5,000円、B席4,000円、ヤングシート1,500円
出演:
(ソプラノ)田崎尚美、澤江衣里
(メゾソプラノ)清水華澄、杉山由紀
(テノール)望月哲也、櫻田 亮
(バリトン)青山 貴
(バスバリトン)狩野賢一
(指揮)山田和樹
(合唱)武蔵野合唱団
(管弦楽)横浜シンフォニエッタ
曲目:メンデルスゾーン作曲 オラトリオ『エリヤ』Op.70
主催:武蔵野合唱団

▼公演詳細・チケットのお求めはこちらから
武蔵野合唱団第51回定期演奏会 - 武蔵野合唱団|東京 吉祥寺の混声合唱団
 
 

Page Top

白寿本社ビル(Hakuju Hall)1階ロビーで聴くコンサート「東日本大震災チャリティ ロビーコンサート」
9月10日(月)はメゾソプラノ杉山由紀が出演

若手メゾソプラノの中でも、ひときわ光る存在の杉山由紀。9月10日(月)は白寿本社ビル1階ロビーで開催される「東日本大震災チャリティロビーコンサート」に出演します。
杉山は、二期会オペラ研修所を最優秀賞並びに川崎静子賞、所長賞受賞を得て修了。2015年ウィーン夏期国際音楽ゼミナールにてヴィクトリア・ルキアネッツ氏のクラスを受講・選抜者によるコンクールにて第3位受賞、ディプロマ取得。2015年鈴木秀美指揮二期会ニューウェーブ・オペラ『ジューリオ・チェーザレ』でタイトルロール、2016年には二期会『ナクソス島のアリアドネ』で作曲家役、今年5月には二期会ニューウェーブ・オペラ『アルチーナ』にルッジェーロで出演し、著しい成長を示しています。
今回、杉山が得意とするモーツァルトのオペラのアリアをはじめ、メゾソプラノならではのオペラの名曲もお届けします。ピアノは朴 令鈴。
コンサートは9月10日(月)18時と19時、それぞれ30分のコンサート。今後の活躍が多いに期待される杉山の表情の豊かな歌の世界。ぜひお楽しみください。皆様のご来場が、チャリティにつながります。


メゾソプラノ 杉山由紀

ピアノ 朴 令鈴

■■■ 公演情報 ■■■
HAKUJU 東日本大震災チャリティ ロビーコンサート
日時:2018年9月10日(月) 17:30開場
   1回目18:00開演/2回目19:00開演(演奏時間 各回約30分)
会場:白寿本社ビル(Hakuju Hall)1Fロビー
(小田急線「代々木八幡駅」南口または千代田線「代々木公園駅」出口1より徒歩5分)
出演:杉山由紀(ソプラノ)、朴 令鈴(ピアノ)
入場料:500円(税込・1ドリンク付)
※前売券はございません。当日直接ご来場ください(予約不要)
※未就学児入場可(要入場料)
※入場料、ドリンク代、および募金は福島県相馬市「学校法人みどり幼稚園」へ全額寄付いたします。
※社屋エントランススペースが会場のため、人の出入りや外からの騒音など、あらかじめご了承ください。

主催:株式会社白寿生科学研究所
お問合せ:Hakuju Hall 03-5478-8700

2011年の東日本大震災から7年。被災地にも支店を持つ株式会社白寿生科学研究所は、「東北復興支援プロジェクト・被災地支援チーム」を組織して避難施設への健康機器の貸し出しを実施する等、継続的な支援を続けています。その支援事業のひとつ、「微力であっても、目に見えるところで具体的な支援を」を目標に、代々木公園にほど近い同社本社ビル(Hakuju Hall 1Fエントランスロビー)にて、月1回の「東日本大震災チャリティ ロビーコンサート」を継続して開催しています。
会場には募金箱も設置いたしますので、皆様のあたたかいご支援をいただけましたら幸いです。
 
 

Page Top

「二期会サマーコンサート2018」豪華キャストによる2夜連続公演 公演迫る!

長年に亘り、好評を頂いている「二期会サマーコンサート」。
今年はヴァージョンアップして、二期会ならではの豪華キャストが勢ぞろい。わが国オペラ界を牽引してきた著名な歌手から次代を担う新星まで、2夜連続で公演します。

8月23日(木)第一夜は、イタリアオペラからアリアと重唱、8月24日(金)第二夜は、ドイツ・オペラとフランスオペラのプログラム。福井 敬が歌う「誰も寝てはならぬ」(オペラ『トゥーランドット』より)さながらに、重鎮たちの名演奏や重唱に酔いしれ、選ばれし旬の若手たちと出会える歌合戦の会場は、まるで歌の殿堂のよう。

今回の出演者の中から、三人のフレッシュなアーティストに、自身の演奏曲について解説していただきました。

【8月23日出演】 テノール 市川浩平
「ドニゼッティ『愛の妙薬』より “人知れぬ涙”」
ドニゼッティのオペラの中で、特に有名な『L'elisir d'amore(愛の妙薬)』。主人公のネモリーノが恋するアディーナの涙をみて歌う愛のアリア、「Una furtiva lagrima(人知れぬ涙)」は、珠玉のオペラアリアとして有名です。『愛の妙薬』という題名ですが、ネモリーノが、恋がかなう愛の妙薬(惚れ薬)と信じて、アディーナを射止めようと、高値で買った秘薬で、実は安ワイン。それでも結末はハッピーエンド!
そして、私はワインが大好き。中でも畑の個性、作り手の哲学を感じるワインは格別!最近醸造技術の進歩で最近は、味わいが均一化されつつあるようですが、昔の歌手は一声聴くだけで「この声はっ!」とわかる歌手も多かったですね。私も、この声・音楽は「市川浩平だ!」とわかっていただけるような演奏が出来るよう日々精進を重ねて参ります。
 
【8月24日出演】 ソプラノ 朝倉春菜
「J.シュトラウスII世『こうもり』より “田舎娘の姿で”」
オペレッタ『こうもり』の中で女優志望の女中アデーレによって歌われるアリアです。前日の舞踏会で、自分のパトロンになってくれると言った刑務所長のフランクの元へ、本当にパトロンになってくれるようフランクの仕事場まで押しかけます。「私にはこんなに女優の才能があるの!」と、アデーレは色々な役を演じてみせます。ある時は純朴な田舎娘、ある時は偉大な女王様、そしてある時はパリのマダムが若い男と浮気してるところへ突然ダンナが帰って来て見つかってしまう、でも最後には許してもらうの!という一場面まで。「私の才能を見たら女優にするしかないでしょう!?」と、フランクを口説きます。
アデーレはとても愛すべきキャラクター。そのちゃっかりさにいつも楽しまされる、私の大好きな役です。
 
【8月24日出演】 テノール 隠岐速人
「マスネ『ウェルテル』より 春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか」
マスネが2年の歳月をかけて制作したものの、ヒットまで時間のかかった名作オペラ《ウェルテル》は、ゲーテの実体験を基にした小説『若きウェルテルの悩み』が原作となっています。この小説は当時の若者たちを虜にし、主人公ウェルテルの生き様を模倣して失恋して自殺する若者が出るほど人気を博しました。
第3幕で歌われるこのアリア「春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか?」は、若く純粋な青年ウェルテルの悲痛な叫びです。ウェルテルはシャルロッテに一目惚れしたのですが彼女にはすでに婚約者がいました。その後結婚したシャルロッテと再会したウェルテルは再び思いを告げますが、断られてしまいます。ウェルテルはそれでも諦めきれずその思いをオシアンの詩に託します。

出演者一同、ご来場をお待ち申し上げております。
両日とも良いお席が少なくなっておりますので、ご予約はお急ぎください。

■■■ 公演情報 ■■■
二期会サマーコンサート2018 ☆2夜連続公演☆

<第一夜>イタオペ三昧パートII ~イタリアオペラよりアリア重唱~
日時:8月23日(木) 18:30開演(18:00開場)
出演:【ソプラノ】大倉由紀枝、大山亜紀子、清野友香莉、谷原めぐみ、中村真紀、山口清子、横山恵子、吉田愼知子/【メゾソプラノ】森永朝子/【テノール】市川浩平、城 宏憲、福井 敬、星 洋二、吉田 連/【バリトン/バス】大井哲也、佐藤泰弘、友清 崇、成田博之、増原英也/【ピアノ】鳥井俊之

<第二夜>重厚華麗な独仏オペラ ~ドイツ、フランスオペラよりアリア重唱~
日時:8月24日(金) 18:30開演(18:00開場)
出演:【ソプラノ】朝倉春菜、熊谷美奈子、品田昭子、田崎美香、橋爪ゆか、藤井玲南、増田のり子、松田昌恵/【メゾソプラノ】磯地美樹、押見朋子、杉山由紀/【テノール】隠岐速人、金山京介、菅野 敦、成田勝美/【バリトン/バス】青戸 知、石崎秀和、大塚博章、小森輝彦、鹿野由之/【ピアノ】山田武彦

司会:大野徹也(両日)
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
   (「渋谷駅」JR西口より徒歩5分)
料金:全席指定・各夜 A席4,500円、B席4,000円(税込)
   ※二期会オペラ愛好会会員割引あり

▼両日の演奏曲や順序はホームページでご確認いただけます
二期会サマーコンサート2018【2夜連続公演】 - 東京二期会

●ご予約・お問合せ
 二期会チケットセンター 03-3796-1831
 (月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)

Gettii ←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」でもお求めいただけます!!

 
(8月22日:隠岐速人の演奏曲解説を追記しました)
 
 

Page Top

5/29(火) 神楽坂のフレンチ・レストラン「ラリアンス」で毎回大好評の特別ディナー「ワインとオペラを愛でる会」の第6回を開催します

東京二期会と神楽坂のフレンチ・レストラン「ラリアンス」とのコラボレーションで開催し、毎回大好評をいただいている特別ディナー「ワインとオペラを愛でる会」。次回、重ねること第6回目、5月29日(火)の開催です。

東京二期会からは今が旬の8名の歌手が登場。全員が今年の二期会オペラの本キャストです!

ソプラノは今井実希と小松崎 綾。
5月20日の二期会ニューウェーブ・オペラ劇場『アルチーナ』モルガーナ役で二期会オペラ・デビューを飾る今井。TV出演も多く、多彩な活動を繰り広げていますが、ラリアンスでは大好きな役のひとつである『ばらの騎士』ゾフィーを。
小松崎は、今年3月東京二期会コンツェルタンテ・シリーズ『ノルマ』で題名役のカヴァーキャストを務め、今年9月にはプッチーニ<三部作>で『ジャンニ・スキッキ』ネッラ他に出演予定。イタリアオペラの王道を究めんとする小松崎、今回は蝶々夫人と『ラ・ボエーム』のミミを。


今井実希

小松崎 綾

杉山由紀

成田伊美

メゾソプラノは、2015年二期会ニューウェーブ『ジューリオ・チェーザレ』で題名役を共に務めた杉山由紀と成田伊美。
杉山は、一昨年『ナクソス島のアリアドネ』作曲家役への大抜擢を経て、今年は5月ニューウェーブ『アルチーナ』ルッジェーロに出演。ラリアンスでは今井とともに『ばらの騎士』でオクタヴィアンを披露します。
成田は昨年、二期会伝統の『蝶々夫人』ケート役を好演しましたが、今年も9月の<三部作>に出演予定とプッチーニが続きます。ラリアンスでは『蝶々夫人』スズキと、カルメンをお聴きください。

テノールは対照的な声の二人、芹澤佳通と北嶋信也。
力強い声を聞かせる芹澤は9月の<三部作>『外套』ルイージで出演予定。7月の『魔弾の射手』でも主役マックスのカヴァーキャストを務めます。
そして、チューリヒ歌劇場で学び、澄んだ響きの軽やかな声が魅力の北嶋は、11月『後宮からの逃走』ペドリッロに乞うご期待!
ラリアンスでは、芹澤による『ラ・ボエーム』ロドルフォの情熱と、北嶋による『魔笛』タミーノの詩情をお聴き比べください!


北嶋信也

芹澤佳通

杉浦隆大

的場正剛

バリトンは、ニューウェーブ『アルチーナ』デビュー・キャストの的場正剛と、2015年『ダナエの愛』でデビュー、昨年は『蝶々夫人』神官、『こうもり』フランクに、そして7月の『魔弾の射手』ではキリアンで出演予定の杉浦隆大が登場します。的場の『カルメン』エスカミリオと杉浦『ラ・ボエーム』マルチェッロをお楽しみください。

すべてのステージでピアノを務めるのは相田久美子。


相田久美子

この日だけ振舞われる特別なお料理と、ソムリエのセレクトによるワインの味わいと薫りにふさわしいドラマティックな歌声をお届けします!
 
 
■■■ イベント情報 ■■■
〈ラリアンス特別企画〉
第6回 ワインとオペラを愛でる会

日時:2018年5月29日(火)19:00開宴(18:30開場)
会場:神楽坂「ラリアンス」メインダイニング
   (「飯田橋駅」JR西口より徒歩2分・地下鉄B3出口より徒歩1分)
料金:おひとり様 25,000円
   お料理フルコース・ワイン4杯・音楽料(消費税・サービス料込)
   ※限定50名様
出演:(ソプラノ)今井実希、小松崎 綾
   (メゾソプラノ)杉山由紀、成田伊美
   (テノール)北嶋信也、芹澤佳通
   (バリトン)杉浦隆大、的場正剛
   (ピアノ)相田久美子

▼ワインリスト・お献立・予定演奏曲について詳しくはこちらからご覧ください
第6回 ワインとオペラを愛でる会|イベント - ラリアンス

●お問合せ・ご予約は
 ラリアンス TEL03-3269-0007(フロント)まで
 
 

Page Top

開幕迫る 5月ヘンデル『アルチーナ』公演~ニューウェーブ・キャスト・インタビュー[3]
新しいヒーロー(ヒロイン?)が誕生!~ルッジェーロ役 花房英里子、杉山由紀

これまでにも、嘉目真木子、山下牧子、望月哲也、大沼 徹など、日本のオペラ界の第一線で活躍する歌手のデビューの場となってきた二期会ニューウェーブ・オペラ劇場。
前回公演2015年『ジューリオ・チェーザレ』でタイトルロールを飾り、翌年東京二期会オペラ劇場『ナクソス島のアリアドネ』作曲家役を好演したメゾソプラノ杉山由紀は、今回も男性役のルッジェーロで主演(20日)します。同役には、まさにこの舞台がデビューとなる花房英里子(19日)。また新しいヒロイン(男性役だからヒーロー?)が誕生するでしょうか。

     *     *     *

――花房さん、二期会デビューおめでとうございます。

花房: ありがとうございます!
 

花房英里子
 
――(二人に)ルッジェーロはブラダマンテという婚約者がいながら、魔女アルチーナの誘惑に囚われてしまった青年騎士ですが、演じてきてどのような役でしょうか。

花房: 彼は戦士なのですが、生まれてすぐに『戦いの中で死ぬ』という予言を受け、その運命から逃れるために、島にやってきて……アルチーナに出会うのです。

杉山: アルチーナに魔法をかけられ、アルチーナを愛し、官能的で堕落した日々を送っています。アルチーナが数々の男を好きになり、飽きると魔法を使って動物や岩に変えていく姿を見ているルッジェーロは、自分がアルチーナに一番愛されている、と自信を持っているのです。
しかし、そこにリッチャルド(実は恋人ブラダマンテが男装)が現れ、状況が一変します。彼に嫉妬心を強く感じ、自分も獣に変えられるのではないかと恐れ、苦悩していくことに。

花房: 彼は、戦士としての強さも持ち合わせていますが、同時に快楽への純粋な渇望も抱いていて、色んな意味で男らしい人間だと思います。魔法が解け、愛しいブラダマンテを思い出してからも、どこかでアルチーナを追い求めてしまう、人間らしさを備えています。
 

杉山由紀
 
――ルッジェーロのアリアでそれぞれのおすすめを教えてください。

杉山: 第2幕3景の“Mi lusinga il dolce affetto(優しい愛情が私の心を和ませる)”が一番好きです!
魔法によってアルチーナを愛していた時の想いと、本来の恋人ブラダマンテとの想いに悩み歌います。演出家のエヴァさんは、「アルチーナとブラダマンテ、二人の女性を天秤にかけていると思ってもいいのでは?」とおっしゃっていました!
 
 
――その曲の好きなところ、お客様に聴いてほしいところは?

杉山: 歌詞の内容は上記の通り、全国の女性を敵に回すような内容ですが、マイナスイオンが出ているんじゃないかと思うほど美しい音楽です。
余すことなく聴いていただきたいです。
 
 
――花房さんはいかがでしょうか

花房: 良い曲ばかりで、選ぶのが難しいのですが…私はその後の“Mio bel tesoro(僕の愛しい人よ)”をあげたいと思います。
 
 
――どのような内容の歌でしょうか。

花房: アルチーナの魔法が解け、愛するブラダマンテを思い出します。島から逃げるために、 魔法が解けたことを隠しながらアルチーナと再び対峙し、疑われないように愛を語るのです。「僕の愛しい人、僕は愛する人に対して忠実だ」そこに続けてこう呟きます「(だがそれはお前ではない。)」
 
 
――その曲の好きなところ、お客様に聴いてほしいところは?

花房: 曲自体は大変シンプルな言葉と音楽で綴られていますが、その影には愛や、疑いや、緊張といった、複雑な感情が渦巻いています。アリア冒頭、ルッジェーロの歌に応えて、オーケストラが同じテーマを奏でる、その優しいが故の切なさを感じていただけると幸いです。
魔法にかかっていたとは言え、深く情を通わせあった相手に偽りの愛を語る。けれどそれは、婚約者に対する愛の現れでもあります。これらの愛は果たして真実の愛なのか、それとも義務なのか?このオペラ全体のテーマに繋がる、人間の心情の複雑さを表現するのが、大変難しいです。
 
 
――『アルチーナ』を初めて鑑賞される方にむけて

杉山: 魔女・魔法といったキーワードが出てくるので、ファンタジーの世界が広がるのかと思いきや、様々な感情が渦巻く、非常に人間くさいオペラとなっております。 
それぞれキャラクターの心境が複雑に要り組む作品ですが、自分が好きなキャラクターを見つけて、心の動きを一緒に追って行くのも面白いと思います!
そして、ちょっとドSな色気が漂う、渡邊・アルチーナ・仁美が見どころです!ルッジェーロ杉山との濃厚なシーンもございますので、お見逃しなく!(笑)
 
 
――本番への意気込みを。

花房: 人間とは、強く、そして弱い存在です。欲望、愛、情、義務、理性など、複雑な想いを抱えながらも、人と関わり合い、生きています。『アルチーナ』に登場する人物達は皆、何を思い、そしてどの様に変わっていくのか?そんな人間模様の移り変わりを楽しんでいただけるようにがんばります。
ご来場をお待ちしております!

杉山: ルッジェーロは、私がズボン役に憧れるきっかけとなった役で、この役を演じることを一番の目標にしてきました。あまり上演されることがないこのオペラで、しかも憧れていた役で出演させていただけることが本当に嬉しいです。
鈴木秀美マエストロとニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウの皆さんとキャストで創り上げるバロック音楽をお楽しみいただければ幸いです。
個性がぶつかり合う、とても刺激的なオペラとなると確信しております!ご期待ください!

     *     *     *

▼『アルチーナ』公演情報ページはこちら
二期会ニューウェーブ・オペラ劇場 G.F.ヘンデル『アルチーナ』 - 東京二期会

 指揮:鈴木秀美、演出:エヴァ・ブッフマン、管弦楽:ニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウ(NBO)
 2018年5月19日(土)17時、20日(日)14時 めぐろパーシモンホール大ホール

●お問合せ・ご予約:二期会チケットセンター 03-3796-1831
   (月~金 10:00~18:00/土 10:00~15:00/日祝 休)

Gettii ←24時間受付、予約&発券手数料0円、セブン-イレブン店頭でお受取の
インターネット予約「Gettii(ゲッティ)」も是非ご利用ください!!

 
 

Page Top

8/4(木)メゾソプラノ杉山由紀の「トラストシティ・ランチタイムコンサート」
~11月公演『ナクソス島のアリアドネ』作曲家役に抜擢された逸材を聴く!

今年11月『ナクソス島のアリアドネ』で作曲家役をつとめるメゾソプラノ杉山由紀が、8月4日(木)「丸の内トラストシティ・ランチタイムコンサート」にソロ出演します! ピアノはリヒャルト・シュトラウスを得意とする朴令鈴です。
杉山は、武蔵野音大大学院時代に出場した全日本学生音楽コンクールで第1位。二期会オペラ研修所では、マスタークラスを最優秀の成績で修了した証として贈られる最優秀賞と川﨑静子賞に加えて、予科・本科・マスタークラスの3年間無遅刻無欠席の研修生に贈られる「所長賞」も受賞しました!
昨年の二期会ニューウェーブ・オペラ『ジューリオ・チェーザレ』タイトルロールでデビューを飾り、今回、東京二期会オペラ劇場でメゾの大役に挑みます。
そして、来週のソロ・コンサート。
杉山に話を聞きました。
――『ナクソス島のアリアドネ』の作曲家にむけて、今の心境と意気込みを。
杉山: 学生時代から憧れていたズボン役で、この度、二期会本公演でデビューさせていただけることをとても嬉しく思っております。憧れていた皆様方と同じ舞台に立てることを大変光栄に思うと同時に、緊張もしております。
2008年の二期会公演『ナクソス島のアリアドネ』を拝見させていただき、音楽に対して純粋な思いを寄せる作曲家役に心惹かれました。その思いを胸に一役入魂、全身全霊で頑張ります!
――「丸の内トラストシティ・ランチタイムコンサート」のプログラムについて。
杉山: ドイツ語で上演される『ナクソス島のアリアドネ』にちなみ、ドイツに留学した山田耕筰の日本歌曲とドイツリートから、おなじみの曲と私の好きな曲を。そしてオペラからは、イタリア・ドイツ・フランス語で歌われるズボン役のアリアを選曲致しました。
後半に『ナクソス島のアリアドネ』より「先生、お許しください」を演奏致します!皆様のご来場、お待ちしております。

201607_sugiyama_yuki.jpg
メゾソプラノ
杉山由紀
201607_park_ringring.jpg
ピアノ
朴令鈴

■■■ 公演情報 ■■■
森トラスト ランチタイムコンサート 丸の内トラストシティ
第256回 二期会シリーズ≪真夏に贈るオペラ・アリア≫

日時:2016年8月4日(木) 12:10開演
会場:丸の内トラストタワーN館 1Fエントランスロビー
    ・アクセス
料金:無料
出演:杉山由紀(メゾソプラノ)、朴令鈴(ピアノ)
演奏予定曲:
  山田耕筰 「鐘が鳴ります」「曼珠沙華」「この道」
  メンデルスゾーン 「歌の翼に」
  モーツァルト 「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」
  シューベルト 「糸を紡ぐグレートヒェン」
  グルック 『オルフェオとエウリディーチェ』より 「エウリディーチェを失って」
  モーツァルト 『フィガロの結婚』より 「恋とはどんなものかしら」
  シュトラウス 『ナクソス島のアリアドネ』より 「先生、お許しください!」
▼森トラスト ランチタイムコンサート 丸の内トラストシティの情報ページはこちら
丸の内トラストシティ|コンサートスケジュール|ランチタイムコンサート - 森トラスト株式会社
▼目標だった『ナクソス島』~杉山由紀の出演は、11月24日(木)と27日(日)
ライプツィヒ歌劇場との提携公演 R.シュトラウス『ナクソス島のアリアドネ』 - 東京二期会オペラ劇場

Page Top

11月公演『ナクソス島のアリアドネ』キャスト・プレ・コンサート
~7月6日(水)ソプラノ廣森 彩とテノール吉田 連が「ラリアンス・オペラ・コレクションwith二期会」に出演します

いよいよ本日7月2日(土)より、チケット一般発売が始まりました、11月公演R.シュトラウス『ナクソス島のアリアドネ』。早速、本キャストによるプレ・コンサートのご紹介です。
7月6日(水)、神楽坂のフレンチ・レストラン「ラリアンス」で毎回ご好評いただいているイベント「ラリアンス・オペラ・コレクション with 二期会」に、11月『ナクソス島のアリアドネ』の本キャストから、ナヤーデ役の廣森 彩とスカラムッチョ役の吉田 連の二人が、出演致します!
二人は『ナクソス島のアリアドネ』本公演でも同日に共演予定。今回の公演が、廣森、吉田とも二度目の二期会オペラ出演です。廣森は2012年の二期会ニューウェーブ『子どもと魔法』お姫様役でデビュー。一方の吉田は、今年2月の『イル・トロヴァトーレ』使者役で東京文化会館の舞台に立ちました。
とりわけフレッシュな歌声は、爽快な夏のフレンチにぴったりのはず。
フランス料理に和食の様式を取り入れたラリアンスのオリジナルの「フランコ・ジャポネ」にちなんで、今回のプログラムから日本の歌も取り入れてみました。

201607_hiromori_aya.jpg
ソプラノ
廣森 彩
201607_yoshida_ren.jpg
テノール
吉田 連
201607_tomita_misato.jpg
ピアノ
冨田実里

■■■ イベント情報 ■■■
《ラリアンス オペラ・コレクション with 二期会》
~オペラで味わうヨーロッパの夏、日本の夏~

日時:2016年7月6日(水) 18:00開店
    第1ステージ 19:30~/第2ステージ 20:30~
    ※ご予約はお好きな時間で承ります
会場:神楽坂「ラリアンス」
    (「飯田橋駅」JR西口より徒歩2分・地下鉄B3出口より徒歩1分)
コースと料金:(ステージ・サービス料・税込)
    ・ムニュ"神楽"コース 8,500円~
    ・シェフ"大堀"コース 13,500円~
    ※ミュージックチャージ等の特別料金は一切かかりません
出演:廣森 彩(ソプラノ)、吉田 連(テノール)、冨田実里(ピアノ)
予定プログラム:
 ☆第1部☆
  R.シュトラウス「セレナーデ」「私は漂う」
  A.ララ「グラナダ」
  C.A.ビクシオ「マリウ、愛の言葉を」
  〈日本の夏メドレー〉夏は来ぬ~茶摘み~村祭り~浜辺の歌
 ☆第2部☆
  C.グノー『ファウスト』より「私は夢に生きたい」
  G.ドニゼッティ『愛の妙薬』より「人知れぬ涙」
  F.レハール『メリー・ウィドー』より「高鳴る調べに」
▼詳細・ご予約・お問合せはこちらから
ラリアンスオペラコレクションwith二期会 ~オペラステージとレストンディナーのコラボレーション~|イベント - 神楽坂ラリアンス
 東京都新宿区神楽坂2-11 TEL03-3269-0007

201607_lalliance20160518_01.jpg
201607_lalliance20160518_02.jpg
201607_lalliance20160518_03.jpg
201607_lalliance20160518_04.jpg
なお、最近のラリアンスと二期会とのコラボレーション企画としては、去る5月18日に「ワインとオペラを愛でる会」を開催。(左 写真4枚)
二期会オペラ7月公演『フィガロの結婚』から、ソプラノ加藤早紀、宍戸茉莉衣、アルト石井 藍、同9月公演『トリスタンとイゾルデ』から、テノール新海康仁、同11月公演『ナクソス島のアリアドネ』から、メゾソプラノ杉山由紀、バリトン野村光洋、松井永太郎の、総勢7名もの本キャストが出演しました。
ワインも料理もそして歌唱も、「アッサンブラージュ~アンサンブル」をテーマに、複数の葡萄の品種から作られたワインを口にしては、モーツァルト・オペラの重唱曲で耳を潤していただくという、豪華な一夜を演出いたしました。

Page Top

ニューウェーブ・キャスト・インタビュー(1)
ジューリオ・チェーザレ役 杉山由紀、成田伊美

二期会ニューウェーブ・オペラ劇場2015年5月公演 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ(エジプトのジュリアス・シーザー)』キャスト・インタビュー・シリーズ。
本文中で紹介しているアリアやレチタティーヴォを、こちらのナクソス・ミュージック・ライブラリの東京二期会公演楽曲試聴コーナー(無料で最大15分間連続でお聴き頂けます)とあわせてお楽しみください。
NML_cesare.jpg 左のリンクボタンをクリック

まずは、タイトルロールのジューリオ・チェーザレ役であるメゾソプラノ杉山由紀(23日)と成田伊美(24日)から!
201505_sugiyama_yuki.jpg
杉山: 皆様こんにちは、ジューリオ・チェーザレの杉山由紀(すぎやま ゆき)です。
201505_narita_yoshimi.jpg
成田: 同じく、チェーザレ役の、成田伊美(なりた よしみ)です。
――稽古場の雰囲気はいかがですか?
成田: 稽古場は毎回たくさん話し合いをして進んでいます。私も、疑問は徹底的に解決したいと思い質問していますが、鈴木マエストロ、演出の菅尾さんはじめ皆様が丁寧に答えてくださいます。感謝しております!
杉山: 厳しくもアットホームな雰囲気です。稽古場に向かうのが毎日楽しみです!
――ご自身のチェーザレ像が出来上がっていくという感覚はありますか?
杉山: 今回の演出では、チェーザレの年齢がかなり若く設定されているのが特徴です。まだこれからという感覚ですが、個人的には、表情がコロコロ変わる新しいチェーザレ像を目指しています。
成田: 幕が開いてすぐのレチタティーヴォで「チェーザレは来た、見た、勝った」と言います。彼の有名な言葉ですよね。これを自分の口から放つ度に、毎回自分がチェーザレに近づいていく、という感動があります。
◆naxos試聴トラック [I-4]:(プレーヤー楽曲番号 4.)
 第1幕 2場 Recitative: Questa e Cornelia (Cesare, Curio, Cornelia)
杉山: それとやっぱり英雄なので、体を張ってやっています!剣を携えて激しく動きまわるので、稽古中は夢中で分からないのですが、家に帰って痣に気がつくという……

――チェーザレの見どころ、聴きどころ、ご自身の好き音楽は?
杉山: 第1幕の’Va tacito e nascosto(抜け目のない狩人は)’が一番好きです。(※第1幕エジプト王トロメーオの宮殿に通されたチェーザレが王たち表面的な歓待の背後に策略を察しつつ歌う)。今回の演出では、トロメーオとアキッラが張り巡らせる罠(!?)に立ち向かっていきますので、お楽しみに!
◆naxos試聴トラック [I-22]:(プレーヤー楽曲番号 22.)
 第1幕 9場: Aria: Va tacito e nascosto (Cesare)
成田: お客様の反応をとても楽しみにしているアリアがあるのですが……ネタばれになると思うので、今は言えません(笑) (編集注…どのアリアなのかnaxos試聴トラックからお探しになってみてください!)
杉山: チェーザレではないですが、コルネリアとセストの母子が離れ離れにされるところの二重唱’Son nata a lagrimar – sospirar(涙するため/溜息するため、生まれ)’(※第1幕のラストシーン)は悲しく美しくて、涙が出ます。ぜひ聴いていただきです。
◆naxos試聴トラック [II-5]:(プレーヤー楽曲番号 27.)
 第1幕 11場: Duet: Son nata - o a lagrimar - sospirar (Cornelia, Sesto)

――最後に、お客様にむけてメッセージを。
杉山: オペラの最初から最後まで、音楽だけでなく、舞台装置、小道具、キャスト、ダンサーの動きひとつひとつに意味があります。全役、全部のシーンを隅々までご覧いただきたいです。
成田: ニューウェーブという今の私たちだからこそできる舞台になる予感がしています。新しいジューリオ・チェーザレにご期待ください。
杉山・成田: ご来場お待ちしております!

▼公演詳細ページはこちら
2015年5月公演 二期会ニューウェブオペラ劇場 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会
●お問合せ・ご予約
二期会チケットセンター 03-3796-1831
(月~金10:00~18:00/土10:00~15:00/日祝・休)
※5月12日午後12時現在、24日(日)公演分は予定販売数を終了致しております。また、23日(土)公演分は残席僅少(S席のみ)となっておりますので、お求めはお急ぎ上記までお電話にてお申込みください。

Page Top

旬のフレンチとフレッシュな歌声によるバロック・オペラを!
3/31(火)ラリアンス・オペラ・コレクション with 二期会 Vol.7

週末は結婚式場として人気のフレンチ・レストラン ラリアンスで恒例となってきました「ラリアンス・オペラ・コレクション with 二期会」。日本の旬の食材をフレンチの技術で活かされたラリアンス独自のお料理と本格的なオペラ歌手による歌唱をお楽しみいただいて、早や7回目を迎えます。
結婚式場というところを意識して、前回のオペラ・コレクションには、オペラ『魔笛』からパミーナ姫役の嘉目真木子とタミーノ王子役の金山京介が登場しました。
▼前回のイベントの様子はこちら
第6回オペラコレクション・ディナー[レストラン・音楽イベント] - ラリアンス
3月31日(火)は、5月公演『ジューリオ・チェーザレ』タイトルロールの杉山由紀(メゾソプラノ:写真=中)と、クレオパトラ役の高橋 維(ソプラノ:写真=左)が出演します。ピアノは松原裕子。
201503_takahashi_yui.jpg 201503_sugiyama_yuki.jpg 201503_matsubara_yuko.jpg
今回も、ユリウス・カエサルとクレオパトラ7世という、歴史に名を刻む大カップルの登場です!二人の愛と勝利の二重唱をお聴きいただきましょう。

201503_lallianceoperavol7.jpg ■■■ イベント情報 ■■■
《ラリアンス オペラ・コレクション with 二期会 VOL.7》
~春のフランコ・ジャポネを、典雅なバロック・オペラの響きとともに~
日時:2015年3月31日(火) 18:00開店
    第1ステージ 19:30~/第2ステージ 20:30~
    ※ご予約はお好きなお時間で承ります
会場:神楽坂「ラリアンス」
    (「飯田橋駅」JR西口より徒歩2分・地下鉄B3出口より徒歩1分)
コースと料金:(ステージ・サービス料・税込)
    ・ムニュ"神楽"コース 8,500円~
    ・シェフ"大堀"コース 13,500円~
    ※ミュージックチャージ等の特別料金は一切かかりません
出演:高橋 維(ソプラノ)、杉山由紀(メゾソプラノ)、松原裕子(ピアノ)
予定プログラム:
  【第1ステージ】
   モンテヴェルディ『ポッペアの戴冠』より 「ただあなたを見つめ」
   ヘンデル『セルセ』より 「木陰で」
   ヘンデル『リナルド』より 「私を泣かせてください」
   モーツァルト『イドメネオ』より 「私たちの愛はすべてに勝る」
  【第2ステージ】
   ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』より
       チェーザレ「エジプトの大地はその棕櫚を勝利者に捧げよ」
       クレオパトラ「神様、願いをきいていただけないのなら」
       クレオパトラとチェーザレ「愛しいお方」~「愛しいひと」

本公演に向けて、二人からメッセージを受け取ってきました。3月31日のラリアンスでも、同じ想いをもってステージに臨みます!
◆高橋 維からのメッセージ
「聡明で、毅然とした女王としてのクレオパトラ、チェーザレを心から愛する女性としてクレオパトラ…彼女の心の動きをどのように表現していくか、課題であり楽しみでもあります。
それぞれの歌手の聴かせどころが満載で、個々の声の魅力も存分に楽しんでいただける作品です。どうぞご期待ください!」
◆杉山由紀からのメッセージ
「ジューリオ・チェーザレ役は、ヘンデルの時代ではカストラートが歌っておりました。今回、チェーザレをメゾソプラノが歌う意味を、舞台を通してお客様にお伝えできればと思っております。勇ましい将軍でありながら、リディア(クレオパトラ)に恋して少年のように心躍らせる二面性を持つチェーザレ。歴史上の人物ですが、身近な存在として感じていただけるよう演じたいです」
▼詳細・ご予約・お問合せはこちらから
ラリアンス・オペラ・コレクション ― with 二期会 ― 第7回|イベント・限定メニュ・お得情報 - 神楽坂ラリアンス
 東京都新宿区神楽坂2-11 電話:03-3269-0007
▼杉山は23日・高橋は24日に出演!5月公演『ジューリオ・チェーザレ』の詳細はこちら
二期会ニューウェーブ・オペラ劇場 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会
 ※両日ともA席は予定販売数を終了しました!良い席お早めに。

Page Top

【明日発売!】1月31日(土)同時発売! 5月『ジューリオ・チェーザレ』&7月『魔笛』

大変長らくお待たせしました!
東京二期会オペラ劇場7月公演『魔笛』、二期会ニューウェーブ・オペラ劇場5月公演『ジューリオ・チェーザレ』は、いよいよ明日1月31日(土)からチケット一般発売開始です!
     *      *      *


指揮
D.R.デイヴィス
7月公演の『魔笛』は、なんといっても宮本亜門がヨーロッパ初演出となったプロダクションの東京凱旋公演!
東日本大震災直後の2011年4月『フィガロの結婚』再演で初めてタッグを組んだ宮本と指揮者のデニス・ラッセル・デイヴィス。そのときの協働がきっかけとなり、デイヴィスがシェフを務めるリンツ州立歌劇場の『魔笛』新制作に宮本亜門が招聘されることになったのです。そして2013年9月14日にワールド・プレミエ。これが現地で大評判を呼んだのでした。

演出
宮本亜門

「演出家宮本亜門が率いる、二期会オペラとの共同制作というプロダクションは、盛んな拍手が送られた土曜日のプレミエを見て、文句なしにいいアイデアだったと言える。舞台も、音楽も…(中略)リンツのプレミエは、拍手は異常なほどいつまでも鳴りやまなかった」-「クローネン新聞」
「『魔笛』の精神は無傷だっただけでなく、見る価値や聴く価値もある姿でよみ返った。観客は満足だった。特に宮本亜門とそのチームに特別な拍手を送りたい!」-「ノイエ・メーカー」
「日本人演出家の宮本亜門と「映像」のバルテック・マシスは、初めて技術的に、まだこの地で経験したことがないほど視覚的に新しい歌劇場の可能性を広げた」-リンツ州立劇場から

その後40回近くにわたる上演のほとんどで完売という大ヒット!まさに、この夏「東京凱旋」なのです。


ザラストロ
妻屋秀和

夜の女王
森谷真理

パミーナ
幸田浩子

パパゲーノ
黒田 博

二期会キャストもベストな布陣で臨みます!パミーナ幸田浩子、パパゲーノ黒田 博をはじめ、すでにNYメトロポリタンとリンツで歌っている森谷真理が二期会初登場。バス妻屋秀和も二期会入会後、最初の役がザラストロとなりました。どうぞご期待ください!
     *      *      *


指揮
鈴木秀美
5月の二期会ニューウェーブ・オペラ劇場公演。
指揮 鈴木秀美、コンサートマスター 戸田 薫はじめ、国内外で活躍するピリオド奏者がここに集結。二期会のもっともフレッシュな世代のアーティストとともに、本格的なバロック・オペラの公演をお届けします!
オーケストラもニューウェーブ!第一線のピリオド奏者と東京藝術大学、桐朋学園大学の器楽専攻生とで「ニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウNew wave Baroque Orchestra, Tokyo (略称:NBO)」を創設しました。

演出
菅尾 友

そして気になる演出には、菅尾 友。リンツ州立劇場では宮本亜門『魔笛』の演出補をつとめ、すでにチューリヒ歌劇場、ケルン歌劇場で本演出を手掛けている新進気鋭の演出家が今回二期会公演初登場を果たします!


ジューリオ・チェーザレ
杉山由紀

クレオパトラ
髙橋 維

アキッラ
加耒 徹

クーリオ
杉浦隆大

これまで、テノール望月哲也、メゾソプラノ山下牧子、バリトン大沼 徹…と実力ある歌手たちがデビューを飾ってきた「ニューウェーブ・オペラ劇場」。今年はどんなスター歌手が誕生するのでしょうか。
過去3年の二期会オペラ研修所首席修了生は、バリトン加耒 徹(アキッラ役)、メゾソプラノ杉山由紀(タイトルロール)、バリトン杉浦隆大(クーリオ役)。またクレオパトラ役の髙橋 維は、7月の『魔笛』でも「夜の女王」に抜擢されています。彼らのデビューをぜひ見届けにいらしてください!
     *      *      *
▼2つのオペラ公演の情報ページはこちら
東京二期会オペラ劇場 2015年7月公演 W.A.モーツァルト『魔笛』 - 東京二期会
二期会ニューウェーブオペラ劇場 2015年5月公演 G.F.ヘンデル『ジューリオ・チェーザレ』 - 東京二期会
●チケットのお求めはこちら
二期会チケットセンター 03-3796-1831<電話受付は朝10時~>
 (月~金:10:00~18:00/土:10:00~15:00/日祝:休)
★発売日はネット予約が便利!★
二期会チケットセンターのオペラ公演インターネット予約「Gettii」では発売開始日の《午前0時》からお申込いただけます!<座席位置をお選びいただくことも可能!しかも手数料ご負担0円>
→→二期会チケットセンター←← リンクよりお進みください。
注)インターネット予約「Gettii」では学生席のお求めおよび、愛好会のご入会はお申込いただけません。二期会チケットセンターまでお電話にてお申し込みください。
※2015年5月『ジューリオ・チェーザレ』公演より、以後の〈東京二期会オペラ劇場公演〉および〈二期会ニューウェーブ・オペラ劇場公演〉の学生席のお取扱方法を改定いたします。
詳細はこちら→ チケットのお求め方法|二期会チケットセンター - 東京二期会

Page Top

アルテリーベ東京「フレッシュ・コンサート」情報
~6/9(月) 第8回 ソプラノ全詠玉&メゾソプラノ杉山由紀

新橋にある、趣のある三角屋根のミュージックレストラン、「アルテリーベ東京」が、これからの活躍が期待される若手歌手とお客様をつなげるディナー企画「フレッシュ・コンサート」シリーズを4月よりスタートさせました!
来る、6月9日(月)の主役は、今回が初共演となるソプラノ全 詠玉(ちょん よんおぎ)とメゾソプラノ杉山由紀(すぎやま ゆき)。
2014年2月二期会『ドン・カルロ』では「天よりの声」での好演が記憶に新しい全 詠玉は、『こうもり』の“伯爵様あなたのようなお方は”や、『ジャンニ・スキッキ』の“私のお父さん”など、誰もが耳にしたことのある、オペラ・アリアの名曲を表情豊かに美しく歌いあげます。
一方、昨年二期会オペラ研修所を、最優秀賞並びに川崎静子賞を受賞し修了した杉山由紀は、抜群の安定感と包み込むような歌声で、『フィガロの結婚』の“恋とはどんなものかしら”や、『カルメン』の“ハバネラ”といった、〈ズボン役〉から〈男達を魅了するカルメン〉までを見事に歌い演じ分けます。
いずれも今後の活躍が期待され、二期会が自信をもってお勧めする若手実力派の二人。
当夜は、これらソロ曲のほかにも、『ホフマン物語』の“舟歌”や、『ラクメ』の〈花の二重唱〉など、聴き逃すことのできない贅沢なプログラムをご用意しています。
レストランは18時からオープン、ゆっくりお酒とお食事ををお楽しみいただき、19時からステージが始まります。
フレッシュアーティストが出演するこのシリーズは、ビュッフェ&飲み放題付でお一人様5,000円(チャージ込)と、リーズナブルで大満足の内容となっています。
そろそろ梅雨入りとなるこの季節。あいにくの雨や曇り空でも、アットホームな空間での歌とお食事で“最高の夜”になること間違いなしです!
alteliebe_reh_20140605.jpg (昨日(5日)行われたリハーサルから)

20140609.jpg ■■■ 公演情報 ■■■
第8回 アルテリーベ東京 フレッシュコンサート
全 詠玉&杉山由紀 ジョイントコンサート

日時:2014年6月9日(月) 18:00開店
    第1ステージ 19:00頃/第2ステージ 20:00頃
会場:アルテリーベ東京(JR「新橋駅」日比谷口より徒歩5分)
料金:5,000円(ビュッフェ形式・飲み放題・音楽料込)
出演:全 詠玉(ソプラノ)、杉山由紀(メゾソプラノ)、松原裕子(ピアノ)

▼ご予約は、ミュージックレストラン アルテリーベ東京(電話 03-3519-7007)へ!
全詠玉、杉山由紀フレッシュコンサート - アルテリーベ東京

Page Top

秋の朝のひととき Hakuju Hall「二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ」がおすすめ!

11:00から始まる、選ばれし美しい声に包まれる至福のモーニングコンサート...
9月19日(木)は、この秋からスタートするHakuju Hall「二期会モーニング Diva Divo(ディーヴァ,ディーヴォ)」シリーズの第1回。
ソプラノ高橋 維(たかはし ゆい)とメゾソプラノ杉山由紀(すぎやま ゆき)が、豊かな響きのHakuju Hallで皆様をお迎えします。

takahashi_yui_201309.jpg
高橋 維
sugiyama_yuki_201309.jpg
杉山由紀

■■■公演情報■■■
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ 第1回
日時:2013年9月19日(木) 11:00開演(10:30開場)
会場:Hakuju Hall
   (小田急線代々木八幡駅または千代田線代々木公園駅より徒歩5分)
料金:全自由席 500円
主催:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所
協力:二期会オペラ研修所
後援:公益財団法人東京二期会
協賛:株式会社ドラジェ
《予定プログラム》 (ピアノ:木下志寿子)
♪高橋 維&杉山由紀
 オッフェンバック:『ホフマン物語』より“舟歌”
♪杉山由紀
 マーラー:「子供の魔法の角笛」より〈ラインの伝説〉
 ワーグナー:「ヴェーゼンドンク歌曲集」より〈天使〉
♪高橋 維
 ツェムリンスキー:「トスカーナ地方の民謡によるワルツの歌」より
            第1曲 かわいらしいつばめさん
            第2曲 月は不満げに
            第5曲 青い星々
            第6曲 手紙を書いたのは私
♪杉山由紀
 ワーグナー:『ラインの黄金』より“避けよ、ヴォータン”
 ワーグナー:『パルジファル』より“いいえ、パルジファル”
♪高橋 維
 グノー:『ロミオとジュリエット』より“私は生きたい”
 ヴェルディ:『リゴレット』より“慕わしい人の名は”
♪高橋 維&杉山由紀
 R.シュトラウス:『ばらの騎士』より 二重唱“ばらの献呈”
 (都合により演奏曲等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください)
演奏会に向けてビデオメッセージも届きました。ご覧ください。

笑顔も素敵な二人のコンサート、どうぞ気楽にお越しください。
▼お問合せ・ご予約
Hakuju Hallチケットセンター
 電話03-5478-8700 (10:00~18:00 火~土/祝日・休館日を除く)
▼公演詳細リーフレット(PDFファイル)
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ - Hakuju Hall

Page Top

『ホフマン物語』稽古場から

夏の暑さが本格的になってきました。
『ホフマン物語』公演に向けて、猛暑の中、稽古も本格的に。
稽古場には、キャスト、スタッフとともに、アンダースタディとしてインターン研修中の歌手もいます。
アンダースタディというのは、本番に出演することはないものの、本役のリハーサルに帯同し、その音楽と演技を学んでいる歌手のこと。
二期会のプロダクションでは、若い歌手に、このアンダースタディの役割を与え、貴重なインターン研修の場としています。
現場の空気を感じ、その厳しくプロフェッショナルな場にいち早く出ていくために、将来のレパートリーになる役を勉強する絶好の機会。
第一線の歌手たちが顔をそろえる場に身を置いて、稽古を積み重ねていく過程をつぶさに見ることができるのです。
今回のアンダースタディには、ホフマン役に金山京介、ミューズ/ニクラウス役に杉山由紀が選ばれています。
初々しい二人のコメントをお届けします!

また9月10日東京文化会館で開催する「二期会新進声楽家の夕べ」
Hakuju Hall 主催で行われる9月からのコンサートシリーズ「二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ」もお楽しみに。
そして、いちはやく二人の歌を聴きたい方は、こちら。
7月25日(木)11:45から東京オペラシティコンサートホールでのランチタイムコンサートに杉山、金山がそろって出演。
入場無料なので、ぜひいらしてください。
▼各コンサートの詳細はこちら
東京オペラシティランチタイムコンサート - 東京オペラシティ
二期会新進声楽家の夕べ - 東京二期会
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ(PDF) - Hakuju Hall
▼2013年の『ホフマン物語』は、フランスオペラの伝道師プラッソンの薫り高い指揮と美しくもスペクタクル感満点の舞台でお楽しみください!
《二期会創立60周年記念公演》2013年7-8月公演『ホフマン物語』 - 東京二期会

帆掛け舟

Page Top

Hakuju Hall(ハクジュ・ホール)でフレッシュな歌手によるモーニングコンサートシリーズが開催されます!

今秋より東京・代々木公園近くのHakuju Hall(ハクジュ・ホール)において、この春、二期会オペラ研修所を優秀な成績で修了し、二期会アーティストとしてデビューしたばかりのフレッシュな歌手たちが清々しい歌を届ける、『二期会 モーニング ディーヴァ,ディーヴォ(Diva Divo)』3回シリーズ(Hakuju Hall/(株)白寿生科学研究所主催、東京二期会後援、二期会オペラ研修所協力)が開催されます。
その第1弾となる2013年9月19日(木) 11時開演の回は、ソプラノ高橋 維とメゾソプラノ杉山由紀が登場します。

takahashi_yui_201307.jpg
ソプラノ高橋 維(たかはし ゆい)
sugiyama_yuki_201307.jpg
メゾソプラノ杉山由紀(すぎやま ゆき)

今年3月に同じHakuju Hallで、二期会オペラ研修所「修了試演会」に出演したばかりの2人。高橋は『ばらの騎士』のゾフィーを、杉山は同オクタヴィアンを演じて、高く評価されました。
高橋は、二期会オペラ研修所には3年次となるマスタークラスに編入し、高いテクニックと天性の音楽性、それに華のある舞台で注目されました。
一方、杉山は大学を卒業と同時に予科から3年間研修所で学び、一度も休まず授業に出席。修了時には、最優秀賞及び所長賞を受賞。東京二期会オペラ劇場の合唱にも参加し、二期会の一線に立つ講師・スタッフから厳しい指導を受け、目覚ましい成長を見せました。
研修所時代、朝の部、夜の部と異なるクラスに所属していた2人の共演は今回が初めて。『ばらの騎士』の二重唱をはじめ、得意とする歌曲やアリアをお聴きいただきます。
声楽家として、スタートラインに立ったばかりの2人ですが、素敵な音楽の時間をお届けできるように、心をこめて準備中。
1時間程の短いコンサート、どうぞお気軽にお越しください。

■■■公演概要■■■
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ
未来のスターを発掘!二期会新人によるデビューコンサート
【第1回】ソプラノ高橋 維、メゾソプラノ杉山由紀、ピアノ木下志寿子
 日時:2013年9月19日(木) 11:00開演(10:30開場)
【第2回】ソプラノ浅井恵子、メゾソプラノ成田伊美、ピアノ高田恵子
 日時:2013年11月14日(木) 11:00開演(10:30開場)
【第3回】ソプラノ金子 響、テノール金山京介、ピアノ朴 令鈴
 日時:2014年1月30日(木) 11:00開演(10:30開場)
会場:Hakuju Hall(ハクジュ・ホール)
 小田急線「代々木八幡駅」南口または千代田線「代々木公園駅」1番出口より徒歩5分
料金:各回全席自由 500 円
▼お問合せ・チケットのお申込みはこちら
Hakuju Hall
TEL 03-5478-8700 (10:00~18:00 火~土[祝日・休館日を除く])
▼コンサート詳細はこちら
二期会モーニング ディーヴァ,ディーヴォ (PDFファイル)

Page Top